ゴミゼロ通信No.10 2010年4月11日号(今号503通発信)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様、一周遅れかもしれない靜岡市。それでも前進が見えます。
いっぱい報告しなければならないこと、やらなければならないことがあるのですが
すべてが、遅れ気味!(汗)(-_-;)です。
その中で、いくつかの情報をお送りします。長文、大容量、満タンですが、お許しください。
是非、ご一読ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日の話題
(1)ゴミゼロフェスタin沼上清掃工場 今秋開催決定!
(2)環境局長との話し合いも実現へ
(3)目指せリユース(再使用)の拡大
(4)靜岡市一般廃棄物処理基本計画が策定されました
(5)第4回すんぷ☆エコアクション開催決定!?
(6)広瀬立成氏来静講演決定 今年8月
(7)デポジット署名受付中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*********************************************************
第151回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2010年5月8日(土)午前10時~  
アイセル21 11会議室
特別報告あり 「車とライフスタイル」(仮題) http://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29
*********************************************************
-----------------------------------------------------------------------------
(1)ゴミゼロフェスタin沼上清掃工場 今秋開催決定!
-----------------------------------------------------------------------------
去る3月19日に廃棄物政策課とゴミゼロネットとの話し合いで
今秋10月のいずれかの日曜日にゴミゼロフェスタを沼上清掃工場で開催することが
決定しました。

昨年末から続いていた廃棄物政策課との話し合い(12/4 1/15 3/19)
当初、「ゴミゼロフェスタは沼上清掃工場では開催できない。工場以外で開催する場合
パッカー車を出して、その不用品交換市の残渣を処理することには協力する。」との
ことでした。
ゴミゼロフェスタを実施するには,不用品交換市を実際に行うスペースと数百台の駐車スペース
ある場所が必要ですので、安倍川河川敷のスポーツ広場や競輪場の駐車場を借りられるように
靜岡市として、協力して欲しいとお願いしていました。
しかし、種々の理由でそれらが借りられないことがわかったため、清掃工場に再度強くお願いして
沼上清掃工場で開催となったのです。(未だ、工事の関係で、いつ開催できるか?連絡はありません)

-----------------------------------------------------------------------------
(2)環境局長との話し合いも実現へ
-----------------------------------------------------------------------------
去る3月10日の靜岡市議会で
「(靜岡市のごみ政策は)ゼロ・ウェイストと目指す方向は一致しており、
焼却ごみの減量をめざし、事業系紙ごみの半減以上をやらなければならない
(不用品活用施設には)現地点では考えていないが、
4R推進団体に対して、活動の場を提供することを検討」
と答弁した関清司環境局長。

どんな考え方の方なのだろう?靜岡市は「もったいない運動」を掲げて
ごみ減量に励んでいる。
正直言って、リユース(再使用)のための施策、リサイクル(再資源化)のための施策
が不十分なこともあるのでは?と心配しております。
そんな気持ちを率直にぶつけて、みようと
市議会議員を通して、申し入れをして、5月中旬に実現することになりました。

-----------------------------------------------------------------------------
(3)目指せリユース(再使用)の拡大
-----------------------------------------------------------------------------
靜岡市は「靜岡市一般廃棄物処理基本計画」で
3R・4Rを基本にすえていると言っています。
その基本は循環型社会形成推進基本法(平成12年6月制定)にあります。
つまり
「ごみの中で有用なもの(=循環資源)のうち、再使用できるものは再使用されなければならない
と書かれています。
3Rとか、4Rとは
「ごみを処理するのに、燃やすより、リサイクル(再資源化)
リサイクルよりリユース(再使用)を優先して実施しなければならない」ということです。

さあ、靜岡市で、不用品を処理しようとすれば、電話で申し込んで月に1回回収してもらうか
直接、清掃工場に持ち込めます。
しかし、それが「有用なもの(=循環資源)で再使用できるもの」なら再使用できるような選択肢が
靜岡市民になければならないと思います。

現状は、靜岡市の言うように、(1)生活用品活用バンクに申し込む(2)民間リサイクルショップに持ち込む
又(3)フリーマーケットに参加する(4)友人知人に譲る
という方法がありますが、それだけでは、譲り合う相手がなかなか見つかりません。

そこで、持ち込まれた不用品・粗大ごみの中から、未だ使えそうなものを市民に持ち帰ってもらう
その中で修理し、磨いてきれいにしたものは有料で販売する
という具体的なルート・方法が必要になってきます。

その中の一つが「ゴミゼロフェスタ」です。しかし、今のところせいぜい年1回の開催です。
それを常設したり、その日に行き先が見つからなかったら、しばらく展示・保存していいく
方法を考えるべきだと思います。

これから、経済はどうなっていくのかわかりません。
それでも、一方では製品の氾濫は続き、未だ使えるものがどんどん破砕・焼却処分されていくことでしょう。
未だ使えるものを無料又は低額で譲りあうことは、福祉政策のひとつでもあると思います。

徳島県上勝町の「くるくるショップ」や首都圏にあるリサイクルプラザ
静岡には静岡らしい一大リユース促進施設を創れないものでしょうか?

-----------------------------------------------------------------------------
(4)靜岡市一般廃棄物処理基本計画が策定されました
-----------------------------------------------------------------------------
静岡市一般廃棄物処理基本計画を公表します(2010-04-01)
静岡市一般廃棄物処理基本計画 本編 A4版71ページ PDF(1.61MB)
http://www.city.shizuoka.jp/000096430.pdf  
静岡市一般廃棄物処理基本計画 概要版 A4版8ページ PDF(2.54MB)
http://www.city.shizuoka.jp/000096431.pdf

静岡市一般廃棄物処理基本計画案のパブリックコメント実施結果を公表します(2010-03-11)
 『意見の概要及び市の考え方』 A版16ページ (PDF435KB)
http://www.city.shizuoka.jp/000095452.pdf

結果的に(案)と大きく変わることはありませんでしたが、今後に期待したいところです。
上記にあるように市民からの意見が公表されました
「意見提出者8人、意見数41件」でした。

ごみ問題は、地味ですが、とても大切なことが多いのです。
是非、関心をもって皆さん、意見をどしどし言いましょう!

-----------------------------------------------------------------------------
(5)第4回すんぷ☆エコアクション開催決定!?
-----------------------------------------------------------------------------
東海大学海洋学部環境サークルE..O.C.サークル http://www.scc.u-tokai.ac.jp/club/eco/
が中心になって毎年開催されてきた
すんぷ☆エコアクション http://www.geocities.jp/sunpu_ecoaction/
初代代表が去り、2代目に受け継がれ、その後どうなるかと心配していたのですが
昨日第1回実行委員会が開催され
大枠、今年の9月の開催されることが決定しました。

昨年は21会場数千人の参加で、海岸、河川、公園などの清掃作業とごみ分別データを集め
このほど活動報告書も完成。
持続・継続することは、とてもたいへんなことです。
特に、毎年入れ替る大学のサークルは難しいです。

今年も小平委員長を先頭にがんばってくれそうです。
日本財団・海洋少年団の方々の強力なバックアップがその背景にあるようです。
-----------------------------------------------------------------------------
(6)広瀬立成氏来静講演決定 今年8月
-----------------------------------------------------------------------------
今年の8月28日(土)~29日に靜岡市で、「みどりの未来」http://www.greens.gr.jp/  の全国研修会
が開催されるそうです。
「みどりの未来」とは全国の環境問題を考える地方議員の集団です。
そこで、いくつかの分科会が開催され、そのうちの一つがごみ問題。
できれば、ゼロ・ウェイストをとりあげたいので、私への協力要請がありました。
早速、広瀬 立成さん(NPO法人「町田発・ゼロ・ウエイストの会」理事長) http://www.zerowaste-machida.jp/
に講師依頼をしました。
いろんな事情がありながらも、広瀬さんは快諾していただき、これも楽しみです。

広瀬さんといえば、
第18回環境自治体会議 
は平成22年5月26日(水)~28日(金)福岡県大木町で開催され
26日には【パネリスト】徳島県上勝町長、熊本県水俣市長、神奈川県葉山町長、福岡県大木町長
という豪華メンバーで
ゼロ・ウェイストの分科会もあり、町田の広瀬立成さんのコーディネーター。

これも楽しみですね。いけるかな~???
-----------------------------------------------------------------------------
以上すべて、私(壷阪)文章責任で作成しました。
-----------------------------------------------------------------------------
(7)デポジット署名受付中
-----------------------------------------------------------------------------
署名用紙はエコハウスしずおか http://homepage2.nifty.com/ecoinfo/  にあります。
また、下記でもダウンロードできます。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/5469/depojitpage.htm
◎メール署名も受付中!
http://form1.fc2.com/form/?id=496965
※国会提出予定が5月に延期になり、署名受付期間を4月末まで延長しました。
AD