皆様へ

気がつくのが遅かったのですが、静岡市一般廃棄物処理基本計画案のパブリックコメントを募集しています。
廃棄物政策課の方によれば、なかなか意見が集まっていないようです。
実は私も、偶然去る14日の夜に人から聞いて知ったのです。
是非、ご意見を出されることをお願いします。
そうは言っても、70ページにわたる長文ですので、いきなりはと思いますので
私のコメントを是非、批判的にでも参考にしていただき、私たちのゴミ問題ですので、
是非皆さん!参加しましょう。(※私も短時間での読みこなしで不十分、消化不良状態ですが…)
---------------------------------------------------------
2010年3月23日追記
パブリックコメントに関する靜岡市の意見が公表されました。 以下クリック
---------------------------------------------------------
静岡市一般廃棄物処理基本計画案のパブリックコメントを実施します
募集期間 平成21年12月23日(水)~平成22年1月22日(金) 【必着
電子申請(「電子申請を開始する」をクリックして、利用規約同意後、HPからも意見を提出できます)
靜岡市一般廃棄物処理基本計画案(本編) A4版70ページ PDFファイル1.4Mb
靜岡市一般廃棄物処理基本計画案(概要版) A4版8ページ PDFファイル1.7Mb

※募集が終わり、上記リンクが削除されておりますので以下にアップしましたので参考にしてください。
---------------------------------------------------------
私の意見は以下です。
ご参考にお願いします。
---------------------------------------------------------
一般廃棄物処理基本計画案に思うこと①
(ここを是非変更してもらいたい)
---------------------------------------------------------
1.削減目標を野心的に、焼却量削減目標も創って欲しい。
  「10年で焼却量半減を目指す」べきだと思います
2.リユース(再使用)促進政策を大胆に掲げて欲しい。
3.生ごみ資源化政策の具体策の推進 不用品交換の拠点を建設を。
4. 紙ごみの減量化・資源化の回収機会を増やそう
5.事業系ごみ減量化、紙ごみの減量政策=資源化政策の推進
6.ごみ収集方法一元化の検討は大切ですが、分別が少ない旧静岡市方式への統一は止めるべきです。
.「市民が儲かる」ごみ有料化の推進を
8.最終処分場の危機に対する市民への宣伝を拡大しましょう
---------------------------------------------------------
1.削減目標野心的に、焼却量削減目標も創って欲しい。
  「10年で焼却量半減を目指す」べきだと思います
---------------------------------------------------------
計画では、10年で(平成31年には)
一人あたりの総排出量を13%減(P.32)、リサイクル率16.5%を25%に(P.34)
としています。

しかし、実は靜岡市は一昨年環境省の環境モデル都市に応募するにあたり、極めて野心的な目標を掲げています。

◇温室効果ガス総排出量の削減目標(2000 年比) ※森林吸収及びカーボンオフセットを含む
長期目標/2050 年頃までに100%削減を目指す。
中期目標/2020~2030 年頃までに2000 年比で50%削減を目指す。
※注:トップ > 環境総務課 > 環境モデル都市へ応募しました!
http://www.city.shizuoka.jp/deps/kankyou-soumu/kankyoumodel.html

又、目標設定が、総排出量とリサイクル率に限っています。
これは、発生抑制(Reduce)の観点から、総排出量を減らし、リサイクル率の向上を目指しているからだと思います。
しかし、「4R」を掲げる以上は、4Rに含まれない「最下位の処理手段焼却」をどれくらい削減すべきかを掲げるべきではないかと思います。

焼却量削減は二酸化炭素排出削減目標とも連動するわけです。
従って、コークスを燃やす「エネルギー多消費型焼却炉」の新西ケ谷清掃工場の運転には、
慎重であるべきことがふれられていないこともたいへん残念なことです。

野心的目標を立てるなら、10年で焼却量半減を目指すべきではないでしょうか?
---------------------------------------------------------
2.リユース(再使用)促進政策を大胆に掲げて欲しい。
  不用品交換の拠点を建設を。
---------------------------------------------------------
4R推進の立場から、発生抑制・再使用の推進を最優先課題としているのが靜岡市のはずです。
しかし、今のところ具体的な再使用推進の政策が欠如しているようです。
せっかく建設しようといしている沼上清掃工場の資源循環センターや西ケ谷清掃工場の啓発施設(P.37)は
単なる情報提供、啓発施設になっています。
清掃工場では常に不用品が持ち込まれ、単に破砕され処分されています。
その地の利を生かして、
是非、不用品回収再使用促進施設とすべきではないでしょうか?
---------------------------------------------------------
3.生ごみ資源化政策の具体策の推進
---------------------------------------------------------
(P.40)「新たな生ごみ減量化の方策を調査・研究していくこととします」としていますが、
具体策にまだ踏み込んでいません。
先進地区に学び①家庭でもできる生ごみ処理・資源化の取り組みの推進
②実験的生ごみ集団回収システムの挑戦
③地域拠点に大型生ごみ処理機の導入
を野心的に進めるべきです。
---------------------------------------------------------
4. 紙ごみの減量化・資源化の回収機会を増やそう
---------------------------------------------------------
(P.40)施策2 紙ごみの減量化・資源化を上げています。しかし、実態は民間回収システム=ちり紙交換などが崩壊状態であるため
市民は、紙の資源化する機会が非常に少ないと言えます。
集団回収に配慮するあまり、行政回収を2ヶ月に1回としていることに原因があると思います。
先進地区に学び、週1回又は、2週間に1回の古紙回収日の設定が求められると思います。
---------------------------------------------------------
5.事業系ごみ減量化、紙ごみの減量政策=資源化政策の推進
---------------------------------------------------------
(「P.42)
靜岡市役所のもったいない運動で、紙ごみを中心に6割削減に成功しています。
それは、紙ごみの溶解処理、分部の徹底による成果です。その方法をより具体的に宣伝し、
靜岡市内の事業所の紙ごみの半減を実現させる具体策に踏み込むべきです。
---------------------------------------------------------
6.ごみ収集方法一元化の検討は大切ですが、分別が少ない旧静岡市方式への統一は止めるべきです。
---------------------------------------------------------
ごみ収集方法一元化の検討に際し(P.40)で
「…リサイクルの手法によっては、さらなる天然資源の消費が必要となるなど、循環型社会形成推進の理念に反する事態を生じさせる可能性もあります。このことから、ごみの全てをリサイクルすべきと考えるのではなく、環境負荷の低減や経済効率を考慮したリサイクル事業を行うことを目指します。」
とわざわざ明記しています。この一元化の項目で書かれているということは、
これは「リサイクルより、焼却優先」=旧静岡方式に統一することを示唆するものと思われます。
この考え方は「靜岡市の4R政策」に反する考え方です。
---------------------------------------------------------
7.「市民が儲かる」ごみ有料化の推進を
---------------------------------------------------------
(P.41)家庭ごみ有料化の検討するとしています。
幅広くその主旨を支持されるために、ごみ減量の選択肢生ごみ、紙ごみ、プラゴミのリサイクルや減量の道を更に明確にすべきです。
ということが前提です。
一定量の可燃ゴミ袋は無料で配布し、それを超えるゴミ袋には高額の有料料金を徴収する。無料のゴミ袋が余ったものは市が買い取るシステム
を推進すべきと考えます。
例えば、最低限のゴミは今まで通り無料で配布し(週二袋45L)、それ以上は一袋(45L)400円とか高額にする。
無料分の余ったごみ袋は、行政が買い取る
この有料化方式をとることで、適正量の可燃ごみは今までどおり無料であり、ごみを減らした人には報奨金が出る=「市民が儲かる
一定量以上を出した市民は、ペナルティでゴミが有料となる。
一定量」と「ペナルティ」の決め方が、実現可能なごみ減量計画と連動させていくことが重要です。
し、徐々に「一定量を減らし、「ペナルティを増やしていく
ことによって、大胆な未来へ向けたごみ減量政策が実現可能になるのです。
---------------------------------------------------------

8.最終処分場の危機に対する市民への宣伝を拡大しましょう
---------------------------------------------------------
現状(P.19)処分量推移(P.20)重要課題と位置づけ(P.30)最終処分場の整備(P.47)
と記載されています。
靜岡市はゴミのスラグ化により、最終処分量を減量することを考えているようですが
最終処分場の現状をもっと知らせることを通して、市民の意識を変えていくべきだと思います。
---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
一般廃棄物処理基本計画案に思うこと②
(でもこんなによくなっている)
---------------------------------------------------------
足りないところを上げれば、いっぱいあるわけですが、足りないところだけでなく
5年前(平成17年3月版)と比べ、数段パワーアップ(まともになった)している
ところも実はたくさんあります。
つまり
1.4Rを正しく位置づけています
2.家庭ごみ、事業系のごみ量の区別をまともにやっています
3.リサイクルを正しく表現するようになりました。
4.ごみ量が全国平均より多いことを素直に認め、ごみ減量、リサイクル率の向上を目指しています。
5.現状よりどれだけ減らすか?という普通のごみ減量目標を掲げています
が上げられると思います。

詳しくは以下のです
---------------------------------------------------------
大きな違い1
●計画が環境基本法、循環型社会形成推進基本法に基づき位置づけられています
---------------------------------------------------------
キチンと4Rを位置づけ、循環型社会形成推進基本法を位置づけた上で
第一に発生抑制(Reduce)を最優先に、次に再使用(Reuse)を推進するとし、
キチンとリサイクル率が低い過ぎることを認識し、

再資源化(Recyle)を推進するとしている。
その上で、サーマルリサイクル(ごみ発電)、適正処理(焼却)、焼却灰スラグ化を
最下位の適正処理とするとしている。
※平成17年度版には、その位置づけがありませんでした。
---------------------------------------------------------
大きな違い2
●家庭系ごみ、事業系ごみを正しく位置づけています
---------------------------------------------------------
P.8)収集ごみを家庭系ごみ、持込ゴミを、事業系とおおよそ位置づけ、

一人あたり一日あたり家庭系804g、事業系352g、計1156g(平成20年度)としている。
平成17年度版での「家庭系683g、事業系506g、計1189g」(平成15年度)
という推計値での表現をしていたが、正常化されています。
参考 静岡市一般廃棄物処理基本計画の不思議
---------------------------------------------------------
大きな違い3
●リサイクルを正確に表現するようになった(P.9)
---------------------------------------------------------
本市…総資源化量とは、…「直接資源化量」、「集団資源回収量」、焼却処理後に発生するスラグや不燃・粗大ごみを破砕処理した後の金属類などの「中間処理後の資源化量」の3項目の合計…ごみ総排出量に対する総資源化量の割合をリサイクル率…。
※平成17年度版では、リサイクルと言う言葉はほとんど使用されず、「再生利用率」という言葉が使われ、
焼却灰のスラグ化によるごみの再生利用が重要と取れるような表現になっていた。
---------------------------------------------------------
大きな違い4
ごみ総量が「全国平均より高い」として、ごみ減量の必要性、リサイクル率向上をうたう(P.23)
---------------------------------------------------------
※明らかに靜岡市は、全国トップクラスのゴミ量にもかかわらず、
平成17年度版では、間違った推計資料を使い、全国平均より低いという認識をしていた
---------------------------------------------------------
大きな違い5
普通の削減計画を掲げている(10年で総排出量13%減)(P.31)(資源化量も含む)
---------------------------------------------------------
※平成17年度版では、トレンド推計と称して、平成31年には、ゴミが20%以上増加すると予測して
それより減ること、「10%減」「20%減」と表現して、実質10%近く増えることを「削減」としていた
---------------------------------------------------------
参考 
5年前の基本計画の問題点に2年半前に気がついて作成したものが下記です。
是非お読み下さい。
---------------------------------------------------------
070920ゴミゼロ通信●推計データでいいの? 静岡市一般廃棄物処理基本計画の不思議
静岡市一般廃棄物処理基本計画の不思議
静岡市一般廃棄物処理基本計画 平成17年3月
http://www.city.shizuoka.jp/deps/haikibutu/syorikihonkeikaku.html
静岡市一般廃棄物処理基本計画 概要版 平成17年3月

AD