「洗濯ネットで生ごみ堆肥化」改め?「土のう袋で生ごみ堆肥化」?

続 土のう袋で生ごみ堆肥化 小さなお客さん


で紹介をさせてもらった。その後です。

気になっていた「土のう袋」の強度ですが、

7月19日に開始して、昨日9月6日で1ヶ月半くらいで、わずかでも底に穴が開いちゃったみたいです。



土のう袋の穴

毎日、生ごみを入れて混ぜる作業を繰り返したからでしょうか?

混ぜる際に、底を何度もコンクリートにぶつける形になって

すれちゃったみたいです。

生ごみを入れて、いる時は、こんな大きな穴ではなかったのですが、

生ごみを外へ出したら、大きな穴になったようにも。


いずれにせよ、昨日やったことは

上の段の生ごみを、「ふるい」にかけて、大きな塊は堆肥に

細かいもの(ほとんどがピートモス)は別の袋に入れました。


ふるい

「ふるい」と言っても、上記のようなものを「ふるい」代わりにつかっています。


粉分(ピートモス)

「ふるい」で分けられた粉分、ほとんどがピートモスだと思います(多少は生ごみ堆肥と混ざって変質しているでしょうから)

生ごみの入った袋から、半分づづに二つの土のう袋に分けます。

一つににあ、「ふるい」で分けた、粉分(ピートモス)入れました。

※最初の予定は、ピートモス分は3ヶ月で堆肥扱いとする予定でしたが、それでは3ヶ月後に又300円でピートモスを買わなければならないので、再利用してみようと思います。多分問題ないです。

粉分を足した方を今後生ごみを入れ続ける予定です。


二つの袋の生ごみ

そして生ごみと米ぬかを入れました。左側

右側はそのままです



上の段の生ごみ

右側の土のう袋半分の生ごみ堆肥熟成中

下の段の生ごみ

左側の土のう袋、昨日の生ごみと米ぬかが見えます。


生ごみを入れ続ける左側の袋を下に、生ごみを入れないで熟成させる生ごみは上に入れます。



又毎日生ごみを米ぬかにまぶして入れ続けるわかです。


さて、「ふるい」にかけて分けられた、粉分ではないものはどうなったのか?

ですが。

実は、これは2週間前に上側に移したものです。

2週間ほどで熟成OK。とりあえず、

そのあたりの土に振りかけておきました。


まいた堆肥

もともと創られた堆肥の使い道は、あまり活用しておりません。

妻が行うプランターの元肥や、土に埋めておいて、その土をプランターの土として使うとかでしたが、

最近始めた、ふりかけ堆肥。

これだと、根に直接触れることはないし、徐々に土に浸透して土が肥えていく(のではないか?)と

思い込んでの実施です。

これは、もはや生ごみではありませんので、

アリや、ねずみなどの食べ物ではないのです。


土のう袋の穴以外は、ほぼ完璧な状態だと思っております。

穴対策は、毎日のかき混ぜ方だとおもいます。


みなさんいかがですか?

AD