自由にうたう

・記事UPして、2~3分とかで電光石火にいいね
・同一時刻内、もしくは1分差とかで複数の記事にいいね
・2~3分の間に4つも5つもいいね

いずれも盲目いいね、
もしくは、いいねテロと見なし、二度と相手したくない。

誰かをパクって、お気に入りの曲(無人島ソング)を貼りつけてみた↓
このブログは基本的にパクリと盗作と無断使用で出来ております。




















テーマ:
昭和STEPの皆さんの中には、
前々記事の『さくらの親子丼』で、
面倒見の良い美熟女
行き場の無い若者たち、
温かい食べ物… 等々で、
ある懐かしのドラマを
思い出された方も
少しはいたかもしれない?

その懐かしドラマとは、
茜さんのお弁当』。

タイトルの不陰気もなんか似てますし?


「ジェームス・ディーンのように」Johnny



♪おいで  Come On~
暗い目をして~  すねていないで~
走りだそうぜ~



【登場人物】
          西木茜:八千草薫 (1931.1.6 - )
         ※あかね弁当の経営者

土門渉:古尾谷雅人 (1957.5.14 - 2003.3.25)
※従業員で元ヤンの青年  

面倒見が良く、美熟女の茜に
皆さん惹かれていくことに…

立川信夫(17):柄沢次郎
※家出&窃盗の常習者 
(家出は犯罪ではないけど?)

平井俊(16):曽我泰久
※窃盗・自販機荒らしの常習者

この頃はジャニーズだと知らなかった

石倉公一(19):嶋大輔
※族上がりの傷害前科持ち

          小林実(18):杉本哲太 
           ※シンナー(や恐喝や傷害?)の常習者?


この年(1981年)3月31日に
ピンク・レディーの1回目の解散から
約7ヶ月後くらい、
MIEはこれがドラマ初出演らしい。
わりかし地道で堅実な女優業のスタート。


【地図】
物語の舞台となる町は面影橋周辺

広域地図↓



サムネが自販機荒らし中のヤッチンww

茜さんのお弁当第01話「ツッパリ登場」

【1話みどころキャプ】

同業他社からの引き抜きにより
従業員6人が一気に辞めてしまい、
あかね弁当はてんてこ舞い💧


『夕子!』            

茜が離婚後、旦那サイドで暮らしていた
娘・夕子りんが突然やって来た♪

         『来ちゃった♪』
鶴太郎だか紳助だかの
『来ちゃった…』の元ネタか?(←たぶん違う)


一方その頃、
スカウトに向かう渉
車が時代を象徴してますな💧

ボロアパートの一室でラリっていた


『おまえ、まだアンパンやってんのか!?』
『俺はやってない!
部屋貸してただけだよ
俺はアンパンやめたよ!』←嘘はいけない

ヤンキーが先輩にビビる演技、うまいね!

『おまえよー、働く気ねーか?』
『あるけどさ、すぐクビになるし…』
                 『じゃあ働けよ!』
『働くって、どこで…?』
『俺がいるところでだよ』

『え~、弁当屋?』(カッコ悪くてやだよ)

バカヤロー!
ガタガタ文句    
言うんじゃねーよ!』
ほとんど恐喝ww

次のターゲット狙いでふたりはゲーセンへ
『信夫!』手まねきする

ポヤ~っとしたうつろな目で
近づいてく信夫


※所は拓ボンを『兄貴』と呼んでいる  



銀縄は特にストーリーには絡まないが、
この倉庫での練習(演奏)シーンで
毎回出てきた気がする。

当時、銀縄がいかに人気あったかの
証左とも言える。

銀縄の演奏シーンに
   メンバーらのダイアローグが被り、


銀縄の演奏シーンから
   BGMはそのまま続き、
鳩のバイクシーンへ
夜にグラサンでバイクって危ないだろ!
『さらば青春の光』のオープニングを彷彿
♪Can you feel Real me?

アパートで待ち構えていた3人

ガンくれてるが、グラサンで見えない💧

近づいていく3人      

ヤラれる前にヤル!、ナイフを出す鳩

  地面で何かをガシガシ削ってる少年

  アルミ?を削って偽造硬貨を作ってた💧

 もっと暗い場所で、地味な服でやれww

硬貨に偽造させた物を自販機のコイン投入口へ


ジュース出てこないからって、
           蹴り入れる!

と、そこへ
『シュン!』
珍しくいちばん目立ってる信夫

どうやら、不良少年同士は
   全員元から顔見知りだったっぽいな。

ショボイ犯罪に手を染めてたヤッチンだが、
2年前は楓中の筋金入りの?不良だった!


一方その頃、
父親(元旦那)から
   娘を取り上げる訳にはいかないと、
とりあえず今日のところは
父親の元へ帰らすことに

三ノ輪橋行きの懐かしの黄色い都電
都電の場合、三ノ輪橋方面は東行きというのか?

『半年ぶりだもの、ホントは  
泊まってってほしいけど…』
        ↑だったら泊めたれよ   
『また来ていい?』
無言でうなづく茜        


好いシーンだ♪


~翌朝~
『ここに来たってことは   
やる気があるってことだな?』
(4人)『オス』『はい』『あ~』『… 』

『マトモな就職にも就けず  
プラプラしてたんだ  
やるしかねーよな?』

『地味で退屈な仕事だけどよ、 
   ガタガタ言わずにやれや』
『コツコツやってりゃあよ~、
   そのうち働く喜びなんてもんも
   生まれてくっからよ~』

  (渉、高橋一也みたいなドヤ顔しながら)
『実、なんだその髪は?
  染め直してこいって言っただろ?』
聞いてねーよ…

『おまえなんだ?その特効服は?
    ケンカじゃねーぞ、弁当屋だぞ』

前科は隠せ!
ずっと働けるかも知れねーからよ』
   今回のこの4人のスカウトは、
あくまでも緊急要員としての
暫定的な採用なのか

渉に連れられ初出社する4人と
大人たちの分かりやすい反応を
ご覧下さい
まあ、こうなるわな…💧

ここまででようやく31分くらい経過w

休憩時間ダレる4人


で、この後さっそく配達先でやらかす…💧

ラスト近くの面影橋でのカッコ良いシーン

2話以降もほぼ全話にわたり、
少年たちは何かしらやらかしたり、
事件に巻き込まれたりするが、

その度に茜(や大人たち)は
戸惑いつつも暖かく見守り、
親身になって相談にのり、
ときには叱咤激励もする。

少年たちは
茜や渉たちとの交流や、
仕事をしていくなかで、
仲間の大切さ、
ひとの優しさ、
働くことの厳しさや喜び、
社会のルール… などを学び、
ひととして成長していく… 

続きが気になる方は、
デイリー・モーションに(おそらく全話)
上がってますのでご覧下さい♪

銀縄一家やヤンキーには興味無かったけど、
これは良いドラマだった♪


(姑息なシュン)
あかね弁当に就職した順次郎が
製造した自動飯盛り機。

それを夜中にこっそりシュン
壊してしまうエピソード回もあった。

『こんなのあったら俺ら
    クビになるでしょ… 』
『俺は免許も持ってないから
    配達にも出れないし… 』

茜『バカねシュンくん、
        クビになんてしないわよ!』

そのエピ回かと思ったが、
どうやら別の回らしい↓


※1シーンのみキャプ

   集金した金をチョロまかし?、
渉や仲間らから責め立てられるシュン

     180以上の大男らにすごまれ、
ビビる(推定168)

すっとぼける

渉に胸ぐらつかまれ
ビビりまくるシュン

               グギギ… 
しかし、ホント信夫って影薄いよな
このシーンでもほとんど映ってないし
まだシラを切ろうとする
こんな責められちゃってる
チビっ子(最年少設定)なヤッチンだが、
実年齢では、鳩、哲太より年上です。
芸暦もこの年(1981年)で9年目。

古尾谷 雅人
1957年5月14日 - 2003年3月25日

柄沢 次郎  1962年9月17日 -


嶋 大輔 1964年5月22日 - ←ニッキと丸1年違い

杉本 哲太 1965年7月21日 - ←川谷拓三と丸24年違い

昨年の『男の勲章』記事へ
頂いたコメへの返コメ↓
スタジオ収録中に鳩がシブがきにガンくれ、
モックンとフックンは目そらしたのに、
薬丸だけはバカだから睨み返し、
その後、シブがきの楽屋を鳩が襲撃!
ビビった薬丸は楽屋から出れなかった、
なんて話もありましたなww

   ジャニを敵対視するよう、
   銀縄兄貴たちから指導されており、
   忠実に実行していた、
銀縄一家・期待の新人ふたり

初期はセット売りも

+1(西山浩司似の芝一彦)   
※後に矢吹薫に改名しソロデビュー、
サンデーズにもちゃっかり加入  
(中村シゲ、山本陽一らと同期)、
銀縄一家のくせしていいのかw  

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。