こんにちは。

本日は竹パウダーコンポスト講習会の第三回目が行われました。




今回の会場は上北台市民センターです。




皆さん熱心に講義を聞いていただき、活発な質問を頂きました。
菌ちゃん野菜つくりの仲間からは、小金井の伊藤さん、八王子の池原さんに来て頂きました。


来月は夏休みで、次の講習会は9月、会場は南街公民館です。

ナイジェリア向けの食器の回収、文具、楽器、衣類、靴などの回収も行われました。
ご協力頂いたみなさん、ありがとうございました。




AD

チッパー導入

こんにちは。


NPO法人東大和ごみレスくらぶでは、狭山丘陵の里山保全と生ごみ処理や野菜つくりの畑の土つくりの為の発酵材料として、し地主さんの許可を頂いて孟宗竹を伐採し、竹パウダーに加工しています。

孟宗竹は成長すると一本当たり約35kgほど。
でも全部パウダーには加工できないのです。

まず竹パウダー製造機に入るのは、直径で5cm以上。
枝の部分や先の細いところは機械にかけられません。
無理にかけれると、刃に噛みこんでしまいます。

以前は枝や細い部分は鉈で切り刻んで細かくしたり、畑で支柱にしたりしていましたが、
毎回その部分は端材として残るので、手動で刻むもは大変な作業でした。

そこで今回導入したのが「チッパー」という機材。
要は細い枝の部分を細かくチップしてくれる機械です。


エンジンがついていて、現場にもっていっても使える構造となっています。


上の部分に枝を入れると、前から刻まれて出てきます。


枝とかはあっという間に粉々に。
チップにした竹は炭素循環農法の発酵基材としても使用ができます。
勿論山に戻してあげてもOK。


こんな感じに刻まれます。
作動中はエンジン駆動なので、結構な音がします。
でもやはり便利。

この基材は、東洋ゴムさんの助成を受けて購入しました。
これで端材の事を心配することなく、竹パウダー製造の作業ができます。
竹の根本の端材は竹炭に加工。竹酢液も取れますし、
先の部分もチップとして利用できます。
これでやっと伐採した孟宗竹全部を残すことなく利用できるようになました。





AD
こんにちは。

竹パウダーコンポストの公開講座と物品回収のお知らせ続編です。

今回のお知らせでは、7月から3月の開催場所をお知らせしています。
開催日は全て日曜日で、全部の回が予約制となっています。

申込方法は下記電話番号にお電話またはFAX頂くか、
(できればFAXで!!   個人宅の電話なので留守の場合には留守電になります。メッセージを入れて頂いても聞き取れないことが多く、その場合折り返しのご連絡が出来ず受付ができません)
事務局のE-Mailまでメールを頂きたいと存じます。

・申込TEL&FAX     042-562-1935(内野)
・E-Mail    noriyuki4643@hotmail.com (事務局伊藤)

開催日の一週間前の日曜日が締め切り日となります。次の日の月曜日に抽選を実施し、結果を申し込まれた方全員にご連絡いたします。





参加者すべての方に竹パウダーコンポストのスターターキット(発泡スチロール箱+竹パウダー10リットル)を無料で差し上げています。
都合のよい開催日を選んで、ぜご参加下さい。

*東京都知事選挙の為に、当初予定していた7月の開催日が31日から24日に急きょ変更となりました。ご了承くださいませ。(会場を選挙で使用する為の変更です)

*また、私たちNPO法人東大和ごみレスくらぶでは、2010年6月より家庭の使用済みテンプラ油の回収を実施してきました。
回収した油はバイオディーゼルにリサイクルされていますが、東大和市内にもう一団体油の回収を実施して頂ける団体が出来ましたので、この場をお借りしてご案内したいと思います。
同じ活動を実施してくれる団体さんが市内にできて、私たちとしても心強い限りです。

H28年6月より、西武拝島線玉川上水駅北口の「東大和ふれあい広場」内で使用済みテンプラ油の回収を実施しています。常駐の方がおられますので、持込みの対応をして頂けるそうです。駅改札を出て、マクドナルドの向かって右側の階段を下ってすぐの所です。
ご興味のある方はぜひ足を運ばれては如何でしょうか。


AD
5月29日の日曜日、東大和市の南街公民館で竹パウダーコンポスト利用の為のワークショップの第一回目が開催されました。






今回は情報の開示が遅れてしまったこともあり、定員に満たない開催でしたが・・・・。






皆さん熱心に聞き入って頂きました。

家庭から出る生ごみはとても良好な堆肥となり、やさい作りやガーデニングなどにとても有効に使用できます。
NPO法人東大和ごみレスくらぶでは、試験農園の菌ちゃん畑でこの竹パウダー堆肥を使用して野菜を作っています。



このワークショップにご参加頂いた方には、竹パウダーコンポストのスターターキットが無料で差し上げています。
ケースとしての発砲スチロール箱はNPO法人東大和ごみレスくらぶから、
発酵基材の竹パウダー10ℓは東大和市役所からの提供となります。

このワークショップは今回の開催を含めて2016年度で全10回の開催を予定しています。
開催の予定は下記表の通りとなっています。



お問い合わせ、お申し込みは下記まで。

NPO法人東大和ごみレスくらぶ
TEL&FAX 042-562-1935(内野)
E-mail  noriyuki4643@hotmail.com (事務局)

参加は無料です。
定員は20名で、事前のご予約を頂いています。
応募多数の場合には、抽選となります。

来月は東大和市狭山公民館で26日(日)に開催となります。
場所はここです。

 〒207-0003 東京都東大和市狭山3丁目1344-1
https://drive.google.com/open?id=1LAk4q00XpIxmc-UKd0jptmW36AE&usp=sharing


東大和市市内の方はもちろん、市外の方も参加可能です。

この活動は東京ガス環境おうえん基金のご支援を受けて開催しています。







こんにちは。

NPO法人東大和ごみレスくらぶでは、本年度5月から7月にかけて毎月1回、
竹パウダーコンポストのワークショップを実施しいたします。

竹パウダーコンポストは、狭山丘陵の孟宗竹をパウダーにした「菌ちゃん発酵竹パウダー」を発酵基材して使い、一般的なダンボールではなく、発泡スチロールの箱を使用して生ごみ処理をするものです。

竹パウダーの消臭効果のおかげで匂いが大幅に抑えられて、発泡スチロールの箱を使用することでマンションなどの室内での使用が可能となりました。

今回のワークショップでは、なんとスターターキット(竹パウダー10ℓ+発泡スチロール箱)を参加される方に無料で差し上げます。

買うと結構します・・・。東大和市では発酵基材の竹パウダーは半額助成になりますが・・・・。

5月のワークショップについては先着順。
6月、7月については定員を超えた場合には抽選となります。

各月の会場と時間については、チラシを参考にしてくださいね。
因みに5月は5月29日の日曜日に南街公民館204号室、
6月は6月26日の日曜日に狭山公民館101号室、
7月は7月31日の日曜日に上北台市民センター302号室、
時間は全てAM10:00~12:00です。

 

同日に海外リユースの為の支援物資の回収も実施します。

 

こちらはアフリカ・ナイジェリアの子供達に届けるものです。
NPO法人WACCを通じてナイジェリアに届けられます。
昨年は食器、文具、洋服などを届けました。

ワークショップの参加連絡は、FAXにてお名前、参加人数、参加日、連絡先TELを記載して、

042-562-1935まで。

電話ももちろん通じますが、留守のことも多いのでFAXをお勧めしたいと思います。

奮ってご参加ください。