ゴンベ・メモリアル・クラブ(GMC)

2005年、アフリカの神秘の森で野生のチンパンジーに出会った。感動をともにする私たちの不思議なきずなを深めながら、まだ見ぬ新たな人とも出会いたい。遙かなる大地へ思いをはせよう。


テーマ:

 6月1日に米オンライン科学誌プロスワンに掲載された京都大霊長類研究所の発表によると、チンパンジーやニホンザルなど大きな群れで生活する霊長類は、まばたきをコミュニケーション手段として使っている可能性があるという。


 研究チームが日本国内で飼育されているさまざまな種類の霊長類を調べたところ、野生環境でより大きな群れで行動する種類の方が、まばたきの頻度が高い傾向にあることが分かったのだ。


 霊長類のコミュニケーション手段として知られる「毛づくろい」も、大きな群れて生活する種類の方が頻繁なことから、「まばたき」もコミュニケーション手段のひとつと判断したようだ。


(参考リンク)=日経記事

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0100A_R00C13A6CR0000/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 チンパンジー、オランウータン、ボノボ、ゴリラの4種からなる野生の大型霊長類が、密猟や違法な商取引で年間3000頭も犠牲になっていることが、国連環境計画(UNEP)の調査で分かりました。

 これまでも相当の犠牲が出ているらしいことは推計されていましたが、信頼できる国際機関の本格的な調査で、現時点での概数がようやく出ました。悲しいことに、あまりにも大きすぎる数字です。


 しかもこれを調査期間である2005~11年の7年間で見ると犠牲になったのは2万2200頭とさらに衝撃的な数字になります。


 UNEPは、バンコクで開かれているワシントン条約締約国会議で、監視の強化を各国に求めていますが、各国ともどこまで本気でやってくれるでしょうか。


 日本の共同通信が3月5日に報道していますので、詳細は下記の記事を参照してください。

http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013030501001339.html


 UNEPは2005~11年の各国の摘発や押収の記録、保護施設に持ち込まれた数などを基に、違法取引の規模を推定したそうです。

 種類別では、チンパンジーが1万4100頭、オランウータンは約4100頭、ゴリラは約2900頭、ボノボは約1100頭。

 違法な施設や動物園などで見世物にしたり、資産家がペットとして飼うケースも。


 それでなくても、生息する森林の伐採や生息域の分断などで数が減っているのに、さらにこんなことをしていては絶滅はすぐそこです。

 

 もちろん、内戦などの戦乱による難民の急増で食用としての需要が増大していることも一因ですし、生息域周辺の住民の経済状況をなんとかしないと本当の解決にならないことは、これまでもこのブログで言ってきたことなので分かっていますが、本当に許せません。


 なお、UNEPの推計生息数が分かりましたので、付記しておきます。

●ゴリラ=1万8千~2万6千頭

●チンパンジー=29万~43万頭

●ボノボ=1万5千~2万頭

●オランウータン=6万頭



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 あまり知られていないが、ポップアートのカリスマ、アンディ・ウォーホールは「危機にひんしている種」という動物に関する版画シリーズを発表している。絶滅の危機にある動物をテーマにさまざまな種類が描かれているが、このほど、そのシリーズが10作すべて、サザビーズの競売にかけられることになった。

 ジャイアントパンダやアフリカゾウなどがシルクスクリーン版画で描かれている鮮やかな作品群だ。


 実はウォーホール作品をめぐっては、昨年秋からいろいろと話題になっている。

 米政府が非営利の芸術団体に対する補助金を削減しているために、ウォーホール作品を大量に所蔵している財団は、作品を競売にかけることを言明。市場に大量にウォーホール作品が流入することで、価格が大幅に下がることが懸念されている。

 その競売は昨年11月に既にNYのクリスティーズで実施され、今後も断続的に続けられる。


 財団に金が入ることで、若手芸術家への支援金などが確保されるという良い面もあるのだが、ウォーホール作品の相場が下がることで美術品全体の相場が下がるという可能性もあり、影響は小さくないという。


 動物版画シリーズはもともと、絶滅危惧種を守るために描かれたはず。せめて競売で得た金は動物保護に回してほしいものだが、なかなかそうもいかないだろう。落札者が動物保護のために役立ててくれればいいが、それも望み薄でしょう。


 落札予想額は10作合わせて30万ポンド、つまり3500~4200万円と意外とお安いので、そこのお金持ちの方々、手に入れてみてはいかが?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。