デザインコンビの「西荻四十八景」

文・本田まさゆき イラストレーション・目黒雅也 による
西荻窪をテーマとしたコラムです。


テーマ:

デザインコンビの「西荻四十八景」
★★西荻北郵便局★★

絵描きは絵を描かなければならないし、
物書きは文章を書かなければならない。

警察官は犯罪者を捕まえなければならないし、
郵便局員は切手を売らなければならない。

そういう意味において、

今回の西荻48景、

公開日に文章が間に合わなかったことで
文章担当の私が、職務をまっとうできなかったと言えなくもない。

質を下げずに、締め切りを守る。


これは絵描きでも物書きでも当たり前のこととされている。

それができてこそ、プロ。

そういう考え方が一般的だろう。


単に絵がかければ、絵描き、
文章が書ければ物書き、
ではないということである。


警察官も犯人を捕まえること以外に仕事は多い。

郵便局員も、切手を売る以外にたくさんの仕事がある。



例えば郵便局に置いてある蛍光カラーボール。

郵便局に強盗が入ったとき、
郵便局員はあれを犯人に投げつけなくてはならない。

犯人に暴力を振るわれるかもしれないという
リスクがあるにもかかわらず、だ。

犯人の衣服に蛍光塗料を付着させ、
犯人逮捕に貢献するのである。


数年前、西荻北郵便局に強盗が入ったことがある。
私は犯人が逃げて、パトカーが現場に集まっているときに、
その近くを通りかかった。

現場の近くに自転車をとめていたのである。
現場を検証するお巡りさんを横目に、

「おお、こわい、こわい」

などと思いながら自分がとめていた自転車まで辿り着いた。

そうして、しばし唖然とした。

自分の自転車が自分のものに見えなかった。


デザインコンビの「西荻四十八景」

郵便局員が、投げたのである。

例のあの、蛍光ボールを、局を出た強盗に向かって、
力一杯、投げつけたのである。

そうして外れたのである。

デザインコンビの「西荻四十八景」

現場検証中の警察官は

「早く帰って乾かないうちに洗った方が良いですよ」

と、言った。

急いで家へ帰る途中、私は3度職務質問を受けた。

「それ、あなたの自転車?」

「さっき強盗があったんだけど、ちょっとお話聞かせて貰えますか?」


郵便局員は自分の仕事をした。

しかし、強盗には当たらなかった。

警察官も、自分の仕事をした。

しかし、私は無罪だった。

私は私の自転車を洗った。


そうして今、私は、そのことをここに記載している。


しかし、締め切りはとっくに過ぎ去っている。


(完)
★西荻窪を書かせたら右に出るもの無し。

文 本田まさゆき
絵 目黒雅也

のデザインコンビによる西荻窪エッセイ
「西荻四十八景」

★制作室デザインコンビホームページはこちらから
http://design-combi.com/

★制作室デザインコンビのイラストレーター目黒雅也のブログ
デザインコンビ目黒雅也の作品保管庫
http://ameblo.jp/yobodaba/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デザインコンビの「西荻四十八景」

★★シタル★★

シタルには「シタルちゃん」という女の子がいて、
彼女はとても人気があった。

「あった」と書いた理由は
彼女の人気がなくなったからではなく、
彼女が吉祥寺のお店に映ったという話を
聞いたからである。

この店に行ったことのある男性はみな、

「あの子、かわいいよね」
と、言う。

私は特別の感情を持っているわけではないが、
以前夜の十字路で、ぶつかりそうになったときには
ファンの言うことがすごく理解できた。

彼女も僕も自転車だった。

お互い急ブレーキをかけた。

たしか、僕のほうに幾分非があったような気がする。

こういうときには素の自分が出るものである。

むっとするでもなく、舌打ちをするでもない彼女のリアクションは
素敵だった。

笑顔で、照れくさそうに、

「ごめんなさい」

今も西荻に彼女のファンは多い。



(完)



 

★西荻窪を書かせたら右に出るもの無し。

文 本田まさゆき
絵 目黒雅也

のデザインコンビによる西荻窪エッセイ
「西荻四十八景」

★制作室デザインコンビホームページはこちらから
http://design-combi.com/

★制作室デザインコンビのイラストレーター目黒雅也のブログ
デザインコンビ目黒雅也の作品保管庫
http://ameblo.jp/yobodaba/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デザインコンビの「西荻四十八景」

★★魚庄★★

ふたりのおじさんのお店。

のっぽで細身のハンサムなおじさんと、
ずんぐりした愛嬌のある顔のおじさん。

映画の中に出てくるようなコンビである。

ギャング役でコンビを組ませたり、
刑事役でコンビを組ませたり、
二人にコントを演じさせたり、
私は妄想が膨らんでしまう。

たまにサービスでなにかおまけしてくれるのは
ずんぐりさんのほうである。

「あにぃ、いつもいつもおまけばっかしてんじゃねえよ!
採算考えろよ!」

「こうやって喜んで貰うからまた来てくれるんだろうが!」

「やんのかコラ!」

と、ケンカするようなことはないのだろうか、と気にはなる。

しかし、とてもケンカするようには見えないのである。





(完)





★西荻窪を書かせたら右に出るもの無し。

文 本田まさゆき
絵 目黒雅也

のデザインコンビによる西荻窪エッセイ
「西荻四十八景」

★制作室デザインコンビホームページはこちらから
http://design-combi.com/

★制作室デザインコンビのイラストレーター目黒雅也のブログ
デザインコンビ目黒雅也の作品保管庫
http://ameblo.jp/yobodaba/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デザインコンビの「西荻四十八景」

★★西荻ポルカ★★

この店に通う人に、

「僕はね、ポルカの○○が好きなんだよ」

と、好きな料理をおすすめされることがある。

そのとき、1つの料理に票が集まるのではなく
各人の好きなものが違っている。

それは素敵なことだと、私は思う。



(完)






★西荻窪を書かせたら右に出るもの無し。

文 本田まさゆき
絵 目黒雅也

のデザインコンビによる西荻窪エッセイ
「西荻四十八景」

★制作室デザインコンビホームページはこちらから
http://design-combi.com/

★制作室デザインコンビのイラストレーター目黒雅也のブログ
デザインコンビ目黒雅也の作品保管庫
http://ameblo.jp/yobodaba/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デザインコンビの「西荻四十八景」

★★音羽館★★

西荻窪に、音羽館あり、と、
店主も客も言わないが、
遠くの街の古本屋さんは思っているようである。

他の街の古本屋さんと話をするときに、

「西荻窪に住んでいます」

と私が言うと、

「西荻なら、音羽館さんがありますね」

と返ってきたことは数知れず。

いや、実際は10回弱だと思うが、
それでも、同業者にそう言われるのはかなりのことである。

そして、そういう同業者の評価はべつにしても、
本が好きな人には一度行っていただきたいお店である。



(完)





★西荻窪を書かせたら右に出るもの無し。

文 本田まさゆき
絵 目黒雅也

のデザインコンビによる西荻窪エッセイ
「西荻四十八景」

★制作室デザインコンビホームページはこちらから
http://design-combi.com/

★制作室デザインコンビのイラストレーター目黒雅也のブログ
デザインコンビ目黒雅也の作品保管庫
http://ameblo.jp/yobodaba/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。