ゴルフ上達には理想的なスイングが必要になるはず
アマチュアの方は、スイングを独学で学び練習している方が非常に多いです。

しかし、自己流の練習を繰り返すことで、逆に上達のスピードにブレーキを
かけてしまっていることに気づいていないのです。


では、一体どうすれば、理想的なスイングに近づけるのか?
飛距離アップし、そしてスコアを縮めることができるのか。

とても重要なポイントです。

その説明の前に、レッスン生から実際にが寄せられるゴルフ上達の疑問について
お答えしていきますね。

ゴルフスイングの基本 スイングの悩み解決
「スイング本質」を正しく理解しないと、
どんなに練習量を増やしてもゴルフは上手くなりません。

ましてや飛距離アップは二の次です。

「スイングの本質」とは、この後でお話しますが、
プロもアマチュアも、本質は何も変わりません。

スイングの本質を理解したうえで、初めてあなたの体格や骨格、パワーに合わせた
オリジナルのスイングを作り上げていくものなのです。

柱を組まなければ、家が建たないように、スイングにも「柱=軸」が必要なのです。

アレンジや、新しいスイング理論はそれからです。
AD
正しい操作方法を身に付けることが結果的に良いスイングを習得できます。
体が硬くなって思うようにスイングができなくなったゴルファーが練習に取り入れるべき身体の回転方法とは?

柔軟な身体の回転操作は、全身の使い方を間違えてしまうと大きな怪我につながります。
正しい操作方法を身に付けることが結果的に良いスイングを習得できます。
年配ゴルファーこそ理解すべきポイント。ゆっくり振るほうが飛ぶ?飛距離を伸ばすためのコツと練習法とは?

ゴルフスイングの基本 スイングの悩み解決
骨格を意識した身体の回転操作を、プロが実践している方法で身に付ける訓練法をご紹介しましょう。
「ゆっくり振る」と「ゆっくり見える」スイングの違いを理解していただけます。
バックスイングで頭の位置と重心移動が苦手な人が克服できた練習法とは?

両肘から頭の位置、そして足の重心移動に、あまり解説されていない秘訣があります。
このDVDを学んでいただくことできっとその秘訣が会得できるでしょう。

足腰が弱くなり、コース1/3を過ぎると疲労で、不安定なショットになってしまう悩みの解決法とは?

足腰に負担のない体は作れます。疲れが出やすいショットは、決して良いショットではありません。
骨格を重視した私の動画での解説で、きっと疲れにくいフォームを会得出来ます。

ドライバーで狙い通りのコントロールショットを打つために、体の硬い熟年ゴルファー必須の上体の使い方とは?

上体が突っ込んでしまう人が多く見受けられます。目線が大事ではありますが、左右の手の力と頭の位置の置き方にコツがあります。映像の中で解説いたします。
若者に負けたくないゴルファーが、少しでも遠くに飛ばせるドライバーショットを手に入れるための骨格ベース訓練の3つの基本とは?

「大きく強く振る」「クラブとボールを選ぶ」だけではない、飛ばすための背骨を軸にする体幹の使い方が重要です。
その練習の秘訣をお伝えできます。
年配ゴルファーが自分の体格・体型に合ったスイングを身につけるために必要な、練習時における注意点とは?

クラブの選び方も大事ですが、最も大事なポイントをこの「骨格ゴルフ上達革命」DVDで詳しくお話します。

自己流の悪癖がついた熟年ゴルファーが、たったの一週間で理想的なスイングを身につけた練習方法とは?

手のひらからかかと、つま先に至るまで、すべての身体の部分部分がスイングに影響を与えます。
この「骨格ゴルフ上達」DVDは最も最短で、あなたの理想的なスイングを身につけるお手伝いをいたします。
熟年ゴルファーとしては人並み以上のヘッドスピードなのに、飛距離が200ヤード程度しか出ない悩みを払拭した○○の使い方とは?

力に頼ったアマチュアの方に案外ヘッドスピードが素晴らしく速い方がいますが、案外飛距離が出ない方も大いに見受けられます。
その悩みの解消法をお話ししましょう。
飛距離を出すためにやみくもに速いスイングを試みるアマチュアゴルファー最大の間違いとは?

負けず嫌いの方に見受けられるバンバン振る癖は、まさに飛ばさないためのスイングといっても過言ではありません。
飛距離を出すためにすべき、最も大事な基礎のトレーニングをお見せします。

短期間でアイアンの飛距離を安定して180ヤード出せるようになったゴルファーが、練習場で行ったあるコツとは?

プロの見様見真似ではなく、正しくプロの身体の操作方法を理解した練習方法を取り入れれば、アマチュアの方でも安定的なアイアンでの飛距離を達成できます。
その練習方法をご教示します。

筋肉が衰えスイングで頭が動いてしまう。そんな癖を直そうとするアマゴルファーの過ちとは?

アマチュアゴルファーにとって、非常に悩む原因となるアドバイスですが、スイングで頭を動かすな、というのは大きな勘違いです。
間違って理解することで上達を阻害しています。
その理由を詳しくお伝えしたいと思います。
力が衰えた人が見習うべき「ゆっくりに見えるプロのスイング」を習得したいアマゴルファーに、いちおしでお勧めのトレーニングとは?

実はゆっくり見えてもプロのスイングは、○○の使い方と回転の仕方に、アマチュアではすぐにはわからないある秘訣があるのです。
それさえわかって訓練すれば、同じようなスイングは必ず習得できますので説明しましょう。

AD
飛距離と方向性アップだけでなく、安定して再現性のあるスイングで
自己スコアを更新できることをお約束致します
私、森本がチェックする、あなたのスイング映像診断。
3ヶ月間の質問メールサポート。


あなたの悩み、質問を解消するためのサポートホームページ
これらの特典で、あなたのゴルフ上達を全力でサポートいたします。

約3時間の映像をご覧頂きます。

ステップ1.アドレスの作り方
ステップ2.ハンガードリルでスイングプレーンを習得する
ステップ3.パンチショットドリルでスイングを作る
ステップ4.重要ポイントを理解する
ステップ5.珠玉のドリル


この5段階を順に踏んで行くことで、ゆっくり着実にステップアップすることが可能です。

ゴルフスイングの基本
動画は、パソコンのみならずスマートフォンでもご覧頂けますので、
通勤通学途中、練習場、ご自宅、職場など、どこでも復習することが可能です。
(ネットにつながりYouTubeを再生出来る機種であれば、どの携帯端末からもご覧頂けます)
AD
試しに今夜にでも練習場に行かれた際には、アップライトなスイングプレーンを意識してみて下さい。
テークバック、ダウンスイングでこれまでより遙かにクラブが軽く感じられることでしょう。

あなたはスイング中クラブが重いと感じていませんか?

もし、スイング中にクラブが重い、手のひらにまめが出来るとお感じであれば、あなたはパワーを必要とする外人向きのフラットなスイングプレーンになっているかも知れません。

右脇を締めてスイングする、フラットなスイングプレーンの場合、物理的にインパクトゾーンが短くなり、なおかつヘッドスピードも落ちるのです。

このような理由により、アップライトなスイングプレーンは、フラットなスイングプレーンより有利なのです。

アップライトなスイングプレーンを身につけることで、性別、年齢、体格的にハンデがある人でも強烈なヘッドスピードを生み出すことが出来るようになります。

試しに今夜にでも練習場に行かれた際には、アップライトなスイングプレーンを意識してみて下さい。
テークバック、ダウンスイングでこれまでより遙かにクラブが軽く感じられることでしょう。

このように、

「体重移動の少ない一軸打法+アップライトなスイングプレーン」が、何度打っても芯に当たる正確性と爆発的なヘッドスピードを生み出すのです。


私のゴルフレッスンには、非力な女性の方も多数おられますが

「ドライバーって、一番簡単なクラブなのですね」

皆さん口々にこう言います。
非力な女性であっても、「一軸打法+アップライトなスイングプレーン」でビシバシ飛ばしています。

今あなたは、ドライバーが一番難しいと感じていませんか?
朝一のティーショットは、ラウンド中最も緊張するショットかもしれませんね。

しかし、今日からその考えを改めてください。

ゴルフ上達にはゴルフスイングの左手

「体重移動の少ない一軸打法+アップライトなスイングプレーン」でしなりを活かすスイングを身につければ、普段は緊張する朝一のティーショットが待ち遠しくなるはずです。
ゴルフも同様で、飛距離を伸ばすためのヘッドスピードを上げるには、
体重移動せず軸はなるべく動かさずに打つ方が良いのです。

体重移動していると、軸がぶれるので、その分だけ体の回転が遅くなります。

あなたは飛距離を伸ばすためには、「体重移動が重要だ」と思っていませんか?

実は、それは大きな誤りなのです。


これは、私の師であるデビッド・イシイプロから学んだのですが、
体重移動の少ない一軸スイングが正確性と飛距離をもたらします。


例えば、おもちゃのコマをイメージしてみてください。

高速に回転するためには、中心軸がしっかりしている必要があります。
中心軸がぐらついている時は、コマの回転も遅くなっていますよね。


また、アイススケートで選手がくるくると高速回転するシーンがありますが、あの時も腕を折りたたみ、軸を小さくして回っていることが分かるかと思います。

これもおもちゃのコマ同様、中心軸を1点にして回転速度を上げているのです。
手足を広げている時というのは、回転速度を早くすることが出来ません。

ゴルフも同様で、飛距離を伸ばすためのヘッドスピードを上げるには、
体重移動せず軸はなるべく動かさずに打つ方が良いのです。

体重移動していると、軸がぶれるので、その分だけ体の回転が遅くなります。

アイアンは左一軸
ドライバーはセンター一軸

クラブによって意識する軸の位置は異なりますが、アイアン、ドライバー共に一軸であることが大切です。

短期間でゴルフのスコアをアップ には
特に現在は韓国のプロゴルファーはセンター1軸の選手が多く、体格に恵まれないアジアの選手の主流となって行くことでしょう。