〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんにちは。

世間ではゴールデンウイークということで

行楽地へ向かう方、ゴルフの予定の入っている方など

様々かと思います。

 

今回も大古プロからのアドバイスになります。

参考にしてみてください。

 



パッティングで最も難しい下りのスライスライン。

カップがグリーンの中央で、ボールが左奥。
受けグリーンであればあるほど、
カップのはるか左を向いて打たなければなりません。

下りのラインからのパッティングはボールに加速が加わり、
一度曲がると、曲がり具合がどんどん大きくなるからです。

それだけに、ヤマをかけすぎるくらいかけても大丈夫。
とくに、下りのスライスラインは、体がカップの方を
向いているので、どうしても目がカップを意識してしまいます。

自分ではカップよりはるか左の方を狙って打ったつもりでも、
いくらかカップ寄りにボールが出て行ってしまいがちです。

ふつうのショットに例えれば、つま先下がりからの
ショットになるわけで、それでなくても
パターのフェースが開きやすくなっています。
フェースの向きには十分注意して打つ必要があります。

とうぜんカップを狙っていくことになりますが、
上りのときよりかなり左目の手前に想定してください。
そして、そのカップの距離に届くように打ちます。

あくまでも仮想のカップなので真っすぐ打てばよいのです。

 

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

AD