〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんにちは。

大古師範からのアドバイス第11話です。

今回もパッティングについてです。

参考にしてみてください。

 



上りのスライスラインとなる状況は、
ピンがグリーンの奥目にあり、
ボールが中央の左サイドに乗った時などです。
 

カップを真っすぐ狙うとボールは右へ曲がってしまいます。

 

とうぜん、カップの左を狙っていくわけですが、
この時、カップの場所は意識しないことが大切です。
 

ラインを読みながら、仮のカップを想定し、
仮想のカップを狙って打っていきます。

 

上りのラインですから、仮想のカップは
実際のカップより遠くに想定しなければなりません。
 

つまり、上りのスライスラインの時には、
実際のカップより左上の先のところを狙っていきます。

 

スタンスの向きも、その仮想カップに
パターのフェースを合わせて決めます。

 

ボールの位置もストレートラインよりやや右目です。
それが自然ですから、改めて左寄りに置き替えないようにしてください。

 

また、実際のカップの方を意識してしまうと、つい体が開き
パターのフェースも右を向いてしまうので注意してください。

 

 

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

AD