第10話「上りと下りの距離感」

テーマ:

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんばんは。

今日は大古師範からのアドバイス第10話です。

参考にしてみてください。

 


ベント芝と高麗芝では、
ベント芝ではとくに下りが早く
高麗芝ではとくに上りが遅くなります。


このことをまず知っておいてください。

 

明らかに「上っている」と分かるグリーンなら
1mオーバーさせるつもりで打ってみてください。
 

それでちょうどよいくらいです。
たとえオーバーしてもほんの数10cmで、
3パットの心配はありません。

 

1mのオーバーぶんはスイングの大きさでします。
手首を使って力を加えようとすると、
傾斜があるだけにクラブフェースの向きが
狂って引っかけてしまいますから注意してください。

 

難しいのは下りのパッティングです。
半分の距離を打ったつもりでも、
3mくらいオーバーすることがあります。
 

とくにベント芝の下りのときは、
予想よりはるかに転がると思っていて大丈夫です。

 

普通のグリーンでの下りのパッティングでは、
2割りくらい手前のところを狙うようにします。

10mあったら2m手前にショートするつもりでいいでしょう。

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

 

 

AD