第4話「攻めと守りのホールを知る」

テーマ:

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんにちは。

今週も大古師範からのアドバイスです。

参考にしてみてください。

 

 

 


刻むべきところは刻み、
避けるべきところは避ける。
それが、スコアメイクのコツです。
 

ハンデの少ない人でも、ミスするホールは
ハンデの多い人とそれほど変わりませんが、
ミスを最小限に留めています。

 

攻めのホールと守りのホールを知るだけで
つまらない大叩きはなくなります…。

 

では、どういうホールで守るのかというと、
スコアカードに印刷されている
ハンデ欄の数字が少ないホールです。
各ホールには1~18までの難易度がついています。
数字が小さいほど難しいホールですから
そのようなホールでは無理して攻めていかず、
ハンデ10以上の人でしたら、「ボギーでもいいや」
と思って攻めていくといいと思います。

 

ボギー狙いというと
いっけん守りのようですが守りではありません。
自分なりの「パー」を想定し、
それに向かって努力するのは攻めだと思います。

 

そのためには、自分の実力を
はっきり知っておくことが条件となります。
各クラブの飛距離をつかんでおけば、
無理な池越えやバンカー越えは狙わないはず。

攻めと守りのメリハリをつけましょう。

 

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

AD