〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんにちは。

 

大古師範からのアドバイスその28話です。

バンカーショットの話が続きますが、じっくり

読み込んでいただくと本当に参考になります。

 

バンカーショットが苦手な方は余分な教えや情報は

忘れてシンプルに試してみてください。

きっと役に立つはずです。





バンカーショットは”豆腐の上部をきれいにえぐり取る”
打ち方さえ覚えれば、あとはちょっとした応用です。

たとえば、自分の目の高さと同じくらいの
アゴがあるバンカーショットの場合は、
アドレスをとる時のクラブフェースの開き具合を
そのアゴの高さより上を向くように開きます。

これはバンカーショットの基本で、どんな場合も
アゴより上をクラブフェースが向くようにしていれば、
自然とアゴの高い状況でも構えられるようになります。

クラブフェースを開けば開くほどボールは飛ばなく
なるわけですから、それだけスイングも大きくします。
といっても、ヒザがバックスイングで
流れるようでは軌道が狂ってしまいます…。
両ヒザともグッと内側に絞っておかなければいけません。

フィニッシュも高い位置に収めるようにして、
アゴの高さよりも高いところまでヘッドを振り抜いてください。
といっても、インパクトでボールをすくい打つような
手首の使い方をしないでください。

左手のグローブのマークの向きを一定させたまま振り抜きます。
フェースを大きく開いているので、
それくらいのフィニッシュの高さが必要です。

 

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

AD