〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんにちは。

 

以前にも少し触れた内容かもしれませんが、改めて

感じたことを1つ書きたいと思います。

 

それはボールを打つ前にきちんと目標を決めて練習しましょう、

打席から見える景色やマットの向きに惑わされないようにしましょう、

ということですウインク

 

これは練習場の右端の打席からの景色です。

 

冷静に考えればこの打席からの真正面が奥のネットの真ん中で

ないことは一目瞭然ですよね?

 

もしマットが奥の真ん中方向に向いていたとしたら・・・、

右側からのプレッシャーを強く感じて、きっと左方向に

振っていくことでしょう。

左端の打席からならその逆が考えられますよねえーん

 

マットの向きは一応練習場としての考えはあるとは思いますが

その方向に絶対に打たなければいけないというルールはありません。

※とはいえ、極端な斜め打ちは周りに迷惑になりますのでやめましょう。

 

打席の空き状況にもよりますので、必ずしも構えやすい景色とは

限らないでしょう。

そんな時は自分なりの目標物(例えば左から●本目の柱)を

必ず決めて練習に臨みましょう!ウインク

 

単にボールを打つだけだと、アドレス方向とクラブを振りぬく方向が

違ったり、変な癖がつく原因にもなりかねませんあせる

逆に折角のナイスショットも見える景色に惑わされてミスショットに

感じてしまったりするケースもありますえーん

 

当たり前のことのようですが、案外出来ていない方も多く見られますので

良かったら参考にしてみてくださいグッド!

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

AD