〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんにちは。
今日は大古師範からのアドバイスその15話です。

「なぁ~んだ、そんなこと分かってるよ」と当たり前のことの

ように思われるかもしれませんが、パターの距離感で

お悩みの方はもう一度ご自身のパッティングを

見直してみましょう!

 



パッティングするたびにオーバしたりショートしたり…。
距離感がバラバラの人は、たぶん手首を使い過ぎています。

手首を使わないで、ボールをパターのヘッドの重さで
ころがすようにします。
パターを吊るようにして構え、両ヒジに余裕をもたせて、
腕の振りによってストロークします。

こうすれば、腕の振り具合でヘッドスピードも変わります。
ロングパットほど、腕の振りを大きくすればよいわけです。

この打ち方だと、ラウンド中に急に距離感が
合わなくなった場合も、すぐにチェックすることができます。
バックスイングの振り方が大きくなっているか、
小さくなっているかどちらかだからです。

ボールのころがりは「力ではなく、スイングの大きさ」で
決めるようにすれば、それほど距離感が狂うことはありません。

※手首を使ったパッティングしていると
インパクトの時に力加減するのですから、
いつまでたっても正しい距離感を体得することができません。

 

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

AD