靴の選び方

テーマ:

患者さんの中でも、新しい靴を履くと足以外にも、体のあちらこちらが痛くなる話を聞きます。

 

履きなれた靴は、自分用に調整され完成した靴になるので、当たり前の話ですね、しかし、結局はもともと履きやすい靴が、メインの靴になり履く機会が増えるのです。

 

買ったは良いが履かない靴ってありますよね、あれは、履いていて履き心地が悪い、足に合っていない靴なのです。

 

靴には、足の幅(2E・3E)などがあり、幅広甲高などに対応してくれます。

 

メーカーによっても違いますが、これまでの足のサイズ・幅広で選んでしまう人も多く、これが合わない原因です。

 

靴は履いた際に幅でホールドできているか?(痛くない範囲で)

長さは趾先が1センチ程度空かなくてはいけません。

 

1センチも大きいものを選ぶの?と思われる方も多いと思いますが、その理由は、足裏にインソールを当て、趾先を曲げたり、反ったりした際にどれだけずれるかが分かります。

 

靴の中でこれだけ前後に動いているのです。

 

27センチの私も、靴によっては表記28センチ以上になる事もよくあります。

 

間違った靴を履くと、明らかに歩様がおかしく体の不調が現れます。

 

最近では、たくさんのインソールが出ていますが、その前に靴のサイズを選び直しましょう。

 

小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅 徒歩1分 かもしだ接骨院

腰痛・肩こり・膝の痛みなど関節の痛み、筋肉の痛み、

むち打ち・交通事故、整体は是非ご相談ください。

世田谷区祖師谷1-5-8  ☎03-5913-7831

http://www.kamoshida-bonesetters.com/index.html

AD