バイク事故

2011-11-12 20:49:38 テーマ:意味が分かると怖い話 解説

よそ見運転をしたトラックがバイクに激突する事故があった。救急隊が現場に駆けつけるとバイクの男性は首が180度逆の位置にあった。無駄だと分かっていたが救急隊は首を元に捻って戻した。結局その男性は死亡した。しかし事故当時男性は風除けのためにジャケットを後前に着ていたらしい




























ジャケットを後前に着ていた男性の首を、逆を向いていると勘違いした救急隊員が180度捻った。

とどめをさしたのはレスキュー隊員。



同じテーマ 「意味が分かると怖い話 解説」 の記事
PR

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

そんな確認不足なレスキュー隊員がいたら
困りますよね(´・ω・`)
Twitterからです**
いつも更新楽しみにしてます!

2 ■無題

本当に怖いのはジャケットを逆にきていたライダーだろ 意図がまったくつかめない。
そんな人がバイクに乗ってたから事故も起きたとも考えうる

3 ■Re:無題

>名無しさんさん
東南アジアの国ではしょっちゅうスコールに見舞われるのでこの様なジャケットの着方をしてる人をよく見かけます。てかこの着方が一般的です。先日マレーシアにて確認さてきました。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード