日本語フォーラムの有志の皆さんが進めている Tahr-Pup の日本語化作業も、なかなか最終版までは到達できないでいるようです。日課にしている本家フォーラムを覗いてみますと、現日本語版の元になっている当時絶大な人気のあった Precise5.7.1 のバージョンアップ版が目につきました。

 

しかし、これも最近はあまり人気がなく今だに次のページヘ進むことができないで1ページ目に留まっています。そこでその理由を調査すべく簡単なメモを起こしてみました。

 

「これは OpenBox 版 Precise 15.01-k3.17.7(2015年1月)です。 いつものようにあくまでも実験版だと考えてください。 Precise のアップデートをお探しの場合は特にお試しください」とアナウンスされています。

 

ところがメインのダウンロード先がリンク切れになっていて、ミラーだけが生きています。こんなところが不人気の最大の理由かな。当たり前ですよね。

 

OB-Precise 15.01 kernel 3.17.7 PAE
 

 

今回も使用したのはCleron-MのオールドPCで「ネタ専用マシン」です。

FMV-830NA  2004年

・CPU  :  Celeron-M-1500MHz
・Mem  : 768MB

 

懐かしいPS/2 マウスが使えます。まだ一個持ってました。

 

 

このバージョンは PAE だけがリリースされていますので、 Celeron-M ではメニューリストの kernel 行の末尾へマジックワードを追加することで起動問題を解決しています。

 

title Puppy OB-Precise1501
  uuid 6a951d32-b1c7-4f4c-a74a
  kernel /ob-precise1501/vmlinuz   ---------- forcepae
  initrd /ob-precise1501/initrd.gz

 

これは元々の OB Precise 14.07.26  のバージョンアップ版で、カーネルその他 15 項目ほどに変更が加えられているようです。カーネルは例の Tahrpup Kernel by 666philb にあるもので簡単に変更が出来ますので、 4 系のものも使用可能になっています。ただ、これはTahrpup用なので保証はできないとのことです。

 

早速変更してみました。変更方法はダウンロードしたファイルを解凍した中身の「 vmlinuz」 と「zdrv_tahr_6.0.sfs」 を 「zdrv_obprecise_15.01.sfs」 にリネームしたものを obprecise_15.01の中身の物へ差し替えます。

 


 

カーネルも4系へバージョンアップが出来ました。

 

 

 

日本語化はいつもお世話になっているシノバーさんの日本語パックを使用させていただきました。いつも思うことはパピーの日本語化は一発でできますが、ドッグ系はやや面倒ですよね。

 

 

openssl のバージョンについてもターミナルから調べてみましたが、予想通りでやはり古いものでした。

# openssl version -a
OpenSSL 1.0.1 14 Mar 2012
built on: Wed Oct 15 17:53:18 UTC 2014

 

少しでも改善したくて Openssl のセキュリティアップデートは security.ubuntu.com からダウンロードしました。deb ファイルなので直接インストール可能ですが、依存関係は解決できていません。

 

openssl_1.0.1-4ubuntu5.38_i386.deb

libssl1.0.0_1.0.1-4ubuntu5.38_i386.deb

 

Openssl が最新版に変更されました。

# openssl version -a
OpenSSL 1.0.1 14 Mar 2012
built on: Fri Sep 23 12:21:49 UTC 2016

 

このバージョンは名前通り OpenBox を使用しているのですが、これを使用して作成する方のほとんどが上部にパネルを配置しています。しかし、私にとってはこれがウザイ。消す方法が書いてあったのですぐに実行しました。

 

右クリックで panelsettings を選択します。

 

 

advanced でオートハイドを設定して完了です。これで使う時だけ現れます。

 

 

それでもデスクトップが広く使えていないと感じる方には、従来の JWM も用意されています。メニューのデスクトップの WM-Switcher から選択します。

 

 

 

アイコン配置をトラディショナルにすれば見慣れたデスクトップで一安心。

 

 

このバージョンの無線LAN対応状況について調べてみました。久しぶりに内蔵無線 LAN の無いマシンを使用しましたので、いつもの市販の安価なUSB無線アダプタに注目して、ralink社のチップ使用アダプタを取り上げました。

 

これが対応するドライバはフリーウエアのrt2800usbです。これは実際にロードしたものとネット情報の突合せですが、目安程度の参考にしてください。一覧にない ID を追加する方法はここを参照してください。

 

#BUFFALO
0411 00E8 WLI-UC-G300N
0411 012E WLI-UC-AG300N
0411 0148 WLI-UC-G300HP
0411 0150 WLP-UC-AG300
0411 0158 WLP-UC-GNHP
0411 015D WLI-UC-GN
0411 016F WLI-UC-G301N
0411 01A2 WLI-UC-GNM
0411 01A8 WLI-UC-G300HP-V1
0411 01EE WLI-UC-GNM2

 

#I-O Data
04bb 944 WHG-AGDN/US
04bb 945 WN-GDN/US3
04bb 947 WN-G150U
04bb 948 WN-G300U

 

#Logitec
0789 0162 LAN-WN22/U2
0789 0163 LAN-WN12/U2
0789 0164 LAN-W150/U2M
0789 0166 LAN-W300N/U2
0789 0168 LAN-W150N/U2
0789 0170 LAN-W300AN/U2

 

#Corega
07AA 002F CG-WLUSB2GNL
07AA 003C CG-WLUSB2GNL
07AA 003F CG-WLUSB300AGN
07AA 0041 CG-WLUSB300GNS
07AA 0042 CG-WLUSB300GNM

 

#PLANEX
2019 AB24 GW-US300MiniS
2019 AB25 GW-USMini2N
2019 AB29 GW-USMicro300
2019 ED06 GW-US300MiniW

 

お馴染みの近所のりんごの木は、また雪に埋もれそうになっています。葉っぱはもう落ちてしまい、枯れ木のようです。

 

 

人気も季節も移り変わりは早いものですね。技術の進化はなんとなく納得できるのですが、季節が進むということは自分がだんだんとジジイになっていくことと同じなんてナットクデキナイ。では、また。

 

花の色私の美貌移りけり

 

AD

極楽はぜも愛用していた Lupu-528 が復活して lupu-5287 となっていましたが、なんと最近アップデートして 2016 年版が発表されました。となれば Lucid-Puppy 好きの私としては放おっておけませんので、いつもどおり簡単なメモにしてみました。メモ


フォーラムのリンク先はここですが、フレーバー全部がアップデートしたわけでなくまだ二種類だけです。


Lucid Puppy Revitalized as 5.2.8.7 - July, 2015 / Nov., 2016

 

 

このバージョンは長い歴史があるので、ことさらここでインストール方法等については割愛させていただきますが、気になったことがありましたのでかいつまんで書くことにします。


さてなんで今さら何をアップデートしたのだろう、懐古趣味かなと思っているのは私だけではないでしょう。古いもの好きなら Classic Pup 2.14X があるのに。


Lucid-Pup-2016のアップデート内容はこれだけありましたが、LTS 長期サポート期間の終了したものだけに内容はさてどんなものなのでしょう。フォーラムによれば次のようになっていました。


・ 追加アプリ : 11
・ アップグレード : 24

・ lupu_5.2.8.7インフラストラクチャの更新 : 20

・ ubuntu debのアップデート : 29


PuppyLinux でいつもやり玉に挙げられる Openssl についてバージョンをチェックしてみましたが、想像どおりやや古いものでした。ただ、このバージョンに脆弱性があるのかないのかはそのへんの事情に疎い極楽はぜにはよく分かりません。インストールされている deb ファィルはこれです。

openssl_0.9.8k-7ubuntu8.27_i386.deb

 

バージョンはターミナルで確認しました。

# openssl version -a
OpenSSL 0.9.8k 25 Mar 2009
built on: Thu Mar 19 15:32:30 UTC 2015

 

 

以前から疑問に思っていることですが、どうも古いリナックスより新しいリナックスの方が動画処理がスムースで、特にオールド PC には優しいぞと「寝パソ」を使いながら感じていました。そこで今回もオールド PC を引っ張りだしてきて、ハードウエア情報にあるベンチマークテストをやってみました。当時はハイスペックだったそうです。

 

・ FMV-830NA/L
・ Celeron-M 1.5GHz
・ Mem 768MB

 

 

結果はこうなりましたが、どうでしょうか。オールド PC には優しいぞとアナウンスされていますが、起動出来ないトラブルが発生してしまいました。こんな時はパピーには「Safe mode」起動が用意されているのですが、それでもキーボード設定でコケてしまいます。

 

 

こんな状態で前へ進めず、起動失敗となっています。

 

 

起動はしますがマウスカーソルが移動せず、全く無反応になる機種もありました。

それはこれですが、他にも悪い癖がある機種です。

・ DELL Inspiron 1501

・ AMD Athlon 64 X2

・ Mem 2GB

Lupu528JP との新旧比較ではオールド PC の弱点が如実に現れてしまい、何やってんだ状態になっています。ただこれは比較的新しい Vista 世代のプロセッサではほとんど問題とならず、いずれもサクサクと動作していますので、復活した usedcid-Puppy の致命傷にはなっていません。苦しい言い訳ですが。

 

・ NEC VN500/M

・ AMD Athlon64 X2 Dual-Core

・ Mem : 2GB

 

 

近所のりんごの木はというと、とうとう雪に埋もれる季節を迎えてしまいました。りんごの木も紅葉するんですね。オーッ、寒。

 

 

 

厚化粧しすぎてビリにこわいかに

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

このパピーは以前にインストールしたことがあり、なかなかラテンのティストを感じさせる壁紙が印象的なのが記憶にありましたが、何気にフォーラムをよくよく見ますとよだれが出そうな、とっても美味しそうなものが見つかりました。そこで今回はそのへんのところを簡単なメモにすることにしました。メモ

 

それは何かと言えば、便利なパッケージマネージャ「Synaptic」が使えるパピーリナックスです。

 

作者の josejp2424 さんはあの「柴犬パピー」を作った方で、別のパピーには日本刀を振り回している「Debian Dog Night」なんてものもあり、なかなかの日本通のラテン系なのでしょうか。アイデア豊富な方のようです。

http://www.puppylinuxjosejp2424.com/

 

元々のオリジナル版は Debian-Jessie のパピーバージョンで、 Wheezy からの継続開発のようです。

Pupjibaro jessie Beta 5.

 

便利なパッケージマネージャ Synaptic 版

pupjibaro jessie synaptic.
 

 

日本語化はシノバーさんの日本語パックで簡単にできましたが、オリジナル版では機種によってはメニューが文字化けする場合があります。これは例の「DejaVuフォント」が邪魔をしているようなので、バッサリ削除か設定変更が必要のようです。ところが何故か Synaptic 版では文字化けはなくキレイに日本語化されています。

 

 

全般的な動作はサクサクで使ったことのないアプリが満載ですが、特筆するようなことはありませんので Synaptic だけについて感想を書きます。巷の噂では「壊れているぞ」との声があり、まだまだ手をだしたがる向きは少ないようですね。

 

「Debian-Dog があるからイインジャネ」と言われているのかもしれませんが、あれはあれで少し七面倒くさい。パピーリナックスでないと公言、日本語化が面倒、メニューが偏執狂的に多すぎ、壁紙がキライ、内部紛争勃発等。

 

こちらは本物のパピーリナックスですから、インストールが簡単、日本語化が一発、メニューがシンプル、保存ファィルのポイ捨てで再インストール即可能、 RAM モードを使えば危険サイトも何のその、しかしセキュリティがちょっと甘い。

 

御託は脇に置いといて早速 Synaptic を起動してみました。何事もなく、サクッと起動。どこも悪いところは見当たりません。

 

 

パッケージ情報を再読み込み、これも特に問題ありません。

 

 

apt-get が使えるので、知ったかぶりしてターミナルから「apt-get update」しました。これももちろん問題なくダウロードできているようです。

 

 

「すべてアップグレード」を実行してみたところ全く無反応、素知らぬ顔をされました。何か重大な問題を隠していそうです。

 

 

状況がよく把握できないので「apt-get upgrade」をしてみたところ、延々と warning が発生しています。 dpkg の動作に警告が発生していて何やら問題がありそうです。

 

ところが何かの拍子に更新できてしまうことが二度ほどありましたが、理由はもちろん私には分かっていません。うーん、セキュリティ・アップデートが出来ないぞ、困りました。

 

 

これでは全く使い物にならない困ったぞと手をこまねいていては、老い先短い極楽はぜの立場がありません。ならば個別アプリはどうよと動作確認がやりやすいブラウザをインストールしてみました。ちなみにデフォルトブラウザは軽快な Midori でした。

 

Synaptic から Firefox-esr をインスールしてみましたが、特に挙動に不審な点はなくキツネ君は元気にしていました。

 

 

個別アプリのインストールはうまくいきましたが、「壊れているぞ」の指摘にはもっと何かあるに違いないと念の為削除後、「apt-get install firefox-esr」で再インストールしてみました。

 

案の定エラー多発、こりゃダメだ状態になっていました。それでも何事もなかったようにキツネ君は走り回っています。これではいいのか、悪いのか判別ができません。

 

 

気を取り直して大御所の「LibreOffice」をインストールしてみたところ、物の見事にエラー返しをされてしまいました。全く起動できません。箸にも棒にもかからないとはこのことです。

 

 

毎度お世話になっている不要ファイル削除ツールの bleachbit もインストールしてみましたが、ちゃんと不要ファイルを削除してくれています。こちらは大丈夫でした。「動かないファイルはとっとと削除しろよ」とツッコミを入れてやりました。

 

 

これでは壊れていると言われれば壊れているし、そこそこ使えると言われるとそうだし、どっちなんでしょう。ラテン系のノリでとりあえずはオッケーとしておきましょうか。

 

よく使うアプリを Synaptic でインストールしてやれば Debian 的には最新版に維持できそうで、パピーリナックスの最大の弱点が解決できそうです。いつもやり玉に挙げられている openssl もこれで解決できればうれしいですね。

 

まだまだ発展途上のようで日本人的発想では NG でも、結果オーライ思想の国では OK なのだと思います。パピーリナックス的には大転換ポイントに来ているのかと、地球の反対側の北国から声援を送っています。

 

簡単にセキュリティアップデートのできないパピーでも、これでずーっと可愛い友達として付き合っていけそうな気配がしてきました。楽しみが増えてきたようです。

 

最後に近所のりんごの木の話ですが、とうとう全部もぎ取られてしまい、何も残ってはいませんでした。また来年。

 

 

 

捨て犬もシャンプー爪切り我が家の子

 

AD

最近の極楽はぜのネット環境はと言うと、セキュリティを意識し始めたためにDebian をメインにして運用していますが、パピーリナックスに馴染んだ身体にはちょっと違和感があるなぁーと感じることがありましたので、その解決方法をメモにしてみました。メモ


それはこのファィルマネージャのことです。HDD のパーテーション表示が素っ気なくて、どれが sda1 なのかすぐには判別がつきません。なんとかならないのか全く不便です。軽量デスクトップ LXDE を使用していますのでファィルマネージャは PCManFM なのです。

 

 

ある日愛用のファィルマネージャ PCManFM の調子が悪くなり再インストールしようとパッケージマネージャを起動したところ、聞いたことのないファィルマネージャ SpaceFM がありました。

 

ウィキペディアによりますと「SpaceFM は PCManFM のフォークであり、軽量で、細かい設定が可能、デスクトップに依存しない、マルチパネルのタブ式ファイル・デスクトップマネージャです」だそうです。新しもの好きの極楽はぜなので早速インストールしてみました。

 

 

今回は Debian-Jessie へパッケージマネージャからインストールしましたが、 wheezy 版はbackports にあります。 サイトによりますとほとんどのディストロで動くようで、 ISO マウントのために udevil も同時インストールすることが推奨されています。 詳しい英文マニュアルがあることはあるのですが、詳しすぎるので余計分かりません。

 

SpaceFM Homepage

 

 

これを使い慣れた PCManFM や Rox 風にカスタマイズしてみましたが、マニュアルなんぞは全く見ないでやりましたので検討違いのところは見逃してください。起動直後の画面は小さいアイコンと隠しファィルが表示されていますのでこれを見やすくします。

 

1.  アイコン表示、ソート方法変更

画面上を右クリックし、表示、Style、Sort からアイコンへ変更、ソート方法を Type へ変更。少しだけですが見やすくなりました。

 

 

2.  HDD のパーテーション表示追加

メニューの Device から Settings 、表示へと進み、 internal device にチェックを入れると HDDパーテーションが表示されるようになります。そうすることでアイコンメニューにあるフォルダ、  HDD マーク表示から簡単に HDD とフォルダの表示、非表示が選択できます。

 

 

HDD パーテーションの表示内容も変更可能です。デフォルトでは余計なメーカ名等が表示されていますので、シンプル表示に変更しました。簡単にデフォルト表示に戻せます。

 

 

パーテーション表示がこんなにシンプルになりました。

 

 

 

3.  シングルクリック、サムネイル表示

極楽はぜは歳のせいかダブルクリックが苦手なので、ファイル操作はシングルクリックにしていますので設定変更しました。表示、 設定から一般とデスクトップを シングルクリックに変更できますが、元の PCManFM の設定もシングルクリックにしておく必要があるようです。タブバー表示も追加できます。

 

 

4.  ルート・ウィンドウ

多分一番便利なのがこれなんでしょう、それはルートウィンドウです。ルートにログインしなくてもルート権限でファイル操作がやり放題です。便利なのか危険なのかは議論の別れるところだと思いますが、超便利です。

 

いままでパピーを起動して操作していたことが、これで即できてしまいます。いつもナンダカナーと感じていたことですが、パピーリナックスを使うとデビアンのケツの毛まで抜くことが出来るのですが、その毛抜きが不要になってしまいました。

 

 

5.  タブとウィンドウ

右上の4つの緑アイコンを使うことで縦横にウィンドウを4つまで開くことができ、ファイルのコピー・移動が簡単に操作可能です。

 

 

しかしこれでは2つ開くだけで画面が小さくなり操作しづらいので、極楽はぜはタブで画面を2つ開き、目的のファイルをタブに当て、新しく開いたコピー先画面へコピーしています。

 

 

6.  ファイル検索

ファイル検索も可能となっています。

 

 

セキュリティに配慮されたデビアン様ですが、 USB メモリ一本あれば簡単に外部からファィル操作出来るんです。解読不能な長いパスワードを解読しなくてもいいんです。これは電源切って離席している間に操作されてしまうってことですよね。

 

パソコンを会社や外出先などで使う場合は、セキュリティ強化のためセットアップユーティリティでBIOSのパスワードを設定することが絶対必須です、みなさんやっていますか。私は今までやったことはありませんが、ちなみに会社のパソコンは全て指紋認証でした。

 

近所のりんごの木ですが、とうとう収穫が間近にせまり、雨に打たれて何故か悲しそうに見えます。山の頂上付近は少し白く見えていますが、里にも初雪の便りはすぐでしょう。

 

 

 

悪魔かも振込詐欺で根っこまで

 

 

嬉しいニュースがありました。先日来、紛争勃発のため閉鎖されていました「DebianDog - Jessie」のスレッドが再開されたということです。一方の当事者の fredx181 さんが OpenBox 版を新規リリースしてくれましたので少しだけ動かしてみました。そんな訳ででいつものように簡単なメモを作成しています。メモ

 

fredx181 さんは出発点として、ネットインストールのミニマル版を使用して DebianDog - Jessie をゼロから再構築したそうです。

 

DebianDog - Jessie - Continued  

Welcome to Dog Linux

DebianDog-Jessie iso image - 2016-10-16

 

OpenBox 版

 

JWM 版

 

最大の変更点はゼロからの再構築ですが、その他にもいくつか改良されているようです。

 

  ・起動方法は2つに簡素化された。

  ・多くのソフトウェア・アプリケーションが追加された。

  ・ファイル圧縮は GZIP に変更され起動時間が短縮された。

  ・サスペンドが機能するようになった。

  ・メニューに「DebianDog」のカテゴリが追加された。

  ・メニューに JWM 切り替えオプションが追加された。

 

今回やることは英語版をインストールし、最小限のミニマル日本語版を作ることですが、いつものようにやっていることは先達のパクリです。どこかで見たことのあるようなことの寄せ集めになっていますので、みなさんごめんなさい。

 

インストールは簡単ですが、すべての操作はパピーリナックスでのルート作業になっていますので他の OS では勝手が違うかもしれません。

 

DebianDog-Jessie 「ミニマル日本語版」を作ってみました 。

 

1.  インストール

ダウンロードした ISO ファイルをクリックして開き、中にある本体ファィルの live フォルダだけを HDD へコピーします。起動するには ISO ファイルに同梱されている boot-codes テキストから、必要箇所をパピーリナックスで作成済の grub4dos メニューリストの末尾へコピーするだけです。

 

私はパピーに似ているポーテアス・ブートで "change folder" を作る方法を使用しましたが、"changes.dat" を作る方法でも同様にブートできます。

 

1. DebianDog 'boot style Porteus' (recommended if you are familiar with puppy or porteus boot options)

This will create automatically /live/changes folder for changes:

------ コピー ------

title Debian-PorteusDog (sda1)
root (hd0,0)
kernel (hd0,0)/live/vmlinuz1 noauto from=/ changes=/live/
initrd (hd0,0)/live/initrd1.xz

------ コピー ------

 

2.  必要パッケージのダウンロード

パッケージマネージャのアップデート後、下記を検索、インストールします。

 

vlgothic

locales

uim 、uim-anthy

im-config

 

3.  ロケールを日本語に設定します。

青字部分をターミナルへコピペして実行します。
# leafpad /etc/locale.gen

 

開いた情報の赤字のコメントアウトマークを削除します。
# ja_JP.UTF-8 UTF-8

 

4.  設定反映

上記で変更した部分を再構成します。
# locale-gen
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.

 

5.  日本語環境に設定
日本語環境へ設定変更します。
# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
# source /etc/default/locale

 

6.  再起動

日本語環境への設定変更が終了しましたので、一旦再起動して確認します。メニューはそこそこ日本語化されていますが、英語のものはほとんど使用しないものが多いので無問題です。

 

Openbox 版

 

親切に JWM 版も作成されていますので、メニューから切り替えてみました。

/System/StartJwm 端末で startx

 

あれー、メニューが豆腐になっている。大変だあー。

 

JWM 版

 

いつものように DejaVu フォントが日本語表示の邪魔をしていましたので、特に必要もないのでバッサリ削除してしまいました。

 

usr/share/fonts/truetype/ttf-dejavu

 

意外と簡単に直りました。

 

 

残りの設定をしておきます。

 

7.  タイムゾーン設定
メニュー・設定の中にあるシステムのタイムゾーン設定をします。
アジア → Tokyo を選択。


8.  日本語キーボード設定

メニュー・設定の中にあるシステムのキーボードを日本語へ変更します。デフォルトの標準キーボード "pc105" 、日本語、シンプルな設定を選択します。

 

9.  uim による日本語入力メソッドの設定ですが、今回も特に変更せずデフォルトのままになっています。ただし Anthy、Anthy-UTF等の入力方式は、いつもの「かな入力」に最小限の変更をしています。 uim は枯れた方式なので簡単に設定でき、 Mozc もパッケージマネージャからワンタッチで追加できます。

 

 

以上の簡単設定だけで基本的な読み書きが出来るようになり、DebianDog も結構ハードルが下がったような気がするのは私だけでしょうか。

 

またぞろ近所のりんごの木ですが、今朝の前線通過による強風でりんごが数個落ちていました。拾って帰りたかったのですが、窃盗罪で捕まりたくないのでグッとこらえて我慢しました。

 

 

これでようやく DebianDog も安心して使い続けていけるようになりそうですが、どうかパピーファンを悲しませないよう中傷合戦ではなく、活発な活動を期待しています。次期 Debian バージョンもまもなく話題にのぼる季節になり、楽しみが増えるといいですね。

 

オイコラー誰にケツ向けとるんじゃい