先日、見よう見まねさんのブログで教えてもらいましたが、次期安定版の Debian-Stretch 9.0 が 2017-01-05 に "Soft" freeze したそうです。柔らかく固まってしまったということでしたが、どうすれば柔らかくて固いものができるのか極楽はぜも興味津々、さっそくメモにしてしまいました。メモ

 

次期安定版の Debian-Stretch 9.0β ですが、見た目は Jessie と変わらずまったくワクワク感が沸いてこないのはいつも通りです。少しは変えた方がいいんじゃないですか。と言っていたら1月14日に新しい壁紙が配信され、より地味に変身していました。

 

 

今回使用した環境は、近所のハードオフで4千円で購入した AMD の CPU を使用したものにパピー・リナックスをインストールしてあるものです。ところがこれがなかなかの曲者なのです。古い AMD はリナックスには鬼門のようです。

 

NEC : VN500/M

CPU :AMD64x2

MEM : 2GB

 

さっそくいつもの方法でネット・インストールしてみましたが、見事に失敗してしまいました。何かカーネルバージョンが合わないのだと言われましたが、そのまま進めるとやはり警告どおりインストールできませんでした。機種によっては最初からウンともスンとも言わず止まってしまい、お手上げ状態のものもありました。

 

1/16 追記

ネットインストールが可能となりました。1/14 のアップデートで解消されたようです。これで Stretch 9.0 も簡単インストールでスルスル・サクサクとなりました。毎日アップデートがあり楽しみが倍加しています。あなたも是非どうぞ。

 

 

簡単にでき、便利に使っていたネット・インストールに失敗しましたので、ISOイメージを USB に焼いてインストールすることとしました。使用したISOイメージは「見よう見まねさんのブログ」で紹介されていたものです。32bit・64bit 版の両方を試しています。

 

http://cdimage.debian.org/cdimage/stretch_di_alpha8/amd64/iso-cd/

 

インストーラはお馴染みのものですので指示どおりに進めれば終了ですが、情報によりますと、Grub4Dos のメニューをコピペしただけではインストール後に起動できないということです。

 

それの解決方法は、今までは Grub をインストールしていなかったのですが、今回は作業の最後に Grub をインストールして、元からある Grub4Dos のメニューからチェーン・ロードすることにしました。

 

基本システムのインストールが終了し再起動しますとターミナルウインドが立ち上がりますので、 GUI 表示のためのミニマル動作に必要な最小限度のアプリを入れます。

 

# apt-get install lxde synaptic  wicd

 

アプリのインストールが終了し再起動しますと、 Grub から起動しますのでそのまま電源断とします。このままでは既にインストールしてあるパピーリナックスが使えないので、レスキュー OS を走らせ、Grub4Dos を上書きしてメニューリストを回復させます。

 

このためには事前に CD や USB に焼いたレスキューを用意しておく必要があります。極楽ハゼは使い慣れた日本語版パピーををレスキュー用に CD や USB に焼いて保管してあります。

 

これで無事にGrub4Dos から Stretch 9.0β を起動できましたが、表示はまだ stretch / sid になっていました。

 

 

ろくな知識のない極楽はぜですが、少し先を見越して、 ソース・リストを書き換えノン・フリーも使えるようにしました。 apt-get 以下をターミナルで走らせると、マルチメディアのリポジトリも追加できます。

/etc/apt/sources.list

 

###### Debian Main Repos
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ stretch/updates main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-proposed-updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ stretch/updates main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-proposed-updates main contrib non-free

###### 3rd Party Binary Repos
## Run this command: apt-get update && apt-get install deb-multimedia-keyring && apt-get update
deb http://www.deb-multimedia.org testing main non-free

 

少しの間使用してみると、日本語入力ができないことが分かりました。調べてみると日本語パッケージが何故かインストールされていませんでしたので、 Synaptic から追加しました。最初から入れておけば無問題です。

 

uim、uim-mozc (uim-anthy)、(im-config)

 

そんなこんなで無事起動させることができましたので、エイヤーっと我が家のすべての Debian を Jessie8.6 から Stretch9.0β へ変更してしまいました。 Stretch ってタコだったなんて知らなかったなー。

 

                   Jessie                                            Stretch

     

 

極楽はぜの近所のりんごの木も雪に埋もれそうになってきましたが、平年に比べるとまだまだですよ。「こんなもんでは許してあげない」と誰かが言っていました。アメダスによりますと、今日現在の積雪データはこうなっています。

2015 : 97cm

2016 : 85cm

2017 : 33cm

 

 

極楽はぜは連日の雪カキに精を出していますが、前夜のアルコール分のカロリー消費にはなかなか到達してはいません。多い日には1時間ほどやっているのですが。では、また。

 

フリーズだとここは真冬さ凍えそう

AD

お正月早々からビッグなお年玉をいただきました。そろそろ来てもいいんじゃないかと巷の噂になっていたのですが、大きく変身してその姿を現しました。極楽はぜもおっかなびっくりで動かしてみましたのでその顛末を簡単なメモにしました。メモ

 

作者はお馴染みのfredx181 さんですが、デスクトップに見慣れない Deepin デスクトップを使用しています。特にユーザーとルートの使い分けが進化していて、セキュリティが向上しています。

 

DebianDog-Stretch with Deepin DE  

 

 

インストールは過去記事を参考にしてください。LIVE フォルダのコピーと menu.lst リストへ ISO ファィルの中にあるインストーラの追記で完了です。日本語化がやや面倒です。

 

簡単なデスクトップの使い方ですが、使いやすいのかウザイのか意見の別れるところです。実はこれって中国製だそうで、「深度操作系统」と言っていますが、奥の深いところに個人情報を送信するナンジャラが隠されてはいないのか、少しですが心配しています。


・マウスポインタを右上隅に移動するとコントロールセンターが開く。

 


・マウスポインタを左上隅に移動するとアプリケーション群が開く。

 

 

ルート端末から JWM と入力すれば Jwm デスクトップへ切り替えることができ、この方が各種設定には慣れている分簡単に操作出来ると思います。

 

 

デスクトップと下のバーには、「Filemanager SuperUser」と「Terminal SuperUser」の起動アイコンがあり、ルート作業が切り替えなしに簡単に出来るようになっています。ログインはユーザー、作業はルートと使い分けが出来るようになり、パピーリナックスの最大の欠点の一つが解消されています。

 

 

最後に省エネ日本語化をしてみました。パッケージのダウンロードと設定変更だけです。操作はもちろんルート端末からです。

 

1.  必要パッケージのダウンロード

パッケージマネージャで下記を検索、インストールします。

vlgothic

locales

uim 、uim-anthy

im-config

 

2.  ロケールを日本語に設定します。

青字部分をターミナルへコピペして実行します。
# leafpad /etc/locale.gen

 

開いた情報の赤字のコメントアウトマークを削除します。
# ja_JP.UTF-8 UTF-8

 

3.  設定反映

上記で変更した部分を再構成します。
# locale-gen
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.

 

4.  日本語環境に設定
日本語環境へ設定変更します。
# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
# source /etc/default/locale

 

5.  タイムゾーン設定、日本語キーボード設定
右側のコントロール・センタの中にあるタイムゾーンとキーボード設定をします。この辺は JWM へ変更した方がやりやすいので、基本設定が済んでから Deepin へ戻すのがトラブル回避には有効かもしれません。

 

6.  再起動

日本語環境への設定変更が終了しましたので、一旦、再起動して確認します。 Deepin デスクトップでは問題ありませんが、 JWM ではメニューが豆腐状態になりますので、邪魔をしている DejaVu フォント削除しています。

 

Deepin のコントロール・センタが日本語化されました。

 

 

JWM デスクトップも日本語化されています。

 

 

本当に今年は雪が少なくて過ごしやすい冬になっています。近所のりんごの木も足元の緑のじゅうたんが見えています。このままで春が来るといいのですが。

 

 

正月休みも終わり、ようやくいつものジムに通いストレッチができるようになり、ごきげんな極楽はぜがいます。今年もかんばります。では、また。

 

長靴の底を凍らす深い雪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて新年早々、ユーザー・フレンドリーな Xslacko-4.2 をカスタマイズしてみました。やってみるとこれが意外と簡単。ビックリポンでした。そんなわけでお正月に相応しいテーマとなりましたので簡単にメモを作成しました。メモ

 

これが完成型ですが、どこかで見たことのあるようなありきたりな絵柄になってしまいました。

 

 

最初にやることは mistfire さんのページを見ることです。完成形がありますのでイメージしてください。

 

X-Slacko Slim 4.2r32 (unique, stable, and flexible)  

 

次にやることは記事の中に示されているように、ハウツウが用意されていますのでよく読みます。これだけです。オワリ。


Build your own x-slacko slim? Goto:

http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?p=928918#928918

 

mistfire さんによれば最初の頃は、 X-Slacko Slim を手作業で構築していたようですが、今では「自動スクリプト」を使用して構築されているようです。そんなことから新しいx-slacko-yaseを作成するには、以下の二つのファイルが必要です。


1. Pristine x-slacko 4.2: http://www.smokey01.com/rg66/X-slacko/iso/
2. Build kit: https://drive.google.com/open?id=0B2FRkttfZuG0Mmd2RTNrQ3pZZDg

 

◎ 簡単な手順

1.  x-slackoを元の状態で起動します。
2.  ビルドキットをダウンロードして解凍します。
3.  カスタマイズのために削除する pkg-list を編集します。
4.  setup.shスクリプトを実行します。 カスタマイズを行い、続行をクリック、開始します。
5.  変更が完了するまで待ちます。
6.  Puppy Remaster CDを起動してカスタマイズされた ISO ファィルを作成する。


それではカスタマイズ用の Xslacko4.2 を起動し、home ディレクトリィへ「ビルドキット」をダウンロードして解凍、フォルダを開きます。

 

 

削除するアプリケーションのリストが pkg-list にありますので、残すアプリケーションを削除します。今回は変更せずそのままにしてあります。ただし、リスト全部が削除されているわけではなさそうです。abiword 等は残っていましたが、今は細かいことには突っ込みません。

 

次に setup.sh スクリプトを実行します。ここでもカスタマイズが可能ですが、この辺のところに疎い極楽はぜは、ロケールの項目だけを外しています。

 

 

proceed をクリックして実行します。ファイルを削除して、すぐに終了しカスタマイズが終了します。壁紙が変化して、これで完成です。特に必要なければ、次項の ISO ファィル作成は不要です。実際、面倒くさいです。

 

 

最後に Remaster-Puppy-live-CDを起動してカスタマイズされた ISO ファィルを作成することにします。起動しますと空きスペースが 339M 必要だと注意が出ます。

 

 

必要ファィルをコピーするため ISO ファィルをマウントしろと注意が出ます。

 

 

カスタマイズはあっという間でしたが、ISO ファィル作成には10分以上かかります。オールドPCでは30分以上の我慢が必要です。

 

 

 

完成しました。作業エリアに custom-puppy-iso がありました。途中メッセージがいろいろと出ますが、基本的にはイエス、CD に焼くは、ノウで、少ししつこく聞いてきますがメゲないで進めてください。

 

 

本家の X-Slacko Slim 4.2 のサイズは 165M ありましたが、今回作成した X-Slacko-Yase 4.2 は ロケールファィル、削除したはずの FireFox、Office等が同梱されたため 230M でした。ちなみに全てを削除にした場合は 167M になっています。この辺はまだまだ勉強不足なのがバレてしまいます。

 

ISO ファィルを作成するとカスタマイズしたものが消えてなくなり、元版だけが残ります。そこで作成した ISO から再インストールし、日本語化しました。半日仕事で何とか結果を出すことが出来ました。メデタシ、メデタシ。

 

 

なかなか完成型が出てこない某日本語版より自分で作ったものの方が愛着が沸きますね。ここにパピーの最大の長所があると思いますが、皆さんはどう思われますか。簡単にいじれて失敗すれば直ぐにやり直せる、人生もこうであったらなあと今頃になって悔やんでいます。

 

今年のお正月は雪が少なく、元旦早々、朝からビールでご機嫌な極楽はぜでした。では、また。ビール

 

滑っても 起き上がれるさ 雪の道

AD

本家フォーラムを覗いてみると、X-Slacko Slim のスレッドが人気を集めているのが目につきました。6月の末に公開されて以来ぐんぐんページ数を伸ばしており、活況を呈しています。

 

これは x-slacko4.2 をリマスターしたもののようですが、肝心の元版もインストールしたことのない極楽はぜも早速食いつきました。その結果を簡単なメモにしましたので読んでください。メモ

 

作者は mistfire さんで、他の puplet に比べるととてもユニークだそうです。ちょっと見にはメニューがものすごくシンプルで、エーッと驚きます。

 

 X-Slacko Slim 4.2r31 (unique, stable, and flexible)  

 

 

元版の X-Slacko4.2 はここにあり、作者は rg66 さんです。常用するなら絶対こっちです。

 

X-Slacko-4.2 with Xfce 

 


作者によればこれは「遊び道具」だそうです。オトナのオモチャかな。

特徴は、
・ zram(256MbのRAMで動作可能)使用
・MS-Windowのようなインターフェース

・ Wine、ダブルクリックで Windows アプリを実行
・より広いパッケージサポート、Debian、Red Hat、Slackware、Arch Linux
・言語は英語版のみ


スリム化したと言った途端、外野から茶々を入れられています。確かにそのとおりで、Thin-Slacko はとっても軽量でした。

 

「180 MB is Slim, Thin was 110MB but with office apps and a browser. English is not easy」


日本語化はいつものシノバーさんの日本語パックを使用しています。しかし、この puplet の言語は英語のみですと書かれているように、日本語入力はできますがメニュー表示が日本語化されませんでした。

 


今回は簡単にするために、先に日本語化しておいたこの元版になっている X-Slacko4.2 の設定保存ファィル pupsave をコピペして使い回し、インチキ日本語版を作成しました。

 

 

なお、日本語化の途中で下記画面のようにフリーズしてしまいましたが、 ctl+alt+bs キーで端末へ入り、xorgwizard を起動してビデオドライバーを再設定して切り抜けました。

 


今回もセキュリティ・アップデートの目安になる openssl のバージョンを調べてみました。デフォルトのものは少し古いものでした。Slacko は遅いながらもアップデート機能があるので安全・安心です。


# openssl version -a
OpenSSL 1.0.1t  3 May 2016
built on: Tue May  3 14:18:55 2016


そこで update-manager を使用、下記の2つのファィルをインストールしてアップデートしました。

 

 

簡単に最新版へ更新されましたが、これは 2016-12-31 までしかサポートされないそうです。その後はどうなるのでしょう。


# openssl version -a
OpenSSL 1.0.1u  22 Sep 2016
built on: Thu Sep 22 12:54:20 2016


私はまだ試してはいませんが、元版の X-Slacko 4.2 から自分好みの puplet が作れるようで、 build kit が提供されています。この辺が人気の原因なのかもしれませんが、手の内を公開してくれるのは嬉しいですね。見習いたいものです。

 

http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?p=928918#928918
 

このバージョンは、特徴にあるように「MS-Windowのようなインターフェース」を目指しているためか、操作がダブルクリックになっています。極楽はぜのようなジジィには面倒でうまくクリツクできません。そこで当然のようにシングルクリック化しました。

 

ところが方法が判りません。あちこち探してやっと見つけました。

 

1.  ファイル操作ををシングル化する方法

# Menu/All/FileManager

 

 

2.  デスクトップ操作ををシングル化する方法

# Menu/All/FileManager

 

 

おもちゃの定番の wine も入っていました。さっそく Vector から初心者用将棋 2013 をダウロードしてみました。 root へダウンロード、解凍、クリックですぐに遊べましたが、私は将棋はまったくできません。駒を動かしているうちにすぐ負けました。これを使えば私でも○○戦に勝てるのでしょうか。

 

 

さて、今年もあと一日しか残っていませんが、皆さんはどうしていますか。極楽はぜは暇人なのでこのブログを書いています。今年後半は九十五歳の母親が倒れるなど、大変な一年でしたが、来年は良い年になるように祈りながら除夜の鐘を聴こうと思っています。では、また。

 

知りたいよスリムになれる方法を

とうとう「過去の名機を現代に活かすシリーズ」も三回目になりました。(そんなのあった ? ) 作者の方々はなかなか苦労されているようですが、敢えて挑戦する心意気に極楽はぜはほんの少しだけですが応援しています。そんなあれやこれやを簡単なメモにしてみましたので報告します。メモ

 

今回は 8Geee さんの力作のこれです。これには eeePC 用とノーマル PC があり、FreeOffice 版も追加されています。

 

Slacko5.7-eee2017 and mini-eee
Slacko5.7-2017  

Slacko5.7 EONS-2017
 

ノーマル PC はこれです。

 

Slacko5.7-2017 edition by 8Geee.

 

 

 

インストールに使用したのは近所のハードオフで 3,000 円で購入したジャンク品です。 CD 不良、メモリー 512M とありましたが、確かに CD は不良でしたが DVD は正常で、メモリーは 2GB ありました。

 

DELL  Inspiron1501

AMD  Athlon64 X2  Mem:2GB

ATI Radeon  Xpress 1150

 

ところがこれが起動できません。このようなカラフルな縦縞が表示されるだけで前へ進みません。

 

 

色々とググったみた結果、メニューリストのカーネル行へ下記を追加することで解決出来ました。これは悪名高き Radeon ドライバが悪さをしているのだそうで、購入するまで全然知りませんでした。AMD は二台持っていますがどちらもクセが悪く、二度と購入したくありません。

 

uuid 5cdb86d8-3f19-4d9b-9ed5-4de78
kernel /slacko57-2017/vmlinuz --------- radeon.modeset=0
initrd /slacko57-2017/initrd.gz

 

この DELL ちゃんはとてつもなく変なヤツで苦労しましたが、まだまだ未解決事件がありますのでその顛末は後日公開予定です。

 

さて起動はできましたが、今度は壁紙が変です。壁紙をイジローしても壁紙設定が見当たりません。

 

 

/usr/share/applications の中から「wallpaper setting」をデスクトップへコピーし解決しました。

 

 

今回も比較的セキュリティアップデート状況の目安となる Openssl のバージョンを調べてみました。従来から言われているようにパピーリナックスの最大の欠点は作りっぱなしで、その後のフォローが手薄になっていることだと思っています。

 

最近のパピーリナックスにはバグフィックス機能はあるにはあるのですが、 Xenial-pup などはまだ機能していません。その中では他のデストロからは「遅いよ」と何かと批判の対象にされている Slackware ですが、パピー的にはよくメンテされていて LTS 版として機能しています。

 

アップデート機能はメニューのセットアップの中にあり、選択するだけでパッケージマネージャでインストールするように簡単に操作できます。ただ欠点と言えることかもしれませんが pupsave ファイルを圧迫します。

 

すべてアップデートすると、何故か root にある Firefox を含めると 500MB 近くのメモリを消費するので FolderSave 方式でないこのバージョンでは pupsave ファィルを最低 1GB にしておいたほうが慌てずにすみます。

 

 

それではデフォルトの Openssl からです。やや古いものが設定されています。

 

# openssl version -a
OpenSSL 1.0.2h  3 May 2016
built on: reproducible build, date unspecified
 

次は上記の Updates Manager でアップデート後ですが、どう言う訳か 2016年12月31日までしかサポートのない 1.0.1 版に変更されてしまいました。現行バージョンへのリンク設定のバグのようです。

 

# openssl version -a
OpenSSL 1.0.1u  22 Sep 2016
built on: Thu Sep 22 12:48:08 2016

 

これには本家フォーラムの中で更新 pet パッケージが提供されていますが、最新版ではないので直接 Slackware.com のリポジトリからダウンロードした方がモアベターです。詳細はフォーラムの 9月22日 版にありますので要チェックです。

 

slackware.com and proceed as follows;

1. Click on seurity advisory
2. Click on 2016
3. near top of list find and click openssl update 2016-09-26
4. At the bottom of listings, find current_version
5. a.) highlight and copy (CTRL+C) the "solibs"
   b.) in the address bar of browser highlight and SHIFT+INS
6. When asked "open with pupzip", then click YES
   puppy package manager will install
7. Repeat the a.) and b) steps for openssl 1.0.2j package, open with pupzip,

 


要は簡単にいうと、下記の二つのファイルのリンク先をブラウザへコピペ、後は pet パッケージをインストールするように操作することだそうです。

 

openssl-solibs-1.0.2j

openssl-1.0.2j

 

 

フォーラム情報でアップデート後です。現時点での最新版で 2019年12月31日(LTS) までサポート予定です。これで安心・安全かな。

 

# openssl version -a
OpenSSL 1.0.2j  26 Sep 2016
built on: reproducible build, date unspecified
 

こんな面倒くさいことしたくない向きは、最初から Slacko の最新版をインストールしたほうがいいに決まってますね。へそ曲がり専用。

 

ブラウザはこだわりの FireFox 27.01 がセットされていますが、何故こんなにこだわるのかはよく分かりません。使用してみますとアチラコチラのサイトから、「古い、古い、最新バージョへ変更しろ」との連呼です。これを頑としてはねつけながら使用していく覚悟が必要です。

 

しかしこの旧式ブラウザにはいろいろな工夫があり、なかなか勉強になります。 Add-ons でセキュリティアップをしているようです。広告やFlash内のCookieを削除したり、リダイレクト除去をしたりするようですが、現行バージョンでないものがあり注意が必要です。

 

 

あえて古いものを使用しているのは「違いが分かる男」専用なのかもしれないので、ありきたりですが「Sunspider」でベンチマークテストをしてみました。私にもようやく違いが分かりかけてきて、結構サクサクと動作している理由の一端が分かりました。

 

FireFox 27.01

 

PaleMoon 27.02

 

さて近所のりんごの木はもちろん雪の中ですが、一昨年の豪雪に比べれば天国と地獄です。その時の積雪は 66cm もありましたが、今日はまだほんの 2cm です。雪が少ないということは今のところは楽な雪国生活をエンジョイできているということです。

 

 

今年もあと僅かになりましたが、やり残したものはないかと考えてもよく思い出せません。はて、今年の目標は何だったのか、それもアヤフヤな極楽ハゼです。それでは、また。

 

俺だってナウイヤングに戻りたい