フィリピンはセブ島(正確にはマクタン島)のヒルトン・セブ・リゾート&スパから黒潮に乗って、海を泳いで我が家にやって来ました。



ニモちゃん


体長は約40cm、肉厚約11cm。

我が家の水生ファミリーの中では最大の大きさを誇っています。


性格は明るく、社交的です。

口で喋るよりも、大きな目で何かを訴えかけるタイプです。


日本の好きな食べ物は、意外ニモ回転寿司だそうです。

(※この撮影の時ニモ、お皿の上に乗って回転寿司気分を味わっていました・)


これからは海洋の環境保全をライフワークにしたいとのことです。


AD

セブ島3泊4日の旅

テーマ:

成田発14:30PR4334時間半のフライトでした。


マクタン島の ヒルトン・セブ・リゾート&スパ に泊まりました。

パッケージ旅行でしたが、ゴールドVIPで21Fのエグゼクティブ・ルームへアップグレードをしてくれました。


でも部屋はスイート以外は同じ作りで36㎡くらいの広さ

シャワーブースとバスタブは別になっていますが、トイレとの間隔が狭かったです。


夕食はついていなかったのですが、エグゼ・ラウンジで済ませることができたので安く上がりました。


セブ市内へはシャトルバスが日に3本あり、シューマート(SM)アヤラ・ショッピング・センター(SMよりも新しく、高級なブティックがあります)内のレストランで食べると300円~500円くらいですみますが、ホテルの食べ物はとても高い印象です。


飲み物は100ペソくらいなのですが、サンドイッチで400ペソくらい、コース料理は2000ペソ~で、更にサービス料、EVAT12%、それによく分からないL.Tax Foodとかいうのが上乗せされていました。


両替は空港でありましたが、1万円=3,600PHPで4つぐらいの業者が盛んに呼び込みしていました。ツアーではホテルへ行く途中で路端の業者に立ち寄り、3,650PHPで両替しました。ホテルのレートはそれらよりも悪かったです。

でも、ショッピングセンターにある市中の両替所では3,800PHPのオファーでした。


HILTON CEBU RESORT&SPA はコーラルピンクの外観のデラックスなホテルで、

目の前にプライベートビーチがあり、のんびりとするには最適です。



ヒルトンセブ


スタッフも親切で、料理も美味しかったです。フィットネスジムもあります。

でも、敷地が狭く、周りに土地があるのに何で?・・・という感じですね。


近くにシャングリラ・マクタン・リゾート&スパがあり、そちらの方がホテルが大きく、敷地やビーチも広く、プールも大きくて楽しそうでした。


帰りは成田への直行便8時発PR434なので、ゆっくり出来るのは中二日のバカンスでした。



AD

9月15日(土) 曇り時々雨


シンガポールは最近あまりお天気が良くないようです。

コンラッドの1Fオスカーズで朝食を食べました。4Fプールサロンよりも種類があります。でもデニッシュは日本のヒルトンの方が多いようです。


夜の11:40のSQ638で出国です。


お昼は雨が降っていたのでMRTでCity Hall駅からRaffles Place駅まで行き、そこから歩いてチャイナタウンに行きました。スリ・アリアマン寺院を見て、雨が上がったのでマー坊の写真を撮りに行きました。



merbou

4時のレイト・チェックアウトをして5時半頃コンラッドからチャンギ空港にタクシーで行き(S$15.60)、空港で時間をつぶしました。


翌朝9月16日(日)、日本時間7:30に成田に着きました。

後で、クレジットカードの精算を見ると、換算レートがS$1=77.45くらい(1万円=S$129)でしたので、クレジットカードを使うよりもシンガポールの街中の両替所で両替して使った方が良かったようです。

AD

9月14日(金) 曇りのち雷雨


コンラッドのスタッフはみんな親切です。何かを見てちょっと立っているとMay I help you.とすぐに笑顔で声をかけてきてくれます。でも部屋はエレベータの隣だったので、エレベータの音が夜中でもうるさいです。HHonorsメンバープロフィールではエレベータから出来るだけ遠い部屋を希望と登録しているのですが、今回は急にマリーナ側をリクエストしたので仕方ありません。


マーライオン公園の方へ、ドリアンと呼ばれている?エスプラネード・シアターを通って行きました。マーちゃんは元気にお水を噴いていて、その後ろにはさらにちっちゃなマー坊がいました。



merchan


30分のリバーボートクルーズS$12.90をしました。途中でかなり雨が降ってきたので、ボートキー・クラークキーの散策はやめてMRTで帰りました。小腹が空いたのでBread Talkという(シンガポールでは有名?)パン屋さんでFloss(松松)S$1.40を買ってホテルに戻りました。Flossはパンの上に毛羽立ったフロスが乗っていて、シンプルですがとても美味しいです。


夕方からはRaffles CityのMarket Placeにあるディン・タイ・フォン(こちらではあちらこちらにあるようです)で食べました。とても美味しかったです。勘定書にMISCと書いてあり、その分S$1上乗せになっいるので何かと聞いたら、おしぼり(&お茶?)代と言われました。そういえば、ベトナムでもおしぼり代を取られると聞きましたが、シンガポールもそうだったのでしょうか?


マリーナ・スクエアーを通って帰るので、4Fにあるマリーナ・フードロフトで夜のマーちゃんの勇姿を眺めながらKAYA toastS$1.10とKOPIS$1を食べてお茶しました。


9月13日(木) 晴れ

すっきりと晴れて暑かったです。午後1時くらいにマリーナ地区のコンラッド・センテニアルにタクシーで移動しました。ホテルに着くちょっと前にドライバーがメーターの何かのボタンを押してメーター料金がS$4.80からS$6いくらかに跳ね上がりましたが、何かよく分からないのでS$7渡して"Keep the change."でした。


コンラッドはビジネスフロアーへのアップグレードでしたが、泊まったことがないので他のフロアーとの違いが分かりません。部屋の大きさはヒルトンと同じくらいで、そんなに広くはなく普通。マリーナ側をリクエストしたので、前のパンパシとマリーナマンダリンが少々邪魔ですが、ちっちゃいマーちゃんがかろうじて見えます


。ヒルトンと違って、フラットテレビではなく、DVDもありません。(ビジネスセンターで貸してくれるそうですが、1日S$100と言われました。・・・びっくり!!!ほとんど借りるな!ということですね。数日いれば自分で買うことができますね。)


部屋にはマスコットのコンラッド熊とあひるのがーがちゃんが待っていてくれました。バスルームは広く、シャワースペースが別になっています。31Fにエグゼクティブ・ラウンジがありますが、エグゼクティブ・フロアーの人しか使えない(別料金)と言われました。ビジネスフロアーの人は4Fのプールサロンで朝食のようです。



bear
ga-ga


チェックイン後、15時からスタンフォードホテル70FのEquinoxでのハイティー(S$35+税サ)をJCBで予約していたのでクーポンブックを見せて15%オフです。


歩いていきましたがこの地区は横断歩道が少ないのか、道路は横断しにくいです。なんとかラッフルズシティーへ続く地下道を探して行きました。70Fの窓からはボートキー、クラークキーや小マーちゃんが一望でき、とても素晴らしい眺めでした。でも、料理の味はB+くらいでしょうか。不味くはないけど、美味しくもありません。以前に来たときにはサテーやナシゴレンがあったような気がしましたが・・・?インド人ぼっいスタッフはとても親切です。シンガポールではインド系の接客係はみんな親切のような感じがします。



クラークキー

Equinox


夕方は隣のSUNTEC CITY MALLに行きました。シンガポールはどこもかしこも食べ物屋さんが多いですね。シンガポーリアンは食べるのが大好きなんでしょうか。ここには「富の噴水」があって「水に手を触れて願い事をしながら時計回りに3周する」と願いが叶うとのことでした。もちろんやってみましたよー。地下のFountain Food Terraceはおっきなフードコートです。見てるだけでお腹がいっぱいになります。カルフールでお目当てのKAYAジャムプロウン・ロールを買いました。


9月12日(水) 曇り


セントーサ島に行きました。


MRTでハーバーフロントへ行き、VIVO City(巨大ショッピングセンター。ららぽーとみたいなもの。)を見て3FのFood Republicでラクサを食べました。雰囲気はオーチャードのWisma Atriaと同じようなのでチェーンのフードコートでしょうか。


同じ階にSentosa Expressの発着場があり、S$33.90のDay pass(入島料込み)を買いました。幾つかアトラクション券が付いていて、Sky Tower、Butterfly Park、Images of Singapor、4D Magixをその場で選びました。セントーサ島は今、大規模開発中で、2010年頃には新しいホテルやカジノも出来るそうです。島内の無料バスで何年か前に泊まったことのあるビューフォートホテル(現在はセントーサ・リゾート&スパ)に行ってお茶しました。それから、19:40からBeach ResortでSongs of the Seeというショーを見ました。30分のショーでS$6です。噴水で作ったスクリーンにレーザー光線で映像を映したり、火が噴き出たりで、なかなか楽しいショーでしたが一回見れば良いかなという感じです。以前はマーちゃんの近くでMusical Fountainというショーをやっていましたが、それが移ったそうです。



MERLION

帰りは、そろそろフードコートにも飽きたので、VIVO CityのThai Expressというレストランで食べて帰りました。このお店も至る所で見ました。大抵は横にAsian Kichinというお店がありましたが、同系列でしょうか。味はやや甘めで良いです。でもビールは小瓶でS$7で高い。後でスーパーでビールを探しましたが、小瓶S$4でした。シンガポールはビールは高いんですね。


9月11日(火) 曇りのち晴れ


11時半ごろホテルを出て、リトルインディア駅からリトル・インディアを歩き、スリ・ヴィラマカリアマン寺院の写真を撮りました。ヒルトンのテレビ番組は面白いのがなく、DVDプレーヤーが置いてあったので、インドの映画DVD(S$10x2)と音楽VCD(6枚セット100曲S$15)を買いました。インドの映画や音楽はとても面白いですね。(言葉は分かりませんが)大ファンです。


それからアラブ・ストリートを歩いて、サルタンモスクの写真を撮った後、ザムザムでムタルバとナシゴレン(両方でS$8くらい)を食べました。ムタルバはチキンのを頼みましたが、量が多くて飽きるのでプレーンの方が良かったかも。ナシゴレンは赤い色でインド風なのかな?あんまり美味しくない。それからブギス駅からホテルへ戻りました。



zamzam


ナイトサファリへはデリフィ・オーチャード前のバス停18:30発の有料シャトル(S$4)を待ちましたが、どんなバスが来るのか分からなかったので、タクシーで行こうかと思っていたら、ナイトサファリの絵柄のバンタイプの車が通りました。こちらではバスは手を挙げて合図をしないと停まってくれないらしく、たまたま信号待ちで停まったから良かったのですが、そうでなかったらそのまま乗り過ごしてしまったでしょう。時間よりも早く来るし・・・。バスは他の場所も回って行きますが、ハイアット前で待っていた人が多く、6時15分に来るはずなのに全然バスが来ないと怒っていました。彼らは違うスケジュールを持っていたのですが、理由はよく分かりませんでした。30分くらいバスに乗って到着。トラム付きの入場券はS$32(S$22+トラムS$10)でした。ガイドイドブックよりも値上がり?したのかな。7日以内のシンガポール航空のチケットを持っていれば割引できると言われましたが、あいにく航空券はホテルの中・・・残念!


日本語トラムの予約を別のカウンターですると、お兄ちゃん(日本語トラムの予約係なのに英語しか喋らない)が「7:30からアニマルショー(30分)があるがもう一杯なので次は8:30から、8:10には並んでショーが終われば、入り口の外で9:00ファイアーダンスショーがある」と親切にアドバイスしてくれました。アニマルショーはフクロウ、カワウソ、アライグマ、ニシキヘビ、ピューマ?等々、結構可愛くて必見です。ファイアーダンスショーも若い男性が数人リズムを取りながら火を噴くので面白かったです。ツアーで行くと自由に時間がとれないので、自分で回った方が良いですね。



night saffari


それから予約した9:45の最終の日本語トラムに乗りましたが乗客は2組のみ。トラムの周遊時間は約40分。ガイドさんが、「熱帯雨林のほぼ2/3が消滅し、毎日300種くらいの動物が絶滅している」と話していて、地球温暖化の影響はとても深刻だなぁと悲しくなりました。


STOP 地球温暖化!


帰りは、外のバス停の所にデスクがあってチケットを買いました。ここも、事前案内では10:45出発のはずが10:35分くらいに出発、シンガポールではバスは多少、予定時間よりも早く出発するのでしょうか?それとも、もし後から乗客が来たら追加でバスを用意するのでしょうか?まあ、よく分からないので、予定時間よりも早めに行った方がいいのかもしれません。帰路は、往路よりもかなり早く20分くらいかオーチャードに戻ってきたような気がします。ホテルの横のマックで夜食。値段はバリューセットでS$6くらいでした。


9月10日(月) 雨模様


ヒルトンの22Fのエグゼクティブ・ラウンジの朝食はコンチネンタルブレックファストでパンとソーセージくらいしかなく(温かい料理がない)、3FのオイスターバーはHHonorsメンバー専用で加熱したもの(ベーコン、シュウマイ等)もあります。1FChekkers Brasseryでは種類が多く、焼きそばやお粥もありました。デニッシュやお粥は美味しかったですが、(皆さんがブログ等でおっしゃっているとおり)コーヒーは不味い!とても苦いです。



両替のことですが、ヒルトンの横のFareast Shopping Center 1Fの両替所のレートは1万円=S$133のオファーでした。昨日の空港のレートよりも良いです。一番良いのは街の両替所(インド人がやっているのが多い)で、その次は空港とのことです。ホテルはあまり良くありません。


この日はまず、JCBプラザに行き、いろいろと情報を頂きました。JCBプラザはハワイでは毎日利用させていただいております(インターネットができるので)が、便利でありがたい所ですね。JCBゴールドカードは海外の治療保険が300万円自動付帯しているので、他のカードと比べて断然良いです。ナイトサファリとセントーサ島の行き方のチラシを入手し、お昼は横のLucky PlazaのAsian Food Mallでフィッシュボール・ヌードルS$3.50を食べました。


それからスコットロードのDFSを見て、ISETANスコッツのMC Cafeでお茶。夕食は雨模様だったので予定していたニュートン(ホーカーズ)に行くのをやめて、Wisma Atria4FのFood Republic(後に、別の2カ所で見かけましたが、チェーンなのでしょうか?)でローストチキンライスS$3.80とフライドプロウンヌードルS$4を食べました。



takashimaya


オーチャードの高島屋(義安城:ニー・アン・シティ)

ほんとにお城みたいな威容です。



orchard


オーチャード駅の上にはこのような高層ビルができるようです。

現在建設中(五洋建設)でした。




9月9日(日) 晴れ


成田出国です。この日は9月に入っているというのに、出国審査が大変混んでいました。

11:30定刻のSQ637が11:20に変更になっていましたが、時間が早まる時もあるのかな?
現地17時くらいにチャンギ空港に着いて、入国審査は列がほとんどなくスムース。荷物受取所の両替所で1万円両替しました。(S$129)


出口を出るとすぐにエアポートシャトルのカウンターがあり、シャトルバスS$7はFullで(後でJCBプラザの人に聞くと、利用者が少ないのでかなり以前に廃止になったそうです)、バンタイプのタクシーがS$35と言われたので、MRTで行くことにしました。


始発で座っていけると思っていたら2駅先までの折り返し運転で、気が付かずにそのまま座っていたらまた空港に戻ってしまい、20分のロス。切符は購入時にデポジットS$1を取られるので、降りた駅の券売機でリファンドするシステム。S$2.70(デポジットS$1含む)


ホテルはオーチャードのヒルトン。チェックイン(HHonors Gold VIP)はルームアップグレードができなかったので、朝食付きのベネフィットを選択(他はギフト?)。部屋はオーチャード通りの反対側でしたが、車の音が少ないのでかえって静かかも。シンプルでそんなに広くない部屋でしたが、フラットテレビなので狭くは感じません。ガラス張りの仕事用?のデスクと、ブロードバンドのケーブルがあるので便利。持ってきた変圧器とプラグでサクサクとインターネットで情報収集。料金は24HでS$32。夕食は高島屋のFood Villageで中華コンボみたいのをS$8.40で食べました。



ヒルトンシンガポール


旭山動物園(2月)

テーマ:

2月に札幌の雪祭りと旭川の旭山動物園に行きました。


旭山動物園


今年は雪が少なく、雪祭りの雪像も溶けかかっていましたが、

旭山動物園はこんな感じで結構雪がありました。

札幌からバスで約3時間でしょうか。良いお天気の日でした。


雪中でサイやダチョウ、トラを見るのは珍しく感じました。

白クマさんとアザラシ君は寒いところで元気でした。


でも、なんといっても・・・


ぺんぎんさんが一番人気!


ぺんぎんさん


胸を張って立派に行進していました。



先日、読売新聞の朝刊コラムに人間とぺんぎんさんの共通点?が書かれていました。(3月30日)


大空を飛ぶ鳥は空を見ない。地上の森や野原を眺めている。

ペンギンがときどき、まぶしそうに空を見上げるのは

遠い昔に空を捨ててしまったから。

もう二度と帰らない故郷を懐かしんでいるのだ。


人間もまた空を捨てたペンギンである。


ペンギンの姿をまねてふりあおぐただ見ることの空のまぶしさ (小林秀子)



STOP 地球温暖化!