ラッキーリング

石は、色や姿・形で人々を魅了するばかりではなく、ラッキーをも呼び込むと言われます。石に対して視覚だけではなく、触覚や聴覚や嗅覚や味覚を含めた五感を総動員し、さらに第六感で石と出会う時、大地からの大いなる祝福と恵みに気づき、感謝と感激の涙を流すことでしょう。


テーマ:

 

2月8日は、シュリ・シェシャドリ・スワミガルのお誕生日です。
日本国内で、シュリ・シェシャドリ・スワミガルのお誕生日をお祝いした人は、
おそらく私一人だと思います。

私も、当初は、インド在住の友人から彼の誕生日は2月9日だと聞いていましたが、
彼女が今日なにげなく彼のアシュラムに夕方の4時頃行くと、
ジャヤンティ(バースデーセレブレーション)が全て終わった後だったそうです。
そこで、彼女は急遽 facebook で私にそのことを知らせてくれ、
私は、家にあったもので彼の祭壇を急遽作り、お誕生日のお祝いをしました。
facebook はとても便利です。メッセンジャーのアプリが独立したものになってから
無料電話がかけられるようになり、インドにいる彼女と無料電話したこともあります。

そんなこんなで急なあつらえの祭壇ですが、写真を掲載します。
左から、白いバラ(アイスバーグ)5輪、私の大好物のライ麦パン、パンの手前は
お米とお酒、その右がデコポン・イヨカン・リンゴです。
お線香は、シルディ・サイババの赤い箱のお線香2本です。
シルディ・サイババは、日本では余り知られていません。
サティア・サイババは日本ではとても有名ですが、彼がシルディ・サイババの
生まれ変わりと言っていることで、シルディ・サイババを知っている人がいます。
インドでは、サティア・サイババよりもはるかに崇拝されるとても有名な方で、
インドに行けば、彼の写真等を、リキシャのハンドルの前の台に始まり
どこでも見かけます。私も、1981年にインドに行った時に一番最初に知り
その後も一番親しみを感じていたのがシルディ・サイババです。
その後、日本に帰ってきてから、サティア・サイババのことを知りました。

このように、と言っても、まだ三人の聖人の名前を挙げただけですが
インドは、とても多くの聖人を輩出している国です。
どうしてインドは、こんなにも多くの聖人がでてくると思いますか?

OSHOという人は、彼もインド人なのですが、こんなことを言っています。
「聖人は、精神を癒す医者のようなものだ。
もし、ある家にいつもひっきりなしに医者が出はいりしていたら
その家のことをどのように思うかね。
その家にひんぱんに病人がいるだろうと思うに違いない。
聖人がこれだけインドに現れるということは
それだけインドの精神が病んでいるからなんだよ。」

インドは、今もカースト制度が根強くある国です。
最近のレイプ事件で世界的に明るみになりつつありますが、
インドの女性差別はとてもはなはだしくひどいもので
話せばきりがないのですが、わかりやすい話を一つ述べるならば
嫁が気に入らないとガソリンをかけて燃やしてしまうような国なのです。

その病んだインドだからこそ、沢山の聖人を輩出し、
その聖人が海外に行くと海外で有名になり沢山の寄付金が集まり、
素晴らしく大きなアシュラムになっていきます。
聖人を祭る団体の大小は、聖人の素晴らしさと共に
団体を維持するマネージャーの実力が、その後の大きさを左右します。

得てして、大きい団体だから教義も素晴らしいに違いないと思われる人が
ほとんどではなかろうかと思うのですが、国が認めるとキリスト教やイスラム教
のような巨大な団体になっていることからも明らかなように、
団体が大きくなると政治の世界になり、教義等とは別の権力争いになり、
事実、過去に沢山の宗教戦争を生み出しています。

だから、日本国内で私一人だけが誕生日のお祝いをするような
インド国外でほとんど知られていないシュリ・シェシャドリ・スワミガルのような人
だからこそ持つ素晴らしさもあるように思います。

彼のアシュラムは、ラマナ・マハルシのアシュラムのすぐ近くにあります。
私は、一昨年、彼のアシュラムに入った時、まったく興味を持ちませんでした。
昨年の暮に山川夫妻とラマナ・マハルシのアシュラムの行った時、
友人のガイドでシバ寺院に行き、帰りにご飯を食べて、別のところでお茶を飲み
友人の家に遊びに行き、その後、ラマナ・アシュラムに行く途中で
シュリ・シェシャドリ・スワミガルのアシュラムの前を通った時、
アシュラムに入ろうということになり、私は前年に見学したので、
もう一度見学したいという気持ちが沸き起こりませんでした。
アシュラムは裸足で見学するので、友人と一緒に入り口でみんなの靴の番を
していようかなと思ったのですが、他のみんなが迷子にはならなだろうけれども
一応一緒に中に入ろうかなという気持ちで中に入りました。
出て来て、靴を履き、出口で友人からシュリ・シェシャドリ・スワミガルの説明を
聞きました。
彼がお店に入り、店のものをぐちゃぐちゃにした後、その店はものすごく繁盛した
という話を聞き、慌ててアシュラム内の土産物屋さんに戻り、
写真の中に写っている彼の写真と小冊子とキーホルダーとカード大の写真を
買ってきました。
みやげ物屋さんを出ると、なぜか急に自分がホクホク顔になり
入り口で待つみんなを見て、さらに満面の笑みが浮かびました。
自分でも信じられないほどのホクホク顔の笑みです。
友人が、あなたが一番ギフトを受け取ったね、を私に言いました。
私も、その通りだと思いました。

それからのインド滞在中、日本に帰ってからも、
私は、シュリ・シェシャドリ・スワミガルの写真を飾り、
家では彼の写真の前でご飯を食べています。

私にとって、シュリ・シェシャドリ・スワミガルは
最澄の、と最澄さんと比べるのは、とてもおこがましいのですが
最澄の三面大黒天のような存在になりました。

もし万が一、シュリ・シェシャドリ・スワミガルのおかげで蓄財できたならば
インド・モダーン・スピリチュアル・ミュージアムのようなものを建て、
田の字のように4つの部屋を作り、
シュリ・シェシャドリ・スワミガル、ラマナ・マハルシ、メヘル・ババ、OSHO(年代順)
のそれぞれの聖人の部屋にしようと思います。

シュリ・シェシャドリ・スワミガル
シュリ・シェシャドリ・スワミガル
シュリ・シェシャドリ・スワミガル
シュリ・シェシャドリ・スワミガル

このように、すぐに欲の皮のつっぱった発想をしてしまう私ですが、
先ほど、シュリ・シェシャドリ・スワミガルの祭壇のある部屋に入ると
とても清涼なる静かで神聖なエネルギーに満ちあふれていたので
とても驚きました。

今日は、この祭壇の前に布団を引き、
シュリ・シェシャドリ・スワミガルの夢を見たいと思います。

400 


よろしければ、応援クリックを2回お願い申し上げます。

あなた様の温かなクリックは、このブログにとって最高のハートのサポートです。
心より篤くお礼を申し上げます。
いつも応援をいただき、誠にありがとうございます。
 m(_ _)m


にほんブログ村 



ブログランキング


 ヒーリングバザールのサイトは、こちらからご覧ください。

 フラワーエッセンスのサイトは、こちらからご覧ください。

フラワーエッセンスのハートサポートシステム 


●運営しているサイト
  フラワーエッセンスのハートサポートシステム 
  日本フラワーエッセンス協会 
  オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店) 
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店) 

●運営している三つのブログ
  フラワーエッセンスの選び方 
  フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー 
  ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ラッキーリングさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります