Gift of Heaven ~神様の贈り物~

地方の小さな町に住んでいる、1人の少女、シオン=エルトリア=ヴィジェル。
錬金術師の父と、薬剤師の母、戦士を目指す姉と、4人で平和に過ごしていました。

ある日、自宅で見つけた一本の小剣。
ほんの出来心で手にしたその小剣を切っ掛けに、
彼女の好奇心は掻き立てられ、冒険の世界へと足を踏み入れていく事になります。

どこの世界にも、ごく普通に存在する多くの伝説や神話。
人はみな、それらを言い伝えながらも、
その全てはお伽噺に過ぎないと考えているでしょう。

そうした伝説に、彼女はたどり着く事が出来るのか。彼女が目指す伝説、それは-

冒険の扉は、今 ひらかれる。
目次へ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-07-04 08:30:00
テーマ:エトセトラ♪

連載延期のお知らせ。

当方諸般の事情により、更新を当面停止いたします。

※期間は2週間程度(7月18日)を目処に検討中です。追って告知致します。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-29 01:00:00
テーマ:人物説明

人物:シオン=アステリス=ヴィジェル

シオン=アステリス=ヴィジェル : 通称アス


 ヴィジェル家の長女。年齢は21歳、身長は平均的で、短く、かなりの癖毛の赤髪。
 男勝りな性格で、喧嘩は強い。口数は多くなく、しかしいつも冷静沈着で、信頼されている。

 当初両親の反対は有ったが、性格的にも適材であった為、両親が折れる形で戦士となるべく修行中。


  職 業:戦士修行中・長女
 好きな物:肉料理、仲間達、討伐。
 嫌いな物:弱い男、お喋り、勉強。

  特 技:力は普通だが、剣技はかなりの腕前。
 特記事項:修行の為、首都で1人暮らしをし、師に仕えている。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-28 01:00:00
テーマ:第一章:旅立ちへの序章

第一章:二人の研究(12)

お詫び:昨日アップした第11話ですが、誤って第12話も一緒にアップしてしまいました。

     本日お送りする第12話は、昨日の第11話の後半部分です。


 泉に着くまでの間にも、フィーはいろんな事を教えてくれた。方角の見方、時間の見方、果実や野菜など、食べられる植物の見分け方と取り方、探し方など。


「フィー、そんなにいっぺんに教えてもらっても、覚え切れないよぅ…」
「あはは、そんなに無理に覚えようとしなくてもいいよ。毎日行ってる内に嫌でも身体が覚えるから。」
 そう笑いながら、やはり色々な事を教えてくれ、どんどんと奥へ進んでいった。


「エル。剣を構えて。」
 突如、フィーが真剣な表情でそう告げる。
「え?何…?」
 何か危険が迫っている事は、フィーの口調で判った。


「いいかい。ここからは遊びじゃない。教えながらやっている暇は無いから、よく見ておくんだよ。
 それと-事が済むまで、自分の身は自分で守る事。こいつは…そうだな、危なくなったら手を大きく広げて、声を上げてごらん。けして目をそらしちゃいけない。」
 フィーは、相手が何であるか、もう判っている風な口調だった。

「何がいるの?」
 私はドキドキしながら、フィーに聞く。


「もう、来る! エルはここで、良く見ておきなさい。」
 フィーはそういうと、突然走り出した。

 私は訳が判らずに、ただ剣を構えて、フィーの後ろ姿を横目で追っていると、不意に物陰から人が飛び出してきた。え…? 人?


 フィーと、不意に現れたその人影は、互いに絡み合い、離れ、再び絡み合い、そしてフィーが剣を振り下ろしたかと思うと、その人影の左腕が落ちた。


「ギャァァァー」
 獣の様なうなり声をあげて、その人影は動きを鈍くし、手にもっていた短剣を取り落とした。
 フィーより随分小さな…そう、ヤトよりもう一回り小さい身長のその影は、全身毛で包まれ-良くみれば、それは人では無く、ゴブリンだった。 フィーは、そのまま止めをさす。


「ふぅ。さぁ、エルおいで。」
 フィーに呼ばれて近くに寄ると、フィーは何事でも無かったかの様に説明を始めた。ゴブリンの特徴、戦い方、弱点、気をつける事、etcetc。


 そして、こう付け加えた。

「旅に出るって事は、こうしてモンスターと戦うという事だよ。エルに出来るのかい?もし、無理だと思うなら、もう今日で終わりにしてもいい。でも、もし出来ると思うなら、今日から早速、戦い方の訓練をしないとね。」


 私は、それが本当に自分に出来るのか…少し悩んで、返事をしかねていた。

「まぁ、泉に着くまでの間、ゆっくり考えてごらん。」
 フィーはそういうと、再び歩き出した。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-27 01:00:00
テーマ:第一章:旅立ちへの序章

第一章:二人の研究(11)

「ほら、エル起きて! フィーが待ってるわよ。」
「う~…ん…あと5分……」
「ダメッ。気が付いたらすぐ起きる。そうじゃないと、冒険者になんて慣れっこ無いわよ!」
「う…う゛~…」

 あれから1ヶ月。朝は、毎日この調子…何かというと「旅に出たいんでしょう」「冒険者」「伝説を求めるのを諦めるの」と、やる事なす事その調子で。そりゃそうなんだけどさぁ…ふぅ。いい具合にこき使う口実を与えてしまった様な気がする。


「う゛~…おはよぅ…」
 私は、眠い目を擦りながら何とかベッドから起き上がり、食卓へ向かった。


「おはよう。ほら、さっさと食べて。フィーはもう準備出来て待ってるわ。」
「え? 準備って何の? 朝からまた何か始めるの?」
 私は、半分寝ぼけながら、辛うじていつもと違う事に気づいて聞き返した。

 いつも朝の内にエリスの仕事の手伝いをしながら、薬草の知識を教わって。
 昼からは、フィーの仕事を手伝って、様々な鉱石や道具の使い方を覚えて。
 夜になると、二人と一緒に研究をしながら、世の中にある多くの伝説の矛盾点を教えてもらう。
  …というパターンだったのに。


「あら、行きたくないの? 今日は狩に連れて行くんだってフィーは昨晩から張り切ってたんだけど。」
「えっ! 行くっ!! フィー!ちょっと待ってね!!」
 いつも、フィーは一人で朝の内に狩に出て行ってたし、私は朝はエリスのお手伝いだったから、フィーの狩についていくのなんて初めて。 いっぺんに目が覚めて、慌ててフィーに声をかけた。



「ご馳走さまっ!!」
 私は一気にご飯を掻きこむと、すぐに自分の部屋に戻って着替える。


「フィー、おまたせっ、行こう!」
「やっと準備出来たかぁ。よし、じゃあ行こうか。懐剣は持ったか?」
「え? 懐剣? いるの?」
「バカ、何も持たずに行って何が狩れるんだ? ほら、とっておいで。」
 そっか、そうだよね。つい、いつもヤトと遊んでた頃の様に、身軽な服装で行こうとしたけど。今日は目的が違うんだ。


「でも、懐剣なんて持ってないよ? どれを取ってくればいい?」
「あぁ、グレイグの懐剣を持っておいで。」
「えっ、あんな高価な懐剣を使っちゃうの?」
 私は、きょとんとして聞き返す。実際、あれは凄い価値だと思うし…もしも万一刃が欠けちゃったり折れちゃったりしたら…


「あはは、物に値段なんて関係ないよ。高くても使わなきゃ意味が無い。そして、あの懐剣はとても便利なんだよ。」
 そうフィーがいうので、私は言われるままにグレイグの懐剣を取ってきて、懐に差した。


「よし、じゃあ行こうか。エリス、判ってると思うけど、今日は南の泉だから。」
「うん、気を付けてね。」
「あぁ、エリスもな。」


 エリスとフィーは、そんな会話を交わした。
 それを聞きながら、私は考えた。南の泉、かぁ。そんなに遠くないけど、水場の周りは様々なモンスターが集まってくる。私も、ヤトと遊びまわっていた時は水場の回りは避けていたから、そこに行くのは久しぶりだ。


「エル、ほらおいてくよ。」
「あっ、はーい。」


 慌ててフィーの後を追いかける私。あれから、めったにヤトとは遊びに行けてないから、久しぶりの森だ。私はとってもわくわくしながら、フィーと共に泉を目指した。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-27 00:00:00
テーマ:目次

目次 : Gift of Heaven

※第11話まで公開中 : 第12話 28日AM1:00予定 第13話 5日AM1:00再開予定。

プロローグ Prologue

第一章:旅立ちへの序章
 物置のナイフ
  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話

 二人の研究
  第7話  第8話  第9話  第10話  第11話  第12話

 ○○○○○○○


第二章:○○○○○○○○
 ○○○○○○○○○

※執筆予定は変更される事があります。


世界観:
 通貨(カム)/経済  
人物紹介:
 ヴィジェル家一家
  フェイタル=イコマ=ヴィジェル
  シオン=エリスティー=ヴィジェル


  シオン=アステリス=ヴィジェル
  シオン=エルトリア=ヴィジェル

 ヤト=フランクル=エクスダム


モンスター事典:

 精霊

  グレイグ
 モンスター
  オーク  グリズリー  ゴブリン(コボルド)  スライム


 その他:

 エトセトラ

空白



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。