釣りバカ夫と気ままな家族

魚をこよなく愛する夫とわんぱく子育て奮闘記


テーマ:

しばらく悪化していた風邪もようやく回復し、

 

 

体力は十分ですが如何せんいよいよシーズンオフをむかえ

 

 

冬眠中のこんばんは、オヤジでございます。

 

 

さて、前回は数年越しのブリをGETし大満足のうちに終了したオヤジ。

 

 

正直、もう今期は納竿でいいのですが、

 

 

なんとオヤジ一ヶ月前からもう1日予約を入れており、

 

 

奇跡的に出船出来るとのこと。

 

 

財布に厳しい今日この頃、うれしいやら悲しいやら・・・

 

 

妻と子にブーブー言われ、

 

 

肩身が狭い思いをしながらも出れる限りは行くのみ!!!

 

 

っということで、今期最後のジギングに出発してまいりました。

 

 

この日は数日前から荒れ模様で出船出来ず。

 

 

前日までの状況はまったくわからない状況。

 

 

船長曰く、おそらく前回のブリの群れは南下しただろうとのこと。

 

 

かなり厳しさが予想されます。

 

 

港に到着すると、休日だけあって今回は県外のお客さんが多数。

 

 

皆さん生粋のジギンガーのようで、身が締まります。

 

 

いつものように程なくして出船。

 

 

船長と前回は良かったなぁっと話をしながらポイントを目指します。

 

 

出発して約2時間、船酔いすることも無く現場到着。

 

 

 

 

船長の予想どおり前回の群れはいないらしく、反応も薄いとのこと。

 

 

 

 

これは相当厳しいでしょう。

 

 

しかし海況はさほど波も無く良い塩梅。

 

 

早速釣り開始です。

 

 

しかし予想通り全くアタリ無し。

 

 

数カ所場所移動し、ようやくポツポツアタリはあるものの単発。

 

 

 

 

しかもラインが船下に流れ釣りづらい。

 

 

 

 

これは厳しい。

 

 

しかし数カ所移動したところで

 

 

 

 

大型では無いもののちょっと連発し始める。

 

 

 

 

 

そして連発と同時に良型もポツポツ釣れ始める。

 

 

 

 

これはもしかしたらパターンを掴めそうな感じ。

 

 

すると、ちょっと良型の引きがあり丁寧に上げてくると・・・

 

 

これは良型6キロアップをGET。

 

 

 

 

まあ、前回の10キロクラスと比較したら全然ですが、まあうれしい1匹。

 

 

そしてこの魚を合図に一気に入れぱっくんに。

 

 

ホント一投一発。

 

 

今期1回目同様の釣れ具合。

 

 

 

 

しかも4~5キロアップの良型が連発。

 

 

もはや写真を撮る暇無し。

 

 

 

 

凄い釣れ具合。

 

 

今回もまたやりとりに時間がかかり

 

 

リーダーチェックとロスが多いものの、着実に数を伸ばす。

 

 

 

 

とはいえ、このサイズが連発すると体力的にかなりグロッキーに。

 

 

 

 

しかし船長監視のもと手を休めるわけには

 

 

いかないので必死に釣り続けます!!!

 

 

いやいやこの良型連発には笑いが止まらない。

 

 

 

 

楽しすぎる・・・

 

 

 

 

しかし、途中疲れすぎて適当に巻き巻きし、

 

 

船のペラに糸が絡み2つ程ジグをロスト・・・

 

 

しかもかなりの良型と思われる魚を3回も連続バラシ。。。

 

 

フックは大丈夫なはずだが・・・

 

 

原因が分からず。

 

 

これは課題ですな。

 

 

まあ、これだけ入れぱっくんならば十分満足のいく釣りですが、

 

 

ちょっとばかし課題が残る釣りでした。。。

 

 

今回は凄い釣れ具合にめずらしく早上がり。

 

 

十分満足のうちに終了することができました。

 

 

港に到着後はもう一仕事の計測です。

 

 

 

 

港に着いてから2匹ほど知り合いに

 

 

配ったので39本ですが、今回は40本オーバー。

 

 

 

 

キロでいけばおそらく一番の水揚げでしょう。

 

 

 

 

ホント凄かった。

 

 

 

 

今回は最後なので知人に檀家周りをし、

 

 

大きいのだけお持ち帰り。

 

 

帰宅後計測してみると、大きいので6.2キロ。

 

 

 

 

十分な大きさですが、前回がデカイだけにちょっと物足りないか。

 

 

そして早速解体し、恒例のお刺身から。

 

 

 

 

ブリの刺身はホント旨いね。

 

 

正直これなら毎週でも食べれそう。

 

 

そして残りはカブト焼きに

 

 

 

 

唐揚げ、

 

 

 

 

今回は胃袋も炒めていただきます。

 

 

 

 

また、今回はブリをトバ風味にしてみました。

 

 

 

 

これは鮭トバに負けない旨さなので是非お試しください。

 

 

っということで、

 

 

今回も十分満足することができたオヤジ、

 

 

次年度にむけてさらに勉強しようと考えているオヤジなのでした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近はいよいよ年を越し、

 

 

今年はまたもや転勤のタイミングになりつつあり

 

 

どうしようか悩みが尽きない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

こんばんは、オヤジでございます。

 

 

さて、今回は昨年末ラストスパートをかけた能代沖ジギングをご紹介。

 

 

とはいえ、前回厳しい釣果に終わり、

 

 

すでに終了モードの雰囲気が漂っている青物ですが、

 

 

正直ワンチャンスに賭けたかった・・・

 

 

まあ、単純に昨年度の自己記録である

 

 

6キロを超えたいということで虎視眈々とチャンスをうかがっていたオヤジ。

 

 

最後の日曜日になんとか出れそうと思ったものの中止。

 

 

なんと月曜から出船ということで意気消沈しておりましたが、

 

 

なんと次の日火曜に1名だけ空きがあるという。

 

 

これは最後の休みを消化し出撃するしかないと思い、

 

 

意を決して出撃してまいりました。

 

 

とはいえ、平日の出撃は仕事終わりから準備をし、

 

 

あまり休みもとれないままの出発ですので

 

 

身体のコンディションはさほど良くない感じ。

 

 

とはいえ、船長に聞くと前日はなかなか好調とのこと。

 

 

これはもしかすると期待できます!!!

 

 

っということで当日5時半ということでいそいそと出発。

 

 

早めに到着し準備にとりかかると、以外に船長5時に到着。

 

 

こりゃあ早いわ。

 

 

急いでキャビンに乗り込み、なんとかポイントまで休息出来そうです。

 

 

約2時間ほどで現場に到着。

 

 

船長いわく、大分反応は無くなったが、ポツポツ写る魚影は有りとのこと。

 

 

あとは喰うか喰わないか、お魚の気分次第らしい。

 

 

これは怖い。

 

 

前日は朝全く釣れず、後半よかったとのことなので、

 

 

今日も朝は我慢して9時以降釣れるだろうとのこと。

 

 

現場に到着すると、やや荒れしているものの気分はかなり良い。

 

 

 

 

どうやら体調がいいらしく、すこぶる調子が良い。

 

 

 

 

こんな日は釣れそう。

 

 

 

 

とはいえ、開始早々は船長の言うとおり全くアタリ無し。

 

 

というか、魚いるの?って感じ。

 

 

2箇所ほど移動して3箇所目、

 

 

どうやらいい反応らしく船長がこれは喰うとのこと。

 

 

すると、トモに陣取っていた方が連続ヒット。

 

 

オヤジもポツポツヒットはするものの、

 

 

イマイチパターンを掴めず完全に釣り負けモード。

 

 

しかし後方の方は調子よく、連チャンモードに。

 

 

するとその隣の方も連チャンモードに。

 

 

オヤジは全くダメでジグをチェンジしながらポツポツ釣っていくも、

 

 

いやいやなかなか釣れない。

 

 

ここでようやくゴールド系にポツポツ反応あり。

 

 

しかもなぜか良型が釣れ始める。

 

 

 

 

正直サイズでは一番か?

 

 

その後も入れぱっくんにはならないものの、

 

 

 

 

このジグが今日のアタリだろうということで、

 

 

このゴールド1本に絞り攻めていく。

 

 

途中、なぜか手を負傷し流血・・・

 

 

 

 

何なの。っと手を休めていると、

 

 

なんとこの間に後方で6名が絡む大マツリが発生。

 

 

どうやら良型がヒットしたまではいいが糸を緩めたらしい。

 

 

これは悲惨だ。

 

 

と思いながらもオヤジはなんとか回避できたので

 

 

とりあえず釣りを開始する。

 

 

すると、なぜか一投一発で連チャンし始める。

 

 

しかも良型。

 

 

 

 

やりとりに時間がかかりイマイチ数は伸びないが、

 

 

いやいや5キロアップがポンポン釣れるとはかなり凄い。

 

 

 

 

どうやらジグが下りていない分、オヤジの竿に連発した模様。

 

 

ほんとタイミングとは恐ろしい。

 

 

そんな連発するオヤジ、5キロアップよりさらに強い引きが襲う!!!

 

 

正直大分疲れてきたので電動で巻き巻き。

 

 

対したデカさでは無いだろうと思いながらもタモ入れをお願いすると、

 

 

見たことも無いハラパンフィッシュが!!!

 

 

ついに出た・・・

 

 

 

 

これ多分10キロコースでしょ。

 

 

船長に見せると、多分10キロ台だろうとのこと。

 

 

なんかあっさり釣り上げられたが、思わず船上で叫ぶオヤジ。

 

 

ジギングを始めて7年、

 

 

かなり長かったがようやく夢のビックフィッシュをGET。

 

 

思わずとなりの親切おじさんに写真をお願いする!!!

 

 

そしてオヤジどや顔!!!

 

 

 

 

デカイ。

 

 

正直オヤジはこの1本で十分満足。

 

 

これを釣るために今まで頑張ってきたのだから。

 

 

まあ能代沖ではもっとデカイのも釣れてるし、

 

 

なによりこのサイズは年間かなりの数が上がると思われるが、

 

 

オヤジにしてみれば7年越しの1匹なのでうれしさもひとしおです。

 

 

とはいえ、まだ沖上がりには早いのでリーダーを組み直して釣り再開。

 

 

するとやはり入れぱっくん!!!

 

 

どうやらスイッチが入ったようでこれまた凄い釣れかた。

 

 

 

 

3キロ台など全然こっぱ。

 

 

 

 

4キロもあまりなく5キロアップから7キロまで連発。

 

 

 

 

なによりやりとりに時間がかかりイマイチ手返しが悪いといううれしい悲鳴です。

 

 

良型釣るたびにラインを組み直し、

 

 

最後は大分ロスの時間があったものの、

 

 

さらに数を稼いでこの日は定時で終了。

 

 

 

 

船長には最高に楽しかった旨を伝えテンションマックスで帰港!!!

 

 

帰港後は一応計測。

 

 

 

 

すると血抜きが仇となったのか9.6キロ。

 

 

でもまあ10キロといって良いですよね?

 

 

というか10キロにさせてください・・・

 

 

まあ、ボディーは10キロそのものでしょう。。。

 

 

今回もクーラーに収まらないだけGETできた。

 

 

 

 

とはいえ、バイ貝のエサにするという船長にほぼプレゼントですがね。

 

 

ということで、いつもどおり現地計測は欠かせません。

 

 

 

 

今回数は30本と振るわなかったものの、

 

 

 

 

サイズでは抜群の釣果をあげることができた。

 

 

9キロ台1、6~7キロ台が11本なので、

 

 

これだけでクーラーに入らないほどの釣果。

 

 

十分満足というか、オヤジ的にはこれ以上望むことは

 

 

ないくらい記録に残る釣りでした。

 

 

しかしこのブリサイズ、ホントよく釣れてくれた。

 

 

 

 

なんだか愛おしくも思えてくるからたまりません・・・

 

 

 

 

帰宅後はなんだか捌くのももったいないので

 

 

また計測してみましたが、9.6キロ。

 

 

 

 

家の体重計も正確なことが判明。

 

 

 

 

ということで解体。

 

 

お腹の中を確認すると、ハタハタと思われる卵が。

 

 

 

 

やはり大型はメスを好んで食べるようです。

 

 

そしてその身はいつもの魚とは別格。

 

 

 

 

ハラミは白いし、皮ギシは脂びっしり。

 

 

 

 

ブリと名前を変えるのも十分納得できますな。

 

 

というか、80cm以上が分類上ブリらしいですが、

 

 

ホントのブリとはこのことなのでしょう。

 

 

今回はカブト焼きに

 

 

 

 

煮付け、

 

 

 

 

チーズフライに

 

 

 

 

メインのお刺身で!!!

 

 

 

 

 

このブリのお刺身は凄かった。

 

 

ホントに白く、これこそブリトロだなぁっと納得。

 

 

さすがに息子と妻がバクバク喰っていた。

 

 

これは釣ってきた甲斐があるってものです。

 

 

そして次の日もう片方の身をお刺身で!!!

 

 

 

 

寝かせるとさらに脂が回りすごかった・・・

 

 

 

 

本物はやはり違うと実感した。

 

 

っということで、今回は記録的な魚をGETすることが出来、

 

 

今期感無量のうちに終了することができそうなオヤジなのでした。。。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近はどうも喉が痛く、

 

 

風邪をこじらせたようですがさっぱり直る気配を

 

 

見せていない今日この頃を過ごしております

 

 

こんにちは、オヤジでございます。

 

 

さて、前回大爆釣のうちに終了したオヤジ、

 

 

実はその後ブリだけ入れぱっくんの日があったらしい・・

 

 

・う~む、うらやましい限りである。

 

 

そんな中、なんとか平日お休みを頂ける日があり、

 

 

合わせてなんと荒れ後で出船可能とのこと。

 

 

これは行くしかないでしょうということで、

 

 

気合い十分で出撃してまいりました。

 

 

この日もいつもどおり5時出船。

 

 

まだ真っ暗な港に集まり、いそいそと道具を積み込んで時を待ちます。

 

 

毎回思いますが、ジギングは遠征組が多く

 

 

皆戦闘モードでピリピリしている感じ。

 

 

我こそはブリを・・・

 

 

皆そんな感じです。

 

 

正直、レベルが高いアングラー達なので、

 

 

オヤジもいい勉強になります。

 

 

船長が到着し、キャビンでゆっくり現場到着を待ちます。

 

 

正直この時間が苦痛。

 

 

基本船酔いするオヤジ、ただ座っているだけでも

 

 

ちょっとこみ上げるものが・・・

 

 

そして約2時間後現場到着。

 

 

外は大分明るくなってますが、波高し・・・

 

 

 

同時にかなり吐き気が。

 

 

 

 

今日は調子悪す・・・

 

 

こんな日は釣れないなんて思いながら釣りを開始するも、

 

 

なんとホントに釣れない。

 

 

数カ所ポイントをまわるも、船長曰く大分魚が薄くなったとのこと。

 

 

なんという・・・

 

 

先日のブリ軍団は早々に南下したのか。

 

 

時すでに遅し。

 

 

というか、このままではお土産もままならない感じか。

 

 

朝から二時間近く全くアタリ無し。

 

 

色々試してみますが効果無し。

 

 

ここで船長大きな決断!!!

 

 

なんと神の島九六島に向かうとのこと。

 

 

正直、ジギングで九六島まで行くのは始めて。

 

 

そして釣れるのか?

 

 

かなり疑問でしたがここは船長に従おうということで大きく移動。

 

 

 

 

約一時間半ほどで島到着。

 

 

 

 

久しぶりの九六島。

 

 

 

 

何とも言えない神聖な雰囲気だわ。

 

 

そして相変わらず魚探に反応はないようであるが、

 

 

どてら流しで探っていくとのこと。

 

 

とりあえず探っていると、ポツポツ周りに釣れ始める。

 

 

そしてようやくオヤジにもヒット。貴重な魚です。

 

 

 

まあ、サイズもかなり残念な感じはあるが、

 

 

釣れるだけでも感謝。

 

 

さすが神の島九六島です。

 

 

しかし今回は見せ場が全く無い感じ。

 

 

とにかくお土産確保だけを考え色々と周りのヒットパターンを探る。

 

 

すると、どうやらグロー系に連発してる模様。

 

 

これはもしやと思いオヤジもカラーチェンジしてみると、

 

 

今日一の入れぱっくんに突入。

 

 

周りの方は深さどのくらい?っとレンジを気にしていたが、

 

 

これは間違いなくグローを選んでヒットしている感じ。

 

 

この期を逃がすまいとオヤジ高速釣りマシンモードでなんとか数を稼ぐ。

 

 

 

 

ヒットが止まればチョコチョコカラーチェンジはしつつ、

 

 

やはり最後はグローに戻して拾い釣り、

 

 

なんとか20本は確保して終了。

 

 

正直ハンパないタフコンディション。

 

 

何気にオヤジが一番釣れた模様。

 

 

まあ、みんな似たり寄ったりだが、厳しい方は5本釣れなかった模様。

 

 

この状況ではまあ仕方が無い感じ。

 

 

それにしても後半戦1発目でこの状況はかなりへこむ。

 

 

もしかすると今期のジギングは終了かなぁっといった気もしますが。

 

 

まあ、船長はまだ大丈夫とのことなので、懲りずに通いましょう。

 

 

この日は船長も大幅に残業してくれたのもあり、

 

 

帰港時はもう真っ暗に。

 

 

ホント、最後まで諦めずに頑張ってくれた船長に感謝です。

 

 

暗い港で一人いつもの計測作業へ。。。

 

 

 

 

デカイのも全然ダメだったものの、

 

 

 

 

このコンディションでよく数そろえたものです。

 

 

まあ、途中数本バラシタのがちょっともったいなかった。

 

 

もう少し大事に取り込めばよかったかなぁっという反省点もあり。

 

 

まあ、これも次に生かされるでしょう。

 

 

今回は数も無いので1箇所だけ檀家周りをして帰宅。

 

 

一番デカそうなのを解体作業。

 

 

 

 

デカそうとはいえ、なんと4キロなかった・・・

 

 

なんという。

 

 

まあ、まな板には乗らないレベルですがね。

 

 

 

 

しかし、今回は解体してもブルー。

 

 

異様なまでにブリ虫が多く、

 

 

 

 

多分5匹くらいはいたような。

 

 

脂ののりは上々だったので、

 

 

 

 

一応刺身に加工しましたが、

 

 

 

 

オヤジはブリ虫を見たせいかあまり食が進まず。

 

 

 

 

妻と子ども達はめずらしくバクバク食べていたので

 

 

これはまあ良かったのかな。

 

 

残りはいつものカブト焼き、

 

 

 

 

唐揚げと

 

 

 

 

チーズと大葉を挟んだフライに。

 

 

 

 

このフライが大当たり。

 

 

青物の風味がチーズと大葉に負けておらず、実に合う。

 

 

白身ではこの味はでないなぁっといった感じ。

 

 

これはアタリです。これはまた作らなければ。

 

 

っということで、今回はかなりのタフコンディションではありましたが、

 

 

なんとか釣果を確保することができ、

 

 

ホッと一息ついているオヤジなのでした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。