List Me! by BlogPeople
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-05 02:01:11

宇宙への挑戦は、まだまだ続く!

テーマ:宇宙1
要するに、2機目のスペースシップ2を作り、
宇宙へ行くことになります!!


以下は、ヴァージンから送られたメールの内容です。


PRESS STATEMENT

Over the past several days, we have received new information about the tragic incident that resulted in the death of Scaled Composites’ co-pilot Michael Alsbury and injuries to pilot Peter Siebold. Our thoughts and prayers remain with the families and friends of these brave men. The following summarizes what has been learned from the formal investigation.

On October 31, 2014, SpaceShipTwo conducted a powered test flight and experienced a serious anomaly that resulted in vehicle failure. The National Transportation Safety Board (NTSB) is in charge of the investigation and we are cooperating fully with their work. While we cannot speculate on the causes of the incident, the NTSB has provided important information about the facts surrounding this case and in their final onsite press conference they described a timeline of events based on the telemetry data in their possession. The investigation will now continue offsite.

Based on information they have released about their investigation to date, the NTSB has recovered the intact engine and rocket propulsion fuel tanks with no signs of burn through or mid-air explosion. This definitively dismisses the premature and inaccurate speculation that the problem was related to the engine or the fuel.

The NTSB also evaluated the vehicle’s feathering mechanism, which is the unique technology that turns the wing booms into position for re-entry. The NTSB indicated that the lock/unlock lever was pulled prematurely based on recorded speed at the time, and they have suggested that subsequent aerodynamic forces then deployed the feathering mechanism, which resulted in the in-flight separation of the wings and vehicle. At this time, the NTSB investigation is still ongoing and no cause has yet been determined – these are purely facts based on initial findings. We are all determined to understand the cause of the accident and to learn all we can.

At Virgin Galactic, safety is our guiding principle and the North Star for all programmatic decisions. Our culture is one of prioritizing safety as the most important factor in every element of our work, and any suggestions to the contrary are untrue. We are committed to learning from this incident and ensuring something like this can never happen again. To that end, we will work closely with the NTSB and will focus intense effort on its findings and guidance.

For Virgin Galactic, everything rests on our vision of creating accessible and democratized space that will benefit humanity in countless ways for generations to come. Like early air or sea technologies, the development is not easy and comes with great risks, but our team of more than 400 dedicated engineers and technicians are committed to realizing the potential of this endeavor. From research, to travel, to innovation, we believe that the technology our industry is pioneering is crucial to the advancement of humanity.

Over the last few days, we have been so grateful for the outpouring of support and inspiration shared by countless Future Astronauts (customers), members of the space community and the public at large. Testing programs, reaching back to early aviation, have distinct risks, and our customers know that we will not move ahead with commercialized space travel until our expert engineers and pilots deem the program to be safe. These are among the brightest and most experienced professionals in the industry and our success has and will continue to be ensured by their expertise.

While this has been a tragic setback, we are moving forward and will do so deliberately and with determination. We are continuing to build the second SpaceShipTwo (serial number two), which is currently about 65% complete and we will continue to advance our mission over the coming weeks and months. With the guidance of the NTSB and the assurance of a safe path forward, we intend to move ahead with our testing program and have not lost sight of our mission to make space accessible for all. We owe it to all of those who have risked and given so much to stay the course and deliver on the promise of creating the first commercial spaceline.
AD
2014-11-03 00:00:00

ソフトバンクの新30年ビジョン

テーマ:ブログ
急に宇宙旅行が来年から遠のいたので、
また今後の目標を考えることにしました。

今まで宇宙に行く事を前提に、
仕事もプライベートも宇宙に軸足を置いてきました。

来年宇宙に行く事を前提に
様々なスケジュールを立てていたのですね。

宇宙旅行が遠のくと、前提条件が変わるので、
自分のアイデンティティというか、軸足が変わるので、
そのあたりを再度考え直す必要に迫られました。

ヴァージンの事故は、事故として片付けて、
楽しみが伸びただけなので、
それまでの長期的な目標を再度考えます。

そんな時に参考になったのが、

ソフトバンクの30年ビジョンでした。
株主総会で、創業30年になる節目の2010年に発表しているのですが、
300年後をどうするかまで言及しています。


ソフトバンクの新30年ビジョン


そんな、30年や300年先を見据えてどうなっていくか、
どうしていきたいかを再度、考えてみます。


AD
2014-11-02 10:56:14

亡くなったパイロット。

テーマ:宇宙1
今回のヴァージンの事故で亡くなったパイロットは、マイケルです。

宇宙イベントに来ていて、
現在の機体の状況を聞いていました。

まさか、彼が亡くなるとは。

年齢も39歳なんですね。
私と大して変わらない。

michael alsbury


ご冥福をお祈りします。


重症のパイロットは、ピーター(Peter Siebold)で、
スペースシップ1の時代からパイロットでした。
これまで数々のテストフライトに参加したベテランパイロットです。

スペースシップ2のテストは35回目だったのですが、
これまで何度も無事に飛行をできても、
たった一度のミスで、大怪我をする。

宇宙への挑戦は常に危険と隣り合わせなんですね。

私たちが申し込んでいる宇宙旅行も、
そんな危険と常に隣りあわせなんです。

死を恐れていては、何もできない。

AD
2014-11-01 21:19:20

浅川さんのメール

テーマ:宇宙1
クラブツーリズムの・スペースツアーズの浅川さんから

宇宙旅行者向けに、このようなメールが届きました。


浅川さんもがんばれ!

****************************************

宇宙旅行にお申込済みのお客様各位



平素は弊社をご利用いただき誠にありがとうございます。;



さて、既に本日の報道などでご存知の方も多いかと存じますが、

10月31日(金)午前(現地時間)、米国カリフォルニア州モハベ空港で行われた宇宙船「スペースシップ2」の35回目のテスト飛行中に

おいて、以下の「ヴァージンギャラクティック社からのお知らせ」(弊社翻訳)にあるような事故が発生いたしました。

この事故で大変残念ながら、パイロットがお一人お亡くなりになりましたので、ここにまずは取り急ぎお知らせいたします。





ヴァージンギャラクティック社からのお知らせ





本日の午前、当社のパートナー企業であるスケールドコンポジット社が行った宇宙船「スペースシップ2」のロケットエンジンを

使用したテスト飛行が行われましたが、機体に問題が発生し、墜落をするという事故が発生しましたのでお知らせします。

尚、母機の「ホワイトナイト2」については無事に帰還しました。



当社は、パートナー企業であるスケールドコンポジット、全米運輸安全委員会(NTSB)および地元当局に全面協力をするとともに、

同委員会が明日、モハベ空港に到着し数日間要する調査を開始するものと理解しております。



地元当局によると、二人のパイロットのうち一人がこの事故で亡くなったことが確認されました。もう一人のパイロットはパラシュートで脱出し、地元の病院に搬送されました。

当社は、今回事故が発生しましたことについて大変遺憾に存じます。また、この事故でお亡くなりになりました関係者とそのご家族に対し、心からご冥福をお祈り申し上げます。





【ヴァージンギャラクティック社 最高経営責任者CEO ジョージ・ホワイトサイズからのメッセージ】



まずなによりも最初に、搭乗員とそのご家族に対し哀悼の意を表するともに、私どもができることは何でもさせていただくつもりです。

アンテロープバレーでの救援をお手伝いいただいた方々にも深く感謝いたします。また、すべての関係者の努力についても同様な思いです。

宇宙開発は困難な面があり、本日は大変厳しい日となりました。

私どもは、今後の事故調査に全面協力し、まずは事態の究明に努めます。今後も簡単な道のりではないかもしれませんが、全社員が一丸となって団結し、開発を進めていく所存です。               

                                                        (以上)

この事故に関しては弊社のホームページにても公開をしておりますので、合わせてお知らせいたします。



皆様には大変ご心配をおかけいたしますが、まずは第一報のご連絡をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
2014-11-01 15:17:36

スペースシップ2の事故について

テーマ:宇宙1
非常に驚くべきニュースがありました。

昨晩はこのようなヴァージンから連絡がありました。


We wanted to let you know that are expecting a significant test flight today in Mojave. WhiteKnightTwo (WK2) and SpaceShipTwo (SS2) are currently on the runway, preparing for take-off. This flight is the culmination of many months of hard work on the ground and in the air. WK2 has transitioned from Scaled to Virgin Galactic’s control, various SS2 modifications have been completed and tested in glide flight, and the rocket motor’s performance has been optimised and qualified through multiple firings.

これまでのテストとは大きく異なり、これまで以上にロケットエンジンの火力を強め、
テスト飛行で宇宙まで行く事を狙っていました。

大きな意味があるテストフライトを実施しようとしていました。


そして、数時間後には、何かが起きたことを、連絡されました。

We have just issued this statement following today’s flight:

Virgin Galactic's partner Scaled Composites conducted a powered test flight of SpaceShipTwo earlier today. During the test, the vehicle suffered a serious anomaly resulting in the loss of the vehicle. The WhiteKnightTwo carrier aircraft landed safely. Our first concern is the status of the pilots, which is unknown at this time. We will work closely with relevant authorities to determine the cause of this accident and provide updates as soon as we are able to do so.

Please bear with us as we work through the next few hours. We would greatly appreciate it if you could refrain from contacting us during this next short period.

このメールが来たのが、今朝3時28分なので、事故直後になります。
ヴァージンは常に顧客のために、情報開示を行っていただけます。

ロイターからの報道では、現在のスペースシップの機体は、このようになっているようです。

スペースシップ2 残り
スペースシップ2 燃えた
スペースシップ2 残骸
スペースシップ2 廃墟


リチャードは、宇宙へ行くことは困難を伴うが、
やってみる価値は十分にあると、今日言っています。


リチャードは宇宙へ行く事を未だに諦めていません。

宇宙へ行く事はこれまで同様困難を伴うことは十分承知しています。

機体が壊れたら、また作ればいい。
無い物は、また生み出せばいい。

このくらいの事で、人類の宇宙への挑戦が止まる訳ではありません。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>