Facebookに移行しています

テーマ:

お久しぶり!と連絡くれた友人に「ブログ書いてないけど、生きてる??」と言われちゃいました。

ありがとう。

おかげさまで元気にしています。


ブログは多分、そのうち削除すると思います。


近況はフェイスブックで呟いているので、友達リクエストお待ちしています(*^_^*)

http://www.facebook.com/mona105105

AD

8時半過ぎに娘を幼稚園に預けたら、岡山へGO!

お迎えのタイムリミットは5時。

目指すは岡山県総社市、まるみ麹さん

隠岐の海士の塩奥出雲の井上醤油さん に続き、大人の社会科見学第3段。


まるみ麹さんで主に扱われているのが、麹、味噌、それに甘酒&塩麹。

私はてっきり、味噌を中心とした醗酵の話になるんだろうなあ、と思っていました。


が!!

まるみ麹さんのキモはその前段階。

材料となる大豆や米を素材を如何に活性化させるか―ということでした。


遡る事20数年前、場所はまるみ麹の所在地、岡山の美袋地区。

農村地帯だった美袋地区。


ある時、不思議な事に気がついた。

まるみ麹を挟んで、北部で収穫された米は今まで通り醗酵しやすいのに、南部は醗酵しにくくなった。

何故だ???


当時、水島コンビナートが出来たことで、地区の多くの住民は職を求めて水島へ行くようになった。

週末百姓になったことで、田畑に十分な手をかけられなくなったので、

今まで使っていなかった農薬など使うようになった、美袋地区南部。

一方、通勤するにはちょっと距離があったため、今までどおりの農業をしていた美袋地区北部。


残留した農薬や化学物質が、醗酵の力を妨げているのではないか??

そんな疑問を抱き始めた時に、先代が出逢ったのが「電子チャージ」という技術。


電子チャージとは、の前に「酸化」とは  ―簡単にいえば、さくっと2つ。

その1 酸素がくっつくのが酸化。 酸化が離れるのが還元。

その2 電子がなくなるのが酸化。電子がくっつくのが還元。


酸化して素材のエネルギーが低くなったのなら、電子をくっつけちゃえ。

それが電子チャージ。


という理論の元、色々な実験をされたそうです。

 ・大豆を電子チャージすると、発芽率が上がるようだ。

 ・米を電子チャージすると、醗酵力が強まるようだ etc


無農薬のお米と大豆だけを使って、お味噌を作れば自然の力で醗酵して美味しい味噌が作れるけれど

実際に、国内産の無農薬のお米と大豆を100%安定して確保するのは難しい。

ならばせめて、電子チャージで素材の活力を向上させよう。

(ちなみにまるみ麹さんでは、原料となる味噌や米や水以外にも、包装用のプラスチック容器に至るまで電子チャージされているそうです)


そして、もう一つ、床やら壁やら水槽やら、とにかく熟成に関わる場所を中心に

徹底的に備長炭を用いた環境づくり。


ってな話を聞きながら、工場の中を案内していただきました。

ご案内頂いた、山辺社長がこれまたとっても素敵で!!

偉ぶったところは一つもない、でも、しっかりとした信念を持った

チャーミングな男性でした。


まだまだ、もっともっとお話しを聞きたい!!!

後ろ髪をひかれながらも、幼稚園のお迎えタイムリミットが迫ってきたので山陽道をぶっとばし

幼稚園に滑り込んだのは5時3分前、ギリギリセーフ!!


楽しかったです!

山辺社長とまたお会いしたいな~。


ちなみに、電子チャージされた水、いただきました。

スッキリと軽い、とっても美味しいお水でした。









AD

あ。と心が動く瞬間

テーマ:
何気にパソコンいじっていたら、飛び込んできた文章。
ついつい、忘れそうになるけれど
とってもとっても、大切にしたい事。

※※※※※※※※※※※※

「あ。と心が動く瞬間を大切にしたい。大切にしてあげたい。」と。
言葉でこうでああでこうでああで、と説明することもできるけれど、
「あ。」と思わず見とれてしまう何か。
「あ。」と感じる言葉では表現できない、心の動き。

心が動かされる一瞬。
大人ができるのは、そういう瞬間をどれだけ子どもに提示することができるか、
ではないかと。

心がたくさん動いた子は、なんだか楽しそうな大人になる気がする。

※※※※※※※※※※※※
AD