2016-09-22 23:07:31

iPhone 7を使って感じるのはiPhone 6sのマイナーバージョンアップという印象

テーマ:iPhone

私がApple Storeオンラインで注文したiPhone 7は日程変更に振り回されながらも発売日から2日遅れの9月18日に手元へ届く事になりました。

 

 

今回、初めてSIMフリーのiPhoneを手に入れましたが、iPhone 6sからの移行は簡単で良かったです。

今まで使っていたiPhone 6sのSIMを取り出してiPhone 7へセットしてバックアップから復元するだけで、使っていたauの回線で今まで通り利用する事ができました。

 

これなら、キャリアからよっぽど有利な値引きが出てこない限りはSIMフリーで購入してしまったほうが気軽で良いですね。

 

そして、今まで使っていたiPhone 6sですが、カミさんのAndroidスマートフォンと入れ替える予定でしたが、「機種変更するのが面倒」という事で売却する事にしました。

そのためにSIMロック解除の申請もしたのですが、嫌なモノを強制する訳にもいかないですから、ゲオで42,000円貰って売却となりました。

 

iPhone 7ですが、今回選んだのは2番人気とも言われているブラックで、実物を見てみるとiPod classicのブラックとほぼ一緒の加工で、手垢も目立ちづらいし、とても良い印象でした。

 

しかし、ケース入れて使うので、この姿を見るのは購入時とケースの交換時だけです。

ジェットブラックが欲しかったのですが、姿を見る頻度を考えるとブラックでも充分なのかもしれません。

 

今回使うケースはApple純正と革ケースです。

昨年も一昨年もApple純正の革ケースを使い続けていますが、今年のはサラサラしていて手から滑り落ちる事が多いです。

革なので手に吸い付く感じが良くて使っていたので、今年のは私にとってはハズレな印象でした。

 

で、実際にiPhone 7を使ってみた印象は、iPhone 6sのマイナーバージョンアップという感じが強いです。

 

iPhone 7になって新しい点は、ホームボタンが物理ボタンじゃなくなった事、イヤフォンジャックが省略された事、耐水性能になった事、カメラのレンズが大きくなった事など多々あります。

 

でも、実際に手に収まって使った時の感触がiPhone 6sと全く変わらないので、新しくなったという印象が、私の中であまり実感できませんでした。

 

もし、iPhone 6sの「s」がSecondを意味するなら、Thirdという事でiPhone 6tでも良かったかなという印象です。

 

一方で、それだけ今のiPhoneの利用環境は「変える必要がないほど良い」という事の裏返しとも言えるのかもしれません。

 

今日まで使ってきて、iPhone 7に対する不満はありません。

イヤフォンジャックが無いのは想定済み、かつ音楽だけを大量に持ち歩きたいのでiPod touchを使っていますし、iPhone 6sよりも動作速度、バッテリー駆動時間も良くなっているので不自由はしません。

次のiPhoneが登場するまで問題なく使えるでしょう。

 

もし、今後に問題が発生するとすれば、来月にauからMVNOのキャリアへ乗り換える際に選択を間違えて、不自由なネットワーク回線環境になる事でしょう。

これは今週末までにキャリアを慎重に決めて失敗しないようにするしかないですね。

どこのキャリアにしたかは別の記事で書きたいと思います。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-17 01:01:29

iPhone 7の発売日はAppleに振り回されてガッカリな日だった

テーマ:iPhone

9月16日はiPhone 7とiPhone 7 Plusの発売日でした。

 

私も発売日にiPhone 7を手に入れるためにApple Store オンラインで、ブラックの128GBモデルを予約開始直後に注文したのですが、Appleにかなり振り回されてしまい疲れています。

 

その流れを書きたいと思います。

 

まず、9月9日に予約して、以下の状態になっていました。

 

注文時の納期は「9月16日」と明記されていたので、発売日に自宅に届く事を信じ切っていました。

しかし、9月15日になってもステータスは「処理中の商品」となっていて出荷する兆しは一切ありませんでした。

 

「予約開始直後に注文して、お届け日が9月16日だから発売日に届くはず」

 

と信じていたのですが、21時頃にお届け日が「9月28日から30日」と日程が変更になったのを見て、本当にショックでした。

 

確かに日本版iPhone 7は特別仕様で製造台数が少ないとしても、予約初日分すら発売日に届けられないほど在庫が少ないのかと・・・。

そして、分かっていたなら、Appleは先にアナウンスをしなかったのかとも。

 

この気持ちが抑えきれずにSNS上でも気持ちをぶちまけてしまうほどでした。

 

その後、22時頃にお届け日は変わりませんが、ステータスが「出荷準備中」となって9月28日よりは早く手元に届きそうな予感を感じさせたのですが、15日は変わらないままで、9月16日の発売日には手に入れられない事が決定しました。

 

16日の朝にメールチェックをすると、Appleからの以下のメールが届いていました。

 

 

Apple Store オンラインのお届け日は「9月28日から30日」のままでしたが、翌日の17日は届くという嬉しくないけど安心させるメールが届いた訳です。

 

このメールを信じて待っていたら、昼過ぎにステータスが「出荷完了」となって、これで明日には手に入ると思った瞬間、想定外の日付が入っていました。

 

それは「9月18日」・・・。

 

朝のメールから1日遅れているじゃん・・・。

 

たかが1日、されど1日。

期待だけ誘って、こんなオチは嫌いです。

だったら、朝の時点で「9月18日」って書いときゃいいじゃん。

 

iPhone 7の発売日である9月16日はAppleに振り回されて、結果的にiPhoneも手に入れる事ができないガッカリな1日でした。

 

iPhone 7の納品が滞っているのは、FeliCa対応に日本独自仕様だったり、ジェットブラックの製造が難しくて製造が遅かったり、元々の予約数が多かったりと、理由が挙げられていますが、発売初日から充分な在庫を用意できないなら、発売日を遅らせて欲しかったです。

 

お届け日の表記が何度も変わってしまった事で、当初考えていた日程から2日も遅れてしまった影響で3連休の予定は大幅に変更となってしまい、Appleへ対する好意がたいぶ冷めてしまいました。

 

この気持ちだと、iPhone 7が届いても悲しい気持ちのままかも。

もう少し配慮あるAppleの対応をして欲しいですね。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-09-11 00:31:35

iPhone購入時に毎回迷うキャリアの選択、今回はauからMVNOへ

テーマ:iPhone

9月9日16時1分から開始されたiPhone 7の予約は、新色のジェットブラックがApple Storeオンラインで予約開始直後から納期が「1-2週間」と表示されて発売日に間に合わない雰囲気を醸し出していました。

 

やはり、昨年のローズゴールド同様に新色は人気が高い。

かつ、光沢を出さなくてはいけない分、製造に時間がかかり在庫も少ないのでしょう。

 

私はApple Storeオンラインでジェットブラックを購入希望でしたが、色よりも発売日に手に入れたいという気持ちが強いため、ブラックに変更して128GBモデルをAppleCare+付で予約をしました。

これで総額は106,488円です。

 

私がiPhoneを購入する時に悩むのはキャリアの契約です。

 

過去にiPhoneの購入に合わせてキャリアも契約したので、iPhoneの購入時期がキャリアの2年契約の満了になる時期と被ります。(実際には1ヶ月後に更新月になります)

 

今年はauで契約をして4年目が終了となるため、2年縛りの「誰でも割」が10月に違約金なしで解約またはMNPする事ができます。

 

auの回線品質には全く問題はないのですが、Google Play Musicの利用などで5GBのデータ通信プランは足りなくてチャージする機会も増えて利用料金がアップしているのに加えて、過去のサポートとのやり取りで失望している部分もあるため、他社へ乗り換えるつもりです。

 

過去にMNPを検討してauへ電話した際に機種変更に使えるクーポンを貰っていたので、今年も電話してみると、昨年同様に10,000円分のクーポンを貰えるとの事でした。

 

この条件だと、今使っているiPhone 6sをauへ下取りにした場合はドコモ、ソフトバンクへMNPするよりも有利な条件で利用する事ができます。

 

でも、今回は上記の事や今の3大キャリアの販売方針に不満があるため、少なからず意志を示す為にMVNOのキャリアを選択します。

 

まだ、どのMVNOにするかは決めていませんが、音声通話付で10GBのデータ通信プランで3,000円前後になるキャリアから選ぶつもりです。

これにiPhone 7の代金を24分割して足すと毎月7,437円ほどになる計算です。

 

この額はauで現在の契約内容のままでiPhone 6sを下取りに出した時の金額とほぼ変わらなくて、かつauを辞める事でネット回線で適用されていた毎月1,200円の割引が無くなるので、MVNOに変更した後に今使っているiPhone 6sを別途オークションなどで売却しないとコストメリットはありません。

 

でも、MVNOにする事で同額でも使えるデータ通信量が増える事に加えて、契約期間が1年ほど経てば、違約金はほぼゼロで乗り換えできる自由を得られます。

そこが今回のメリットになりますね。

 

上記に色々書きましたが、今回は失敗も覚悟でのMVNOへMNPです。

悔いなくチャレンジして納得したいと思います。

 

あと、オススメのMVNOがあれば教えてください。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Google+
Palmo GiD
EM Store
Palmo (パルモ)「片手でラクラク いつも安定、安全、安心」
FonePaw iOS転送
アクセス解析


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。