Sun, October 23, 2011

大切な人が死ぬということ

テーマ:ブログ

私が尊敬し、私を信頼してくれていた人が亡くなった。


職業柄、人の死に直面せざるを得ないことは認める。


そもそも、いつか終焉を迎えるのが人生ならば、

そして加齢と共にその時が近づく確率が高まるならば、

その人たちがよりよい最期を迎えられるような手伝いをしたい


そう思って仕事をしていた。


どこかで高齢者は相対的に死に対する心の準備ができていると思っていた。


よりよい最期ってなんなんだろう。


苦しまずに、この世に未練を残さずにいくこと?


そんなことってあるんだろうか。


「苦しんでいたからやっとラクになれた」

「もういつ死んでもいいと言ってたから」


ちがかった。


彼は、死に直面するにあたっても、明日につながる、来週にもつながる、

いつかにつながる生きる望みを持ち、

死ぬ準備ではなく、生きる準備をしていた。


よりよい最期に導く手助けなど、できなかったんだ。


悔しいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

keikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。