Goethe-Institut Tokyo 公式ブログ

東京ドイツ文化センターのオフィシャルブログです!

みなさん、こんにちは!Guten Tag!

東京ドイツ文化センターのオフィシャルブログです。
色んな情報を発信していきますので、みなさん、ぜひ見てくださいね!
なお、このブログの記事に関するお問い合わせはこちらのページからお願いします!

http://www.goethe.de/ins/jp/tok/jaindex.htm


テーマ:
読書の秋で盛り上がっている(に違いない)皆さん、Guten Tag!
今日は文学イベントのお知らせです。図書館で開催されるシリーズなので、遊びに来てくださった方も多いかと思います。
今回は「ミステリ」対「児童文学」というテーマなので、極めて濃~~~~~~い内容になるに違いない。
酒寄先生とマライ・メントラインさんコンビのキャラをフルにいかしたイベントなので、笑いと驚き満点に違いありません!まだまだ先なので、今のうちにメモっておくといいでしょ~

【Tatort Bibliothek ドイツエンタテイメントの夕べ】

「戦間期ベルリンの事件簿~フォルカー・クッチャーとクラウス・コルドンの場合」

Kordon Berlin

朗読会と対談
2014年10月30日(木)、18:30時
東京ドイツ文化センター図書館(2階)
日本語、無料
お申し込みは: 03-3584-3203
または: machida@tokyo.goethe.org


新訳のドイツエンタメ小説をピックアップする読書イベントシリーズ「ドイツエンターテイメントの夕べ(Tatort Bibliothek)」がまたやってきます!
第6弾となる今回の「Tatort」では二人のドイツ人作家をご紹介します。クラウス・コルドンとフォルカー・クッチャー。

実は、二人の作家には共通点があります。それは、第二次世界大戦時のベルリンを描いているところです。

1929年から1936年までのベルリンを経年で描くクッチャーの警察小説シリーズは『ゴールドスティン』で3巻目となり、刑事の視点から見たベルリンが定点観測できるようになりました。
一方、コルドンの3部作『ベルリン1919』『ベルリン1933』『ベルリン1945』は警察から目の仇にされた共産党員一家3世代を通して当時のベルリンを描いた作品です。異なる視点から描かれた二つの連作を通して、当時の労働者街、ユダヤ人街をディー プに探訪します。

Goldstein

今回も翻訳家である酒寄進一さんに作品内容及び翻訳について語っていただきます。

短い朗読とトークの後、皆さまの質問コーナーもございます。

ぜひ遊びに来てください!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
„O’zapft is!“
Sichere dir zum Oktoberfest einen 50 € Rabatt auf den Kurs „Deutsch Online“.So kannst du dir schon bald deine Brezn und deine Maß auf Deutsch bestellen.
Melde dich bis spätestens 5. Oktober 2014 mit dem Gutscheincode „okCouSm“ hier an: www.goethe.de/oktshde

COUPONING-AKTION2


オクトーバーフェストの始まりを祝って、ゲーテでは今日から割引キャンペーンを実施します。
以下にあるコードをネットショップでの申し込みの時に記入すると、ドイツ語オンラインコースが50ユーロの割引になります!

2014年10月5日(MESZ=ドイツ時間)までに www.goethe.de/oktshde で 「okCouSm」 をご入力ください!


ちなみに、オンラインコースというのは6ヶ月間のオンライン講座のことで、レベルはA1からB2ぐらいです。実際にやってみると、こんな感じ(リンク)になります。

自分のレベルがよくわからないという方は「fernlernen@goethe.de」にメールしてみてください。(「Bitte um Zusendung eines Einstufungstests」など入れてください)そうすれば、レベルテストが配信されるので、そこで自分のレベルをチェックできます。

オンラインコースの申し込み時に講座の言語(英語、フランス語、スペイン語など)とドイツ語の知識の有無「ja ある / nein なし」を選んでください。

ゲーテショップはこちら

それでは、ゲーテまでは遠い、家の中でゆっくり勉強したい、自分のパソコンが大好き(笑)という方はオンラインコースに挑戦してみてはいかがですか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
皆さん、Guten Tag!

今日は雨が降るという話だったけど、窓の外では完全に晴れていますね・・・

さて、今朝、ネットでいいものを発見しました!
「何か本を読みたいけど、何を読めばいいかわからない」という(贅沢な?)悩みを持っている人向けのツールです。

NDRの「Libromat」です。
http://www.ndr.de/kultur/buch/libromat100.html

ndr libromat 1.png


3つのカテゴリーから読みたいタイプの本を指定して、本を推薦してもらうというものです。
カテゴリーは以下の通りです。

① Art des Buches (ジャンル)
② Umfang (厚さ)
③ Stimmung (雰囲気)


具体的にいえば、こんな感じです…

① Roman, Krimi, Sachbuch, Jugendbuch, Bildband
(小説、ミステリ、ノンフィクション、ヤングアダルト、写真集)

② dünn, mittel, dick
(薄い、中、厚い)

③ amüsant, beklemmend, eindrucksvoll, erklärend, fantastisch, historisch, romantisch, skurril, sozialkritisch, unheimlich, abenteuerlich
(ユーモラス、息苦しい、印象的、説明的、ファンタスチック(幻想的)、歴史的、ロマンチック、非現実的(不思議)、社会派的、不気味、冒険的)

さて、ミステリが気になるので、「ミステリ」、「厚い」、「歴史的」を選びました。
出てきたの…

ndr libromat 2.png


ああ、フランク・シェッツィングね!確かに「超厚い」わ、これ(笑)
「976 Seiten」だからね~。それでイスラエルの歴史が学べるというから、気になります!
(ちなみに、日本では未訳だが、この厚さだと不思議ではないかも)

もう一冊はユッシ・エーズラ・オールスン『特捜部Q―カルテ番号64―』。ああ、これはまだ読んでいない!ユッシ・エーズラ・オールスンは好きだから、これもナイスヒントだわ!「舞台はデンマークにかつて存在した「女子収容所」、そして「優生法」等の悪法(by Amazon レビュー)」だから、これはこれで歴史的です。

ちなみに、個人的にはVolker Kutscher(フォルカー・クッチャー)が出てもおかしくないと思いました。歴史ミステリならクッチャーでしょ!

というわけで、朝からこんな素敵なツールで遊んだら、楽しい発見がたくさんありました。日本ではまだ出ていない本でも、過去の作品があったり、「ドイツ語がまだちょっと」という方はぜひこのツールをヒントに、新しい作品・作家たちに出会ってみてください!

Viel Spaß!!


*(写真は「http://www.ndr.de/kultur/buch/libromat100.html」のスクリーンショットです。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
Guten Tag!! お元気ですか?
いつのまにか夏が終わりましたね。これからは食欲、そして芸術の秋ですね。
今日は「文学の秋」にぴったりのイベントをご紹介したいと思います!ぜひぜひ遊びに来て、ドイツの女流作家さんに会ってください!

2011年、東日本大震災の直後に京都に滞在し、ヴィラ鴨川最初の招聘アーティストであるルーシー・フリッケの来日が決定!9月29日に、東京ドイツ文化センター図書館にて新作『Takeshis Haut(たけしの肌)』をご紹介します。

Lucy Fricke

朗読と対話
2014年9月29日(月)19:00時
東京ドイツ文化センター図書館
参加無料、要参加登録
ドイツドイツ語と日の丸日本語
Info: +81-3-3584-3203
お申込み: yoshitsugu@tokyo.goethe.org
詳細はこちら

ルーシー・フリッケは・・・
こんな人です!実は、京都に滞在したときの動画があります。よかったら、見てみてください♪


小説の内容は・・・
「音響技師のフリダは、ホラー映画や戦争映画に音響効果を付ける仕事をしている。その技術はすばらしくタバコを吸う場面を音響で再現する20もの方法を知っているほどだ。だが彼女の穏やかな生活も一人の若い映画監督が、彼の黙示録的な映画に音響効果をつけるように彼女に助けを求めた時に一転する。映画の音響効果と彼専属の音響技師はどこへともなく消えうせていたのである。音響効果を再現するために彼女は、監督に同行し京都に向かう。そこでのたけしとの出会い、そして2011年3月11日の大震災が、彼女の世界を大きく揺さぶる。原因と結果、内と外が一度に逆転する。

ルーシー・フリッケは、その小説で愛とその打撃、感性と慰め、また決定的な転換点などを描いている。 ルーシー・フリッケは、ドイツの文学界の例外現象とみなされている。その感情移入の才と観察力、そして簡素で芸術性に富んだ言葉によって名のある批評家たちをうならせている。さらに彼女は2010年以降、ハンブルクで新しい文学と音楽の祭り「Hamlit」を実行している。」

Takeshis Haut


今回の催しでは、ルーシー・フリッケが新作の小説からその抜粋を読み、その後参加者との質疑応答を行います。 皆様のご来館をお待ちしています!!

ルーシー・フリッケ:1974年ハンブルク生まれ。2005年にベルリン「Open Mike」を獲得。デビュー小説『渇きは、ホームシックより辛い』は、2007年に出版。その3年後に小説『私は友達を連れて来た』を発表。現在ベルリンで活動。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
みなさん、こんにちは!
語学部職員のTです。
ここ最近は涼しくすごしやすい日が続いていますね音譜

さて今日はみなさんに、今週金曜日に行われるイベントについてのお知らせです!


「ドイツ・クイズ大会」 決勝大会開催!














今年はじめ、東京ドイツ文化センターでは、年齢・学習レベルを問わず日本でドイツ語を学ぶすべての人を対象に、ドイツについての知識を競うクイズ大会を開催することを発表しました。
「シュピーゲル」誌クイズコーナーとの協力のもとで開催されたこの「ドイツ・クイズ大会」は、ドイツに関する幅広い知識を問うもの。対象分野はドイツの文化、歴史、政治、社会、スポーツ、食文化と多岐にわたります。
2014年6月に行われた予選では、東京、大阪、名古屋、群馬から、6名のドイツ通が決勝進出を決めました。

そしていよいよ9月12日(金)、その6名が「日本のドイツ通」王座をかけて激突します!

当日はご来場者のみなさんにもお楽しみ頂けるスペシャルクイズやミニコンサートも開催予定!
また、「ドイツ・クイズ大会」マスコットのフクロウをはじめ、ドイツの代表的なアニメキャラクターの「マウス」や、港区赤坂のマスコット「あゆみん」も会場でみなさんをお待ちしていますアップ
そしてなんと、熊本県PRマスコットキャラクターである「くまモン」もVIPゲストとして来館予定!
軽食やお飲み物もご用意して、みなさんをお待ちしています!

詳細はこちらのページでご確認頂けます!

9月12日(金)19時、みなさんお誘いあわせのうえ、どうぞお越しくださいひらめき電球

お待ちしております!
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
みなさん、こんにちは!
語学部職員のTです。

さて、本日から10月-11月コースの一斉申込みの受付を開始しましたアップ

お申込み期間は本日9月8日(月)~9月13日(土)の6日間です。
学生の方はこの期間中であれば、お申込み時に学生証をご提示頂くと、受講料の割引がありますひらめき電球
ただし、9月14日(日)以降のお申込みの場合には、割引適用外となりますので、ご注意くださいねベル
過去6ヶ月以内の継続受講生の皆さんを対象とした継続割引についても、9月13日(土)までのお申込みに限り適用となります¥

お申込み方法はこちらのページでご確認頂けますパソコン

今期はトレーニングコースも数多くご用意!
ご自身が補強したい項目、復習したい項目にあわせてコースをお選び頂けます。
また、ドイツの音楽大学へ留学予定の方必見の「音楽留学準備コース」や、ドイツのクリスマスについての知識が学べる「クリスマスのドイツを旅行しよう」、50歳以上の方を対象として、ゆっくりとしたペースでドイツ語を学べる「ドイツ語50プラス」など、特別コースも充実していますアップ

皆さんからのお申込みをお待ちしています!


東京ドイツ文化センター語学部
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
みなさん、こんにちは晴れ
語学部職員のTです。
今日からいよいよ9月もみじ
食欲の秋!スポーツの秋!そしてドイツ語学習の秋!

語学部では今日から、10月-11月のドイツ語コースへの優先申込の受付を開始しましたアップ

【2014年10月-11月コース優先申込】

期間:       9月1日(月)~9月6日(土)の6日間
対象者:      継続受講生(過去6ヶ月以内の受講生)
お申込方法:   こちらのページで詳細をご確認頂けます

今回の優先申込期間は、継続受講生のみなさん(過去6ヶ月以内の受講生の方)に、9月8日(月)から開始の一般申込みに先がけて、優先的にコースへお申込み頂けるという期間です。
一般申込みが始まると、満席になるコースが続出しますので、継続生のみなさんは是非この優先申込期間中にお申込みくださいね♪

今期もトレーニングコースや特別コースが充実!
クリスマスの時期にドイツを旅行されるご予定がある方必見の「クリスマスのドイツを旅行しよう」や、将来ドイツで就職を考えていらっしゃる方、またはドイツ人と仕事をされる機会がある方におすすめの「ドイツ語で仕事をしよう」、ドイツの最新情報を使って授業が行われる「ドイツの今-ドイツ最新情報」など、様々なテーマのコースが盛りだくさん!

みなさんからのお申込みをお待ちしていますアップ


東京ドイツ文化センター語学部
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
みなさん、こんにちは音譜
語学部職員のTです。

昨日から少し涼しくなりましたねもみじ
このまま秋へと突入してくれれば・・・なんて思っていますが、来週にはまた暑さが戻ってくる予報のようですねあせる

さて今日は、9月に実施される、ゲーテ・ドイツ語検定試験のお申込み締め切りについてのお知らせです。

9月には以下の検定試験が実施されます:

試験名:                          試験日:

Goethe-Zertifikat A1(スタート・ドイツ語1)        9月29日(月)
Goethe-Zertifikat A2(スタート・ドイツ語2)        9月29日(月)
Goethe-Zertifikat B1(ゲーテ・ドイツ語検定試験B1)  9月27日(土)
Goethe-Zertifikat B2(ゲーテ・ドイツ語検定試験B2)  9月23日(火・祝)
Goethe-Zertifikat C1(ゲーテ・ドイツ語検定試験C1)  9月28日(日)
Goethe-Zertifikat C2(ゲーテ・ドイツ語検定試験C2)  9月26日(金)

これらのすべての試験のお申込み締切日は2014年8月29日(金)です!!
受験をご希望の方は必ず8月29日(金)までにお申込みくださいねメモ

お申込み方法はこちらのページでご確認いだだけますベル

お申込みをお待ちしていますアップ


東京ドイツ文化センター語学部
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【業務連絡】東京ドイツ文化センターは、

2014年8月29日(金)の16時から9月2日(火)9時まで

サーバーのアップデート工事を行います。

この間、メールの受信および送信を行うことができません。お送りいただいたメールは保存され、再開後に受信させていただきます。
東京ドイツ文化センターおよび文化部、図書館、語学部へのお問い合わせ、ドイツ語コースのお申込みは、工事が終了次第、対応させていただきます。なお、9月2日(火)から始まるドイツ語入門コースのお申込みは、8月28日(木)までとさせていただきます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


Baustelle



ちなみに、同じ内容のドイツ語バージョンは以下の通りです!
(個人的な感想ですが、コンマ「,」の打たれ方がけっこう参考になります。日付の前後に入れたりとか)

Vom Freitag, den 29.08.2014 (16.00 Uhr) bis Dienstag, 02.09.2014 (09.00 Uhr) ist das Goethe-Institut Tokyo aufgrund eines Serverupdates nicht per E-Mail erreichbar.

Ihre Anfragen und Anmeldungen zu Sprachkursen, die uns während dieser Zeit erreichen, beantworten wir im Anschluss an diese Abschaltung.

Die Registrierung für den bereits am Dienstag, den 02.09.2014, beginnenden Vorkurs ist bis einschließlich Donnerstag, den 28.08.2014, möglich.

Wir bitten Sie herzlich um Ihr Verständnis.
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
明日、ドイツ文化会館ホールで開催される原サチコの『三文オペラ』アクティブ・ドイツ語ワークショップにご注目!
軽い運動&発音指導、さらに『三文オペラ』を歌う…なかなか豪華です!
原サチコには何回もお世話になっており、今回のワークショップも非常に楽しみです!!

日程: 7月28日(月)
時間: 18-21時
場所: ドイツ文化会館ホール
参加費:一般2,000円/学生1,000円
問合せ、お申し込み: 03-3584-3201
info@tokyo.goethe.org
詳しくはこちら: http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja7708637v.htm

ドイツ語圏公立劇場で専属俳優として舞台に立ち続けて10年、現在はハンブルクのドイツ劇場専属俳優として活躍する原サチコによるドイツ語ワークショップです。

ドイツ語を母語とする観客を前に、ドイツ人に伝わるドイツ語発音を目指して発音トレーニングを積みつつ日々舞台に立っている原サチコが、実践的なドイツ語発音のコツを伝授します。日本語では使わない唇や舌、喉を総動員してドイツ語の音を体感してください。あなたのドイツ語の発音にきっと劇的な変化があるはずです。

今回は、ケルン市立劇場及びハノーファー州立劇場制作『三文オペラ』(ニコラス・シュテーマン演出)にてポリー役を10年間演じてきた『三文オペラ』を題材に、ドイツ語で話す、歌う楽しみを発見する試みです。

ドイツ語を体で話し、舌で味わうという体験。「大きい声で、人に伝わるドイツ語を話す」という体験。ドイツ語の言葉、文章を、あなたの声、あなたの体を通して、皆と共有する体験。 ドイツ語を話す自分と日本語を話す自分の違いを発見する。 泣いたり笑ったり演技する必要は全くなし。俳優を目指してない方も楽しんでいただけます。 さあドイツ語をアクティブに楽しんでみましょう!

題材:『三文オペラ』ブレヒト
軽い運動も行います。動きやすい靴、服装でいらしてください。

内容:
基本編<姿勢と呼吸の関係、息の運び方、口の中の使い方>
応用編<ドイツ語で歌う、ドイツ語で伝え合う>
レクチャー<ニコラス・シュテーマン演出『三文オペラ』の映像を見ながら>
発展編<戯曲を使ってお芝居みたいなことをしてみる>

原サチコ
神奈川県生まれ。上智大学外国語学部ドイツ語学科卒。1984 年より演劇舎蟷螂で演劇をはじめる。後に劇団「ロマンチカ」で活動。1999 年渡辺和子演出の『羅生門』(新国立劇場公演)がきっかけで、ベルリンでの渡辺和子演出の『NARAYAMA』に出演。2001 年ベルリンへ移住。シュリンゲンジーフのベルリン・フォルクスビューネ劇場作品に出演。その後、ニコラス・シュテーマン演出の『三文オペラ』ポリー役をきっかけに、さまざまな演出家の作品に出演。2004 年、東洋人として初めてウィーン・ブルク劇場の専属俳優となり、シュリンゲンジーフ、シュテーマン、ルネ・ポレシュ、セバスチャン・ハルトマン、ラース・オレ・ヴァルブルク、フリーデリケ・ヘラーなどの作品に出演し、5年間を過ごす。2009 年、ドイツ・ハノーファー州立劇場に移籍。ハノーファーが欧州で唯一の広島友好都市であることから、同劇場で広島への原爆投下をテーマとした、井上ひさし作『少年口伝隊一九四五(LITTLE BOY, BIG TYFOON)』上演を自ら企画。翻訳も行った。2011 年8月より、ハノーファー州立劇場とケルン市立劇場の2劇場の専属俳優となる。2012年ケルン市立劇場に完全移籍して1シーズンを過ごし、2013 年8月からハンブルク・ドイツ劇場の専属となる。

関連リンク

原サチコ FB: https://m.facebook.com/sachiko.hara.schauspielerin
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード