ダンボールコンポストで出来た有機肥料 を使った土に植えた、

スイートアリッサムが花をつけました。

スイートアリッサム


種を買って来て植えて育てたスィートアリッサム。

初めてだったので育つのか不安でしたが、

たっぷりの有機肥料でぐんぐん成長しているようです。ニコニコ



紫色のアリッサムも同時に種まきしたんだけど、

そちらは白色のアリッサムよりやや発育が遅いようです。

発芽も少し遅かった。

紫のアリッサムはまだ生で見たことないので、楽しみです音譜

紫のアリッサムは、茎がやや紫色なんですよ。



最近黒い変な幼虫に葉っぱを食べられていたので、

ちょっと心配。


黄色い花スイートアリッサム

草丈は10~15㎝程度で、花は4弁の小花。

花期がたいへん長く、庭に植えてよし、プランターに植えてよし、と非常に重宝な草花。

寄せ植え等に便利なかわいい花です。


グッド!web拍手を送る
AD
ダンボールコンポスト2号機を運転させてから約2ヶ月。


2号機については温度とか計ってたけど、ブログの方にはUPしてませんでした。

今回は自作のコンポストということで、

くん炭&ピートモスを買って来て使っていました。


全体的に夏場より温度が低いなぁと感じてました。


現在はベランダに設置しているのですが、

外気温が非常に低くなって来たせいか、

非常に分解が遅い・・・


たぶん寒すぎるんだろうなぁ。

基本的に温度が15℃以上となる場所に設置しないといけないようなので、

夜や朝方はもう10℃を下回る日も出て来たのでかなりキビシい。

寒い環境では、

微生物の働きが十分に働かないみたい・・・



乳幼児がおりますので、現在は家の中にはどうしても置けません。

(ほじくり返されるため)



というわけで非常に残念ですが、

寒いので中止しますo(TωT )



急に生ゴミを普通ゴミに混ぜるようになったのが、

なんだか申し訳ないような、勿体ないような気がして、

どうやって生ゴミを捨てたら良いかわからなくなってしまいました。



それにピートモスって結構大事な資源だとか。

そんな物使って本当に環境に良いのか考えさせられてしまいます。



2007年度の国内での温室効果ガス排出量がまとまったそうです。

二酸化炭素(CO2)換算で13億7100万トンと前年度比2.3%増となり、

京都議定書の基準年である1990年度比では8.7%増となったようです。

排出量の増加は、同年7月の新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原子力発電所が被災し、

これを補うために火力発電による電力量を増やしたことが主な要因らしいですが。



もはや発電は原子力発電に頼らざるを得ない状況となっているのが、

なんだか悲しい。

オール電化オール電化ってよくCMでやってるけど、

あれってほんとに環境にいいんだろうか?



風邪ひいたのでそろそろ寝ます~。カゼ


グッド!web拍手を送る
AD
1ヶ月程前に生ゴミの投入をストップしていたダンボールコンポスト1号機。


そろそろ熟成していい堆肥になったかなー?
ダンボールコンポスト1号機

時々水を入れてかきまぜるらしかったけど・・・

何も入れずに放置してたらかなり未分解も残ってました。

と言っても、ほとんどタマネギの皮やら、ゴーヤの種、卵の殻など。


ダンボールコンポスト堆肥


そのまま地植えする場合はこのまま使っても良いらしいですが、

うちはプランターで使うのでふるいにかけました。

意外と輪ゴムやら調味料の中栓など混じってました(;^_^A

堆肥として使える量は65cmのプランタ-2個分ぐらいの容量がありました。



堆肥にならなかったゴミは、レジ袋半分程になりました。

3ヶ月分のゴミがレジ袋半分とは!

頑張ってエコした気分ニコニコ



土のと合わせ方ですが、

土4:堆肥1ぐらいの合わせ方で良い土になるようです。

1号機 1号機

使い終わったダンボールコンポスト箱。

こんなにボロボロになるまで頑張ってくれました。

それと、意外と底は大丈夫でした。


我が家ではただいま2号機が活躍中。

外気温が低いのでだいぶ分解が遅いようです。

それと、あんまり意識して温度を上げてないので、(油とか米ぬかとか入れていない)

気付くといつもコンポストの中でカボチャの種からものすごい発芽してます。(笑)

植物が育つのに快適な温度を保っているようです。



グッド!web拍手を送る
AD
だいぶ限界を感じつつ、まだ頑張っている我が家のダンボールコンポストです。

★1~7週目

★8~9週目

★10週目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
8/26
150g 34℃ (32℃) 箱やぶれ アリ侵入 油投入
8/27
300g
42℃
(29℃)

8/28
275g
49℃
(30℃)

8/29
350g
37℃
(30℃)

8/30
375g
35℃
(30℃)

8/31
350g
37℃
(30℃)

9/1
225g
35℃
(30℃)

一週間合計生ゴミ投入量・・・2025g
総生ゴミ投入量・・・・・・・18575g


外(ベランダ)に出してるのでアリが侵入してます。
巣を作り出したらどうしよう?ガーン



★11週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
9/2
450g
35℃ (30℃)
9/3 550g 37℃ (30℃)
9/4
375g 33℃ (30℃)
9/5
300g
37℃
(30℃)

9/6
425g
37℃
(30℃)

9/7
375g
37℃
(30℃)
油投入
9/8
475g

55℃
(29℃)

一週間合計生ゴミ投入量・・・2950g
総生ゴミ投入量・・・・・・・21525g


総生ゴミ投入量が20kg超え
頑張ったなぁ。

もうダンボール箱はボロボロです。
そろそろ次のコンポストに替えようかと思ってます。

だけど寒くなって来たら、家の中に入れた方がいいのかな?
(15℃以上のところに置くべきらしい)
もうはるぽんが絶対触るので家の中には置けない!
普通のゴミ箱もあさられ気味。


熟成した肥料は、先日種を植えたビオラ を育てるための有機肥料に使えるといいなぁ。

ビオラはまだ根がちょろっと出て来たぐらいです。
ちゃんと発芽するのかなぁ?
既に倒れてるヤツも結構あるので心配です。

グッド!web拍手を送る
★1~7週目

★8週目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
8/12
300g 47℃ (31℃)
8/13



帰省のため不在
8/14
775g
35℃
(32℃)

8/15
300g
38℃
(30℃)
白いカビ 土サラサラ
8/16
575g
34℃
(28℃)
水分多め
8/17
350g
35℃
(30℃)

8/18
550g
35℃
(28℃)
油投入 失敗してダンボールにこぼす
一週間合計生ゴミ投入量・・・2850g
総生ゴミ投入量・・・・・・・14725g

★9週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
8/19
200g 40℃ (30℃) 白いカビ
8/20 300g 48℃ (31℃) 白いカビ
8/21
550g 40℃ (30℃) 白いカビ
8/22
325g
42℃
(30℃)

8/23
350g
35℃
(30℃)

8/24
300g
35℃
(30℃)

8/25
250g

30℃
(29℃)

一週間合計生ゴミ投入量・・・2275g
総生ゴミ投入量・・・・・・・16550g


ダンボールコンポスト導入から2ヶ月が過ぎ、
処理能力がやや鈍ってきた感があります。

油を投入すればガンと温度は上がるけど、
やや持続力がありません。

外(ベランダ)に出してるので、
外気温がだいぶ下がって来てるので、
微生物もちょっと寒いのかもしれません。


そろそろ限界かなぁ?
ダンボール箱もかきまぜる時に何度か傷つけてしまってボロボロですしょぼん
もうすぐ穴があきそうです。

グッド!web拍手を送る
★1週間目

ゴミの重さ コンポスト温度 外気温 メモ
6/25
150g 28℃ 26℃ 初日
6/26 325g 24℃ 26℃
6/27 175g 24℃ 26℃ 竹酢液200cc
6/28 300g 25℃ 26℃ 米とぎ汁200cc
6/29 175g 25℃ 26℃
6/30 275g 26℃ 26℃

★2週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/01 225g 25℃ 26℃
7/02 275g 27℃ 26℃ 表面に白いカビ 米とぎ汁200cc
7/03 250g 30℃ 29℃ フタを開けると温かさを感じた
7/04 200g 30℃ 29℃ 米とぎ汁200cc
7/05
400g 31℃ 29℃ 廃油約200cc
7/06 100g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ
7/07 300g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ


★3週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/8 300g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ
7/9 225g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/10 200g 38℃ 29℃ 表面に白いカビ 
7/11 150g 36℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/12
225g 35℃ 28℃ 表面に白いカビ
7/13 250g 35℃
30℃ 表面に白いカビ
7/14 300g 38℃ 30℃ 表面に白いカビ



★4週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/15 150g 39℃ 30℃ 表面に白いカビ ダンボール内に油(水?)シミ
7/16 250g 37℃ 29℃ 表面に白いカビ 
7/17 400g 38℃ 26℃ 表面に白いカビ 油大さじ1
7/18 475g 37℃ 26℃ 表面に白いカビ 
7/19
400g 42℃ 27℃ 表面に白いカビ 米ぬか紙コップ1/3
7/20 300g 40℃
29℃ 表面に白いカビ
7/21 200g 42℃ 30℃ 表面に白いカビ

★5週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/22 325g 40℃ 32℃ 表面に白いカビ 米ぬか紙コップ1/3
7/23 250g 42℃ 32℃ 表面に白いカビ 土台に水滴
7/24 325g 40℃ 32℃ 表面に白いカビ 土台に水滴 米ぬか
7/25 150g 38℃ 30℃ 表面に白いカビ 米ぬか 水分不足?
7/26
200g 35℃ 30℃
7/27 175g 32℃
32℃ 水投入
7/28 200g 31℃ 30℃ 水投入


★6週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/29 425g 35℃ 31℃ 水投入
7/30 175g 35℃ 30℃ 水投入
7/31 175g 33℃ 28℃ 水投入
8/1
225g
33℃
30℃
米ぬか2にぎり
8/2
175
36℃
30℃

8/3
675g
36℃
31℃

8/4
625g
35℃
30℃



★7週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
8/05 175g 37℃ 30℃
8/06 225g 35℃ 29℃
8/07 125g 32℃ 29℃
8/08 200g 32℃ 28℃ ダニ(?)発生!!叫び外へ移動。油投入。
8/09
250g 54℃
(32℃)

8/10 300G
55℃
(31℃)
白いカビ
8/11 50g
51℃
(29℃)
白いカビ 土がサラサラしてきた

最近ずーっと低温が続いていたダンボールコンポスト。
白いカビの姿も見えなくて、
微生物が活動しているのか、非常に心配していたのですが、
昨日遂に恐れていた自体が!

なんと、ダニのような虫が発生!!!ドクロ
コンポストのキャップをあけると、ダンボールのフタの上にびっしり。

「きな粉っぽいものが?」と思ってよ~く見てみたら小さいムシでした・・・ショック!


それまではキッチンに置いていましたが、慌ててベランダに出し、
廃油(天ぷら油)をたっぷり注ぎ入れました。

すると翌日の朝には45℃、そして夜にはなんと新記録の54℃を記録。
前日から比べると22℃も温度が上昇。↑
60℃にもなるというのは本当だったのですね。
かきまぜるのも『ウアチチ!』と熱いぐらい。

フタにびっしりついていたダニっぽいムシも見当たらなくなっていました。

『油』って素晴らしい。

そして、ゴミのバランスっていろいろあるんだな~と思いました。
うちは基本的に野菜のクズやお茶の葉っぱなどのゴミが多く、
油分が非常に少ないので、バランスがとれていなかったんだなあ。


ちょっと気になるのは少々アンモニア臭がしているかも?
高温だから余計かな?
今日は特に、くん炭のいい匂いではない感じに変わってました。

そしてムシの恐怖があるので、二度と家の中に入れないと思いますが、
ともあれ、まだまだダンボールコンポストは活躍してくれそうです。

重要なのは『油』!これに尽きますな。


今日から夫がお盆休みに入り、外食等の機会が増えてゴミ投入量が減りそうなので、
しっかりかきまぜたいと思います。


グッド!web拍手を送る
★1週間目

ゴミの重さ コンポスト温度 外気温 メモ
6/25
150g 28℃ 26℃ 初日
6/26 325g 24℃ 26℃
6/27 175g 24℃ 26℃ 竹酢液200cc
6/28 300g 25℃ 26℃ 米とぎ汁200cc
6/29 175g 25℃ 26℃
6/30 275g 26℃ 26℃

★2週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/01 225g 25℃ 26℃
7/02 275g 27℃ 26℃ 表面に白いカビ 米とぎ汁200cc
7/03 250g 30℃ 29℃ フタを開けると温かさを感じた
7/04 200g 30℃ 29℃ 米とぎ汁200cc
7/05
400g 31℃ 29℃ 廃油約200cc
7/06 100g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ
7/07 300g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ


★3週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/8 300g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ
7/9 225g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/10 200g 38℃ 29℃ 表面に白いカビ 
7/11 150g 36℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/12
225g 35℃ 28℃ 表面に白いカビ
7/13 250g 35℃
30℃ 表面に白いカビ
7/14 300g 38℃ 30℃ 表面に白いカビ



★4週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/15 150g 39℃ 30℃ 表面に白いカビ ダンボール内に油(水?)シミ
7/16 250g 37℃ 29℃ 表面に白いカビ 
7/17 400g 38℃ 26℃ 表面に白いカビ 油大さじ1
7/18 475g 37℃ 26℃ 表面に白いカビ 
7/19
400g 42℃ 27℃ 表面に白いカビ 米ぬか紙コップ1/3
7/20 300g 40℃
29℃ 表面に白いカビ
7/21 200g 42℃ 30℃ 表面に白いカビ

★5週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/22 325g 40℃ 32℃ 表面に白いカビ 米ぬか紙コップ1/3
7/23 250g 42℃ 32℃ 表面に白いカビ 土台に水滴
7/24 325g 40℃ 32℃ 表面に白いカビ 土台に水滴 米ぬか
7/25 150g 38℃ 30℃ 表面に白いカビ 米ぬか 水分不足?
7/26
200g 35℃ 30℃
7/27 175g 32℃
32℃ 水投入
7/28 200g 31℃ 30℃ 水投入

7/27にちあたりから急にコンポスト内の温度が下がって来ました。

表面のカビも見られなくなってきました。

微生物の働きが悪そう。

水分が減っているようなので、水を投入しました。

まだ寿命ではないと思うんだけど・・・。


グッド!web拍手を送る
我が家で育てている(?)ダンボールコンポストですが、

そのコンポストから排出される水分て凄いんですねー。

うちはコンポストを車付きの『すのこ』に載せてたんですが・・・

このとおり。湿気でべっとり濡れてます。

コンポストの湿気


真ん中にラインのようになっているのは、ガムテープの部分。

紙のガムテープを推奨されていたけど、

紙じゃないのを使ったらこんなに水をはじいてる・・・ってことは通気性が悪いってことですね。




慌てて100均でバーベキュー用のアミを買って来て載せました。

以前紹介したアミは小さくて二つに別れていたので安定感がなかったのでボツにしてたんです。
土台変更

これで少しは通気性がよくなるはず・・・



問題は、はるぽんにねらわれる確率が高くなったこと。


とりあえずカーテンの裏に隠しました。


グッド!web拍手を送る

★1週間目

ゴミの重さ コンポスト温度 外気温 メモ
6/25
150g 28℃ 26℃ 初日
6/26 325g 24℃ 26℃
6/27 175g 24℃ 26℃ 竹酢液200cc
6/28 300g 25℃ 26℃ 米とぎ汁200cc
6/29 175g 25℃ 26℃
6/30 275g 26℃ 26℃

★2週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/01 225g 25℃ 26℃
7/02 275g 27℃ 26℃ 表面に白いカビ 米とぎ汁200cc
7/03 250g 30℃ 29℃ フタを開けると温かさを感じた
7/04 200g 30℃ 29℃ 米とぎ汁200cc
7/05
400g 31℃ 29℃ 廃油約200cc
7/06 100g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ
7/07 300g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ


★3週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/8 300g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ
7/9 225g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/10 200g 38℃ 29℃ 表面に白いカビ 
7/11 150g 36℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/12
225g 35℃ 28℃ 表面に白いカビ
7/13 250g 35℃
30℃ 表面に白いカビ
7/14 300g 38℃ 30℃ 表面に白いカビ



★4週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/15 150g 39℃ 30℃ 表面に白いカビ ダンボール内に油(水?)シミ
7/16 250g 37℃ 29℃ 表面に白いカビ 
7/17 400g 38℃ 26℃ 表面に白いカビ 油大さじ1
7/18 475g 37℃ 26℃ 表面に白いカビ 
7/19
400g 42℃ 27℃ 表面に白いカビ 米ぬか紙コップ1/3
7/20 300g 40℃
29℃ 表面に白いカビ
7/21 200g 42℃ 30℃ 表面に白いカビ

ついにコンポスト内の温度が40℃を越える日があらわれて来ました。

米ぬかがかなり効いている気がするなぁ。


外気温も高いけど、コンポスト内の温度が高いのでかきまぜるのが暑いです。

あいかわらず毎日表面に白いカビが出ています。



ここまで投入した生ゴミ総量・・・6975g

7kg近いゴミを投入しました。



エコ ダンボールコンポストでeco生活始めませんか?




チームマイナス6℃

グッド!web拍手を送る

★1週間目

ゴミの重さ コンポスト温度 外気温 メモ
6/25
150g 28℃ 26℃ 初日
6/26 325g 24℃ 26℃
6/27 175g 24℃ 26℃ 竹酢液200cc
6/28 300g 25℃ 26℃ 米とぎ汁200cc
6/29 175g 25℃ 26℃
6/30 275g 26℃ 26℃

★2週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/01 225g 25℃ 26℃
7/02 275g 27℃ 26℃ 表面に白いカビ 米とぎ汁200cc
7/03 250g 30℃ 29℃ フタを開けると温かさを感じた
7/04 200g 30℃ 29℃ 米とぎ汁200cc
7/05
400g 31℃ 29℃ 廃油約200cc
7/06 100g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ
7/07 300g 36℃ 30℃ 表面に白いカビ


★3週間目

ゴミの重さ
コンポスト温度 外気温 メモ
7/8 300g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ
7/9 225g 35℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/10 200g 38℃ 29℃ 表面に白いカビ 
7/11 150g 36℃ 29℃ 表面に白いカビ 米ぬか1握り
7/12
225g 35℃ 28℃ 表面に白いカビ
7/13 250g 35℃
30℃ 表面に白いカビ
7/14 300g 38℃ 30℃ 表面に白いカビ

ここまで投入した生ゴミの総量・・・4800g。

今回は水分を足していません。

ただ、生ゴミの水分はほとんど切らないようにして投入しています。

でも、「あとから入れよう」と生ゴミを置いておいたら、

勝手に水分が抜けてることも・・・。



コンポスト内の温度がだいぶ高いです。

外気温との差が大きくなってきました。

毎日のように表面にカビが出てます。

(微生物が働いている証拠だ!!)




そう言えば初期の頃に入れたバナナの皮などは、見かけなくなりました。

分解されたって事かな?




たまに土のかたまり?と思ってザクザクしたらどうも分解された後の食物らしい?ものも発見。

それをザクザクやるのがちょっと楽しくなってきました。




特にムシもわいてないし、ニオイも生ゴミのニオイはしません。



ダンボールの端をスコップで傷つけてしまい、

ちょっとボロッとなってしまいました。

でも二重ダンボールなので、今のところ外までは行ってません。


ダンボールコンポストでeco生活始めませんか?




チームマイナス6℃

グッド!web拍手を送る