久しぶりにポヨ話です。


昨日妻は新ポヨポヨをじっくり見て


「なんかお尻が赤くなってない?」


と私に言ってきました。


私はすぐに見に行きましたが、

気になるほどではないと思い、


「あんなもんじゃないの?」


と言ってそのまま放置してました。



ところが、



妻は今朝起きてからも再び


「やっぱり赤いんだけど…

 おまけになんか昨日より

 腫れてきてる気がする。」


と私に訴えてきました。


私は忙しくて、「後で見る。」


と言ったまま忘れてました。



すると、



しばらくして、とうとう怒った妻


「新ポヨポヨはどうでもいいの!?」


と、まるで私をダメな父親のように

言うので、しぶしぶ作業を中断し

新ポヨポヨを見にいきました。


そもそも新ポヨポヨは臆病で

とてもすばしっこいヤツなので、

あまりじっくり見たことなくて、

正直わからなかったです。。。


しかし、


言われてみれば妻の言う通り

腫れてる気がしてきました。


そこで、


獣医である、友人のUTANに

相談してみることにしました。


元々UTANとは近いうちに

飲みに行こうと話してたので

ハムスターを見てもらって、

ついでに夜飲んできたら

丁度いい!と思った私は

すぐに連絡してみました。


「今夜は予定あるから、

 飲むなら明日おいで。」


と言われました。


妻に明日行くことを伝えると


「え?それで大丈夫?

 昨日より今日の方が

 腫れてきてるからさ、、、」


とても心配な顔をする妻。


仕方ないので、飲みは諦めて


「わかったよ、今日行ってくるよ。

 すぐに診てもらうよう頼んでみる。」


UTANに電話し、昨日よりお尻の

腫れがひどくなってると伝えたら、


 「心配なら今日おいで。」


と言ってくれました。


UTANの動物病院は家から

少し遠いのが難点なのです。


新ポヨポヨのカゴを持って、

遥々浅草まで電車でいくのも

大変なので車で行くことにした。


お昼食べてすぐに支度をして

急いで浅草に向かいました。


渋滞に巻き込まれてしまい、

1時間でつくはずのところが

2時間もかかってしまった。



病院ついてみたら、なんと、

院長のUTANが不在だった。


そのため、別の先生に診て

いただくことになりました。


ちょっとかしこまってしまい、

「予約無しで急にすみません。

 妻が心配するもので…」

と妻のせいにして謝る私。


(UTANがいれば、もう少し

 気が楽だったのになぁ…)


すぐに診察台にのせられた。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100809150730.jpg


昨年亡くなった『ゆずポヨ』を

思い出してしまい、急に私は

心配になってしまいました。


確か、『ゆずポヨ』もお腹が

ポッコリ大きくなっており、

検査してもらったら、それが

癌であることがわかった。


すぐに手術をしたのだが、

その数ヵ月後に亡くなった。


腫瘍が大きくなりすぎてしまい、

すでに手遅れであったのだ。


「新ポヨポヨ、お前はまだ

 1歳にもなってないのに…」


と、涙が出そうになった私に

先生が声をかけてくれました。



「奥様が心配されていたのは

 これのことでしょうかね?」


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100809145620.jpg
(お尻なのでモザイク入れました。)

おー、さすが先生ですね。


皮の手袋をつかって、あの

すばしっこい新ポヨポヨを

がっちりキャッチしてます。


これならしっかり見えます。


「たぶんそれだと思います。」


答えた私に対して先生は


「これはコウ癌です。」


と教えてくださいました。


聞いた私はガックリとする。


「やっぱり癌だったか!」


かなりショックをうけました。


しかしそれはどんな癌なのか

わからなかったので、先生に


「コウ癌ってなんですか?」


と聞いてみました。


すると先生は、少し間をおいて、


「人間でいう男のキ〇玉ですよ。」


え?「コウガン」って病名じゃない!?

「こう丸」のことだったのか!!叫び



急に恥ずかしくなってしまいましたあせる




ちょっと長くなってしまったので、

続きはまた明日以降に書きます。



よかったら、のぞきに来て下さい。



AD

コメント(6)