1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-10 17:42:52

第18回維新の里萩城下町マラソン、ハーフの部完走記~向かい風に屈し、久しぶりに昨年の自分に負けた

テーマ:ブログ

今日は日曜日です。

 

本日の山口県、午前中は冷え込みが厳しかったです。お昼前から雨が降り始め、気温も上がらず、生憎の天候の日曜日になっています。

 

私は山口県萩市で開催された“第18回維新の里萩城下町マラソン、ハーフの部”に出場しています。

 

記録は1時間37分15秒でした。残念ながら昨年の自身の記録を1分弱下回ってしまいました。私は今シーズンに入ってから、同じレースに出場

した場合、昨季の自身の記録は確実に上回ってきただけに正直残念です。

 

昨夜は萩市内のホテルに宿泊しています。今朝は5時に起床し、5時台にホテルをチェックアウトしています。ホテルの駐車場でちょっとした

段差に躓き、転んでいます。右手掌と左膝に軽い怪我をしてしまいました。

 

ホテル近くのコンビニで朝食を済ませた後、大会のメイン会場である萩ウェルネスパークに向っています。

 

昨日のブログにも書かせて頂きましたが、大会の受付開始は8時です。そしてハーフの部のスタート時間は10時です。しかし、駐車場は

6時過ぎには満車になったと思います。

 

私は辛うじてウェルネスパーク内の駐車場に停める事が出来ました。でも、もう端っこの方でした。しかし、6時10分頃に来た人達はもうウェル

ネスパーク内の駐車場には停める事が出来なかったのではと推測しています。

 

レースに関してですが、スタートする前は気温も低めで、走るには丁度いいと思えるコンディションでした。ただ、風が若干強く吹いており、

この風が帰る時に向かい風にならなければいいなと危惧しています。

 

18キロまではいい感じで走る事が出来ています。ハーフのレースの記録はラスト5キロの走り方で決まると思っています。だから、いよいよ

ここから自分の真価が問われるという残り3キロからラップを上げるどころか落としてしまいました。

 

理由はラスト3キロぐらいで強い向かい風が吹いていた事です。でも、向かい風が嫌だと感じるのは誰しも同じだと思います。何も私だけに

向かい風が強く吹くわけではないので、ここを堪える根性がなかったと思っています。

 

もう一つ自分では残り1キロと感じた所で、後2キロの距離表示を見た事も微妙にメンタルに影響しています。これは自分の確認不足でしか

ありません。

 

最後の辺りで集中力を欠いていたため、フィニッシュゲートを潜った後にGarminの停止ボタンを押す事を忘れてしまいました。実際にゴールしてから3分程してようやく気付いて止めました。

 

もう一点、昨年の自分に負けた原因と考えているのは、どう走っても去年の自分に負けるわけがないと決めつけていた事が挙げられます。

気の緩みがあったと思います。去年、自分が出した1時間36分台の記録は決して遅くはなかったのです。

 

来週走る防府読売マラソンでは最後の7キロで失速する事がないように、もっと気持ちを強く持って走ろうと思う今夜の私です。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-12-09 13:21:00

明日は第18回維新の里萩城下町マラソン、ハーフの部~10キロの部がなくなったのは、ちょっと残念

テーマ:ブログ

今日は土曜日です。

 

本日の山口県西部、早朝は冷え込みが厳しかったです。日中も時々日は差しますが、気温は上がらず寒い一日になっています。

 

今日は完全休養日にしています。12月の月間走行距離は89.6キロのまま停滞しています。

 

私は明日、“第18回維新の里萩城下町マラソン”に出場します。カテゴリーはハーフの部です。昨年まで10キロの部もあったのですが、今年から廃止されています。

 

維新の里萩城下町マラソン公式HP

 

あくまでも私の推測ですが、萩城下町マラソンは昨年から全日本ハーフマラソンランキング

対象大会になっています。この大会での記録は

公式記録と認定され、月刊ランナーズが実施している1歳刻みランキングの対象になります。

 

単純にハーフマラソンの大会なら今の時期、掃いて捨てる程実施されています。しかし、ランキング対象大会となると少なくとも山口県内では、この大会と2月に行われるサザンセト大島ロードレースしかありません。

 

従ってハーフで好記録を狙おうと考える人達が多くエントリーしているから、その人達が少しでも走りやすい環境を整えるために、10キロの部を廃止したのかなと推測しています。

 

今年からハーフ、5キロ、2キロ(ファミリー)の3つのカテゴリーに種目は絞られています。

 

コースですが、本気で走っている人達は萩の街並みを楽しむ余裕などないかもしれませんが、まさに城下町といった風情の場所や商店街の中を走る箇所もあり、中々楽しめます。

 

全体にはフラットですが、最後に萩ウェルネスパークに戻る坂は結構厳しいです。この坂を少しでもスピードを落とさずに駆け上がる事が

重要だと思います。

 

フルマラソンでは陸連公認大会は結構あります。しかし、ハーフになると意外に少ないのではないかと感じています。間違っていたら申し訳ありません。

 

過去に萩城下町マラソンに出場した時の私の戦績は以下の通りです。

 

2011年 1時間30分46秒

 

2013年 1時間32分48秒

 

2014年 1時間34分30秒


2015年  リハビリ中のためDNS

 

2016年 1時間36分11秒

 

今年の目標は1時間35分を切る事ですが、翌週には防府読売マラソンが控えているので、程々に頑張ろうと思っています。

 

尚、この大会ではレースもさることながら、メイン会場である萩ウェルネスパークの駐車場に車を停める事が出来るかどうかの争いも相当熾烈です。

 

当日の受付が始まるのが8時から、そしてハーフのスタートは10時からなのに、駐車場に最も早く来る人は恐らく5時台には到着していると思います。

 

駐車場を巡る争いにも出来れば勝利したいので、今夜は萩市内のホテルに前泊します。


車さえ停める事が出来たら、後はスタートまで体育館の中でゆっくり過ごせばいいと思う今日の私です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-12-03 16:01:00

第4回Ring of Red小野ハーフマラソン完走記~陸連公認コースになったら来年も出場する

テーマ:ブログ
今日は日曜日です。

私は兵庫県小野市で開催された“第4回Ring of Red小野ハーフマラソン”に出場しました。

タイムは1時間34分46秒でした。これはグロスタイムです。

この大会では40歳以上、59歳以下の男子が95分を切ると記念品が貰えます。大したものじゃないけど、やはり嬉しかったです。

手元のGarmin735XTJでの計測によれば、21.08キロを1時間34分39秒かけて走り、1115カロリーを消費しています。

平均ペースはキロ4:29分、平均心拍数148bpm、最高心拍数165bpmでした。

私のハーフマラソンでの最近の記録は1時間35分から40分の間で停滞していました。1時間35分を切る事が出来たのは正直嬉しいです。

残念なのは、今日のコースが陸連非公認である事です。公認コースでの記録でなければ何の意味もありません。

昨夜は加古川駅周辺のビジネスホテルに宿泊しています。

今朝は電車で加古川駅から市場駅に向かいました。市場駅からは大会が運営するシャトルバスで大会のメイン会場に向かっています。

バスの発着所からメイン会場までは少し距離がありました。

メイン会場にて受付を済ませたら、男子更衣室と手荷物預けが一緒になっている体育館にて、着替えを済ませ、荷物を預けています。

スタートは9時半ですが、スタート地点に行く前にメイン会場内にある野球場に9時までに集まらないといけないので、スタート前は結構慌ただしかったです。

又、置き引きが起きたりしないように2階の更衣室に荷物を置く事は出来ず、必ず1階の手荷物預けに荷物を預けるシステムになっていました。

申告タイムにより、3つのグループに分けられていましたが、そのグループ内で、どの辺りに陣取れるかは早い者勝ちでした。

開会式には大会を主宰する赤星氏や阪神&オリックスの選手が来ていました。

赤星さんは開会式で挨拶をなさっていたのでお顔を拝見しましたが、選手達の姿は一切見る事はなかったです。

コースですが、前半10キロはほぼフラットですが、後半はアップダウンがそこそこありました。特に18キロ付近の坂は選手を苦しめていました。

エイドは適切な位置に設置されていました。しかし、小野は田舎なので、沿道の声援はまばらでした。

私が住む山口市宇部市で開催される“くすのきカントリーマラソン”という大会に雰囲気は似ていました。

マイナーな大会ながら1時間半、2時間、2時間半、3時間のぺーサーは配置されており、これには感心しました。

フィニッシュ地点に設置されている時計を見て、95分を切る事が出来ると分かった時はかなり嬉しかったです。

ぼっちでハーフ走をやったとしても、私にはキロ4:30分程度のペースで走るのは正直無理です。

10キロをキロ4:30分で走れるかどうかも怪しいです。

今日の大会に出場するにあたって、DNSにしようかなとも考えましたが、練習だと思えばいいトレーニングになったと思います。

ただ、来年も小野まで行くかどうかは、小野ハーフが陸連公認コースになるかどうかにかかっていると思う今日の私です。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>