1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-25 18:22:53

第59回松江玉造温泉ハーフマラソン大会完走記~確かに暑くて、往復の運転も含めると中々タフな大会

テーマ:ブログ

今日は日曜日です。

 

私は今日、松江市玉湯町玉造にある温浴施設である「玉造温泉ゆーゆ」をスタート・ゴール

地点として開催された“第59回松江玉造温泉ハーフマラソン大会”に出場しました。

 

私は1時間49分24秒かけて完走しています。22日にとくぢトレイルランに出場しており、その

疲れが残っていた事を考えれば、このリザルトも受け入れるしかないと感じています。

 

予想以上に暑かった事に加えて、コースもほぼフラットかなと予想していたのですが、意外にアップダウンがありました。

 

手元のGarmin735での計測によれば、21.3キロを1時間49分24秒かけて走り、1324カロリーを

消費しています。平均ペースはキロ5:08分でした。

 

今月4日に広島県で開催された八幡高原聖湖マラソン大会、ハーフの部に出場した時の記録が1時間46分29秒でした。今日は凡そ3分遅くなっています。

 

コースのアップダウンは聖湖の方が全然きつかったです。しかし、聖湖マラソンが開催された日は雨が降っており、暑さに苦しむ事はなかったです。

 

又、同じくGarmin735での計測では聖湖マラソンのコースは21キロなかったので、単純に距離が

短めな事も影響したのかもしれません。

 

今日の松江、午前中はよく晴れており、走り始める前から既に暑いと感じました。エイドでは

止まって給水し、水を頭や顔にかけ、スポンジで首を濡らす事を繰り返しています。

 

ハーフの距離でエイドが6か所あれば、そんなに少なくないと思っていましたが、もう少しあって欲しかったと今日は感じました。

 

大会全体の流れはさすがに59回の歴史を数える大会だけあって、非常にスムーズでした。

 

私は初めての出場だったので、今朝になって温泉街に突然、スタート・フィニッシュゲートが

出現しているのに驚きました。

 

ほとんどの選手は玉造温泉に宿泊すると思いますが、中には松江市内に宿泊し、シャトルバス

で会場に来る選手もいます。

 

今回の遠征は車を用いています。診療所から松江市内まで3時間ちょっとで着く事が分かりました。帰りもほぼ同じぐらいの時間で帰っています。

 

昨日は玉造グランドホテル長正閣に宿泊しましたが、このホテルは部屋も立派だったし、大浴場がとても豪華でした。大浴場にBGMが流れるホテルは初めて経験しました。

 

レース後は松江市内にある山美世という鰻屋さんに行き、鰻重を食しています。中々美味でした。

 

ただ、道中のほとんどが高速道路なので、運転に気を使います。又、山陰道は一車線なので、

今日などは少し車の流れが悪かったです。

 

大会自体に悪い印象は全く抱かなかったけれども、往復の車の運転を含めると、中々タフな

レースなので、来年以降も必ず出場するかどうかは微妙だなと思う今夜の私です。

 

 

フルマラソンだった時代を

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-09-24 12:20:11

明日は第59回玉造温泉ハーフマラソン大会~伝統ある大会だけど、今時公式HPがない大会

テーマ:ブログ

今日は土曜日です。

 

本日の山口県西部、早朝の風は涼しく、秋の気配が深まりつつある事が感じられます。

 

しかし、日中の最高気温は未だ25℃を超える日が多いので、アイスコーヒーがまだ欠かせません。

 

今日は完全休養日にしています。9月の月間走行距離は191.2キロのまま停滞しています。

 

さて、私は明日島根県松江市玉津町玉造で開催される“第59回玉造温泉ハーフマラソン

大会”に出場します。初めての出場です。

 

第59回松江玉造ハーフマラソン大会

 

会場となる玉造温泉界隈にあるホテルに宿泊します。電車で行くと、5時間以上掛かります。

車で行けば、3時間半弱で着きますので、しんどいけど車で行きます。

 

今や日本はマラソン大会が乱立し、既に飽和状態になっていいると思います。

 

数多あるマラソン大会の中でも、来年は60回目、人間で言えば還暦を迎える歴史ある大会

です。

 

島根県という地域性を考えれば、よくぞ生き残ってきたなと感じずにいられません。

 

この大会、現在はハーフマラソンになっていますが、2004年、即ち12年前まではフルマラソンとして行われていたようです。

 

しかし、9月末というまだ暑い時期に行うと、出場者達の熱中症や脱水などの選手の負担が大き過ぎると、日本陸連から指導を受け、ハーフに距離が短縮されたようです。

 

尚、国内で未だフルマラソンが一つも開催されていないのは島根県と福井県のみになっています。

 

島根県では松江市を舞台にしたフルマラソンを2018年を目処に開催する方向で検討している

ようです。

 

松江でフルマラソン 2018年開催目指す

 

玉造温泉ハーフがフルマラソンとして開催されていた頃は、「酷暑マラソン」という有り難くない称号も受けていたようです。

 

コースは比較的フラットのようですが、明日の松江は残暑が厳しいようで、予想最高気温は28℃まで上がるようです。記録を狙うには厳しいコンディションになりそうです。

 

エイドステーションは6ヶ所準備されるようです。又、フィニッシュ地点にはシャワーも設けられるとの事です。

 

以前は暑い中で行われるのに、エイドステーションの数が少なく不評を囲っていたようですが、そこそこ増えているようです。

 

それにしても国内でも相当歴史ある大会なのに、FBページはおろか、大会HPや公式サイトが

存在しないのは老舗の拘りなのだろうかと思う今日の私です。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-09-22 17:08:12

第4回とくぢトレイルランニング大会、10キロの部完走記~出場者全員がコースアウトし、再スタートす

テーマ:ブログ

今日は木曜日です。そして今日は秋分の日です。

 

昨年のシルバーウィークには及ばないものの、今週は月曜日に続いて、木曜日も祭日なので、楽な1週間になっている人が多いと思います。

 

本日の山口県西部、朝から小雨が降っています。その後、雨は止む事もありますが、止んだかと思うと又降り始めるの繰り返しで、洗濯物が乾き難い天候の一日になっています。

 

私は山口県山口市徳地で開催された“第4回山口とくぢトレイルランニング大会”、3キロの部&10キロの部に出場しています。

 

3キロの部ですが、15分02秒で完走しています。70名程の人がエントリーしていたようです。

その内で総合順位は18位、種目順位(高校生以上男子)は11位でした。

 

その多くは予想していた通り子供達でしたが、その子供達の走力は決して侮れないものがありました。

 

又、短距離を得意としており、入賞を狙えると一見して分かる相当速そうな人達もちらほら見掛けています。

 

たったの3キロでしたが、十分にしんどいと感じるアップダウンがありました。このコースを普段の練習で走れば心肺機能の強化に繋がると感じています。

 

3キロの部を走り終えたら、10キロ部が10時スタートなので、ゼッケンを付け替えたり、水分や

栄養補給を手早く済ませたりしています。

 

10時に10キロの部が一旦はスタートしました。このカテゴリーにエントリーしている人が最も

多かったですし、スタート前に県内に住む多くの知り合いとも会う事が出来ました。

 

しかし、約1キロ程走ったところで、参加者全員がコースアウトしている事を大会関係者に指摘されています。

 

一旦止まって、もう一度少し進んだのですが、そのままではレースが成り立たないと大会本部が判断し、スタート地点に戻って、レースを最初からやり直す事になりました。

 

私も様々な大会に出場し、色々な事を経験した事がありますが、今回のようなケースは初めて

です。

 

1キロ程しか走っていなかったので、まだ集団がばらけておらず、全員が間違えたのかもしれません。

 

しかし、何十人もの人が走れば、中には必ず目ざとい人がいるので、目印があったなら、気付いているのではと感じています。

 

実際、大会本部も自分たちの不手際であると話していたので、選手達の見落としではなかったのかなと思います。

 

全員がスタート地点に戻った時には、5キロの部がスタートする10時15分を過ぎていました。

 

5キロの部の選手達が戻って来ない内に、10キロの部がスタートすると、対面通行になる箇所が発生して、事故のリスクもあるので、5キロの部が終了するまでスタート出来ません。

 

従って、5キロの部の最後から残り5人の人達は10キロの部の再スタートを待つ選手達に見守られながら、フィニッシュする事になってます。

 

大会が普通に進行していれば、あれ程拍手を受けながらゴールする事もなかったと思います。

 

そして、11時20分を過ぎた頃、即ち正規のスタート時間から遅れる事1時間20分以上が経過して、ようやく10キロの部が再スタートしています。

 

今度はコースアウトする事もなく、レースは粛々と進んだと思います。私は1時間14分52秒かけて完走しています。総合順位は62位でした。

 

10キロの部はかなりキツイ登りがありました。少なくとも私と同じぐらいのレベルの人達は皆

歩いて登っていました。完璧に登山でした。

 

正直、10キロなど短いと思っていたし、1時間10分は切れるだろうと、レース前には考えていましたが、如何に甘い考えだったかを思い知りました。

 

又、残念だったのは私のGarmin735での計測ではコースの総距離が9キロに少し満たない程度

で10キロには全然及んでいなかった事です。

 

3キロの部はほぼ3キロだったので、Garminがおかしいという訳ではなさそうなので、ここら辺も

きちんとしてくれたら有難いと思います。

 

仮に3キロの部に出場せず、又再スタートなどのアクシデントがなかったとしても、1時間10分を切る事が出来ていたかどうかは微妙だと思っています。

 

今日は散髪をしようと思っていました。いつも行く美容院を2時に予約していたと思っていましたので、ゴールした後は速やかに撤収作業を行い、宇部市の美容院に向かっています。

 

2時までに到着する事が難しい状況になって来たので、少し遅れそうだと連絡したところ、予約時間が2時半である事が判明しました。

 

お陰でパン屋に寄り、空きっ腹を満たす事が出来ました。2回もスタートして、絶食で散髪となると何かの修行みたいなので、この30分の勘違いに救われました。

 

もし、来年もこの大会に出場するとしたら、私は性懲りもなく3キロ&10キロにダブルエントリー

するだろうと思う今日の私です。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>