2006年07月28日 19時06分04秒

「一口」

テーマ:飲み食いする「俺」
えっと…。
今日書く事は、いつもに増して俺の独断と偏見に満ちているかも知れませんが…。
今日こそは!書かせていただきますっ!!
尚、途中かなり言葉遣いが荒れておりますが、お許しいただければ…と思いますm(__)m
 世の女性たちの中には気軽に「一口ちょうだい」とか「取替えっ子」なんかを要求する人がいらっしゃいますよね…。
今日という今日こそ!
どれだけその行為が俺の心を傷つけ、俺を失意のどん底に突き落とし、俺のテンションを下げるかについて…。
ハッキリ!!書かせていただきますっ!!(笑)
 なんか「一口ちょうだい」とか、「取替えっ子」を提案してよこすのは、女性が多い気がするのですが…。
 世の女ども!!
 今こそこの記事でこれまでに味わった俺の悲しみ、怒り、絶望、屈辱、そして恐怖を…。
教えてやろう…。
いや、聞いて下さい(T_T)
 だいたいからして、女どもよ!なぜにキサマらは、自分が注文していないのに、この俺の物を食べようとするのだ!?
しかも!
俺が「まずい!」とか「ん~…」とか…微妙な感想を言った時には聞いて無いフリ?をするくせに!!
「うまっ!!」とか「やっぱりこれじゃなきゃ!」とか発言しようものなら…。
獲物を狙うような目でこっちを見て…(いや、ハッキリ狙ってる)
あの一言を…(涙)
「ねぇねぇ、一口ちょうだい」
「ちょっとちょうだいや!」
……。俺がATP(アデノシン三リン酸、細胞のエネルギーとして使われる)を消費し、脳細胞で電気活動を行い、複数の選択肢の中から一つのメニューも決めているのに…。
それだって、そうそう簡単では無いのだぞ!
33年と3ヶ月と数日生きてきた中で経験した(感じた)味を思い出したり、現在の全身状態を瞬時に感じ取り、体が欲する物を選んだりしているのに…。
これまでに食べた事がある味ならば、その記憶をたどり、食べた事の無い物なら、その味をイメージしたり…。
ネーミングから味を推測したり…。
そういうのを、俺の脳みそが全力でやっているのだ。
1分子のC6H12O6(ブドウ糖)から、解糖系で2分子、TCAサイクル(クエン酸回路とも言う?)で2分子、電子伝達系で34分子…計38分子のATPが生成されるが、この過程を繰り返して作られた俺のATPを消費しながら脳は活動をしているのだっ!!
過去の記憶や、経験。英語などで命名されたメニューの解析(?)、現在の体内状況などなど。膨大な情報に基づいて俺が食べたいと思って選んだ俺のエネルギーの結晶とも言うべき結論を!!
ど~~おしたら!
キサマらはいとも簡単に「ちょうだい!?」と言えるのだ? (T_T)
俺と同じのが食べたいなら同じ物を注文すればいいだろうし、食べたい物が2種あるなら、両方注文すればいいではないか!!(笑)
そりゃ、女性は一般的に男性よりたくさん食べられないとされているが…。
だからってそこで俺のエネルギーの結晶を…という事にはならないはずだ!!(笑)
なんせ、ケーキとか、アイスとか…。2個食べれば食べられそうなもんでも言うでは無いか!
 そしてそして…。
そういうやつに限って、違う物を注文しやがる(T_T)
例えば、俺がAを頼む。一緒に行ったやつも本当はAが食いたいと思っているらしいのに…。そこでやつが俺に言う。
「え?Aにすんの?そんじゃ私、Bにしよ!!」
そんだけ俺と同じもんが嫌なら、最初からAにしようとすんなっ!!(爆)
しかも!それだけの事をしておいて(?)、「俺君。そっちちょっとちょうだい!」と言う…。
あまりに非常識ではないか!!(叫)
俺と同じのが嫌だとか、違うのも食べたいとか言って自分の注文を決定したくせに!!
な~んで!この俺のAが食いたくなるのだ?意地とか、プライドとか無いのかキサマらには!!(叫)
…あぁあぁ。言いたい事は分かってる。重複したら1種類しか食えないけど、違うの頼んだら2種類食えるとか言うんだろ?
だが!そこでなぜに!俺のを食べる事が決定事項なっているのだ?(涙)
俺も一人の人間。あなたも一人の人間。同じ人権があるのに…。
なんで…どうして!俺が注文した物を食べられるという前提が出来上がっているのだ!!?
どう考えても俺の人権を侵害しているに等しいし、俺の存在を軽視しているとしか思えない!!(笑)
そして、俺がそれを抗議しようものなら!!「だったらこっちもあげるってば…」
と言い出す。
要らん!!俺にはAを頼んだ意地がある!誇りがある!!キサマの頼んだそれとは違う、夢と希望を抱いて俺はこれ(A)を頼んだのだ!!
キサマが注文したBでは満足できなさそうだったから俺はAを選び、注文したのだ!!!(叫)
 しかも!断固として拒否しようものなら…。
「一口ぐらい…」とか「ちっちゃい男や…」とか。
甚だ(はなはだ)失礼な事をぬかしやがる!!(笑)
 仮に、10口で満足できるように作られている物でも、一口食べられて9口しか無くなってしまったら…。作った人の意図とは違ってしまうでは無いか!
しかも「一口ちょうだい」とか言って、たくさんある物を持ってくならまだしも、全部で2個しか無い飾りのゼリーとかを持ってくやつまで居るし…(滝涙)
かと言って似た事をすれば非難されるし(鬼汗)
 キサマらは、美味いもんを食った後「はぁ…幸せ」とか表現するが…。
仮に全部食べた事を100S(Shiawase)と表現するなら、キサマが食ったのは、俺のいくらかのShiawaseだという事に何故気づかんのだ?(問)
 そして時として、残酷で、最悪の結果が齎される事がある。
俺の選んだ物が、一緒に行った人のより美味く、一緒に行った人のがまずかった時だ!
俺は…一緒に行ってるのだから、そりゃ、相手のShiawaseを考えなければならないと思う。
となれば…。
俺が絶対の自信を持って(無いこともけっこうあるけど)注文した、正に!それが食べたいと思って選んだ品と、やつが頼んで、まずそうだったのをそれこそ取り替えなければならないような気になるではないか!!(弱)
ビターチョコ味をチョイスした俺なのに、キサマがまずいと言ったメロン味とか…。あり得ん(涙)
キサマは笑顔を取り戻し、俺は作り笑顔が崩れないように終始する。
そんな関係が平等だと言えるのか!!!?(叫)
人によっては「男女平等!家事も平等が理想…」と強く主張する。
は、どの口が言っているのだ?と訊きたくなる(汗)
家事と今まで書いてきたこれとは全く時限の違う話しかも知れないが……でも、でも…。
分かって下さいよ…(涙)

……と、結局ぼやくだけなんですけどね(笑)
今日こそとか書いたけど、大きな声では言えないから、こうしてブログに書いたりなんかしてるんですけどねっ(弱)
はぁ…強い男になりたい(涙)
 …と、今日はちょっとした叫びのようなぼやき、いや、ぼやきのような叫びかも知れないけど、でも…(感)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年11月05日 03時17分02秒

克服出来ない物

テーマ:飲み食いする「俺」
俺はこれまでいくつかのものや事柄を克服してきた。
費やす時間やエネルギー、必要になるスキル(?)などは、目標によって違ってくるが、どうにかこうにか、結果を出してきた。
意図せず、時間が来てしまったりした事も何度となくあるが、それでも、自分なりに満足できる結果を得るために……。
俺はそれなりの努力(←ここ重要)で、乗り越えたり、結論を出そうとしてきた…。
どうやって少ない時間を有効に使って勉強するか…→ただ単に毎日勉強するのが嫌だったり、趣味とかが忙しいだけだったりしたため、試験前は必然的にそうなる
どうやったらみんなと仲良くしていけるか…→面白おかしく毎日過ごせればそれがいい
どうしたら、疲れずに運動ができるか…→毎日毎日、野球の練習を体力の限界までやるなんて無理だと思っていた
……などなど。
しかし、どうにかそれらにも自分なりの結論を出し、やってこれた。
が!!
未だに達成できないというか、どうしていいのかさえ分からない目標(?)がある。
それは…。
豆乳嫌い(T_T)
マミーも嫌い(T_T)
なんか知らないけど、その系統(?)がど~~っしても、大嫌いなのだ。(爆)
こればかりは、呼吸を止めても、鼻をつまんでも、違う飲み物だと思いながら飲んでみても……。
全くダメなのだ(T_T)
先日も、職場で同僚が豆乳を飲んでいた。
「お?豆乳とは…。今流行のイソフラボンですな?」
と俺が言うと…。
「そうそう、飲んで見る?これ、飲みやすいよ?」
と、薦めてくれたので、コップに、ほんの少しだけ頂戴した。
豆乳なんて、飲んだ事があったか無かったか…ってぐらい縁遠い飲み物だ。
好き嫌いさえ分からないぐらいの勢いだった。
小学生ぐらいの頃、豆乳を見かけたが、母に
「大豆から出来てるけど、あんたは牛乳の方がいいかもね…」
と言われて、その時、買ってみる事をしなかった。
母がその後
「牛乳の方がずっと美味しいよ!」
と続けた事もしっかり憶えているので、俺の頭から豆乳への興味(?)は消えた。
そして今。
俺は32歳になった。
もう十分大人になった。一説によると、おっさんになったとも言うが、とにかく!!
大人になったのだ。
お金を出せば欲しい物はある程度買えるようになった。もちろん、あればの話だが(汗)
そして、豆乳もその例外では無い。
今回は、たまたま同僚に便乗し、豆乳をいただける事になった…。
同僚がコップに半分ほど入れてくれた。
「慣れて無いとしんどいかも知れないからこれで…。」
そう言って、同僚は俺に優しく微笑んだ。
そして、そのいただいた豆乳を飲んで見ると!!
まず、俺に言わせれば……。
舌よりも先に胃がムギュッットなりそげな感じ……。
オエ~~~~っ!!
この世の物とは思えない味!!
いや、マジで。味は舌で感じる物だと思っていたが、のどを過ぎても……。
おえ~~っ!!
しかも!!
豆乳ってすこしだけねばり(?)があるようで、唇についたままのを舐める気にもならない…(T_T)
おえ~~~っ!!(くどい?)
自分の無力さと、世界の大きさを痛感した一瞬だった。
しかも、まだまだコップにはその豆乳が入ったままだし…(T_T)
俺は、栄養ドリンクを飲むような勢いで、一気にそれを飲み終え、同僚にお礼を言って、コップを洗いに行った。
そして、唇についたそれをティッシュでぬぐた(爆)
それぐらい嫌だった(T_T)
俺は日々
「知ってる事より知らない事の方が多い!」
と考え、どんな事でも素直に考えたり感じたりするようにしているつもりだが…。
これほどまでに俺の大人な一面を破壊する物があったとは(T_T)
もし、もしも許されるなら、俺は一口目で捨てたかった(T_T)
飲み込み、体内にそのまず~い物を入れたくも無かった(T_T)
いや、大げさな…って思われるかも知れませんが、あれはマジでまずいっすよ(力)
口に入ったとこで、悪寒戦慄が…(T_T)
そりゃね?俺だって好き嫌いはありますよ?
できる事なら、納豆とか、ラッキョウとか、煮物に入ってる甘い人参とか、梅干とか……食べたくはありませんよ?
でもね?悲しいかな俺は目が悪い分けですよ。
そうなると、意図せず食ってしまったりもする分けですよ。
えぇ、口に有害(?)そうな物もあるにはありますよ。わさびとかね。
それらも、食ってしまう(口に入ってしまう)分けですよ。
でもね?俺は大人なんですよ。
間違って口に入っても出したりはしませんし、招待されたりした先なんかでは、気合で食べてますよ(笑)
友達の家に泊まったりして、そこのお母さんが朝食に納豆を出しやがっても(!?)笑顔で「あっ!納豆久々かも!ありがとうございます!」とか言って食べますとも!!
そりゃもう、納豆は本当に久々なんですから…。
なんてっても、嫌いなんで実費で買ったりはしませんからねっ!!(爆)
えぇ、たいがいの物は口に入ったからにはしっかり食べますとも!!
でもね!!
この豆乳だけは……。
本気で出したくなりました(爆)
同僚も見てたんで「へ~、なんか微妙な味やな~…」なんて言いながらコップで涙が溢れそうな目を書くしましたよ…(T_T)
中野液体(豆乳)を見つめるフリして(T_T)
どうこう言っても飲むには飲みましたが、生まれて、記憶にある中では、最上級にやばい味でした(T_T)
豆腐は好きなのに(T_T)
「さようなら…もうあなたとお会いする事はきっと無いかも知れないけど…。」
そう心でつぶやく、いや、叫びたい感じです(笑)
あの豆乳を克服しようとすると、かなりどでかい目標が無いときっと無理ですな。
治療院開院よりも、自分の家を建てるよりも、宝くじで3億円当選するにはどうしたらいいかを考え行動するよりも……。
ずっとずっと大きな目標が必要です。
正直、俺の目が見えるようになるって言っても飲めません(爆)
身長が10cm伸びるって言われても要りません(汗)
よくある「1リットル飲んだら1億円でも…」って話しも、全然その気になれません(T_T)
それぐらい!!
俺の心と体にこたえました(T_T)
あれだけ俺の理性を麻痺させる味も知りませんし、あんな物がブームだなんて…と無知な自分を責める気にさせる飲み物は他に無いんでは無いかと…。
これまでに、スッポンの生き血も、抗がん剤も、外国製のおかしなお酒やジュースも……。
数多くの「やばめの物」を飲んできた俺ですが、さすがに今回だけはやられました…。
まっさかコンビニに売っている物でこれだけノックアウトされるとは(T_T)
人生日々勉強。
この言葉をかみ締めながらこれからも生きていきます(T_T)
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年09月16日 17時20分39秒

母の味

テーマ:飲み食いする「俺」
 今日はN氏からお題をちょうだいしたのでありました…(笑)
お題まで人にたかる俺をどうか許してください(T_T)
 母の味。
一言で言えば…
「しょっぺ味」
これに尽きます(笑)
俺の実家は秋田県。
今でこそ冬でも、どんなに大雪でも、お店はやっていますが、還暦を過ぎた母が料理をし始めた頃は、どうやらそうでも無かったようです…。
そして、豪雪地帯。
となれば、冬は保存食が中心になります。
そして、合成保存料なんていうハイテクな物も無かった(?)のでしょう。やっぱり保存と言えば塩って事になろうかと…。
そのせいだかなんなのか…。
母の料理のたいがいはしょっぱいです(笑)
ちょっと前まで、秋田県は、脳血管障害で亡くなる人が多い地域でした。
ひょっとしたら今でも全国平均より多いのかも知れませんが、とにかく!!
多かったのです。
酒どころ。そして、保存食がメインだった食事。
そういう「しょっぱい生活」(?)をしていると、高血圧になってしまう事はお約束。
ですが、こればかりはなかなか…。
って事で、母の料理は基本的にしょっぱいんですな。(苦笑)
それか、甘いか。(ぉぃ)

 ちょっと脱線しますが、田舎のもてなしとは…。
とにかく食わせ、飲ませる事なんですな(爆)
それこそ、まさに!!ご馳走って感じ。
超高級食材とか、そんなもんは無いのですが、手間隙かけて造った自慢(!?)の料理の数々をテーブルに並べ、客を迎えたり、労をねぎらったりします。
だいたいの基本は、テーブルの天板が見えないぐらいお皿を並べます(滝汗)
そして、迎える家の主(あるじ)が好んで飲む酒を振る舞います。
ま、普段から知っている人だったりすると、ちゃんと好みを憶えていたりするので、その好みに応じた物を出すようですが…。
グルメな食材とかそんなのでは無く、旬の物や、ちょっと手に入りにくい素材や、工夫…。
それらを織り交ぜてお出しし、客を迎えるんですな。
なので、「お漬物」分科だったりもするんですな。
「お漬物」なんて、お皿に入れるだけやんか!
なんて言ってはいけません…。
素材は同じでも、造る人によって、本当に個性が出る。それこそが「お漬物」なのかも知れない気が俺にはします。
シンプルだからこそ…。そこに面白さ(?)があるような…。そんな気が俺にはします。
こんな事を今時言うと怒られるかも知れませんが、母の時代には、やっぱり田舎的常識(?)として、料理は女性がする物っていうのがあったのかも知れません。
当家の母に限って言えば…。
既製品を出す(食卓に並べる)のはプライドが許さないようです。
熱が38度以上あっても、無理して起きてきて自分で作ります。
ど~しても体が動かない時には…。
「たまには店屋物でも食べてちょうだい…」
と申し訳無さそうに言います。
が、母は骨折した時も、イスに座って料理してましたし、入院中も「外出届け」を出して、家に帰ってきて食事だけは作っていたらしいです。(汗)
……ってぐらいの勢いなので、その「お漬物」にしても、「料理」にしても……。俺が仕事に持っているようなプライドを…持っているのかも知れません。
で、話を戻すと…。
そうやってずっとずっと料理を作り続け、研究(?)を続けた母の料理を言葉で表現しようとすると…。
「うめ!!」
って事になろうかと(ぉぃ)
上に書いた持て成しの癖(?)があるのか、だいたいの場合、実家では、テーブルが見えません(汗)
食器まみれです(滝汗)
「あれもこれも同じ皿さへれば、うめぐねぐなる!」→あれもこれも同じお皿に盛り付けてしまったのでは、美味しくなくなる!
とかなんとか言って、後で洗い物が増える事など気にせず、そりゃもうびっくりするぐらいの皿だらけです(苦笑)
実は…前に書いたかも知れませんが、一人暮らししている当家にも…すごい量の皿があります。
食器棚もでかいけど、お皿の量もすごいんですよ(滝汗)
食器棚だけ見た人は「何人で住んでんだよ…」と思うかも知れないぐらいの勢いです。
バリエーションも、それぞれの枚数も…。すっごい量です(汗)
家が広ければ、きっと4人分の食器はあろうかと(汗)
いや、節約すれば6人分ぐらいかも(ぉぃ)
ま、それぐらいの勢いで料理を作り、食卓に並べる母なんですよ(汗)
たま~に俺が帰省した時なんて……。
シチューとすきやきが同じ食卓に並んだ事がありますから(鬼汗)
いや、そりゃね?俺はすきやきも、シチューも好きですよ?(汗)
えぇ、大好きですとも!
だからって母よ…(T_T)
「あんたなに食てがわがんねがら…」→あなたがなにを食べたいのか分からなかったから…。
と笑う母。
えぇえぇ、どれも食べたいですよ。家に居る時間も少ないかも知れませんよ…でもね?母よ。
シチューとすきやきを一緒に食べる人の身にもなってみてください…(T_T)
ま、食ったんですけれどもね(アホ)
あ、そうそう。母の料理はしょっぱいのが特徴と言いましたし、持て成しについても書きましたが…。
母の口癖の一つに…。
「ハイカラな物はつぐれねんだよ。。」→今時の物は作れないのよ。
ってのがあるんですよ(笑)
デミグラスソースとか、ホワイトソースとか…。
そんなもんとは無縁です(滝汗)
デミグラスソースを母に言わせると…
「ハンバーグさかがってるやづ」→ハンバーグによくかかっているソース。
ホワイトソースは…
「シチューと同じやづ」→シチューと同じ物。
母よ。俺は知っているぞ?
クリームシチューこそがシチューであって、ビーフシチューは若者の食べるまずいシチューだと思っていることを…(爆)
俺が前に一生懸命頑張ってビーフシチューを作って母に出した時…。
「あえ~~!すっぺ!!これ、うめの!?」→まー!!すっぱい!!美味しいっていうの?これは…。
とのたまいやがって…(爆)
 と、ここまでいろいろ書いてきましたが、未だに母に絶対追いつけないと思える料理の技術。
その中でも、本当にやりたくてたまらない!!
けど、どないもこないもってのが……。
素材の味のする味噌汁!!
食事をする時に、まず味噌汁の汁だけ飲んだりしますよね?
その汁を飲んだだけで具が分かる…。
これ、かなり挑戦してるんですけど、全然ダメなんですよ(T_T)
味噌を減らしたり、具を入れるタイミングをずらしたり、味噌自体をあれこれと研究してみたり、煮干を取り寄せたり……。
なにをど~やっても……ダメなんです(T_T)
母に聞いても
「なーんも。たんだつぐればうめんだよ…。うめぐなれ~、うめぐなれ~って思ってつぐれ!」→いやいや。。普通に作ったら美味しいのよ。美味しくなーれ、美味しくなーれ…そう念じながら作ると美味しくなるわよ。
としか言ってくれない。
おそらく、本人も知らずに(身についてしまって)やっているのだろうけど、あれだけはど~~にも…(T_T)
ま、脱線しましたが、結局は…。
母の味と言えば。
「甘いかしょっぱいかはっきりしている」
「具の持ち味を生かす」
「手間隙を惜しまない」
「最後に美味しければそれでいい」
そんな味(?)です(笑)
普段にも増して意味不明な今日の記事を許してくらさいm(__)m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年07月15日 10時05分14秒

最近

テーマ:飲み食いする「俺」
ダイエット中にも関わらず酒飲んでますな(笑)
しかも、けっこうな頻度で(汗)
家で飲み、同僚たちと飲み…。
特に家で飲んだりすると、油断(?)しているのか、めっちゃ酔っ払うんですな(汗)
でも、ダイニングからベッドまで数歩でゴールという安心感(?)もあり、その数歩がふらついても…飲んだりするんですな(笑)
そして…。
俺はずっとこれまでバーボンを愛飲してたんですよ。えぇ。
どんなにおっさんと言われてもですね。
しかし、最近たまに焼酎するんですな。
そして、これがなかなか美味い☆
まだまだ焼酎初心者なんでよく分かってないんですけどね。
でも、次の日に残らないっていう酒飲み先輩たちのお言葉は本当だと納得しつつ…。
バーボンほどの強い個性は無いけど、そこがまた美味しかったり。
俺は産直グルメが好きで、取り寄せたりしてるんだけど、さっすがに焼酎はまだまだそれができそうにない。
なんせ、まだまだ知らない事まみれだから…。
でも、これから徐々に…知っていければと思ったり。
「知ってる事に損は無い」
そんな言葉が、ばんしゃくにまで当てはまるのかはかなり謎なんですけど。
ま、割る酔いしたり、えっらい勢いで愚痴ったり、人にからんだりなんて事は前からしないようですが…(笑)
酔っ払ったらひたすら!!
眠くなる。それが俺という人間らしいんで(笑)
それか、年下の人がたくさn居ると、飲ませる事に徹したりも(笑)
きっとこれは大学生の頃の癖(?)なのかも(笑)
大学生の頃は毎週飲んでました。
いや、思えば毎日飲んでたかも知れません(笑)
偉い先生たちにお誘いいただいては飲み。
先輩や同期に誘われては飲み。
後輩に呼ばれては飲ませながら飲み。
コンパの頭数をうめるために呼ばれてもまた飲み…。。
そう考えたりすると、本当に毎日飲んでいたような。
当時は学生って事もあり、翌日がそんなに怖くは無かったけど、今は社会人。
しかも、人に関わる仕事。
二日酔いなど、有り得ない!いや、あってはならないのだ!!
そういう気持ちが、これまでの「平日禁酒」につながっていたような気がする。
しかし、焼酎を適度に飲むと、これがなかなか良く眠れる。
びっくりするほどに…気持ち良く眠れる。
しかも!!翌日に残らないし、どっちかってと、元気に乗り切れたりもして、なんだか不思議な感じ。
アルコールについてのイメージが変わりつつあるような予感。
俺の父はかなりの酒豪。
還暦は過ぎたものの、毎日日本酒を熱燗で5ごう飲んでいる(笑)
しかも、駆けつけ(?)のビールは除いての量だ(冷汗)
「あんな男になどならぬ!!俺はいつでも静かに妻と食事をし、子供たちと話し、楽しい夕食をするのだっ!!」
と思っていたつもりだが、どうやら…俺も酒飲みの素質(!?)があるのかも知れない(冷汗)
なんたって…父の子だし(笑)
楽しいお酒をこれからも…美味しく飲んでいけたらな~……。
俺も酔っ払って無い時、酔っ払いな上司なんかにからまれて気分が最悪になった事がある。
なので、それだけは、気をつけないと☆
とは言いましたが、もちろん今は酔っ払ってませんっ!!今日もばりばり仕事です(笑)
でも、きっと今日は暇だろうな~~(謎)
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年06月02日 13時11分53秒

思い出話

テーマ:飲み食いする「俺」
一味…いちみ唐辛子の話しじゃありませんよ(汗)
料理の話しに違いは無いんですけどね(ぉぃ)
俺が思うにですね。
というか、なんというか…。
俺は昔よく料理をしてみていたんですよ…。
名前も無い、本にももちろん載ってない…そんな料理(笑)
ある意味芸術。
その意味するところは…
「同じ物を2度と造れない」
ってとこなんですけどね…。
さておき…
さすがに今となっては
「焼肉焼いたら家焼けた」
になってしまうのが恐ろしいのでやってないのですが(滝汗)
でも、けっこう好きで作ったりしてました。料理。
食べたいと思った物を、ヒラメキ(?)と、山勘(!?)で…(笑)あ、それと、ちょっとした愛と工夫で(謎)
そうすると、びっくりするぐらい美味しい物が出来たりもするのですが、極稀に…。
いや、けっこうな確立で(?)
びっくりするような、思わず鳥肌が立つような…
そんな味のする料理が出来上がったりするんですな。
そんな思い出の料理を一つ…。

肉じゃが☆
いや、肉じゃがが珍しいんじゃなくてですね。
俺はふと思った分けです。
「肉じゃがも…上品な味とかにならないもんかいね~~…」
茶碗蒸しとかって、良いとこで食べたら、びっくりするような上品な味(心境としては、お味)がしますやん?(笑)
出汁の味だけじゃなく、上品にちょ~~っぴり柚子の味がしたりとか…。
そういうのって、な~んかこう、良いですやん?
例えるなら…。
素敵なお姉さんが通り過ぎた後にふと香る甘い風…みたいな。
取り込んだ直後の布団…みたいな(謎)
で、肉じゃがにもその甘くせつない恋の雰囲気(!?)を演出(??)できないものかと…。
そして、俺はヒラメキました!!
あの素材!!
独特の香りのある…あの素材を最後に入れてみよう!!
そう、あの素材…。
家庭料理代表とされ、それが美味しく作れたらお嫁に行ける(かも知れない!?)ともされる肉じゃが。[**の素など除く)]
その肉じゃがに…俺は今こそ!!
上品さ
をプラスしようとしているのだ!!
肉じゃがに新しい風を入れようとしているのだ!!
例えるなら…美しい女優さんが、やきそばUFOを食ってるイメージ…(謎)
風鈴を鳴らしながらやってくる一陣の風の中にふと感じるお好み焼きのにおい…(なんのこっちゃ)
そして俺は、作戦を実行に移した。
肉じゃがをなるべく上品な味に仕上げてみた。
普段ならて~っきとうだが、上品さを強調したいので、煮干で出汁をしっかりとった。
醤油の味だなんて言わせない!
出汁命!!
そして、ちょ~っと肉も奮発。表示が確かなら、国産牛の、ちょ~っと良さそうな肉を選んで使用。
料理酒など許さぬ!!ちゃんと飲む酒!しかも、ちょっと辛口!(笑)
一気に熱を加えず徐々に…。もちろん、ジャガイモもライトに火を通しておいて投入!!
これで…味見したら…
んまいっ!!(笑)
そして、仕上げ。
俺は…
あの素材
を、自信たっぷりで取り出した!!
そう、あの素材をゲットするのに、遠くのスーパーまで行ったのだ。
この瞬間のために、俺はさほど食いたくも無い(!!?)肉じゃがを作ってきたのだ!!
そして、その素材を細かく切って、投入!!
ちょ~っとだけ熱を加えて…
「超上品肉じゃが」
完成!!!!
一口食べてまずびっくり!!
二口食ったらもう瀕死!!
三口目には…もう昇天!!
オエ~~~~~ッ!!
口の中に広がる出汁の味と香。
ほくほくした中にも、ちょっと甘みのあるおいもくん。
しつこすぎず、今日ばかりはすこし脇役気味の牛肉くん。
その二つの素材を引き立てるように、甘くて歯ごたえ楽しいたまねぎちゃん。
それらの具を、優しく調和させつつ、お腹の掃除もしてくれる、いとこんちゃん。
そして…
その美味しさの調和を乱すばかりか、全てを破壊し尽くす、言うなれば、キングボンビー的な存在感と、恐ろしさの
あの素材
…。
声も出ないぐらいの大打撃!!
俺は…。
現実とは、俺の存在とは、人生とは、世界とは、愛とは、欲望とは、男とは、女とは…。それらの質問を1度にされてしまった時のような限りない大混乱の中に、俺は引きずり込まれんばかりの勢いだった…(T_T)
そう、最後に入れた
あの素材
とは…




茗荷(みょうが)だ~~あっ!!
そして、俺は学びました。
向上心は身を滅ぼす事もある…(汗)
良い子のみなさんは、くれぐれも真似なんかしないようにしてくらさ~い(するかぼけ!)
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。