1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年02月13日 13時45分46秒

お久しぶりです(^^)

テーマ:働く「俺」
ご無沙汰しております。
どうにか元気にして…いるような、いないような(笑)
あれから(いつだ?)職場が変わりました。
家は変わっていませんが、職場が大阪よりになりました。
とはいっても、大阪からですと乗り換えが必要な場所だたりするんですけどねorz
最初はデイサービスで機能訓練をしていたのですが、なぜか現在は治療院の院長なんてのをやっていたりします。
とかいってそのデイサービスの横だったりしますが(笑)
でも、そこで本業?をやっております。
子供は…今年小学校という歳になりました。
本当に早くて親御さんは驚いております(笑)
私との時間が長かったからか、その他の理由か知りませんが、私に似た性格の長女。
正直これからが心配です(苦笑)
長男は相変わらずゆるい感じで毎日楽しくやってます(笑)
曲がった事が嫌いな長女とはよく喧嘩をしていますが、それでも彼のゆるさ?につられて長女も笑うということを繰り返したりしながら、それなりに仲良く?やってくれています(笑)
今後の親支台ではないかと思うのですが、これからの彼らの成長がいよいよ楽しみです(^^)
…と、いつもの近況報告でしたm(__)m
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年04月02日 13時33分25秒

仕事の愚痴

テーマ:働く「俺」
 実は今悩んでいることがいくつかある。
 その一つが。
 仕事。
 現在おれは有資格者と無資格者の居る店で働いている。
 しかし。
 これが大きな問題になってきている。
 実は最初は、無資格の人間に対してそこまで?の嫌悪感を持っていなかった。
 一生懸命努力し、一人でも多くの人を楽にしたい…その強い志がは同じ、もしくはそれ以上かも知れないと信じていた。
 しかし。やってみるとそうでもない。
 いつまでも小さくなっていろと言うつもりはないが、いつしかそれが当然のことのようになってしまっている。
 本来、おれの仕事としては、無免許でしてはいけない。しっかり法律違反だ。
 しかし。いわゆるクイックなんかは、わりと?放置されていたりして、ま、15分ぐらいなら毒にも薬にもならないからいいんじゃない?みたいなスタンスになっている。
 そういうこともあり、おれはま、いっか…などと考えていた。
 しかし。
 責任が取れないということはとても大きく、さらに本人たちの自覚が…。
 お金をもらって当然なんかじゃない。お金をもらえるということが珍しいのだ。
 資格は、いわば「お金をもらっていいです。後は自分で研鑽を積んで、市場に選ばれるようしっかりやってください」ということ。
 資格が無いのであれば、本来してはいけない仕事なのだから。
 しかし。それが。
 施術したら料金をいただけることが当然だと思っているように見える。施術をした(体力を使った)からというだけでお金をもらっているのではない。専門家としての知識や技術を総動員し、お客様(患者さん)の主訴を改善しようとする。そのプロセスに対して報酬が支払われるのであって、それ以上でも、以下でもない。空間や付帯するサービスでもある程度のお金はいただけるが、基本的にはそこだ。
 が、免許が無い以上、お客様にお金をいただくということは、本来おかしい話なのだ。そして、触れさせていただけることに感謝をし、自分の施術がそれでよかったかを、いつでも真剣に考え、向上しようとしなければ、お客様にいただいたお金に対して不誠実な気が、おれにはする。
 お客様も道楽や趣味でお金を支払ってくれているのではないように思う。それなりのことをしなければならないし、期待されて当然。プロであればなおさら。その期待に応えて当然とされるような世界。
 にも関わらず、お客様への感謝を忘れ、精進を忘れ、さらに報酬を得るのが当然だと思うなど、一緒に働いていて情けないというか、あまりにお客様に不誠実な気がしてしまう。
 そして、おれが施術しても、無免許の者が施術しても料金は同じ。しかも、おれの居る店では、スタッフ全員の名刺というのがあるのだが、おれの名刺には「鍼灸師」としか書かれていない。マッサージ師と書けないのは、おれが書いてしまうと、他の人は?となるからだそうだが。
 持っていて当然の免許を持っていない以上、それは仕方の無いことだともおれ個人としては思うが。
 ま、下に合わせるということも必要だろうし、しょうがないというか、我慢せんこともないが。
 なんだかどう考えてもおかしい。
 常にひたむきに努力をし続けるというなら分からないこともないし、知っていることなら技術でもなんでも共有したいとも思うが、あまりにだらけていてどうしようもない。
 さらに、初めてのお客様については免許を持っているおれが原則として行くように決めているのだが「私行ってもいいですか?」などと聞いてきたりする。
 十分問診もとれないし、技術的に未熟というか、正直おれからすると話にならないようなレベルで初めてのお客様を…って。営業的に無理があるだろ…みたいな。
 そりゃ毎回ご満足いただける施術を心がけるのは当然だし、本来有資格者しか居てはいけない職場なので居る方がおかしいという話もあるが、それを言ってもどうしようもないけど…。
 でも、少なくともど~すんの?それ…とか言いたくなる。
 しかも、そこで「お前ら半人前の分際で、問診もろくにできないくせによくそんな初めての人なんか行こうと思うな…」とも言えないし。
 結局俺が行くように仕向けることとなるが、その手間が…。
 おれがより完璧で、ご満足いただけそうな仕事をしようとすればするほどそれは、お客様を欺くことになりはしないか…とか思ってしまって。
 仮に今日おれが施術してご満足いただけたとしても、次回違う人が施術して満足いただけなければ、それはどうなの?みたいな。
 もちろん、責任の所在とか、基礎医学の知識とか、そういうのも不安きわまるが、せめて気持ちぐらいはちゃんとキープしてもらわないと…。
 本当にやばい気が、おれにはする。
 「君たちなにをよりどころに仕事してんの?」と聞きたくなってしまう。
 もちろんおれも資格だけをよりどころにしている分けではない。基礎医学も、経験も、単純な自身の体もある程度の自信を持って仕事をしている。そして、最善を尽くす努力も、今回を踏まえて次回ということも、心がけている。そして、少なくとも設定してある値段よりは価値のある施術を心がけるようにもしている。
 が…。
 そのモチベーションを維持し続けるってのも楽なことではないし、難しいこともある。
 最近「先生の方が適任だと思うんで」と、ややこしそうなお客様ばかりおれに任せようとする。職業が医療関係で難しい質問をされそうだとか、体格の良い男性で、力が必要になりそうだとか、しまいには、ちょっとこわもてだとか。
 ある意味たしかにそうかも知れないけど、感情的には、なんだか彼らの後始末をさせられているような気がしてきて、本当にどうしようもなくやってられなくなる(苦笑)
 「適任だと思いますので」ではなく「私たちがやりたくないんで…」と言っているように聞こえてくるような…。
 資格が有利に働くことはあっても、不利に働くなんてありえない…みたいな。
 そしてもうすぐ。
 まだ未定ではあるが、その治療院を譲り受ける可能性が浮上してきている。
おれが…。
 譲り受けたらまずその無資格組みをどうにかしたい…。
 感情的に腹が立つということもあるが、そればかりではなく、本来異方なことを放置することはできないし、その権限があるなら実行しなければならないと思うから。
 正直職域を守るとか、無資格者を排除するとか、そんな大きな問題じゃないとしても。あまりにお客様に失礼だから。
 治療と無資格の人たちは言うが、それは治療ではない。少なくとも治療と言えるほどの物ではない。何度か研修と称して受け手見たが、論外だ。が、本人たちにその自覚が無い。ある程度のキャリアがあり、当然に資格を持っているおれでも「やべー!」と思って仕事をしているのに…。
 あまりにゆるすぎて話しにならない。
 正直解雇するというのは楽ではないような気がするし、正直その人たちも次の就職先なんてあるのかないのかも微妙ではあるが…。
 本来異方に報酬を得ていたのだし、そこまでおれが心配するべきことでもないように思うし…。
 …と、今日は愚痴でした(ぉぃ)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年12月18日 11時46分15秒

近況報告

テーマ:働く「俺」
あの…こんにちは(T_T)
 どうにか生きてます(笑)
 もう師走…ですね。
いちおう「せんせ」なんて呼ばれているのですが、あまり走れていません。走ってないのでなく、走れてないってとこがミソです(苦笑)
 ん~…。
 あれこれと忙しくはしてますが、成果を上げられてないというか、なんというか。
 職場のHPを作ったり、なにやら名前の後ろに長がついたためにあれこれとさせられて(T_T)
 結局なにをしてるのやら…という感じです。
 施術に専念したいのにな~…とか本気で思ったりするのですが。
 俺の優先順位は一番最後。
 お客様をとりあえずは他のスタッフに割り当てながらHPを作り、やばそうな?お客様は俺が施術に入ったりして…。
 ということは。やばそうな人(よく凝っている、キャリアが無ければ難しい、単純に力が必要、マッサージに慣れている)といった感じの人だけに施術していることになり…。
そこでご指名をいただくということは、毎回そういうお客様の施術になるわけで…。
 楽しいですし、自分で仕事をしていた頃から基本的に大変そうな方優先でやっていたので、そこはなんてことありませんが…。
 お一人の方にご満足いただいている間に、他のスタッフがちゃんと違うお客様を満足させることができているかなんてのを考えるとそりゃもう、自分が施術するよりしんどいです(T_T)
 かといって、「俺、俺、俺!!」と、俺ばかりが目立ってしまうと、他のスタッフのやる気が無くなったり、依存みたいになってしまっては困りますし。
 正直、やっぱり自分でやる方がいいのかも…とか思ったりしますね。
 いちおう長が付いているので自分のやることに責任が伴うということもありますが、それが中途半端ですし…。
 普段から「**長として命じます」とは言わずに「あれ、お願いしときますね…」とか「**しといて下さい」とか「今後こんなことのないように気をつけて下さい」と言ったりするせいか、普段の雑談との区別が付いていないようなスタッフもおりますし…。
 正直「どこ聞いてんだこのやろう!!」と言いたくなることしばしば…(苦笑)
 個人的には同じことを2回以上言うのが嫌いなのに…。
 ま、上に書いてきた愚痴なんてのはどこの世界にでもあるんでしょうけどね…。
お客様のお体に触れるという自覚と責任感が足りないというのが、一番の悩みです(苦笑)
 それでもスタッフ自身は施術に入っているということで、お客様の信頼を得ていると勘違い?していたり、自分は一人前だと思ったりしますし…。
 一人前というのは、最低限免許を取って言え…とか思いますが、これを言うと全てが終わってしまうので、言わずにここで書いときます(笑)
 免許を取ってもほんとは一人前なんかじゃないのに…。最低限、その仕事をしてお金をもらっていいです…というちょっとした許可証。そこからが本当の出発のはずなんですけどね。
 …ま、いっか(笑)
 …と、近況報告でしたm(__)m
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年03月18日 07時33分10秒

どうにか…

テーマ:働く「俺」
無事営業したりなんかしております…(笑)
はぁ…良かった(笑)
他人事のような事を言いますが、あんがい心配だったりしたんですよね~…。
前もって計画を立てていた分けでは無いですし、もう10年ぐらいは職場が変わっても勤めてそれから開業でも…なんて考えていたんですけどね~…。
なので、我ながら急でびっくりしているような感じです。
未だに自営という自覚もあるような無いような感じですし…。
こんなんで本当に大丈夫なんかな…と、本気で思ったりしております。
そう言えば、最近気付いた事なのですが、どうやら俺は、お金の計算(?)とかが苦手みたいです(^^ゞ
いや、数えたりするのはできるんですけどね?
「あれ?そう言えば今日まで売り上げどれぐらいやった?」ってのを、毎日本気でやらないと分からないんですな(滝汗)
今日はこれだけ頑張った…と思って売り上げを計算するのではなくて、どっちかってと、昨日までの売り上げを憶えていない(忘れた)ために、しょうがなく数える…みたいな。
こんなことで、しっかり経営なんてしていけるのか!?と本気でブルーになってます。最近。
なんせ、思えば自分の財布に今いくら入っているかって事さえ怪しいですからね。…(アホ)
いや、銀行に行った直後は憶えているのですが、数日過ぎるともう忘れる…みたいな。
買い物に言って「あ!無い!!お金が無いぞ!」となった事が無いのが奇跡的です(笑)
で、たまに自分で余分に出金したくせに、それを忘れて「お!こんなところに1万円!!」
と大喜びしたりとか(笑)
こんなんで、本当に俺は大丈夫なんだろうか…みたいな(汗)
しばらく前、財布を落としたとき…。駅に届いていたみたいで、駅員さんが俺に「失礼ですが、お財布の中身はおいくらぐらいでしたでしょうか?」と聞いてきましたが…。「あ、え、あの、その…よく分からないんですよ。えっと、たっしか、えっと…」みたいな(笑)
ま、キャッシュカードとかも入っていたのでどうにか本人って事で返してもらえましたが、ちょ~っと(?)恥ずかしかったです。
 きっとその頃から俺にはお金の計算ってのをしっかりやる習慣が無かったのかも…。
この仕事をしていると、いろいろな職業の方を施術したりします。
どの辺が疲れているのかをしっかり考えるために、たまにご職業を質問させていただくのですが…「経理です」とか言われると無条件に尊敬してしまいますからね。
だいたいからして、自分の財布とか、そういうのもしっかり合わせられないのに、企業の数値を合わせるなんて…。
すごすぎる!
いくらあれこれと名目があって、そこで上手く処理するにしても、どうこう言っても結局はしっかり帳尻が合うなんて…。
1個、2個、3個、いっぱ~~い!!
という、幼稚園児的とも言える俺の数の数え方とは比べ物にならない…みたいな。
IT系の仕事をしてたときでも、「単位は1000円」とかっていう書類を見るだけでぞっとしたり…(笑)
人体の白血球はだいたい、4千~8千とか、そういうのは憶えてるんですけどね~(笑)
ど~~も!お金が絡むと俺の脳みそがアレルギー(!?)にも似た症状を…(汗)
しかし!どうこう言っても自営なんです!自分でしっかりやらなきゃいけないんです!
どんぶり勘定ではいけない!そう思うのに……(T_T)
ま、公益法人とか株式会社とかじゃないから、ちょっとぐらい(?)計算がおかしくても、最低限赤字(借金?)しなければ良いか…と勝手に解決した気持ちになったりもするけど、納税したりするとき、きっと必要だろうし…。
正直、今のとこ資金面の苦労(資金調達とか)なんかは無いけど、管理するって事にかなりの不安を感じたりなんかして…(汗)
いや、お金をしっかり管理できないのは大変ですが、それはさておき…。
今後の料金設定をどうしたいとか、そういう方向性を決めたりする時に、しっかり計算ができないと……。
なんとなく一般価格なんてのは分かってるつもりだし、ここは大阪。ある程度安さも必要かとは思うけど、どこまで下げて良いのかとか、どこまでならいけるかとか、例えば繁盛しない日に値引きするにしても、それをいくらぐらいに設定したら最も効果的かとか…。
そんなしっかりとした計算が…できなさそうな感じです(T_T)
人知れず「ポイントプログラム」的なこともしてみようかとは思ってるけど、ど~するんだこりゃ?みたいな(苦笑)
デッドラインというか、最低限の利益率とか、ノルマ(?)とか、そういう計算が苦手ってとこがあまりに痛い!
こんなんで、本当にやってけるのか?なんてびびったりもしてますが…。
ま、どうにか勉強しながらやっていきます☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月20日 01時44分22秒

す、すみません!!

テーマ:働く「俺」
しばらく更新できてませんでした(汗)
実は開業の準備でどたばたしておりました…。
が!
めでたく明日から開業する事になりました。
引越しも無事終了し、いよいよってな感じです。
あ、今日からだった(汗)
いや、それにしても…。
おっかなびっくりですな。開業ってのは(汗)
物を仕入れたりする仕事では無いので、大損害が出たりということはさほどありませんが、それでも支払いとか、そういうのを全部しなきゃいけなくなると思うと、これがなかなか…(苦笑)
俺は大丈夫なん?って気持ちになります(笑)
最低限でも食費と家賃はかせがなきゃ!!みたいな(笑)
なんかこう、大きく展開しようとは思っていあmせんが、それでもなんかやばい気がしています(笑)
ま、なるようになるでしょう(笑)って事で、明日から、いや、今日から!!
頑張ります☆
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。