2009年05月04日 10時31分25秒

誘導棒(続き)

テーマ:視覚障害な「俺」
 職場に到着したはいいものの、あまりに本気で怒ったせいか、生まれて初めて胃が痛くなりました。
なんというか、プチ痙攣しているような…。
 これが「怒って気分が悪い」というやつか?なんて思いました。
 これまで怒ったことが無いなんてことはまったくありませんが、大きな声を公道で出して怒ったなどという記憶は本当に無くて。
 いわゆるやんキーだったころだって、ある程度自信もありましたし「どっからでも…」な勢いでやってきました。
が、昨日は感情に任せてキレたので、さすがに胃が痛くなったのかも知れません。
 それか、歳せいなのか…?なんて考えたり。
 とにかく。
 あまりに胃が痛いので、ちょっと休んでから仕事をし、休憩に入り、外に出て電話をしました。
俺:「えっと、アンカーセキュリティさんでしょうか?」
女性:「はい。そうですが…。」
俺:「本日は営業していますか?」
女性:「はい。」
俺:「本日**区で御社が建設会社と一緒に仕事してはりますね?」
女性:「えっと、お調べいたしますので…」
女性:「えっと、担当者に代わりますのでしばらくお待ち下さい。」
男性:「お電話代わりました。**と申しますが。」
俺:「本日**区周辺の工事で、御社のスタッフ*野さんが仕事していらっしゃいますよね?」
男性:「少々お待ち下さい。あ。はい。*野はうちの社員でございますが。」
俺:「そうでしたか。えっと、御社では、あれですか?工事現場を通りかかった視覚障害者を棒で誘導するように教えていらっしゃるんですか?」
男性:「はい?そのようなことは…」
俺:「今日通りかかったらですね…」(前の記事に書いたことをそのまま話しました)
男性:「え~っと……。」
俺:「ですから。どうなんですか?御社ではそうやって教育していらっしゃるんですか?」
男性:「いえ、そのようなことは決して。」
俺:「本人は誤って棒が俺に触れたといいますが、間違って触れた物が地面に平行な方向を向きますか?御社の棒は重力関係なしなんですかね?」
男性:「いえ、そのようなことは決して。」
俺:「ちょっとふざけすぎなんじゃないでしょうか?なんでしたら今からいらっしゃいますか?私がどういう気分になるかをちょっと体験していただきましょうか?」
男性:「あ、いえ。。」
俺:「ありえへんでしょ?人を棒で誘導しようとするとか。手賀汚れてるんやったらその旨言えばええやろし。」
男性:「眼がご不自由なことが分からなかったのでしょうか。」
俺:「盲導犬連れてんのに?ちなみに、視覚障害者ちゃうかったら棒で押したりすんの!?それもおかしやろ?ま、棒見える人やったらそれである程度誘導できるやろうけどね。」
男性:「はい。」
俺:「おかしいと思わん?歩いとって、いきなり工事現場の近くで棒でいくら力が軽いからって許されるん?あの棒はそんなにすごいん?そりゃあの棒見たら車も人も避けて通るやろうけど。なんか間違ってはるんちゃいますか?」
男性:「いえ、そのようなつもりではないとは思いますけど…。」
俺:「俺が盲人やからとか、盲導犬がどうだとか言うてるんちゃうよ?一人の人間を棒でほれほれ…みたいな扱いしてええんかって話しやんか。おかしいやろ?やったろか?今から。」
男性:「あの…。そういうことでございましたか…。」
俺:「さっきから言うてるやんか!*野さんがな?(再度説明)」
男性:「あの、なんと申し上げていいのやら…。」
俺:「それが正解やろね。ありえへんでしょ?おかしいでしょ?」
男性:「正直最初は分かりませんでしたが、今ようやく分かりました。あまりに失礼で考えも付きませんでした」
俺:「俺も一緒やわ。36年生きてきて、初めてやわ。棒で押されたりすんの!」
男性:「それは…。本当に申し訳ございません。ほんまに正直なんて言うていいか…。ありえへんですね。」
俺:「ま、それが率直な感想やろうね。」
男性:「なんとお詫びして良いやらあれですが。本当に申し訳ございませんでした。」
俺:「なにを持ってこいとか、なにをくれって言うつもりは無いから分かってくれたらそんでいいけど。度が過ぎるやろ?って話しやんか。」
男性:「はい、正直理解に苦しみます。」
俺:「やろ?俺も最初あまりにびっくりして意味分からんかったわ。」
男性:「本当に申し訳ございませんでした。私教育も担当しておりますので、再教育させていただきますので。それにしても…。ほんまに。なんて…」
俺:「ま、分かってくれたらそんでいいけど。あなた、名前は?」
男性:「**と申します。この度は…ほんまに……。」
俺:「わかりました。人が人やったらほんまに大変やで。ありえへんし。言うても大きな声を普段出さん俺がキレたぐらいやからね。そんだけありえへんことやってのがわかってもらえたらそんでいいけど…。」
男性:「いや、本当に。大変失礼いたしました。こういう言い方はよくありませんが、ほんま、勉強になりました。言うてもらわへんかったらずっとそんなんやろうし。あまりにあれで……。すんませんでした。」
俺:「わかってもらったらそんでいいし、もういいけど…。ちゃんと徹底してもらわんと、いつか問題なんで。そういうの。」
男性:「はい。当社にとっても、大変厳しい話しですし、本人が戻り次第…。それにしても、ほんまに……。なんで…。すんませんでした。」
俺:「そしたら、もう今日はこれで…。」
男性:「申し訳ございませんでした」
 ……。
 なにやらいつものおれのアイメイトが同伴を拒否されたときの対応みたいになってましたけど。
 男性が冠採弁になった辺りでことの支台が理解できたようだったので、それ以上まくし立てることはしませんでしたけど。
 確かに分からんやろうな…という気はしました。想像しようにも難しいですからね。ありえ無すぎて(笑)
 本当に男性が*野さんにちゃんと注意したかは知りませんが、それにしてもあまりに酷かったので。
 今回は全体を通して、かなり感情的な議論をしてしまいました。
犬の同伴を断られたりした場合にはわりと?冷静に対応することにしていますが、まさか自分が棒で寄せられるとは思ってなくて(笑)
 実は1度通り過ぎてから戻ってますからね(笑)
 どうにも収まらない!みたいな(笑)
 そりゃあの棒見たら車は迂回するでしょうし、人もその棒を見ながら回避行動をするんでしょうけど、いかんせん俺は見えてませんからね。
 でも、それを錯覚?したのか、なんでも棒で片付くと思われるってとこがあまりに悔しいですし。
 大げさですが、人を人だと思ってなさそうなところに腹が立って…。
 はぁ、それにしても。
 生まれて初めて怒りのあまり胃が痛くなりました(笑)
 今後これだけ熱く?抗議することなんてあんのかな…なんて思えるぐらい腹が立ちました。
 しかも、普段はいちおう組織名とかは伏字にしますが、あまりに悪いように思ったので今回は伏字もありますが、そうじゃないのもありますからね(爆)
 その会社のHPを見たらブログをやってたのでトラックバックでもしてやろうかと思ったのですが…。
大人気ないのでやめときます(笑)
 はぁ…。怒るのも疲れるという人の気持ちが分かりました。これまでは「そんなこと言わずにいけてないときはハッキリ言うようにと思っていましたし、言わずに理解しろということは自分勝手だとも思っていましたが、あまりに怒ると胃まで痛くなるってことが勉強になりました(^^ゞ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月03日 16時48分17秒

誘導棒

テーマ:視覚障害な「俺」
 今日、36年生きてきて、初めて誘導棒で誘導されました。
 今日家を出て数メートル歩いたところで、工事をやっていました。
 「うん?」
そのまま前進しました。
ぎりぎりになったり道に危険があればオーシャンが停止する。そう信じて進みました。
 すると…。胸の前になにかが出てきました。
「あれ?こんなところに柵とかあったっけ?」と触れてみたら、プラスチックの棒のようなものがありました。
なので俺はオーシャンに「左端ぎりぎりまで寄って」と命じました。
 が、左側に人の気配がしたのですが、やっぱりオーシャンは動きません。そして、右側に工事用の車を回避しようとして行動しました。
 すると、その棒が俺の右肩の辺りに触れました。
「また柵か?」と思って触れてみると、地面に平行に棒が出ていました。
 そして、その棒で、俺は押されました。
 そこで初めて「人が持っているのか?」
ということに気付きました。
 なのでオーシャンを左ぎりぎりに寄せながらそこを通過しました…。
 が。
 どう考えて棒で俺を動かすというのがあまりに非人間的だと思ったので、まず職場に電話をしました。
幸運にも出勤ぎりぎりの予約が入っていなかったようなので、遅刻する旨を申し出て、それから、家に電話をしました。
「家を出たとこで工事してるみたいだけど、会社の名前見といて?」
……。
しかし、どうしても怒りが収まらなかったので…。
俺はまた工事現場に戻りました。
 そして、猛然と抗議しました。
 「責任者だれ!?」
すると若い青年が出てきました。
「はい、私ですが。」
俺:「では、棒でさっき俺を押したのだれ!?出て来い!!」
するとおっちゃんが
おっちゃん:「わたしですが…」
俺:「お前、棒で人を押すとは何事やねん!ふざけんな!!」
おっちゃん:「すんません。間違って当たったみたいで…。」
そこでついに俺が切れました(汗)
間違って触れるなら、地面に対して垂直でなければおかしいはず。地面に平行であるはずがない。
俺:「は!?間違った!?なめてんのか!!?地面に棒が平行になっとって、間違えて触れるってなんやねん!あの棒貸してみーや!はよ!!」
おっちゃん:「これですが…。」
50cmほどのなにやらボタンの一つついたものでした。
「お前。これで人寄せろって職場で習ったんか!ふざけんな!36年生きてきて、こんだけ屈辱的なことないわ!」
責任者:「間違えて当たったんでしょうか。」
俺:「間違えたんやったらさっきも言うたけど地面に対して平行なわけ無いやろ!人の話どこ聞いとんねん!!俺が盲導犬と歩いてるからか、俺が人間以下やと思ってんのか知らんけど、棒で人寄せるやつがどこにおんねん!ふざけんのもたいがいにしーや!」
おっちゃん:「すんません。」
俺:「すんませんってお前。お前ら重機操作してるんやろが!なに?この50cmの棒も操作できんと重機動かしてんのか!ぼけ!おかしいやろ!?どう考えても!!」
責任者:「すみません。大変失礼しました。」
おっちゃん:「すんません」
俺:「すんませんってお前ら。眼閉じて俺の前に立てや!俺が寄せたるがな!どういう気持ちか分かるやろ?おい!はよ!!」
責任者:「本当に申し訳ありませんでした。」
おっちゃん:「すんません。」
俺:「ほんまばかにするのもたいがいにしとかな!あ!?お前ら寄せたるからほら!俺の前に立ちーや!!どんだけばかげてるかやったるから!!」
俺:「この棒何センチや!!?あ!?」
責任者:「50cmぐらいですね…。」
俺:「その50cmのこの棒でお前。人寄せてんのか!?あ!?」
責任者:「申し訳ありませんでした。」
俺:「お前ら。てきとうに謝っとけばええとか思ってるんやろ?会社どこ!?連絡先!はよ!!」
責任者:「私は**建設の…」
俺:「うん。分かった。あんたは?」
おっちゃん:「…」
責任者:「名刺!名背ぐらい持っとるやろ!」
おっちゃん:「持ってません。」
俺:「どこやねん!!はよ!!」
責任者:「ほな、書くから言えや!はよ!」」
おっちゃん:「アンカーセキュリティの**です」
責任者:「電話番号!」
おっちゃん:「0798…(略)」
責任者:「これお前の会社やろな!」
おっちゃん:「はい。」
責任者:「私の名刺がこちらになりまして、大変恐縮ではありますが、この裏に…」
俺:名前。」
おっちゃん:「*野です」
責任者:「字!」
おっちゃん:「*に、野原の…」
責任者:「は!?腹?」
おっちゃん:「あ、すんません。野です。」
責任者:「なんやねんお前。」
責任者:「こちらが連絡先になります。」
俺:「わかった。ありがとう。ちょっと聞いたとこでは、建設会社と警備会社は違うん?」
責任者:「はい。工事しているのは私たち**建設でして、その警備をアンカーセキュリティさんに」
俺:「ほな、建設会社に言うてもあかんわな。」
責任者:「申し訳ございません。」
俺:「ほな、あんたが警備会社のもんやねんな?」
おっちゃん:「はい。」
俺:「こんな扱い受けたことないわ。俺が眼悪いから言うてるんちゃうよ?ま、見えてたらぴかぴかしたら通るやろうけどな。」
おっちゃん:「…。」
俺:「人を棒で扱うってお前。どんだけ人なめとんねん!どう思う?自分やったら…。あ!?笑えるか?言うてみーや!」
おっちゃん:「すんません。」
俺:「自分で言うのもあれやけど、そうそう俺は大声出したりせーへんねん。いちおうこれでも大人やしな。そんでもお前。おかしいやろ?どう考えても。おかしないか!?人を棒で寄せるとか。この棒あったらなんでもお前の思うように動くんか?なに勘違いしとんねん!」
おっちゃん:「いや。あ。」
俺:「おかしいやろって言うとんねん!!!」
おっちゃん:「はぁ…。すんません。」
責任者:「大変申し訳ありませんでした。当社からも伝えますので…。」
俺:「そうしとって。御社のためにも良くないと思うよ?これでは。」
責任者:「はい。」
俺:「あ、言うとくけど、なんか欲しいとかそんなんちゃうで。ただ、あまりにおかしいから引き換えしてきただけや!ほんっまにこんな思いしたことないわ!」
責任者:「本当に申し訳ございませんでした。」
俺:「もういい。」
責任者:「すみませんでした。」
おっちゃん:「すんませんでした。」
俺:「さ、行こう。」
……。
 久々に大声を出しました。道で(笑)
 しかも、よくよく考えたら家から数メートルの所で(笑)
 しかし。
そうかんたんに怒りが収まるわけでなし。
 ずっといらいらしながら出勤しました。
 そして。休憩を取って、その警備会社に電話しました…(続く)(続く)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月03日 23時48分38秒

こ、こんにちは(T_T)

テーマ:視覚障害な「俺」
全然更新できずにすみませんですm(__)m
いきなりですが、最近。。
盲導犬と一緒に歩きたいと思い立って、申し込みをしました。
いちおう、一まとめにして「盲導犬」と言いましたが、正確には「アイメイト」と呼ぶことにしているそうです。
詳細は…。
アイメイト教会
のサイトをご覧いただけると。。俺なんかが説明するより、ずっと正確だと思いますので…よろしかったら。
実は、白杖(はくじょう)さえ持てば、どこへだって行けるんですけどね。聞きながらとかにはなっても、口と頭と山勘(?)で。どうにかこうにか目的地までは到着…できると思っていたのですが。
でも、やっぱり最近ちょっと不便を感じたりし始めて…。
それとか、出前(?)で仕事もしたいな~…なんて考えてみたりしていて。
今時地図なんてネットを調べればかなり正確かと思います。
近くまで行ってからお客様に詳しい場所をお聞きするなんてのもOKだろうし…。
でも、白杖だけでそれをしようとすると、あまりに神経的に疲れてしまうんですよね~…。
俺が歩く時なんて、いつ衝突?されてもおかしくは無いって気持ちで歩いているんで…。
これまでにも、何度か自転車や人間と衝突しましたが、そのほとんどは、「来る…来る…来た!!わ~~っ!!」って感じでは無くて。
そうやっていつ衝突されてもおかしくないという緊張感を持ちながら歩いている時なんですよ。
なんせ、近くに自転車がやってきても、音がした頃にはだいたいぶつかっちゃってますからね(笑)
特に、古い自転車ならちょっとぎこぎこ言ったりするんで分かりやすいんですけど、ちゃんと手入れが行き届いていたりしていると…。それとか、商店街などで、違う音が多かったりすると…。全く気付かないままに衝突!!って事になってしまいます(苦笑)
「いつでも衝突されて大丈夫!」という緊張感を持続し、とっさの衝撃にも倒れないようにするってのは、さっすがに疲れてしまいますし…。
楽しく出かけるなら良いけど、その後仕事でこれまた集中の必要があるとすると、歩いて、到着したところで疲れている場合じゃないと思ったりして、犬と一緒に歩けたらな~…と。
でも、かなり!!悩んだんですけどね。
大阪や京都にもそういう施設はあるのですが、HPや直接電話をしたりして情報を得てから考えて…。結局東京に行く事になりそうです。
ま、現在は申し込んだところなんで、まだまだこれからなんですけどね。
この後はたぶん。
まず面談を受け、俺の性格や動きなどを総合的に判断してもらって、合いそうな犬が出てきてくれたら、4週間寝食を共にして訓練し、卒業…となるようです。
なので、いつから東京に行くのかとか、そういうのは全く未定ってな感じなんですけど…。
と、今日はここまでという事で。
また、なんかあったら書かせていただきます(^_^)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年12月03日 02時02分38秒

俺の「武装」

テーマ:視覚障害な「俺」
こんにちは☆
キーボード無事購入できました(笑)
という事で、ふと思いついたのですが、視覚障害者な「俺」が普段から愛用している物をちょっとだけ書こうかと…。
今回書くのは、俺の「目」を補ってくれたり、俺の「行動」を補助してくれたりしているグッズ。だいたいは市販品。それを工夫したりして、けっこう有意義に使っているので、そんなのを…。
なお、今回は商品が多いので、物によってはアフィリエートを使わせていただきますm(__)m
あ、いや。商売しようてんじゃありませんよ?
画像をゲットできないからです(笑)
ってな事で…。
可能な限り製造元などにリンクするようにしながら、徐々に紹介していきたいと思います。

まず、とりあえずパソコン。
これは、いたって普通のパソコンです。
特に視覚障害者用にカスタマイズされた物では無くて、電気店などで購入できるいたって普通のパソコンです。
ちなみに俺が使っているのは…。
dell
のマシーンです。
2,3年前の機種なのでさっすがに今は売ってませんが、安定して動作してくれる、頼もしいPCです。
ちなみに、スペックは…。
CPU:Pentium4(2.2Ghz northwood)
メモリ:PC800 (1GB)
ハードディスク:80gb
OS: Windows XP Professional(SP2)

ってな感じです。
メモリの量が多いのは、安定性を確保したかったのと、音声化したりする時、なるべくならストレスを感じたくなかったからなんですけどね。
ってな事で、普通に買えるPCです。

そして、これに
Access Technology社

VDMW300
というソフトをインストールして使っています。
画面を音声化してくれるソフト(スクリーンリーダー)です。
ちょっと不自然なおっちゃんが画面に表示される物を読んでくれます。
が、一部読めない物もありますな。
フォントのカラーは無視。大きさも無視。もちろんイメージファイルには注釈無し。HTML上だとALTタグを読み上げてくれます。
手書き風文字も…無視。文字の形を解析しているのでは無いからだと思います。
が、IEはだいたい使えますし、メーラーも使えます。
フラッシュコンテンツの一部は無理みたいですが(苦笑)
そこは工夫でどうにかこうにか…(苦笑)
ってな感じがPC環境です。
予断ですが、文字入力は普通の109キーボードを使っています。
ローマ字入力でやってます(笑)
漢字変換は音声ガイドを聞きながらになるので、タイピングの速度をかなり!損してます(苦笑)
が、タッチタイプです…。(見てできないとも言う?)
ここまでで、しゃべるPC。これを毎日酷使しながら、情報を収集したりしてます(笑)
でも、収拾の方法なんかも工夫してるんですけど、それはまた後ほど。
やり方(?)によっては、普通のビジネスマンにも「よくそんな情報を仕入れてますね…」と本気でびっくりされたりするぐらいなんで、健常者と遜色無くやっていけると思います。情報収集に関してはね。

次に、生活に使っているグッズをあれこれと…。
ケータイ電話。今どきはだいたいみなさん持ってますよね(笑)
俺だってやっぱり持ちたい!!
目が悪くても情報にアクセスしたり、メールしちゃったり、うはうはした~いっ!!
という事で俺が使っているケータイ電話が…
F881IES
なんですな…。
おそらくシルバー層をターゲットに作られたケータイなんですけど、音声ガイドがついてるのがいくつかしか無いんですな…(T_T)
なので、ある意味しょうがなく(?)使ってます(笑)
IT系には強いつもりで居たり、いろいろ試したり遊んだりするのが好きなので、本当は最先端のが欲しいんですけどね。ま、残念って事で(苦笑)
機能的にはけっこう見劣りしますが、音声ガイドが搭載されていたりして、けっこう便利は便利です。
普通のIモードページも音声化してくれるし、メールも読めるし、ちょっと工夫すれば普通にメールを書けるし…。
工夫ってのは、漢字変換の時とかにって事。変換候補をパソコンみたいにガイドしてくれないので、第1候補になりそうな言葉を入力するのです。
「昨日はありがとうございました」の「きのう」が微妙で運が悪いと「機能」になってしまいます。のでそこは「さくじつ」→「昨日」ってな感じで。。(笑)
でも、絵文字も定型的なのは読んでくれたりして、けっこうおもしろいですよ(笑)
(^^)→にこにこ
(T_T)→しくしく
(^_^)v→にこにこぶい(謎)
ってな感じです(笑)
でも、カメラが今時(?)31万画素だったり、Iアプリ非対応だったり、ミニSDもメモリスティックも使えなかったり、デコメールもできなかったり(読むのは読めるし、そんなにきっと使わないだろうけど)なんていうちょっと見劣りするとこもあるにはあります(笑)
が、ネットしたりするには十分なので、愛用してます。出先からでも、誤字する確立が高くはなりますが、いちおうメールできたりして、とても便利です(笑)
もう一つ俺が持っているケータイが…
AUのW31k
です。
これにもある程度の音声ガイドが搭載されていて、まずまず便利です(笑)
が、全ての機能がガイドされたりはしませんし、せっかくのEZナビウォークも音声による操作ガイドが無いので、自分では操作できないってのが痛いところです(苦笑)
EZナビウォーク…。音声ガイドで操作できたらかなり楽なんでしょうけど、地図とかをどうやって音声化するのかとかがかなり難しくなるでしょうし、ちょ~っと厳しいかな(苦笑)
でも、便利なとこもあったりします。
FMチューナーがついていて、FMを聞けます。そして、「お?この曲はなんだ?」と思った時、それを調べたりするのがかんたんですし、音性でガイドされます。
そこで着歌フルなどがダウンロードできる事もあります(笑)
なので、実用的とはちょっと言えませんが、遊びに使うのには良い感じです(笑)
あと、俺はめったに画面を見ないのですが、画面をのフォントサイズを特大にできたりします。
もちろんそうやると表示できる内容が減ってしまうので、かなりボタンを押す必要が出て来てしまい、不便と言えば不便なんですけどね(苦笑)
でも、ま、おもしろい感じで使ってます。
ま、ケータイはざっとこんな感じで…。

 それから、これはけっこうお薦め(?)なのですが、ICレコーダ。
ICR-S310RM
自分の声で録音しなきゃいけないってのがかなり痛いんですけど(聞くのが嫌なので…)ま、しょうがないですな(笑)
俺が使っているのは、音楽プレーヤー機能があるやつです。
操作を音声ガイドしてくれますし、保存されるデータ(声など)がMP3形式なので、PCとの連携がかんたんです。
WMAとMP3再生に対応してくれているのも魅力ですし、なにより、音楽転送に専用のソフトを使わなくて良いってとこが最高です(笑)
専用ソフトを使わなきゃいけなかったりすると、そのソフトがしっかり音声ガイドされないと、ほとんど意味が無くなります。
クリープの無いコーヒーどころじゃありません。
コーヒーの無いクリープってな感じです(なんのこっちゃ)
USBストレージとして認識されるこのICレコーダは、USB接続し、ファイルをコピーしたりするだけで、気軽に音楽を転送できて便利かと…。
【送料無料】 三洋 ICレコーダー ICR-S310RM
これなんですけどね。
暇な時は音楽聞けるし、筆記具を持って無い時はポチッと録音すればいいし、512mbってけっこう多いし、HDDが壊れて凹む事も無いし…(笑)
ミニSD対応ってのも良い感じやし、専用バッテリーじゃないからコンビニ調達可能だし、け~っこう本気で気に入って使ってます(笑)
が、しかし!
いっつも思うんですけど、ブログのネタがひらめいたりしたとき、録音すればいいのに、そのまま放置するのが不思議なんですけどね(笑)
ボタン一つで記録できるはずなのに、それをしない自分のズボラさにあきれるばかりです(苦笑)

…と、ここまで俺の「目」を補ってくれているであろうグッズをざざ~っと書いてみました。(笑)
きっと他にもあるのかも知れませんが、今思いつくのはこんな感じです(笑)
購入方法や、ご質問などは、上のメールフォームからお願いいたしますm(__)m
って事で、今日は久々に長々と…。
以前アメブロに記事をアップできなくなった時も、ざ~っとは書きましたが、生活とかそういうのについて書いて無かった気がしたので、今回はこんな感じで…(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月24日 23時17分46秒

旧記事編集画面復活

テーマ:視覚障害な「俺」
すみません。最近記事のアップができてません…m(__)m
実は、仕事でどたばたしてます(滝汗)
いや、ごたごたしてるんじゃなくて、本当に患者さんが多くなってしまったりしてます…。
ありがたいのはありがたいのですが、なかなか更新できるぐらいの体力が…(冷汗)
そして、今日ちょっと更新を。
旧記事編集画面
が使えるようになりましたね~。
お知らせ下さったまみ姉さん、直接メールしてくださった**さん…。
どうもありがとうございましたm(__)m
β版ってことなので、これからまだ改良が加えられるかも知れませんが、ようやっと…って感じです。
 思えば、俺が
この記事
を書いて、それを読んでくださったまみ姉さんが…
瞳を閉じて考えて…
という、記事を立ち上げてくださいました。
そして、まみ姉さんの記事に、たくさんの方々が署名してくださいました。
そして、俺のブログの
り、俺のブログの
視覚障害者なブロガーの独り言
という記事には、たくさんの方々から暖かいコメント、トラックバックをいただきました。
そして、俺が視覚障害者なので、そういった面からの話しが中心になりましたが、他の方々もたくさん要望を出していたみたいで…。
アメーバブログさんから、まみ姉さんのとこに…
返事が来て
そして
リニューアルブログで
こういう事
が決まり、
続報として
この記事
がアップされ、そしてついに!
この記事
にあるように、復活してくれたんですよね~…。
正直リニューアル直後は、「やっぱりここもダメだったか…」みたいな感じで、なにも言わずに静かに去ってこうかな…って本気で考えていました。
使いたくても使えないサービスがあったり、残念ながら見えていない不利なんて、嫌ってほど感じたりしてますし…。
何度かこのブログの記事にも書きましたが、視覚障害者は少数派である事に間違いは無いし、全ての事が、ユニバーサル・デザインで進んで居ないなんてことは、残念ながら身を持って知ってしまっていたりしたし…。
いちおう、頑張れば記事の投稿はできるけど、そこまでして…みたいな気持ちになっていたり。
そんな感じで97%ぐらいあきらめていた時…。
皆様が力を下さいました。
HTMLエディタで書いて、コピペして、記事をアップ
するなんていう事だって全然面倒だと思わない…。
そんな、本当にすごい力を皆様は俺に下さいました。
そして、今
旧記事編集画面
を使って、人並みに?快適に記事をアップしようとしています。
当然の事に思えることが、皆様のおかげで、ようやく今、俺にもできる…。
これって本当に嬉しいです。
本当なら、まみ姉さんの記事に署名してくださった方々全てのブログにお礼に行くべきところなのですが、それも、なかなかできない状態だったりして、本当に失礼しまくってます…(謝)
俺は、本家とこのブログ、両方やっていたのですが、最近は、こっちしか更新してないぐらい、アメブロが好きになりました。
皆様の暖かいお気持ちを感じる事ができ、なにかと無機質になりがちなネットの中で、「人」を感じる事ができた、このアメブロ。
そんなアメブロでブログできている事は、俺の喜びです。
たくさんの優しい方々に支えていただき、今こうして記事をアップし続けられるって事を考えながら、今記事書いてます。
俺の乱文乱筆まくりのブログを、読者登録してくださっている方々。
コメントやトラックバックをしてくださる方々。
こんな俺を見守って下さっているたくさんの方々に…。
本当にありがとうございました。
これからも、かなりいけてない記事が多いこのブログですが、どうかよろしくお願いいたしますm(__)m
思った事をザクッと記事にさせていただいたので、いつもに増してめちゃくちゃですが、素直な気持ちなので、今回も
このままア~ップ!!
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。