2009年06月23日 08時40分39秒

甘え?

テーマ:考える「俺」
 最近当家のお子様どもを見ていると、お子様なんて甘えるのもこれまた仕事なんでない?なんて思ってきたりする。
 そして、親。
 これが逆に子供に甘えてるんでない?とか思ったりもする。
 俺は、なるべく怒らずに、叱るように心がけている。
 怒ることと叱ることの大きな違いは、怒るのは自分が中心にあり、叱るのは基本的に相手が中心にあるということ。
 そして、叱るというのは、その後どうして欲しいかを伝える努力をするところまでであって、自分が気に入らないことを指摘するのは叱るとは違う、怒るということのような気がする。
 俺はアイメイトと生活しているが、彼がそのことを一番よく教えてくれる。
 犬が仮に3歳児ほどの知能だというなら、我が家では、まだ子供たちより賢いことになる。
 現実の生活からしても、正直今のところアイメイトの方が賢いように感じることもある。
俺の待ては絶対だし、許可があるまで食事を口にしない。無駄な声は絶対出さないし、命令には1度で従う。歩くということについては正直大人の人間よりも優れている部分が大きいようにも思うので、普段の生活の面ではこんなところか。
 しかし。子供たちだって、犬にはできないことがたくさんできる。そして、許されている。大きな声を出すこと、親の意図しない排泄、感情の表出、自由な意思での行動などなど。
 もちろん、アイメイトには厳しい訓練が成されているし、教育課程は修了しているので、まだまだ教育課程が残っている子供たちと一概に比較できるものでもない。そして、犬と人間なので、少し無理もある。
 しかし。
 生き物というところは同じ。そして、学習するという点でも、わりと同じ。教え方こそ違っても、許されることが違っていても、いろいろなことを身に着ける…ということではわりと近いように思う。
 そして、そのアイメイトに接するときの基本中の基本が…。怒らずに叱るということ、そして、褒めるために叱るということ。
 俺のアイメイトを叱るときの勢いは、正直わりとすごいと思う。少なくともその場が凍りつくほどの勢いで叱る。もちろん、度合いにもよるが、大きな失敗(命に関わるようなこと、二度とあってはならないことなど)の場合には、本当にかなりの勢いで叱る。
 しかし。それもこれも、後で褒めるため。なにがいけないのか、いけなかったのか。どこをどうするのが正解なのかということをハッキリしてからでないと、本気で叱ることは難しい。今日はダメでも明日ならいいなんてことはNG。今日がダメなら明日もダメ!今日はいいけど明日から…もNG。
 そして、子供たちにも似たようなことが言えるように思う。
 だいたいの場合「今日だけ」は、大人の都合で決められることが多い。「今日は…ま、いっか」などなど。
 しかし、子供たちがいつでも真剣に学習しようとしているとしたら、それは子供たちに対して不誠実だといわれても仕方が無い。
 子供たちこそが、もしかしたらいつだって真実を欲しているのかも知れない。
 で、今日。
 妻が子供たちに片付けるように言った。それは…いい。別に妻が言ったことが間違っているとか、そういうことが言いたいのではなく。
 ところで…「片付けて!!!」と言っても、なにをどう片付けていいのか、本当に彼らは理解できているのか?ということが、こっそり俺は気になった。
 まだ「同じ形を同じ場所へ」などという遊びもさせていない。いちおう親御さんたちは毎日「片付けて~~」と子供たちに言いながら片付けているが、本当はそんなの見てなくて、こっちは「やって見せた」とか「見ればわかるでしょ?」と思っているだけかも知れない。
 片付けるということを考えた場合、いろいろなことの複合であるように思う。
買い物に行って商品をかごに入れ、最後にレジに持って行く。片付けも、床に散乱したあれこれを、かごに入れ、最後に所定の場所に置く。子供たちから見て、最後にお金を払えば買い物で、お金を払わないのが片付けであるとか、店員さんが応対するのが買い物で、家の中でやるのが片付けだとか。お店のあちこちにあるものを勝手に入れて最後にお金を払うのが買い物で、そうじゃないのが片付け…だったり。「片付ける」という意味を明確に理解していないのかも知れないような。
 しかも、これらをもっと分解すると、その辺にある物をかごに入れるという導差は、遊びの中にもある。かごから出さなければかごに入れて遊ぶことはできない。となれば、出してから入れる。それは遊びの一部。そこを切り取って考えると、大人が「片付け!」といってかごにあれこれ入れようとしても、つい?そこからまた出してしまう気持ちも分からなくはない。大人からすると遊んだ後始末が片付けだが、子供からするとまだ遊んでいたり、遊びを再開したところで大人が「片付け」といってあれこれ入れてしまうので、つい?出してしまいたくなるのかも知れない。
 しかし、それは大人から見てとんでもない行為だ。せっかくあれこれ片付けているのに、また取り出されては大変だ。ましてほとんど全部を入れたところでかごをひっくり返されたりしたら、それはもうやってられない(笑)
 そこで。大人はつい?怒ってしまうのかも…なんて思った。
 しかし、子供たちからすると、いつだって最初はオモチャが入っているかごからオモチャを出さなければ遊べない。遊ぼうとすれば、取り出すしかない。遊びたいと思えば取り出す。なんならひっくり返す。
子供本人に時間や生活の概念が定着していない以上、そろそろ寝る時間だから片付ける…という大人としては当然の行為が、理解できないというのも、全く分からないことではない。遊ぶときにはなにも言われないのに、急にいつものようにすると大きな声を出されるとなると、どうしていいものやら…となるのかも…とか思った。
 なので今日。また長女を呼んで、ゆっくり話してみることにした。
 「いい?パパのお話をよ~く聞いて?」
長女:「きく。」
パパ:「お片づけってのは…。一度出した物を、前あったとこにないないすることを言うんだよ?分かる?」
長女:「う~ん…」
パパ:「う~ん。えっと、オモチャを出したら、それを片付けるってことは、前あった位置に…」
長女:「さんしーごーろーくなーなはーちきゅーじゅー!!できた!!」
パパ:っ!!「……。」
長女:「できたね~!」
パパ:「で、できたね。あ、あは。あははは。あはははははは…。そうだね。」
 俺は一瞬かなり驚愕したが、すぐにその理由が分かった。
パパ:「元の位置に…」
「もとのいちに」→「もとの1、2」
そう、彼女は本当に真剣に話を聞いていたのだ。自分の持ちえる知識や情報を準備して、パパの話を、だれより真剣にしっかり聞いて、理解しようと努力していたのだ。
 もう少し俺に心の余裕がなかったら、もっと俺が疲れていたりしたなら…「関係ないことを言うな!!」と怒ったかも知れない。長女が全力で話を聞こうとしたその姿勢さえも否定してしまっていたかも知れない。
 危なかった。本当に危なかった。
 それにしても…。
 長女よ…。本当に賢い子だ。よくそこまで集中してパパの話を聞いてくれた。
 賢いってのは、別にだれと比較するべきもんでもないし、比較できるもんでもない。そして、比較されても、その結果を気にする必要はない。勉強のできる、できないなんかはいつか比較されることがあるかも知れないが、本当の意味で賢い者が最後には笑う。そして、笑った回数が多ければ、きっとその人生は豊かだったといつか言える日が来る。
 本当にそう思った。
 そして、ひょっとしたら甘えているのは親の方で、都合のいいときは「ちゃんと見て勉強しといてよ!」というくせに都合が悪いときには「そんな言葉だれが教えた?」なんてことを言い出したりするのかも…なんて思った(笑)
 当家のお子様どもは、保育園や幼稚園に行っていない。ということは、テレビか、親しか情報源が無いことになる。
「いったいこれで何度目!?」と子供が1度で理解してくれないことに怒っても…。
もし、1度でしっかり記憶されたり、理解されてしまったら、勘違いや誤解で怒ってしまった場合にも記憶してしまうことになり、それは親として大変やりにくい(笑)矛盾だってきっとわだかまりとして子供たちの心に残ってしまうことになるだろうと思う。
 そう考えると、親としてはちょいと面倒だが、やっぱり何度も言って聞かせるとか、やって見せるとかして。それは自分が一方的にしてあげているのではなく、子供たちに矛盾や誤りを忘れてもらっている…と理解すると方が、なんだか怒らずに済むのかな?なんて考えた。
う~ん。難しいですね(笑)でも、面白いです(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年06月21日 03時57分12秒

生きてます。

テーマ:ブログ
 こんにちは。
生きてます(笑)
 最近は、パパ業をしたり、原因不明で膝が痛くなって歩けなくなったり(今は80%ぐらい快復)してますけど。
 いや、ね。
 お子様ども?の成長が面白くて…。
 面白いって、いや、ほんとに笑えてしまうことばかりで(笑)
 もう…。
 先日長女との話。
パパ:「今日なにした?」
「お買い物に行った。」
パパ:「そうか。お買い物か~。いいな~…。」
「いいな~」
パパ:「なに買ったの?」
「え?宝の地図。」
パパ:「た、宝の地図!?」
「そう、宝の地図。」
パパ:「へ~~。そういうのは売ってるもんなの?」
「売ってないね~…」
っ!!
とか。
「パパ!宝の地図どうじょ♪」
パパ:「ん?宝の地図!?」
「そう、宝の地図。」
パパ:「た、宝の地図ときたか。どれどれ?見せて?」
「はい、どうじょ。」
パパ:「こ、これが!あの宝の地図か~~!!ん~~!!なっるほど~~!!どこにあったのこれ!?」
「**(長女)が書いた。」
パパ:「ということは、**は、宝のありかを知ってるんだな!?」
「船の中にあるよ」
パパ:「え!?船!?ど、どうやってその船に乗るんだぃ?」
「ロケットで行くんだよ」
パパ:「ロケット!?」
…リトル・アインシュタインの影響らしい(汗)
 そう、宝物はお前の中にこそある。きっとそれはお前にとっても、この俺にとっても、とても大切で、二つとない宝物に違いない!
 …とほんのり感動した辺りで…。
「パパ!」
パパ:「なんだぃ?」
「いひいひひひひ」
パパ:「な、なんだなんだ?」
「音楽!」
…。
リトル・アインシュタインは、音楽と映像を結びつけていて、リズムなども視覚的に表現されたりしてるのですが。
 たっしかその宝の地図の話のBGMは…。ビゼーではなかったか?
 口笛を吹いてみると…。
「パパ!もう少しだね!」
どうやらそのリトル・アインシュタインの主人公になってるらしい。
「パパ、これこれ!」
パパ:「そ、そうか。」
しかし。俺は気付きました。
 彼女の中での音楽は、ビゼーのその曲だけ。
「い、いかん。音楽なんてのは、いろいろあって、その一部にビゼーの音楽もあるのだ。訂正せねば!」
さっそくゆーちゅ~~ぶ!(笑)
 彼女の知っている(音楽だと思っている)曲を探して再生!
「パパ!音楽だよパパ!!」
パパ:「いや、実はこれも音楽なんだけど、違うのも音楽で…。」
「…」
パパ:「これはね?ビゼーが作曲した、カルメンの序曲。えっとえ~っと。。」
「…。」
パパ:「カルメンのプレリュード!!」
「…かりめん!」
パパ:「違う。カルメン!」
「はるめん!」
パパ:「か」
「か」
パパ:「る」
「う」
パパ:「違う、る!」
「る」
パパ:「め」
「め」
パパ:「ん!」
「ん!」
パパ:「カルメン!」
「カルメン!」
パパ:よし!OK!カルメン!!」
「カルメン!カルメン!」
…。これでいつでもカルメンが…いや待て。なにやら話しをしてみると「音楽」という単語が「カルメン」と入れ替わっているではないか(滝汗)
パパ:「あ、え~っと。違う。カルメンなんだけど、音楽!」
「……。」
「ビゼーというフランスの人が作ったえっとあの、オペラっていうか、あsの、なんていうか。その。あ~っと。…。」
「オペラ!」
パパ:「あ~!いやいや。そうでなくて。」
「……」
パパ:「えっと、あの、音楽なんだけども、カルメンも音楽なんだけど、他の音楽ってのもあったりして、あの。」
「カルメン!」
パパ:「(なんとしても正確に教えなければ…)あ、あの。音をある程度こう、なんというか、規則的にというか、え~…あ~…」
「カルメン!」
パパ:「そ、そうなんだけどね。よし!この音楽が聞きたくなったらママに…」
「……」
パパ:「カルメンのプレリュードが聞きたい!って言ったら聞かせてくれると思うよ、う、うん。」
「カルメン!」
パパ:「いや、あの。カルメンにはたくさん種類、あ、ま、いっか。カルメンのプレリュードって言わないとわかんないと思うから…。」
「カルメン。わわわわ~!」
パパ:「プレリュード!」
「プレユード」
パパ:「惜しい。ぷれりゆーど」
「プレリュード!」
パパ:「ん~!!賢い!カルメン、プレリュード!」
「カルメンプレリュード!」
パパ:「よしよし。カルメンプレリュード!」
「カルメンプレリュード!」
はあ、疲れた(笑)
 いつもこうなるんですよね(苦笑)
より正確に答えようとすると「え、あ、あの、その…え~…」みたいな(笑)
でも、てきとうな事を言うのも真剣に質問してよこす2歳児に失礼な気がするし。
吸収できるうちにしとけ?とも思うし。
 でも、正直そこまで必要なのか?とか思ったり。
そのうちアニメで「微分」とか「積分」とか言い出して、俺に質問してよこしたらどうしたらいいんだ?とか…(汗)
 DY/DXとか、インテグラル(∫)とかラウンドディー(∬)とか説明するつもりなのか?とか。
 どこまで正しく説明していいものやら…。
 かといって、「後は大人になってからね!」というのも逃げるようで好きじゃないし…(苦笑)
 考えて理解できそうなことであれば結論の方向に誘導すればいいので楽なのですが、知ってる、知らないの問題になると、これがなかなか…。
かといって、ラウンドディー(∬)なんて、知らなくても絶対幸せになれるような。なんなら、知らない方が幸せになれるかも知れないような(爆)
 彼女が中学生ぐらいになって、保健体育(まだあるか知らんけど)でAIDSの話なんか習ってきて質問してよこしたらどうすんだ?みたいな(笑)
 いや、どうしたら感染するとか、そんなことはふつうに説明しますけどね。
予後とかそんなんまで説明してしまうのではないかと我ながら心配で…(笑)
 どこかで「心臓発作で倒れた」とかって話を娘が聞いてきてそれを質問してよこしたりすると…。
「おそらくそれは心室細動の状帯になってしまったので、カウンターショックとかで蘇生を試みたんだろうけれども、結果として無理だったということで…」とか言い出しそうで(苦笑)
 いつでも子供たちとは真正面から向かい、話をするように心がけている…といえば聞こえだけは良いのですが、なんかおかしくない?と我ながら思ってしまいます(苦笑)
 あまりに世知辛いことなんかは説明しないつもりですが、科学的「なぜ?どうして?」には真剣に応えてあげたいとも思いますし…。
うむむむむ(笑)
どうなるんでしょうね、どこ行くんでしょうね、我が家(爆)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。