2007年02月17日 13時16分54秒

昨日思いついたこと

テーマ:考える「俺」
昨日ふと考えたのですが…。
=(イコール)の使い方が、とても大切なんではないかと。
いや、生きてくときに…。
あのアインシュタインでも大脳皮質の数パーセントしか使っていなかった…みたいな話をどこかで聞いたような。
 とはいえ、今の医学で解析できない部分を使っていたり、アインシュタインだからこそ記憶の仕方が効率的だったりしたのかも知れないけど。
でも、もし本当に数パーセントしか使っていなかったとしたら…。
本当に人間という生き物は無駄の多い…(嘘)
いや、これからが楽しみな生物なのかも知れません。
 と、脱線しましたが…。
 記憶力ってのは、なんとなくですが、限界があるような気がします。
俺はあまり塾に行ったり、受験勉強をした方ではありませんのでえらそうにはいえないのですが、なーんかそんな気がします(笑)
 で、この記憶力を節約(?しようとすると、どうしても必要になるのが…
=(イコール)
なのかな?なんて。
 1+3=4
だと、1と3を足した物は4と同じだと書いてるんですから、きっとそうなんでしょう(ぉぃ)
ま、いまさらですが=(イコール)は、等号ってことなので(一緒)っていう意味なのかと思います。
 で、このイコール(=)ってのは、生きてくときに、とても多く使うもんなのでは?なんてふと思ってみたりしました。
 なんせ、違うか、一緒か…なんですからね(笑)
 なので、その線引きさえしっかりできれば、無駄に暗記したりしなくても、プロセスから答えを導けるのでは?と。
 でも!!
ここで大切になってくると思われるのが「確かな目」かと。
 α+β=a+b
とした場合
aとαは似てますが、違うわけですよ。
で、αをA、βをBと読んでしまうと、いわゆる…
そのまんまやん
となってしまうんですな(冷汗)
 そりゃ、AとB足した物は、AとB足した物と一緒なんてこた、言われなくても分かるってなもんです(冷汗)
 しかし、αとA、βとBは似て非なるもんなので、本当は違う物なわけです。
こうなると、導かれる回答が違ってきますし、その回答を利用して次の問題を解く必要がある場合、そこから全てが誤りとなってしまいます(滝汗)
 時計の針が右にしか回らないことを考えると……。
 別に全てのことが1度やっちまったらそれまでよ。
とは決して思いませんし、だいたいのことは修正可能だったりもしますが、価値観とかそういうのはね…。
経験とかそういうのから得られた教訓なんかも……。
 「払えない」と「払わない」が、結果から見れば同じような感じでも、微妙に違う…みたいな。(ぉぃ)
 確かな目を持って、=(イコール)していいものを=(イコール)する。
 そうすると、いろいろなことからいろいろなものが導き出せる…のか?なんて思いました。(謎)
ま、どうこう言っても、一人一人違う人間ですし、本当に=(イコール)できるものなんてそうそうないような気もするのですが…。
だからこそ、=(イコール)できるものを発見したりしながら記憶域を節約(?)しつつ、なるほどな~…と思いつつ…。
生きていきたいな~…なんて俺は思います(^_^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。