2007年01月12日 20時55分07秒

期待に応えるってこと

テーマ:真面目な「俺」
 いまさらですが、明けましておめれとうございますm(__)m
 ということで 挨拶も早々に本題へ。
 期待に応えるってこと、そして、それを続けるってことって、本当に難しいな~…なんて感じました。
いや、前からそれはわかっていたようなんですけど、最近なぜか特にそう感じます。
俺は自営業をしていますし、お客様のニーズに応えるなんてのは基本中の基本。というか、それしかないやろってぐらいの話だと思います。
が、それを毎回やろうとすると、本当に辛いというか、精神力が要るというか…。
漠然と仕事をするのは大嫌いですし、プロとしてそれはあってはならないことだと強く思っていますが、でも…。
正直どうしたらいいのか分からなくなることもあります。
 期待に応えることを繰り返せば相手の期待はだいたいの場合増していきますし、その増した期待に応えるなんてのも、最初に期待に応えたときよりもずっとずっと体力を消耗する…みたいな。
ついつい(?)「俺はそんなにできた人でもないし…」なんて事が言いたくなってしまったりします。
 が、それはきっと無責任なのかも知れないと考え直し、また期待に応えるためにはどうすればいいのかを考える。
けど、気力や体力には残念ながら限界みたいなのがあるようで、応えているつもりでも現実を見ればそうは言えない結果が出てしまっていたりもする。
それに落ち込むけど、それでもやっぱり…期待に応える努力を止めることは、プロとしての自分を捨てることになりはしないかと、また気を取り直す。
 そんな感じな最近の俺です(苦笑)
 仕事面だけについて言えるんじゃなく、普段でも…。
プロって名前こそつかないことをするにしても、やっぱり期待されるとそれに応えたいと思う。でも、それが思うようにできない。
そうなると、自信をなくしてしまったり、どうしていいのか分からず現実逃避したくなったり。
 基本的には良心と自分なりの価値観で自分の歩くべき道を探しているはずなのに、一瞬後悔にも似た、疑心暗鬼みたいな感じになってしまったりもして。
でも、王道がないからこそ、ある意味全てが王道だからこそ…。
それぞれの人の人生はすばらしく見えるのかな…とも思ったりします。
 別に仕事がいやになったとか、今の俺自身がどうしていいのか分からなくなったとか、そういうのじゃなくて…。
期待に応え、それを当然のこととして生きてくってのは、本当に大変なことなんではないのか?と再認識したって話なんですけどね。
 でも、大変なことだからこそやってみたくなるのも俺なんですけどね(苦笑)
終着なんてなくて、自分の意図しないところでピリオドが打たれる人生だからこそ…。
面白いのかな?なんて思います。
これからも……。俺らしく、俺なりの応え方でやって行きたいな…と思います(^_^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。