1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年06月30日 21時56分18秒

琴線

テーマ:考える「俺」
琴線に触れるってのはよく言われる言い方。
読者や聞き手の心に響く…みたいな意味だったと記憶している。
 が、今日書きたいのは、悪い意味での「琴線に触れる」って事。
ようは、言ってはいけない事や、してはいけない事なんかをされた時、心に響く「プチッ!」って音。(苦笑)
 普段の俺はおもしろい事を言ったりやったりするのが大好き。
関西人では無いが、ボケてなんぼな感じ。
ではあるが、これが不幸を呼び「なにを言っても怒らない人」みたいになってしまう事がある…(苦笑)
かなりこれはいけてない(笑)
本当は仕事へのプライド、自分へのプライドを高く持って行動しているつもりなのに、いきなり!!琴線に触れる一言を言われたり、行動をされたりして、俺の心が音を立てる事があったりする(苦笑)
しかも!それを感情的に表現できれば楽なのかも知れないが、それがなかなかできないのが「俺」のようだ(苦笑)
俺様として仕事をしたり、日々を過ごしたりしているものの、別に自分に絶対の自信を持っているわけでは無い。
どっちかってと、自分ほど不確かな存在は無いなんて思ってみたり(笑)
 別に俺のプライドを傷つけられたからって心が音を立ててしまう事はさほど無い。
全くと書けないのが痛いところではあるのだが(苦笑)
俺の心が音を立てる時って…。
相手の非道徳的言動、短慮、身勝手、人権を無視した言動などを感じた時…が多いような気がする。
エゴなのも別に良い。自分で責任が取れる範囲であれば…。なんなら、素敵に見えたりもする。
非常識なんてのもさほど気にしない。常識に左右され、自分を見失うよりはよっぽどましだから。
しかし、相手がある事であれば、相手の事を考えた振る舞いをしなければならないだろうと思う。
生き方や思想なんてのは、他人がどうこう言っても責任なんて取ってくれないのだから、自分らしく自分のフィールドでやればいい。
しかし、相手と関わろうとしたり、相手が在る場合、自分だけのルールではやってけない…そう思うのだ。
それがきっと
「相手を大切にする」
って事に繋がっているような…。
俺はプライドも高いし、ある程度の自信はある。特に仕事に関してはそうだ。
だからこそ、自分が他のプロのお世話になる場合、聞かれた事以外には答えないし、プロの判断にゆだねる事が大半。
自分もプロだからこそ、相手を尊重しなければならないと思うから。
どんなに俺の方が知っていそうな事柄でも…だ。間違いがあると気付いたら、こっそり自分の中で訂正したりする事もたまにあるが、それでも基本的には素直に従う。
別に俺がプロだから、患者さんに「俺に従え!」と言いたいのでは無くて…。
相手を尊重するって事を表現するのに、これが便利だからたまたま出しただけの事。
俺だって、ヒントはたくさん欲しいし、患者さんにたくさんお話を聞いたりしながら治療の方針を決めたりしているところも多分にあるし(笑)
相手の心情を無視したり、境遇を加味したりせず、自分の意見を言うだけだったりする人を見ると、それは俺敵ルールの「短慮」に該当し、俺の心が音を立てる。
人権を無視した行動なんて難しい事を上で書いたが、それもまた同じ。
字にすれば難しい感じだが、全ての人間が生まれながらにして持っている物。それは個性などとも結びつき「個」を形成していると俺は考えている。
人間を相手にしようとすれば、必ず付いてくる物。個性なんてのは、ある程度変更可能なのかも知れないが、この人権だけは、だれにもあって、最も大切にされなければならない物。そんな気がする。
しかし、いろいろな個とで人は争う。法治国家においての「法律」は、個々の人権を尊重するとともに、調整する…みたいな感じで機能してるのかな…なんて思ったり。
ちょと脱線するが、日本国憲法では、
「幸福を追求する権利」
は保証されているが、
「幸福になる権利」
ってのは保証されていない。
幸福ってのが個々人によってばらばらだからだ。
俺はいつも言っているように、職場の上司と折り合いが悪い。俺が幸せに、円滑に、仕事をしようと自分勝手に考えれば、さっさと首でも絞めてしまえば良い。(爆)
しかし、相手(上司)にだって、人権がある。頚を絞めてしまうのは簡単と言えば簡単だが、相手の人権を著しく無視している事になるし、それは法的にも、道徳的にも許される物では無い。
俺が持っている「人権」と同じ物を、俺の大嫌いな人、許せない人たちだって、持っているのだ。そして、それは如何なる場合でも尊重しなければならない…。
ま、素直に言えば、かなりやっつけたい時もあるが、俺が犯罪者になってまですべき事では無いと思っていつも冷たく笑って終りだ。(苦笑)
俺にとって「彼らが居ない事が幸福」だからって、それを実行する分けにはいかないのだ。
幸福はある意味エゴだ。感じ方、考え方によっては、他人が不幸だと思っても幸福な場合さえある。
女王様に鞭打たれて、屈辱的な扱いを受けても、それが喜びに感じる人だって居るんだし…。
幸福になろうとするのは個々人が努力すべき事。しかし、幸福の形が明確で無い以上、幸福になる権利は保証できないのだろう。そんなのやってたら、法律など無用になってしまうし(汗)
で、話しを戻すと…。
人権。堅苦しく考えなくても、自分と同じ大切な物を相手も持ってるという認識があるなら、それで良いんでは?
なんて思ったりしている。
が、最近いわゆる「無神経」な言動に、俺の心が音を立ててしまう事が多くなってしまっているような感じ。
俺は俺様として、マイペースで生きている。が、なにを言われても怒らない分けでは無いし、なにをされても笑っていられるほど、できた人間でも無い。
特に最近は自分の事で精一杯。今後の生き方を決めるべき時な気がする。
のに、心が悲しい音を立ててしまう事も多くなってしまっている。(苦笑)
正直一人になりたい時も、優しく見守って欲しい時も、そっと支えて欲しい時も、褒めて欲しい時も、愛を感じたい時も…あるのだ。こんな俺でも(笑)
はぁ…今日も取りとめが無かった(汗)
琴線を切ってしまえば、心が音を立てないのか?とも思うが、そうしてしまう事は、俺が俺では無くなる事を意味する気がする。
俺は、この感度を維持したまま、今後も生きたい。
が、できる事なら、しばらくなにも考えず過ごしたい様な気もしてきた。(笑)
あ、仕事は大好きなんで、これからもやりますっ(^_^)
というか、仕事してるのが楽しいんで☆
職場は大嫌いですが、仕事は大好きです(笑)
ま、今日はちょっと最近俺の琴線に触れる人や事が多いっていう愚痴(?)でした(汗)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月29日 03時35分01秒

最近…

テーマ:ブログ
ブログの更新がかなり鈍足になっているGodhandです(汗)
いや~…前回の記事について、真剣に悩んだりしてます。柄にも無く(冷汗)
どうすべきか…。
 実はこんな時に、もう一つの選択肢が現れた!!
同僚のI君が独立を真剣に考え、実家(長崎!?)で、土地を探したり物件をあさったりし始めたらしい(冷汗)
さすがに毎日長崎に帰ってはいられないので、ご両親の力を借りながら、良い物件を探しているとのこと。
そんなI君に…。
「もし**(俺)さんさえ良かったら一緒にやりましょ~~」
と声をかけられてしまった(T_T)
 ちょっとIさんについて書くと。
俺と同い年の31歳。
勤勉な態度で仕事をする男。
話し方は、ズバリ!!
まるおくん風(笑)
返事はいつも「はい」では無く「はいぃ~」みたいな(汗)
根はとても優しく、使う言葉も標準語。
いつもお客さんからいただいたチップで職場にお菓子を買って来てくれるほど、みんなに気を遣う優しい人。
しか~しっ!!その実体は!!
ずばり!!
ハカイダー!!(爆笑)
彼の仕事は物凄い。
敢えて漢字。
本当に凄い(汗)
強い力で揉まなければならないようなお客さんをほぼゲット。
以前俺が「豪腕I」と命名したほどの力の持ち主だ(爆)
なよなよしたような話し方にだまされるともう大変!!
ちょっと愛想の悪いようなお客さんがやってきて…。
「右肩から揉んでや!!な~んぼ力入れてくれてもええで?びくともせーへんからな!」
と、Iさんに言ってしまう事がある。
しかし!!なよなよした話し方とは対照的に、その豪腕っぷりは、今俺が勤務している店内では最強。全社員の中出もトップクラス。
しかし、Iさんはそのなよなよした調子で言うのだ。
「え~っとぉ~…あまり強い力で揉んでしまうと、明日痛くなってしまったりするかも知れないのでぇ、最初はほどほどの力からさせていただきますぅ~」
すると、だいたい挑戦的なお客さんは言う。
「なんでやねん!なんぼやってくれてもええって言うたやろ!!力いっぱいやって~や!」
と大きな声で言ってしまう…本当にしまうって感じなのだ(冷汗)
そこでスタッフたちの中に「あ~あ…言うてもた…」というやばい空気が流れる。
しかし!!Iさんは動じない(爆)
「えっとぉ~…そしたらぁ~…最初から強めにさせていただきますぅ~~」
…その数秒後…。
Iさんの周辺から低いうなり声が聞こえて来るのだ(爆)
言ってしまった手前、お客さんも訂正できないのだろう。(冷汗)
しかし、Iさんは優しく言うのだ。
「強さ、足りてますでしょうか~~ぁ?」
怖いほどの冷静さと優しさ(爆)
うなってるお客さんはなにも答え無い。すると素直なIさんはそのままの強さで仕事を続行してしまうのだ(爆爆)
そうしてお客さんはどえらい力で揉まれ、へとへとになって帰っていく(滝汗)
俺から見ても、お客さんが術者の質問にちゃんと答え無い事や、技術者をどう思ってるのか…というのがあったりするので、別にそれを悪いとも思わないが、それでも本当に!!
Iさんは、まさに!!ハカイダーなのだ(冷汗)
いつでも笑みを絶やさず、どえらい力を発揮するIさんを、俺は尊敬している。
さておき…。
そんな豪腕Iさんが、改行を真剣に考え、俺にちょこっとだけ声をかけてくれた。
本当に嬉しい。
そんな豪腕Iさんに認めてもらえたかと思うと、無条件に嬉しい。
ところで、俺の仕事の質ってのは…。
いつでも思考しながら仕事をする感じ。
Iさんに次ぐ力を持つとされているが、根がズボラなため、そんなに力んで仕事はしない。
必要だと思えば本当に力を入れるが、そうでも無ければ…。
ポイントを重視。お客さんと楽しく話しながら、なぜ今の状態になり、不調を感じるようになったかを聞きだし、原因を推測する。
そして、俺のすべき事。お客さんが俺に期待している事。そういうのを総合的に感じたり考えたりして、治療していく。
いろいろな話題をしながら今のお客さんの体の状態を説明させていただき、施術する。
話の内用も、本当にばっらばら。というか、お客さんに合わせる(汗)
息子として思うところ、独身男性として思うところ、部下に当たる年齢の一人の男が思うところ、彼氏や夫の思うであろうところ、上司として思うところ、兄や弟として……
など、そのお客さんに合わせて話しをする。
よって、恋の相談や、会社での愚痴、嫁姑問題、子育てや育児、会社経営、現在のIT技術の動向、医療者としての意見交換、息子の本音と建前などなどなどなど……
本当に、い~っろいろなのだ(冷汗)
お客さんA(専業主婦)の嫁姑話しを聞いた10分後には、お客さんB(医師)と医学な話し。その後にはお客さんC(OL)の職場の愚痴を聞いたりして、その後はお客さんD(会社経営)とマーケティングの話をしたりとか…。そして極め付けにお客さんE(大学生)の、恋や学問の話しなども…(冷汗)
正直自分でもよく頭がおかしくならないと思うほどにいろんな話しをしながら仕事をしている(冷汗)
しかし、相手の期待している答えばかり言っても、それは本当の意味で「期待に応える」って事にはならないと俺は思うので、「俺が思うには…」と前置きした上で、俺なりの意見をハッキリ言うようにしてみたり…(笑)
あんがい自分の意見を誤解の無いように伝えようとするのって、難しいな~…みたいな(苦笑)
とにかく、そんな感じ。(どんなんだよ…)
こんな俺なのだが、Iさんに声をかけられたのだ。
実はIさんの家は、自営業で居酒屋をやっている。そして、今の俺の仕事ってのは、けっこう「食えばできる」系の仕事な気もしている(笑)
「食べるのには絶対不自由はさせませんしぃ~…もし良かったら一緒にいかがですかぁ~?」
なんて声をかけられたりすると、本当に嬉しい(笑)
Iさんは、お金にはあまりうるさく無い。俺もそう。
喜んでいただければそれでいい。
自分たちが生活していけるだけの収入を得られればそれでいい…。あとは、質で勝負!
そんなとこもIさんと俺は、よく似ている。というか、同じだ。
不器用で豪腕とされるが人当たりは良く、正直で勤勉なIさん。
器用だし力もほどほどにあるが、患者さんとのコミュニケーションを大切にし、どっちかってと学問と技で仕事をする俺…。
仕事に妥協せず、お金にあまりこだわらないIさんと俺。
そんな二人が力を合わせて仕事をすれば、理想の治療印が造っていけそうな予感がかなりする。
裕福とは言えないまでも、普通の生活はできるだろうし、これまで培ったノーハウも生かせる。そして、彼の実家は居酒屋さん。毎日食べ放題の飲み放題(!?)だ(ぉぃ)
が!!
両親を安心させたいと思ったりする俺も居る。
結婚をし、孫の世話を焼かせたい(爆)
きちっと決まった給料がもらえて、将来に不安の少ない…。
別にIさんと一緒に開業するからって、それらが不可能になるとは限らない。もしかしたらそっちの方が良い結果が出せるかも知れない。
俺をこれまで支えて来たのはプロとしてのプライド。職場の利点でも無ければ、大阪という土地でも無い。まして報酬などでは絶対に無い。
今、長崎に行く事を決断すれば、自由がある。ゴッドハンドのままで居られる。が、安定するまでは、かなり苦労するだろうし、両親からはかなり遠くなる。なんなら、兄よりも距離としては遠くなる。
両親の住む町に行ったら、少なくともゴッドハンドでは無くなる。全く違う環境に慣れながら、仕事を憶えることになる。ひょっとしたら自分らしさなんてのは、全面には出せないかも知れない。そして、患者さんと関わる事ができなくなる。
本当に…。
正反対っぽい事を決断すべき状況になった感じ。
どっちに行っても、利点も欠点もあるだろう。どっちが優れてるとか、どっちかが劣るとも俺は思わない。
ギャラだって…俺と、俺の家族が食ってけるぐらいもらえればそれでいい。
やり甲斐なんて、やってみなければ分からない。
長崎に行ったら今と同じか、それ以上の気持ちで仕事ができるだろうし、両親の住む町に行って仕事をするにしても、俺に経験が無いからやり甲斐を感じないだけで、ひょっとしたらもっとすごい生きがいを感じられるかも知れない。
本当に五分五分。
どうしたもんだろう…(滝汗)
ま、纏められなくなってきたので、今日は…
このままア~ップ!!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年06月27日 07時31分07秒

名刺なんて注文してみた…

テーマ:働く「俺」
 こんな時間までかかって、名刺の注文なんかしてみました(汗)
見えている人に、画面を見てもらって、デザインを決め、レイアウトも決めました。
いっくら俺がPC使えるからって、俺一人で名刺を注文するってのは難しい物がありますな(冷汗)
「俺らしいデザインで…」
とお願いしたのだが、しっかり選んでくれた。
書く内用についてはかなり悩んだが…(冷汗)
さておき、どうにか注文した。あとは来るのを待つばかり♪

前の記事に書いたように今の職場を退職して公務員になるとしても、月に1回ぐらいは帰ってきて、自分の患者さんをやっつけ、いや、治療させていただきたいな~…なんて。
なんで「やっつける」とかって言うかと言えば。
だいたい
「あいたたた…」
って言わせてしまう事が多いから。
とは言っても、不調はしっかり改善…する方向に持ってけるようにしてみたり…。
さておき、いつ職場を辞めるか分からない状況だったり。
いや、火種は前からあるし…(汗)
ここでも何度もいろいろ書いているように、偉い人たちとの折り合いも悪いし…(汗)
前から名刺を作りたいとは思っていたのだが、それをついにやった…みたいな感じ。
これを、俺がフォローしていきたい患者さんにむりやり(?)もらっていただいて…(爆爆)
まさにこれこそ
「押し売り」
(爆)
しかし、なにも言わずに退職するなんてのは、患者さんが困るだろうって前に、俺の気持ち的にいけてない感じ。
今の職場でもや~っすい名刺は作ってくれるが、いまいち、いや、かなりいけてない感じ。
さらに、個人的連絡先なんてのはもちろん書いて無いし(汗)
今回俺が作った名刺は、個人の連絡先しか無い(爆)
公務員になっても、他の仕事をしても…。
違う場所で鍼灸師として働いても…。
大切な患者さんといつでも連絡が取れるように…。
とは言っても、お一人お一人にお聞きするのも申し訳ないので、せめて俺の連絡先でも…みたいな(汗)
住所もまだ決まっていないので、メルアドとかが中心になってはいるが、どれかを使えば必ず俺に連絡が付くはず…(汗)
ん~。これでちょっとは安心。
とは言っても注文しただけなんで、これから押し売りしないと…(冷汗)
…断られたらどうしよう(滝汗)
こうなったらこのブログを読んでくださっている読者の方々にも…記念に…
とは思いましたが、断られると悲しいのでやめときます(冷汗)
さておき…決断しなきゃいけないと思うと、なかなか決断できないもんですな(冷汗)
やばいです。マジでそろそろ決めないと…(冷汗)
職場は嫌いなんだけど、仕事自体が好きってとこが痛い(冷汗)
書くと本当に崩壊的文章になるので、また整理できたらここで…(笑)
今日は、ちょっとした近況報告をさせていただきました(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年06月24日 11時39分14秒

二つの道

テーマ:働く「俺」
 昨日突如入ってきた情報なのだが、俺の両親の住む町で、公務員を募集しているらしい…。
ま、町と書いたが、町か市か、件かは…秘密☆
それにしても、とにかく募集しているそうだ。
そして…。
今、俺の前には、二つの道がある。
一つは、今のまま仕事を続ける。
もう一つは、両親の住む町に行って、公務員試験を受け、勤める。
けっこうな激戦が予想される地方公務員試験ではあるが…。
要領と集中力が持ち味な俺のこと。
それなりに、そこそこ、微妙な感じで勉強し、今から備えていけば…と思ったりしている。
このまま仕事を続けていく道を選んだ場合…。
俺はきっとずっと「ゴッドハンド」で居られる。俺が努力を怠らず、日々進歩する事を止めなければ…。
ある程度患者さんは定着しているし、このまま仕事を続けていけば、けっこう良い線いけるだろうと思う。
しかし、完全歩合だったり、将来に繋がる物ってのがそんなに無い感じ。
それから、今のような薄給では、やってられない予感(苦笑)
さらに、このブログにもよく書いて居る事だが、偉い人たちとの折り合いが悪い(爆)
俺は、施術を始めた瞬間から、お帰りいただくまで、全責任が俺にあると思って仕事をしている。そして、患者さんは、人に着く…と信じている。
人ってのは、術者ね。
俺について言えば、俺って事。そりゃ、利便性などを考えてお店に着く人も居るかも知れないが、指名のお客さん(患者さん)となれば、おそらく術者に着いていると思う。
しかし、うちの会社の偉い人たちは、それを認めようとはしない。
よく注意されたりするときは…。
「あんたもこの会社におってなんぼやねん。お客さんは、この店に来てんねんから…。あんたの代わりはなんぼでもおるしな…。あんたもこの会社で働いてるんやったら、従ってもらわな…」
みたいな事をよく言われる(笑)
そりゃ、一理あるような気もする。(笑)
最初にお客さんがお店に来てくれてなければ、俺の患者さんにはなっていない。
しかし、そこからは自分で言うのもおかしな話だが、俺の力でどうにかしてきたはず。
俺が人並みだったら、数時間待ってでも俺を指名したりはしないだろうと思う。
そして、患者さんが知り合いを紹介してくれる事も無いだろうと思う。
ご家族や知り合いの方を紹介していただくってのは、本当に難しい。患者さんご本人に満足していただいた上、さらに「この人ならきっとあの人も満足させてくれる」という自信みたいな物を持てなければいけないだろうし、どこに出しても恥ずかしくない…ぐらいに思っていただかないと…。
なので、ご紹介いただいた患者さんを施術する時は…。
俺のプロとしての誇りと自信に加えて、俺を紹介してくれた方の気持ちも一緒に持って仕事をする。
正直かなりのプレッシャーだが、ご満足いただいた時の喜びと言ったらもう…。
ま、さておき…。そうやって俺個人として施術している場合、だれが院長だとか、社長だとか、そんなのは関係無くなる。
俺が居ればそれでいい。
技術が似ているとか、優しいとか、そんなのも実は言うほど関係無いのかも知れない。
俺が居なければ来ない…それだけの事。
しかし、お越しいただけなければお店としての収入は下がる。
その辺を偉い人たちはどう考えてるのかな~…ってな感じ。
「代わりはいくらでも…」
と言う言葉を聞く度に笑いたくなるが、そこで笑うと、本当に喧嘩になるので我慢しているのだが…(苦笑)
とは言っても、俺にはたくさんの患者さんがいらっしゃる。そういう人たちを放置して転職するってのも、な~んか納得がいかないような…。
いつでも俺らしく、西洋医学と東洋医学を混ぜ合わせた術式を考え、集中しながら仕事をする。そうしているうちは、ずっと
「ゴッドハンド」
で居られそうな気はする。
もう片方の道を選べば…。
少なくとも俺は
「ゴッドハンド」
では無くなる。別に手が無くなったりはしないから「…じゃなくなる」という表現が相応しいかは謎だが、それでもやっぱり
「ゴッドハンド」
では無くなる予感がする。
さとみ先生に憧れ、医師になる事を志た男が…。それが、全く違う道へ…ってのは、正直どうなの?って気もする。
しかし、ギャラは歩合制では無いので、生活は安定するだろう。肩書きは大嫌いだが、それでもいちおう公務員。将来設計もしやすいだろう。無論、合格すればの話だが…。(汗)
そして、両親の近くに居られるってのは良い感じ。
別に両親が居ると楽だとか、そういうのでは無くて…。
実は、両親と兄は、かなり疎遠。
兄は結婚していて、二人の子供も居る。両親にとっては孫になる。
しかし、両親が孫を抱いた回数なんて、数回だろうと思う。
子供が大好きな母。大好きとまでは言わないし、遊んであげたりするのも下手だが、子供を見ると優しい顔になる父。
そんな両親の近くに居たいな~…なんて思ったりする。
以前、両親と兄の間でトラブルがあって以来、かなり疎遠。
最近兄は内緒で両親にお中元を贈ったりするようにはなったが、そこまで。
母が、兄の家になにか送っても、「どうもありがとメール」も無し(汗)
母も別に礼を言われたくてなにかを送ったりしているのでは無いと思うのだが、せめて一言ぐらいメールしてもな~…なんて思ったり(冷汗)
その気になれば、姪っ子の写メぐらいすぐにでも送信できるだろうに…(苦笑)
しかし…それがなかなか…そうはいかないんだろうね~…。
って事で、長々と書いたが、兄と、両親は疎遠。
となれば、せめて俺のとこだけでも…。
と思ったりする(汗)
仕事をしていると、いろいろな患者さんと話す事があるのだが、たまにお孫さんの世話をして、腰痛になったなんて人の話しも聞く。
だいたいは
「孫押し付けて、あっち(息子さん、娘さん)好き勝手な事ばっかりやってるわ…」
と言いながら、その割りには楽しそうだったり、嬉しそうだったりする。
「今度マッサージ代もらっとかなあきませんね~…」
と俺が言うと
「ほんまや!!請求書出してもらわなあかんわ!!」
と笑いながら応えてくださる。
それはそれなりに…体はしんどくても楽しいのだろう。なんせ、本気で愚痴ってる人は、少なくとも俺の患者さんにはいらっしゃらない感じだから。
そういう話しを聞いたりすると、正直すぐにうちの両親の事を思い出したりして…。
俺は次男。好きな様に生きるつもりだ。
両親は、少なくとも口では、同居は嫌とか、面倒は見てくれんでいいとか言っている(汗)
が…正直老後のどうこうは今のとこ全く分からないにしても、安心させときたいな~…なんて思ったりはしている。
そして、あわよくば孫の顔でも…みたいな(冷汗)
あ、そうそう。
このまま仕事を続けていいく事の方がちょっとプラス風に書いてあるが、別に公務員試験に挑戦するからって、全てを失ったりするとは思ってはいない。
そして、公務員だからこそできる事や、俺だからこそできる事なんかをやっていければ…なんて思ったりすると、希望もけっこうある。
例えば…。
俺は、目が悪い。かなり悪い。なんなら視覚障害者。
ではあるが、こうして思うようにPCを操作し、買い物をしたり、好き勝手に生きている。
よって、視力障害者には、今本当になにが必要で、どんな事をすればいいかなんてのは、実体験を通して知っているつもりだったりする。
また、なにが不便でなにができないなんて事も、ハッキリさせられるだろうと思う。
実はこう見えて(?)点字なんてのもけっこうな速度で読み書きできたりする。そのスキルを使ったりして、情報の公開などについてなにかできれば…とか、上とちょっとダブるが、パソコンの使い方。生活に役立つ使い方。なんてのも積極的に提案できたりするかも知れないし…。
公務員…ゴッドハンド消失…デスク組み…お役所仕事…。
とは、そうそうならないつもりだったりもしている。
ま、そう思っていても、お役所仕事になってしまっている人もたくさん居るとは思うのだが…(冷汗)
俺にどこまでできるかは分からない。
が、可能性があるなら、それをやってみたいと思ったりするのも、また事実。
悩む!!
だれかのため!
と思ってなにかができるほど、俺は大した人間では無い。
そして、それを望んでもそうはできないだろうともちょっと思ったりする。
しかし、俺のためにする事が、他の人に良い影響を与えるなら…。それはやっていきたい…。
俺にとって、なにが一番大切か、俺になにができるのか…その辺を、しばらく考えながら過ごす事になりそうだ。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年06月23日 13時23分48秒

ミュージカル・バトン

テーマ:ブログ
 昨日、
きょうぢさん
のとこから、ミュージカルバトンが…。
ミュージカルバトンって…って方は
こちら
をご覧下さい。
ん~。限られた人数の中に、俺を含めていただき、ありがとうございますm(__)m
しか~しっ!!
最近実はCD買って無いんですけどね(滝汗)
では、応えてみようと…。
質問1
Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
4.9GB
…デケッ!!
たった今調べてびっくり。多いね~(汗)
思ったより、音楽が好きなんやろか、やっぱり(笑)
洋楽が多いですけど、たまに邦楽も…。
でも、WMAで保存してるから、MP3なら、もうちょい多くなるのかも…。

質問2
Song playing right now
(今聞いている曲)
今は寝起きなんでなにも聞いておりません(爆)
…なんだ?音がするぞ?あれ?聞いてた(ぉぃ)
今はちょっと懐かしくSWVっていうグループのを聞いてます。Anythingですな。

質問3
The last CD I bought
(最後に買ったCD)
最後に買ったのは…
中島美嘉
ですな(上、クリックすると音が出るかも知れません)
それ以来、買ってませんな。
あ、アルバムのタイトルは…
「Music」
です(汗)

質問4
Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
Carrot & Whip [中島美嘉]
LEGEND [中島美嘉]
なんかこう、ちょい前に買ったからってのもあるにはあるんですけど、曲調とかが好きなんで、上2曲はよく聞いてます。また、Legendについては思うところがあって、聞いてます。全くその通りだとも思ったりしながら聞いてます。

My Way [Def Tech]
ん~…心地良いので聞いてます。英語と日本語のバランス、彼等の声も良いなって思います。
Seascape [Bill Evans]
本来、ピアノの音が大好きなので、こういうのをよく聞きます。が、特に何度も聞いていると言えばこれかな~って感じです。
技術的にも、音楽的にも、バランスとしても俺は好きですね。
Anna [坂本龍一]
これは、かなり古いアルバムに入っているんですけど、すこし涼しい感じがするので、この時期には聞きたくなります。毎年…。

こんな感じですかね~~(笑)

質問5
Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)
え~っ!!
これはね~…実は俺の周りに音楽してる人は居るけど、ブログってる人が居ません…(T_T)
ちょっとこれは先送りで…(謝)
あ、しっかり探してます(素)

ん~。書いて見て分かった事は、あんがい最近cd買ってないって事なんですけどね(汗)
あと、思ったよりも音楽ファイルが多かったってことかな~…。
時期とかによって、聞く音楽とかが変わってったりするから、そこもおもしろいな~…とか。
思うところはまだまだいっぱいあったりしますが、とりあえず…(?)
ア~~ップ!!
[6月29日追記]
あっ!!
み…見つけました。お一人…。
この方

こんな記事
をアップしてはりました!!
わたしに船。いや、渡りに船。
ぜひ、よろしくお願いいたしますm(__)m
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。