オラクルカードとは何か

テーマ:
オラクルカードとは、いったいどんなものでしょうか。

タロットカードと似ているので、占いと同じようなもの?
と、思われている方も多いかもしれません。

オラクルカードの「オラクル」とは、神託のことです。
つまり、高次元の存在とつながり、神託を得るツールです。

古来から、巫女や聖職者たちは、神とつながり神託を得てきました。
それを、一般の人でも練習を積めば(あるいは、添付のガイドブックを見れば)、高次の存在からのメッセージを得ることができるツールとして作られたものです。

ドリーン・バーチュー(R)氏の開発した、エンジェルオラクルカードがとても有名ですが、その他のスピリチュアル・ティーチャー、セラピストたちも多くのオラクルカードを作っています。

ほとんどのオラクルカードに共通するのは、ポジティブなメッセージに溢れていて、カードを引いた人やクライアントの心を前向きにしてくれるということです。
これは、ポジティブな未来を引き寄せることにも繋がります。

「引き寄せの法則」は、ずいぶんと有名になりましたが、これは思考が現実を作るという法則、理論です。
心配ばかりしていれば、その心配した通りの未来を現実化させてしまう。
しかし、ポジティブな未来が来ると信じていれば、思考がポジティブな未来を引き寄せるのです。
オラクルカードは、ポジティブなメッセージによって、運命を好転させてくれるツールとも言えるでしょう。



オラクルカード ブログランキングへ
AD