おやじの空手道

44歳、空手入門、目指せ黒帯!


テーマ:

大好評!おいらの好きな〇〇シリーズ。

 

 

 

前回の「ボルダリング」に続いて今回は「ボウリング」編です。
 

 

 

 

 

今回おいらがやって来たのは、北坂戸にある【ブーボスボス坂戸店】。
 

01  入り口
 

 

 

そしてレーンはこんな感じ。

02 レーン

 

 

 

こちらがボールコーナーです。
 

03 ボウルコーナー
 

 

 

 

 

おいらがなぜ今日ここへ来たかと言いますと、ボウリングが趣味の監査役友達〇海さんに誘われたから。
 

 

 

そして〇海さんのオススメにより、プロからのボウリングレッスンを受けるためです。
 

 

 

おいらと一緒にレッスンを受けることにしたのは、こちらも監査役友達の〇池さんと〇岩さん。
 

04 レッスンメンバー
 

 

 

初めてのレッスンに緊張していたおいら。
 

 

 

30分程度のプロのレッスンと、その後の練習で、今まで我流の投げ方だったおいらは別人のようになったのでした。
 

 

 

 

 

さてレッスンも終わったところで、4人で2ゲーム投げることにします。
 

 

 

おいら1ゲーム目は思ったほどスコアが伸びず95!
 

 

 

2ゲーム目は徐々に調子が出てきます。
 

05 途中スコア
 

 

 

「それにしても〇海さん、やっぱ上手いな!」
 

 

 

 

 

そしておいらの2ゲーム目は結局130にて終了。
 

06 トータルスコア

 

 

 

自分としては、とても成長したボウリングでした。
 

 

 

「プロの先生、〇海さん、今日はボウリングの楽しさを教えて下さって、ありがとうございました。押忍!」
 

 

 

「そして〇池さん、〇岩さん。一緒に来て下さって、ありがとうございました。押忍!!」
 

 

 

 

 

この後、4人で楽しい反省会を開催したのでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいら今日のボウリングで2つ感じました。
 

 

 

1つ目は、ものごとの理屈や基本が分かっていないと、面白くはならないと言う事。
 

 

 

今までボウリングのレッスンを受けたことなく、見よう見まねでただボウルを投げていた自分。
 

 

 

やっぱり理屈がまったく分かっておらず、当然基本的なことが出来ていませんでした。
 

 

 

それでは上手く投げれるはずも無く、また面白く感じることもないと思います。
 

 

 

「なぜ、そうなのか?」が分かれば、自分の出来ていない部分を理解し、直そうと努力すると思います。
 

 

 

 

 

西尾先生に教えて頂く空手も同じです。
 

 

 

ただ突く、蹴るだけでは、技のコンビネーションも何もありません。
 

 

 

攻撃した後の姿勢がなぜ大切か?

それは次の攻撃に備えるため。

 

 

 

だからそのための稽古が必要なのです。
 

 

 

いつも西尾先生から教えて頂いていることです。
 

 

 

 

 

そしてもう1つ。
 

 

 

スポーツでも武道でも同じですが、ある程度技術が上達しないと面白みが分かりません。
 

 

 

動作の理屈を理解し、基本に忠実に練習することにより、徐々に上達するのだと思います。
 

 

 

おいらも空手を始めて約5年半が経ち、ちょっとだけ空手にも慣れてきました。
 

 

 

まだまだ出来ないことだらけですが、徐々に面白くなっています。
 

 

 

それもこれも三浦首席師範の教え、西尾先生の日頃のご指導あってのことです。
 

 

 

今日感じた2つのことを意識し、空手が面白く、もっともっと好きになるよう稽古に励みたいと思います。
 

 

 

これからも西尾先生の教えを信じ、まだまだ【おやじの空手道】は続きます。
 

 

 

今後とも宜しくお願い致します。
 

 

 

押忍!
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

GOTOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。