ニシムラマサキのブログ 【株式会社 西村工務店 代表取締役】【 SASAYA・うづかの森 オーナー】

どうすれば地域を『素敵』に変えられるのか、誇るべき田舎になるのか、そんなことばかり考えています。

NEW !
テーマ:
先日、今度来られるお客様にぜひ、村岡の美しい棚田をみてもらおうと思い、その下見のために、西ヶ岡棚田を訪れようとしていたときのことです。
 
棚田に行こうと歩いていたところ、知り合いのSさんとすれ違いました。
Sさんが、「何しに行くんだ?」いぶかしそうに私に話かけてきました。
 
私「今度、東京からお見えになるお客様に、ぜひ西ヶ岡棚田をみてもらおうと思って…」
 
Sさん「今は何もみるものがないよ…最後に見に行ったのはいつだい?」
 
私「3~4年ほど前ですかねぇ」
 
Sさん「なるほどな…、行ってみればわかるから」
 
そんな言葉を交わしました。
 
私は、何を言っているのかまったく理解ができず、そして、西ケ岡棚田の絶景ポイントと呼ばれる場に立って絶句してしまいました。
 
そう…
 
あの頃に見た美しい棚田がその姿をとどめていなかったからです。
 
つまり、耕作者が減り、荒地となり、そこら中がすすき野原になっていたのです。

 

すすき野原が陽光に照らされ、それはそれで美しい姿を見せていましたが、Sさんが言うとおり、私が見たかったあの美しい棚田の姿はそこにありません。

 

実は香美町には、日本棚田100選に選ばれた棚田が二つ存在します。

ひとつは、小代区貫田のうへ山の棚田

 

そしてもう一つは、村岡区和佐父の西ヶ岡棚田です。

 

うへ山の棚田は、私の友人でもある小林さんを中心に、さまざまな活動を行っていて、その美しさを今でもとどめています。

 

しかし、残念ながら、西ヶ岡棚田はさきほど話したとおりです。

 

なぜ、棚田を維持することができないのか…

 

それはつまるところ、過疎化の進行に他なりません。

昔、日本棚田100選は、グリーンツーリズムの一つの旗頭として農林水産省が認定したものです。

 

その100選の棚田でさえも維持が難しくなってきているという現状をまざまざと見せつけられ、くやしい気持ちでいっぱいになりました。

 

いわゆる他の観光資源と異なり、棚田はそこ人が介在しなければ、存在しえません。

 

小代の西ケ岡の例は、稀有だと思います。

地域に対する誇りと、そこにさまざまなアイデアと行動力があってこそ、維持されていくものです。

 

外野でいくら嘆いてみても、そこに暮らす人の気持ちになれば、そうも言っていられないという事情も理解できます。

 

担い手の確保はつまるところ、それが経済的にも成り立つ仕組みになりえているかということだと思います。

 

残念ながら、いくら棚田を開発しようとも、平野部で取り組む農業に比べれば、コストがかかってしまいます。

 

そこに異なる価値を見出し、それが経済的な価値につなげていかなければいけないのです。

 

このままあと10年もすると、もしかすると、西ケ岡の棚田は消滅するかもしれませんが、復活できる道筋がつけられるとすれば、それは観光です。

 

和佐父地区の人がこれからも続けられるように、ここに交流する人を呼び寄せ、地元にお金を落とし、それを原資として、続けらるようにする…

 

私はそこにいちるの望みをかけています。

耕作地の減少とともに、地域の誇り、生きがいそういうものまでを決して失ってはなりません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

よく企業の商いを表す指標としては、『売上』が使われていることはみなさんも周知のとおりです。
 
1000万円です。
1億円です。
10億円です。
 
 
「へー、大きな商いされてるんですねぇ」
「以外と小さいですねぇ」
 
まあ、人によっていろいろ評価が分かれるかと思います。
 
一般的にモノづくりをやっているところは大きくなりがちです。
 
素材や、半製品を仕入れ、それに人件費や設備などを介して、製品に仕上げて出荷しますから、仕入10000円で、人件費など10000円付加し、利益2000円を見込んで、では22000円で出荷となります。
 
一方、サービスなどは、もとがゼロであるものが多いですから、人件費10000円、利益2000円、サービスの提供は12000円となります。
 
もちろん、仕事の中身も違うから、比較すること自体がナンセンスなのですけど、普通の人は、前者の22000円だけをみて、大きな仕事をしているなーと勘違いしているわけです。
 
私どもの話でいうと、建設業の場合「インフラ」というものを扱っていることが大きいので、概して売上金額は大きくなりがちです。
 
人がどれだけの価値を、そこから生み出しているのかということが大事なわけです。
 
だから、そこをよく注視しないといけません。
何もない0を1にすることは、10を20にすることに比べるとはるかに価値あることです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

S先輩が、ハチ北で以前実施した『ハチ北フェス』のことをいたく褒めて
 
『ハチ北の若い人は活気があってうらやましいなぁ』
 
って言われるわけです。
 
S先輩の住まう地区も、夏まつりとかいろいろなイベントで地区を盛り上げようとがんばっておられるので、私も
 
『先輩の地区も一生懸命いろいろとイベントやってもりあげておられるじゃないですかー』
 
って伝えたわけなのですが、先輩の地区と、私たちの地区ではその中身が全然違うとおっしゃるわけです。
 
フェスを開催したハチ北の若い衆はだいたい旅館経営を自らやっているところが多く、フェスでにぎわいをつくることは、すなわち、宿泊者の増加や、モノの販売の増加とか、最終的には、それが自分のなりわいに貢献できることはどこかに意識をおいています。
 
一方先輩のところのイベントは、盛り上がればそれでいい、ということで終わっている
 
というわけです。
 
私自身、仕事の一部であったり、地区の行事であったり、さまざまな立場で『イベント』には数多く参加していますが、やはりどうやって、金銭的にもうるおいのものにできるか…ということは強く意識してやっていることのほうが多いです。
 
経済という言葉の語源は、経世済民から来ており、『世を治め人民を救うこと』とされていて、今とは少し違ったニュアンスだったといいます。
 
しかし、イベントの開催が、地域を治め人民を救うためにやっているとするならば、やはり少しでも、金銭的な潤いがあることは大事だと思います。
 
実際、イベントには少なからずお金がつきまとっていて、イベントを継続させるためにも、そのイベントから益を生み出していくことは重要です。
 
例えば、イベントでバザーをやる場合も、100円で、200円の原価がかかるようなものを提供するのではなくて、100円で仕入、200円で売って、余った100円を次の年に回す…そんな運営が必要です。
 
もちろん、最初から黒字化できるならそれにこしたことはないけれど、スタートアップでやるようなイベントは収支も厳しかったりすることもあるけれど、どうやって経済的なうるおいもつくるかということは常に意識する必要があります。
 
だから、『経世済民』はやはりイコール『経済』なのだということは意識していきたいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 
10月中旬に会社で受けた健康診断の結果をみて愕然としています。
 
私は、他の人に比べても健康であることに、絶対的な自信を持っていたからです。
 
もちろん数値が異常値を示しているから、それがすなわち病気だともいえないわけですが、過信することなく謙虚にその数値を受入れ、さらなる健康の向上にむけて努力しなければならないと決意しているところです。
 
そもそも、脳は手足や内臓などのすべての機能をコントロールしているわけですが、自分自身の意識下に置いている部分はそのごく一部分です。
 
内臓は、それこそ、自分の意識とは無関係に活躍しています。
 
そう考えると逆に、人間には未知の可能性を有しているということですね。
 
自分ではダメだと思っても、自分の思わぬところに、力を発揮できる部分をもっているかもしれないともいえますね。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 

先日、飛騨古川に行ってまいりました。

 

目的は、『里山エクスペリエンス』を体験するためです。

 

里山エクスペリエンスは口コミサイト、トリップアドバイザーでエクセレンス認証を何年も維持し続けている人気のアクティビティです。

 

なぜ、それだけの人気アクティビティなのかを学ばせていただきたくて、行かせていただきました。

 

飛騨古川という地域…

 

正直申し上げると、私たちの但馬とさほど変わった印象はありませんでした。

 

しかし、『暮らしを旅する』の言葉どおり、日本の田舎の生活ぶりを数時間の短い時間で体験できるすばらしいものでした。

 

ガイドさん(私たちにはアキーコが対応してくれました)の接客がすばらしかったし、何よりアキーコと、地元の人とのかけあいというのでしょうか、普段の生活をされている住民の方に出会うと、さっと立ち止まりインタビューをして、私たち旅行者と触れ合う場面をつくってくれるのですが、町の人々の穏やかな話しぶりが、心に染みるんですね。

 

『あーこれだぁ、これなんだー』

もう感激してしまいました。

 

里山エクスペリエンスは、利用者の8割が外国人だといいます。

私たち田舎の人間でさえ、そのふれあいに感激するのですから、外国人ならなおさらだと思います。

 

後日、ある方のブログに

『変わる必要なし、説明する必要あり』

という言葉に出会いました。

 

まさに、これなんだなぁって腑に落ちました。

 

私たちの町には、みなさん何もないといいます。

田畑や山林、神社仏閣、集落…

そしてそこで暮らす人々。

 

それが価値あるものと認識できない限り、私たちはそれをみても何もない…と思ってしまします。

 

ですが、それは本当に価値のないものなのでしょうか?

人が生きていること…そのこと自体が価値あることなのだと気づきます。

 

私たちは、自然の恵みをいただきながら、穏やかに生きてきました。それは、これだけ社会が進みすぎてしまった現在においては、むしろより一層の価値高いものとして、世の中では認識されてきています。

 

里山がSATOYAMAという世界共通語になりつつ時代になってきています。

 

自分たちの暮らしをもっと多くの人に伝える努力こそがいま、私たちにもっとも求められることなのだと感じた旅でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。