帰省の最終日は、仲良しのお友達・えのみちゃんと待ち合わせて湯巡りと散策♪

首都圏で温泉って意外かもしれないけれど、
実は東京の大田区から川崎~横浜にかけては「黒湯」と呼ばれる黒褐色のモール泉が湧出していて。
その湯は、地元の銭湯等でしっかりと守られているのです。

まずは朝風呂ってことで、金沢文庫駅から住宅街へと入った能見堂・赤井温泉にGO!
えっ、こんなところに???
驚くほど周囲の家並にとけ込んでいる佇まいでありました(笑)

赤井温泉

名前は赤井温泉だけど、湯は黒い。
そして熱めなので、のぼせないように気をつけて…っと。
そういえば二人でお風呂を楽しむのって、去年のセントレア「風の湯」で仁王立ちして以来だね。
あの日も楽しかったね~♪
なんて話しているうちに、あれ?もうお昼近く!???

ありがたいことに風も穏やか&うららかな春のような陽気で、湯冷めの心配もなく
「さすが晴れ女のわたしたち♪」
と自画自賛しながら、京急線で東に移動。
わたしの大好きな中華料理屋でえのみちゃんの大好きな餃子を食べて、超満腹状態となり…(爆)
これは歩かないかん!という訳で、早速ウオーキング開始。

鶴見市場駅から生麦駅までの約5km。
旧東海道の史跡があったり、鶴見川橋から潮鶴橋にかけては水辺の眺めも楽しめていい感じ。

鶴見川橋

潮鶴橋付近

地元が近いわたしにとっても、目から鱗だったなぁ。
(この散策コースはえのみちゃんがパンフレットから見つけてくれたのだ)

そして魚河岸通りを経由して、生麦へ。
道すがら立ち寄ったJR鶴見線の国道駅には、ノスタルジックな昭和の風が吹いていた…

国道駅

映画やドラマのロケ地としても有名だそうで、駅舎は現役。
その高架下も当時の雰囲気のまま残っているのだけど、店舗は全て閉鎖されていて無人状態。。。
暮らしの気配が消えてしまっていたのがちょっと淋しかったかな。

そしてシメの二湯目は生麦の朝日湯温泉。

全景

朝日湯温泉

市内数ある黒湯の中でも、ここは特にお気に入りの一つ。
とはいえ、超久々なもので建て替えしていないか心配だったけれど、、、
そのままの姿でホッ♪嬉しかった。
黒褐色というよりもほぼ真っ黒に近い湯で、身体の芯からぽかぽかに温まる~(*^^*)

そして湯上りに一杯ひっかけて喋り倒し、帰路につきました。
えのみちゃんには帰りの新幹線の時間ギリギリまでつき合ってもらっちゃって、感謝&感謝です。
いつも充実した楽しい時間をありがとう!
次回は菜の花を観に行こうね。

AD

この週末は帰省しておりました。

母・ヨーコさんの77歳=喜寿のお祝い。
バースデーは11月のところ…記念の写真撮影の予約が一杯で、約ふた月遅れなのだけれども。
でもまぁ、元々数え年のお祝いなのに満年齢でやっちゃってるし(笑)
「しきたり諸々よりも、気持ちが大事」と思っている母娘なので、全く問題なし♪

まずは金曜日、仕事をやっつけて新幹線に飛び乗り…

富士山

車窓より素晴らしい富士山を眺めつつ、東へ。

そしてその晩は、わたしの帰省に合わせて同級生が集まってくれた呑み会。
ちょこちょこ会っている仲良しさんををはじめ
なんとウン十年ぶりの懐かしい顔も揃って、大盛り上がり!
時空を超え、気持ちはあっという間に机を並べていたあの頃に戻っているんだよね。
嬉しかった&楽しかった~♪(≧▽≦)

楽しいお酒を翌日に引きずりそうになりつつも、、、しかしやはりメインイベントはこちら!
土曜日はヨーコさんとともにフォトスタジオのある日比谷へと向かい…

写真撮影

非日常を楽しんでもらいつつ、エレガントな姿で記念撮影。
気に入った写真が撮れたようで良かった!(^^)

道すがら教えてもらった、亡き父との有楽町での思い出話をはじめ
いろんな話をしながらのんびりゆっくり楽しめたランチも有意義な時間でありました。

普段は離れているけれど、
これからもこうした穏やかで幸せな時を重ねていけますよう。
そして、これまで注いでくれた愛情に感謝しつつ
ほんの少しでもそのお返しができたなら…と、願っているわたしです(*^^*)

AD
早いもので、父の急逝から10年以上…
昨日は十三回忌だった。

生憎の雨の中、法要とお墓参りを済ませ実家へ戻る帰路。
事故渋滞中の首都高は台風のような荒天で、アクアラインもベイブリッジも強風のため通行止。。。
車でよかったなぁ…
なんて軟弱なこと思っていたら、バイク便がすり抜けていった!
仕事とはいえ、頭が下がる思い。

___ed_ed_ed_ed.jpg


AD

帰路

テーマ:

帰る道すがらの神奈川スポーツセンターで高校の先輩方がバレーの試合 と聞き、観戦。
The answer is blowin' in the wind.-110515_134714.jpg

そして14時過ぎ、ゆるゆると帰路についた。

ただ今、牧之原SA。
ちょうど兄貴分のF800GSのお隣に停めさせてもらったので、記念撮影してしばしお喋り♪
The answer is blowin' in the wind.-110515_170627.jpg


このぶんなら、そう遅くならずに帰宅できそうかな。

青空

テーマ:
昨夜は、先月急逝した友人宅へ。
ご家族のご厚意でお線香を上げさせていただいた。

正直、お別れがしっかり言えるほど、気持ちの整理はついてなかったのだけれど。
でも、一番辛い思いをされているであろうお母上と…そして同行した仲良しのお友だちと三人で想い出話をしているうちに、ふぅっと気持ちが和らいでいくのを感じた。

今朝の横浜は雲一つない快晴。
The answer is blowin' in the wind.-110515_072023.jpg

亡くなった彼女のぶんも、これからもオートバイで旅していこう。
日本全国をくまなく走り回っていた彼女にはとても及ばないかもしれないが、今は漠然とそんな風に思っている。

帰省中

テーマ:

台風1号崩れの低気圧の影響もあって、ギリギリまで手段を考えたが…
雨が上がってくれたので、F650GSでスタート。

遠州は酷い強風で、何度もヒヤリとしながらの高速走行。。。
寄り道して、由比漁港では手土産の桜エビとシラスを買い込み…
The answer is blowin' in the wind.-110513_125217.jpg

富士市街を抜け、日本一のお山に見守られつつR469を快走。
The answer is blowin' in the wind.-110513_145549.jpg


夕方前に横浜入りし、丁度西へと移動中の福島の旧友と落ち合って喋り倒した。
久々の再会という感じが全然しないのが不思議だね!(^^)

今宵の関東平野は、穏やかな朧月夜。
節電のためか、みなとみらいの夜景も控えめかな?
The answer is blowin' in the wind.-110513_203759.jpg

帰着

テーマ:
輪番停電前に横浜を離れることにし、昨夕尾張に戻ってきた。

帰らねばならぬ事情が出来たこともあるのだけど…
車で帰省していたため、滞在を延ばして下手に動くと、停電の際の交通混乱やガソリン不足に拍車をかけてしまうかもしれないと判断したからだ。

今、朝6時前…
この頃は陽が上がるのが早くなってきた。
今日も暖かいといいなぁ。

@横浜-2

テーマ:

昨日の横浜は、穏やかな一日だった。
TVから流れる震災の映像と、時おりユラユラと揺れる余震を除けば、一見いつも通り。
こんなに重装備(数日は野宿できる体制)で駆けつけるなんて、大袈裟だったかなぁ…なんて、チラと思ったりも。
備えあれば憂いなし、ということにしておこう。

昼過ぎからは頼まれた買い物をしがてら、幼馴染みの営む店まで散歩。
途中スーパーの品揃えを目にして、改めて「通常」ではないことを知る。

でも、それでも空は青く、日差しは力強くあたたかで。
沈丁花や梅、早咲きの桜、水仙…
公園や家々の庭の花々が美しい。
重たい気持ちに、柔らかな風が吹き込むようだ。

どんなに寒い冬でも、必ず春はやって来る。

被災された方々にも、早く春が訪れますように…

さて、津波注意報も解除されて余震も落ち着きつつあり、母もなんとか大丈夫そうなので帰宅を考えたのだが。
輪番停電の公式発表に、滞在延長も思案中。

今朝は鉄道も運休や本数を減らしての運行だそうで、出勤の足の混乱は避けられないのだろうなぁ。
お勤めの方々、頑張って!

@横浜

テーマ:
地震と大津波警報のため通行止だった高速道路の開通を確認してスタート。
食料品や万が一の時に役立ちそうなものをあれこれ積み込み、キャンプ仕様で実家の母のもとへ。

浜松以降、ガラガラに空いた東名道が不気味だったけど、お陰ですんなり横浜に着くことが出来た。

無事の声は聞いてはいたけれど、やはり顔を見るとホッとする。
余震が落ち着くまで、しばらく居てあげようと思う。

途中、島根県からの緊急災害救援隊(消防・救急)の皆さんの北上に遭遇。
一人でも多く、被災者の方々を助けてあげて下さい…
心の中でエールを送った。

観梅

テーマ:

本日は友人と美味しくて楽しいベーカリーでランチをいただき、大倉山の梅林へ。
The answer is blowin' in the wind.-110309_124926.jpg

The answer is blowin' in the wind.-110309_132626.jpg


この界隈は、青春していた頃の想い出がぎゅっと詰まった場所…
さすがに30年も経つと浦島太郎状態だけど(笑)
青空に映える梅の花は素敵だった。
The answer is blowin' in the wind.-110309_132817.jpg


これより帰路へ。