佐久島へ

テーマ:

先週末は、九州から遊びに来てくれた友人と夫の3人で佐久島にお泊り。

実は今年2度目の訪問で。
前回は東京の友人を迎えて「おでんしゃ」を楽しんだ後、渡船に乗ってやはり1泊。
ささっとサイクリングしたのだけれど
2月のとても寒い日だったので、島全体は周りきれず…
機会があったらもう一度訪れて、ゆっくりしたいなぁと思っていたのだ。

佐久島へ

一色港から新造船の「さちかぜ」でおよそ30分。
陸続きの町からほんの少し離れただけなのに、ゆったりとした島時間が流れているのが不思議。

みどりの中

そして宿で自転車を貸してもらい、ぐるりと一周。
ここはアートな島でもあり
お休み処を兼ねたオブジェや、面白アート&スポットが島のあちらこちらにちりばめられている。
お客さんを呼び込むため、かなり頑張っているんだね。

のんびり

かもめの駐車場

お昼寝ハウス

まったり

特にこの「おひるねハウス」は大人気。
造りは至ってシンプルなのだけど、なんだかとっても寛げて…思わず長居したくなる。
しかも知らない人同士、写真の撮りあいっこなんかしちゃったりして
和気あいあいな空気がまたいい。

日帰りされる人たちも大勢みえる中、のんびり楽しむならやはり泊まりで。

夕景

窓から素晴らしい夕日を望みながらの入浴の後は、新鮮な海の幸で一杯♪
これもまたタマンナイ訳でw

ああ、今度は釣竿とクーラーバック持って来ようかな~(*^ー^)ノ
なんて、
また近いうちに次回もありそうな予感!?(笑)

AD

他の予定とお天気の絡みもあって、遠出のつもりはなかったこの三連休だけど…
思い立って中日は朝風呂に走ることにした。

未明に出発。
名神より北陸道で一気に北上して、初訪問の山代温泉を目指す。
東海北陸道の方が便がいい地域に住んでいるもので、このエリアってなかなか機会に恵まれず。。。
走っても越前から三国の海岸沿いや、高速でのワープ通過ばかり。
なので、今回は敢えて加賀へ!
未踏の地というのは、やはりワクワクしちゃうわ~(^o^)

トイレ休憩のみでひた走って、宿泊客の朝食の時間帯と思われる8時過ぎに現地入り。
お目当てはここ。
温泉街の中心に鎮座する「古総湯」♪

古総湯

近景

一昨年に再建された新しい湯屋だが、
明治時代の造りそのままに、その細部まで忠実に再現された歴史ある共同浴場。
もちろん源泉かけ流し。
さらりとした湯上り感を楽しみながら、2階の畳敷の休み処で自然の風に吹かれる気分は最高!
受付の湯婆婆の存在感もいいアクセント(?)w

そしてこの古総湯でご一緒した地元のレディーカガ(加賀)にお奨めいただいて、
次に向かったのは山中温泉。
教えて下さった鶴仙渓をのんびり散歩して、「菊の湯」で汗を流す。

菊の湯

源泉

こちらもすべすべのアルカリ泉。
かなり深い湯船にびっくりしたけど、広~い湯で思いきり手足を伸ばして寛げた。

湯めぐり後は、越前大野から九頭竜を越え、郡上経由で帰路へ。

おろしそば

越前大野といえば蕎麦。
名勝・お清水近くの手打ち蕎麦屋でしっかりとしたコシのおろし蕎麦をたぐり…
お気に入りの造り酒屋さん、花垣・南部酒造で純米吟醸生をゲット♪

純米吟醸生♪

日没前に帰宅し、簡単なアテでさっそく晩酌。

「早起きは三文の得」の言葉通り、
ちょっと頑張れば贅沢な朝風呂が楽しめて、お土産の美味しい地酒で家呑みもできちゃうんだね(嬉)
そうそうしょっちゅうは無理にしても、
時々はこういう日帰り旅もいいかもしれないなぁ。

AD

ちょうど一週間前、
東京から友人が遊びに来てくれました♪

仕事を終えてピックアップに向かい、その足で常滑へ。

とこにゃん

土管坂

焼き物の散歩道をぶらぶらして
セントレア内にある「風(フー)の湯」でまったり~。

セントレアの夕暮れ

雨上がりの夕暮れ。
濡れた滑走路が鏡のように空を映すさまは、しっとり素敵だったなぁ。
飛行機が大好きな友人も大喜び!
でも
実は女二人、素っ裸で仁王立ち状態だったとは、、、
今だから言えちゃったりも(爆)

AD

体の調子がいいのか、ウィークデーと同じ時間に目覚めた土曜日の朝。
しかも素晴らしいお天気。
これはもう走るっきゃない♪♪♪
まだ寝ている夫を起こさないようササッと仕度し、奥美濃から飛騨へと向かうことにした。

せせらぎ街道は大好きな道の一つで。
しかも、木々が萌える新緑の頃が特にお気に入り。

せせらぎ街道


例年ならもう少し早い時期なんだろうけど、今年はやっぱり寒かったのかな。
芽吹いた若葉が生き生きと輝いて、いい感じ。
爽やかな森の生命力を感じながら走っていると、自分まで光合成している気分に…

そして道すがらのひと休みは、こちらもお気に入りの“でご一”

でご一

ここは、先週キャンプでお世話になった友人・プーさん、そして同じF650GS乗りのきよさんと
初めて三人で会った思い出の店でもあり。
カラマツ林に囲まれた、開放感たっぷりのウッドデッキが気持ちいい。

ウッドデッキのテラス

木漏れ日の中

緑からこぼれる優しい木漏れ日の下で
のんびりカフェオレ。
あまりの居心地の良さに、ついつい長居してしまった。

身も心もリフレッシュ!
これでまた来週の仕事も頑張れまする~(^^)v

キャンプ仲間との新年会を兼ねた宿泊宴会は
年末にちょこっとお邪魔した、旧東海道・関宿の旅人宿「石垣屋」。

明日外せない予定が入ってしまったため、わたしは日帰りになっちゃったけれど…
(幹事なのにゴメンナサイ!)
雪を被った鈴鹿の山々が青空に映えて素敵だった。

陽が高くなるのを待って出発し、往路はサクッと東名阪道利用。

往路・東名阪道

そして、旧東海道の町並みにとけ込む石垣屋着。
わたしも泊まりたかったなぁ…

石垣屋1 

石垣屋2 

友人と合流してお昼ご飯を食べ、差し入れを託しての帰路はのんびり下道。

帰路 

すごく寒そうな画像だけど…
グリップヒーター&レイヤードを重ねた装備で冷えもなく、日没前に帰宅。
F650GSでぶいーんと走れて気分爽快♪(^^)

昨日は仲間とオフロードバイク4台でツーリング。
西へと帰る皆を見送りがてら一緒に鈴鹿山脈の裾野を走り…
案内してもらったのが、関宿の「石垣屋」。

東海道の宿場町の面影を色濃く残しつつも
いい意味で観光地化されず、人々の暮らしが根づいている関の町並み。
そんな町にとけ込んで
のんびり素敵な時間が過ごせそう♪

The answer is blowin' in the wind.-__.jpg

御殿場のビールオフもおひらきとなり、日~月曜日と仕事が休みなわたしは伊豆半島を南下することにした。

出発時はしとしと雨降り&濃霧だったが、沼津に下って来たあたりでカッと日が照りつけ…
俄然走る気になり、西伊豆の海岸線をトレース。
The answer is blowin' in the wind.-旅人岬より

右に左に、ひらりひらりとコーナーをかわす快感を楽しみながら、大瀬崎~戸田~土肥~松崎と快走。
目指したのは南伊豆の「こあじ亭 」。
知人のこあじさんが営む食事処兼コーヒー屋兼ライダーハウスだ。
The answer is blowin' in the wind.-こあじ亭

The answer is blowin' in the wind.-アジ丼
名物のアジ丼をいただきながら、ほぼ同じタイミングで走ってみえた下田のBMW乗り・ロシナンテさんと旅話で盛り上がる。
そしてそんなわたしらの横で、気持ち良さそうにうつらうつら居眠りをするこあじさん…
いつお邪魔しても居心地のいい場所だ。

そして宿は、こちらも伊豆での定番・下田のワンゲルハウス
The answer is blowin' in the wind.-ワンゲル外観

The answer is blowin' in the wind.-ワンゲルハウス
なんだかもう里帰りしたような雰囲気で、女将さんと四方山話に花が咲いた。
いつもありがとうございます(^^)
恒例のORP(アウトライダーパティオ)関連のオフ会に向かっている。
当初は夫の車に便乗していくつもりだったが、あまりのお天気の良さにF6を駆りだすことに。

遠州豊田PAで同じ目的地へと走っているじゅんさんとバッタリ!
今夜は宿にお泊まりなので、いつものキャンプ仕様超積載が見れなくてちょっと淋しいなw
The answer is blowin' in the wind.-遭遇

The answer is blowin' in the wind.-撤収中

朝ごはんを食べ、のんびり撤収中。

くるくる変わるお天気に翻弄されたキャンプだったけど…(苦笑)
悪天候のお陰で、普段なら通り過ぎるであろう小さな街の表情や風情にふれることも出来た。
美味しい魚介類や甲殻類も食べれたし、宇奈月湖畔の立ち寄り湯もよかったし。
何より、仲間とワイワイ過ごせて嬉しかった♪

詳細はまた後日ということで。
さて、帰りはどのあたりを走ろう?