7月22日の深夜23:30、新日本海フェリーは定刻通りに苫小牧東港を出航した。

ああ、終わっちゃった…
ほろ酔い加減のふわふわした心持ちと、ふっと気が抜けたような脱力感が入り混じった、不思議な感覚。
帰りの船の中はいつもこんな感じだ。
揺れに身を任せながら昏々と眠り、目が覚めたら少し呑んで、食べて、船内をぶらっしてまた眠る。
本当によく眠る(笑)

そんなわたしでも、翌23日の日没は船尾から眺めることができた。
鏡のような穏やかな日本海と、美しい夕暮れ。

日没

熊出没やら、嵐やら、キー付け忘れ…今回もいろんなことがあったけど、
こんな極上の夕日を眺めていると
「いい旅だったね」
とお天道様が祝福してくれているような気がしてくる。

そのお天道様次第、そして気分次第で旅した10日間は、日常にはない貴重な日々。
わたしにとってのエネルギー源、働く糧であることに間違いないだろう。

やめられないよなぁ、幾つになっても。

うーん、もうほとんど中毒状態かしら!???(笑)

AD

北海道滞在もあと数時間。
最後の最後になって愛車のキーが手元にないことに気づいた、お間抜け具合はさておき…(苦笑)
そのままバイクについていてくれることを祈って&信じて、登別宴会に突入!

この日が上陸初日のシェフA氏と、滞在3日目・美深から南下してきてくれたネクタイダーことおおたかさん、
そしてyou-koちゃんと旦那様のFJ氏、
店番を抜けてそれぞれ時間差参加して下さったしもPさんとカヨさん。
そして道内最終日のわたし。

再会とそれぞれのこれからを祝して乾杯♪
とともに、北の美味しいもののオンパレード!!!\(≧▽≦)/

つぶ貝♪

歯応えがたまらないホッキ刺身♪
活エビは誰も手を下せず、お店の方に剥いてもらったり…(笑)

活エビ

捌いてもらいました(笑)

うに~!

そして旬の生ウニは、最高の贅沢!!!

フェリー乗船に間に合う時間ギリギリまで呑んで、食べて、笑って、いい旅の打ち上げとなりました。
再び苫小牧東港まで送り届けてくれたyou-koちゃん夫妻はじめ、みんな
本当にありがとう!

そして、果たしてシェルパのキーは?





ヘルメットホルダーの鍵穴にささったまま…(爆)

ああ、やれやれ。。。ホッとしたものの
事情を知っていたyou-koちゃん夫妻にはすっかり心配おかけして、本当に申し訳なかったです。
ごめんなさいm(_ _)m

AD

バイクをフェリー港に置き、you-koちゃんの旦那様・FJ氏の車に便乗させていただいて登別着。
そしてまずは、しもPさん&奥様カヨさんのお店にお邪魔して久々の再会♪
約2年半ぶりだったかな?
お二人とも変わりなく、元気にお仕事頑張ってみえてよかった!

で、登別だもの♪やっぱり温泉。

さぎり湯

ほんのり白濁した「さぎり湯」の硫黄泉で、お肌はスベスベさらさら。
ふぅ、極楽極楽~♪
身も心も完全に弛緩していたのだけど…

ここにきてアクシデント!
シェルパのキーがないっ。。。(>_<)

ああ、やっちゃった。
温泉の脱衣所や車の中を探してみてもないので、多分バイクにつけたままなんだろうなぁ。
じたばたしても始まらないので
そこにあってくれることを祈って&信じて、宴会へと突入することに。

もしなかったら、、、
その時はその時だわ!(爆)

AD

社台スタリオンステーションを後に、苫小牧へ。
そして漁港向かいの 「ぷらっとみなと市場」でyou-koちゃん夫妻と再合流して、お昼ごはん。
できれば漁港内のマルトマ食堂でホッキ料理をいただきたいところだったけれど、この日は日曜=定休日。
でもぷらっと市場でもイベントが行われていて、楽しくランチできそう♪

と、イベント会場で謎のゆるキャラ(?)発見!?

謎のキャラ

仮設ステージでのフラダンスショーに合せて、ゆらゆら怪しいステップを踏んでいる(笑)
ゆるキャラの割にお暇そうな、これは…

ホッキー♪

ホッキ貝のホッキー。
なんとなく手持ち無沙汰=かまって欲しいオーラ漂う雰囲気といい、このアバウトな造りといい…
かなりツボにはまってしまったyou-koちゃんとわたしでありましたw

市場で脂のりのりのホッケ焼き定食をいただき、新日本海フェリー・苫小牧東港入り。
出航は深夜なのだけど
予め港にバイクを置き、車に便乗させてもらって登別へと向かう。

友人のしもPさん夫妻がお引越しして以来、集合拠点として定着しつつある登別温泉。
今回もこの日のお昼に苫小牧上陸したシェフA氏と、道北を走っていたネクタイダーことおおたかさん、
そしてyou-koちゃん夫妻と道内最終日のわたし。
仲間5人で待ち合わせ♪
その宴会で呑めるように…というyou-koちゃん夫妻のご厚意での車便乗、
本当にありがとう♪

貴泉堂

そして家業の民芸品店の切りもりで忙しい中迎えて下さる、
しもPさんと奥様にも感謝&感謝なのだ。

木の香も心地よい友人宅のログハウスで目覚める朝…
上陸10日目の今日は、道内最終日。
熊出没だの、嵐だの、いろんなことがあって長い旅にも思える一方、
なんだかあっという間だったような気もする。

のんびり朝食をいただき、坂を上って周囲をぐるりと散歩。
隣接する牧草地や林では、冬はスノーシューなど雪遊びができるのだそう♪
「雪の季節にも是非遊びに来てね」とyou-koちゃん。
ありがとう。
今度は旦那も一緒にお邪魔させてね(^^)

そして少しずつ慣れてきてくれたお家のにゃんこ達にもお別れをして、一旦ソロで出発。
午前中に用事のあるyou-koちゃん夫妻とは苫小牧で再び落ち合うことにして、
向かったのは社台スタリオンステーション。

ディープ

現役時代に活躍をして種牡馬になった名馬たちの放牧場は、超豪華な顔ぶれ。
中でも特にギャラリーが多いのが、このディープインパクトだ。
(競馬に興味のない方でも名前は聞いたことがあるかと)

ディープ

ゆったりと草を食み、ラチ沿いをのんびり歩く姿はとても穏やかな眺め。
厳しい勝負の世界で頑張ってきたご褒美だね。
いや、まだ優秀な産駒を残すサイアーとしての戦いの真っ只中なんだろうけれども…
でも、種付け交配なんて人間の勝手な都合だもの。
お馬自身には関係ない。

わたしは競馬場よりも、こうして牧場で会うお馬の姿の方が好きだ。
全力でターフを疾走する姿も美しいが、どこか哀しい。
そしてこんな人生ならぬ馬生が用意されているのは、競走馬として生まれてきた仔たちのごくごく一部…
ほんのひと握りでしかないという現実も、悲しいのだよなぁ。

ほっこり湯めぐり後はサイトに戻って撤収し、友人・you-koちゃんの新居がある長沼町へと走る。
富良野から道道135でショートカットして夕張国道に抜け、南下。

道すがら手土産にと立ち寄ったさくらんぼの直売所では、
もう店じまいに近いから…と小さめの粒のパックをおまけにつけて下さった。

さくらんぼ♪

きゃーん、嬉しい!ありがとうございます(///∇//)

思い返せば過去にも…
やはり「もう閉店だから」とニセコの直売所で茹でトウモロコシをいただいたり、
夕張でもカットメロンをごちそうになったり。
栗山の酒蔵で地酒を求めた折には、
「せっかく遠くから来てくれたのだから、こちらも味見してみて」と別の種類の小瓶をつけて下さったり。
日高では「食材に使って」とジャガイモや玉ねぎを頂戴したり…
いただきもの多々なわたし(笑)
北海道って旅人に優しい方が多いように感じるのは、気のせいかしら???

さくらんぼ農家のお父さんにお礼を申し上げて、再びスタート。
桂沢湖をかすめて三笠方面に向かい、物流動脈的なR12を避けて手前の道道30で由仁国道へ。
約2時間ほどでお宅に到着。

新居

長沼市街を見下ろす丘陵の中腹にあるログハウスは、まだ建てている途中。
旦那様が仕事の合い間に少しずつ手がけているのだ。
そしてyou-koちゃんも、自ら開墾して畑作り。
自分たちの力で、夢を形に…

素敵な暮らし

ゆったりと穏やかな暮らしは、とてもあたたかで素敵だ。
そんなお宅にお呼ばれされて、わたしも幸せのおすそ分けをいただいた気分♪(^o^)
you-koちゃん、誘ってくれてありがとう。

そして夜は、ご新造さん夫妻も合流してのホルモン焼き。
皆でワイワイ、楽しかったなぁ。

夜は焼肉

友達って、いいね!(*^^*)

7月21日、北海道上陸9日目。

上富良野・日の出公園の朝は、昨夜共に炭火を囲んだバイク乗りさん達のお見送りから始まった。
一人また一人と荷をまとめ、出発。
どうぞ良い旅を!そして、またご縁があったら会いましょう!
ミラー越しに手を振り、離れていく排気音を聞きながら、薄ぼんやりとかかった霧が晴れてくれることを祈る。

さて、わたしはというと…
一旦はキャンプ場に連泊を決めて手続きもしていたのだけれども。
昨日合流したyou-koちゃんのご厚意&熱烈ラブコールで、新居にお邪魔させていただくことになった。
お宅には夕方に到着できればOKだし、このままサイトも使えるので、
テントと荷物はそのまま十勝岳方面の湯めぐりを楽しんでから撤収→移動しようかなと。
そう考えつつ、やはり霧が晴れてくれることを祈る。

連泊組のキャンパーさんが煎れて下さったお茶をいただきながらお話を聞けば、
昨日も朝は同じようなガス状態だったとか。
「だから、昼前にはスッキリしてくるんじゃない?」とのアドバイス。
じゃぁ、下界を走りながら山の様子を見て決めようかな♪
という訳で、
前日スルーした美瑛の白金側の丘めぐりからスタート。
ユルユルぶらぶら走り、朝のひんやりした空気を満喫~(^_^)v

丘の風景

そして十勝岳山系にかかっていた雲がとれ始めたところで、まずは麓の白金温泉へ。

雲が晴れてきた♪

せっかくだからと、白髭の滝を眺める橋を渡ってみたものの…
高所恐怖症なのでかなりビビリ。。。
手ブレ寸前!?(爆)

白金温泉

国民保養センターの素朴な湯をいただいて心を落ちつけた後は、
原生林を右に左にかわすワインディングを一気に駆け上がり、吹上露天の湯に向かう。

ここは上下に野天風呂があって、どちらも混浴。
下の広い方はお父さん達で大層賑わっており、紅一点での仲間入りは気ひけて(笑)
上の小さな湯船に入った…

吹上温泉

がっ、、、めちゃくちゃ熱い。。。((>д<))。。。
辛かった。

怖かったり熱かったり、なんだかどMな湯めぐりになりそうなところだったけど…
最終目的の十勝岳温泉「凌雲閣」は、適度なぬる湯でのんびりまったり。

内湯

露天風呂でYKD

しかも、貸切り状態でゴキゲン~♪
鮮やかな土色の素敵な湯と、多少雲がかかってはいても開放感あふれる眺めに、身も心もほっこり。
ふぅ、癒されるわぁ。

帰路についた友人たちを見送って、キャンプ場に戻る。
学校も夏休みに入り、サイトにはとりどりのテントが張られて賑わっていた。

サイト

フラヌイ温泉

そして隣接するフラヌイ温泉で汗を流した後は、
周囲のライダーさん方のお誘いで野宴の輪に加わらせていただく。

楽しいなぁ♪

たまたま同じ日に同じサイトに居合わせたという、偶然のめぐり合わせのおつき合い。
仕事を辞めて旅に出たという19歳の若者から、還暦を過ぎて後継を託した社長さんまで十数人…
年齢も立場も超え、こうして灯りと炭火を囲んで語り合える楽しさよ。

これだからバイク旅はやめられないんだなぁ♪(^^)

友人たちとの待ち合わせは、上富良野の日の出公園。

ここはキャンプ場も併設していて、天候情報を教えてくれたご新造さんとテントを張る予定だった。
翌日にイベントが入ってとんぼ帰りになってしまったのだけれど、
それでも岩見沢から駆けつけてくれた彼女に感謝♪

チーズオムレット♪

わたしの大好物・ペイストリースナッフルスのチーズオムレットの差し入れもありがとう!
わざわざ札幌で買ってきてくれたんだね。

そして、翌日遊べたら…と連絡を取り合っていて
「上富良野なら飛び入り参加したい!」
と合流してくれたのは、
北海道の旅ではいつもお世話になりっぱなしのyou-koちゃん。
お馴染みブロス号でブイーン!と走ってきてくれた。

日の出公園にて

二人は初対面だったけど、
バイク乗り同士…そしてわたしのお友達同士なので、すぐに意気投合(^^)

女三人で楽しくお昼ご飯を食べ、ラベンダーの丘の上の木陰でひとしきりおしゃべり。

らべんだー

花の香りを含んだ爽やかな風を受けながら、
でも話題はオトナの話だったり(笑)、スキーのリフトの話だったり(謎)
笑い転げながら夕方まで…
こういう時間って、ほんとあっという間。

帰り道の相談(^^)

割にご近所さん同士だということがわかった二人、帰り道の相談中の図。
友達の輪がまたひとつ広がって、わたしも嬉しいな♪

そして何故か次の日の夜にも集まる約束をして、彼女たちを見送ったのでありましたw

久しぶりの布団でしっかりと睡眠をとり、シャキッと目覚めた旭川の朝。
素晴らしい青空にウキウキ&走りたくてうずうず!
早々に宿をチェックアウトして東川方面へ抜けると、大雪山系の山々が裾野を広げて迎えてくれた。

大雪山系くっきり

今日はお昼に上富良野で友人・ご新造さんと待ち合わせ。
そして別件で連絡を取り合っていたもう一人の友人・you-koちゃんも急遽合流してくれることになり♪
女三人で楽しい一日になりそうな予感…(*^^*)

そしてソロの午前中は、HPを見て気になっていた旭山近くのクラークホースガーデンへ。

クラークホースガーデン

ここはウエスタン乗馬が楽しめると同時に、ファームステイもできるそうで。
なんて言ったらいいんだろう。
現実離れした雰囲気というか、いい意味で日常とはちょっと違った風が吹いていて…
物語の中の世界のような素敵な時間がゆったりと流れている。
そんな場所。
折りしも雑誌の撮影が行われている中、突然訪れたわたしを温かく迎えて下さってありがたかったなぁ。
機会を見つけてのんびりお泊りで訪れてみたいところが、また一つ増えました♪(^^)

撮影のお邪魔にならないように出発。
東川の道の駅と隣接するモンベルショップを覗き、道道を繋いで美瑛入り。

快走!

R237を挟んで白金側は湯めぐりがてら明日走ることして、そのまま国道を横断。
パッチワークの路を西へ。
後はもう地図も見ず、気になる方へとぐるぐる寄り道しながら南下する。

美瑛入り

久しぶりの丘の風景…
夏なのに、風が乾いていて空が高い。
気持ちいいなぁ。
オートバイ乗りでよかったなぁ。