唯一、わたしにとって富士宮焼きそばの非常に惜しいことには。
“食事にしては軽め”といったところでしょうか。
もちろん最初から“おやつ感覚”なら、そんな風には思わないんでしょうけど…

なにせ元々が食いしん坊。
しかもかなり腹ペコ状態で飛び込んだため、南下してR1バイパスに乗り富士川を渡る頃には、なんとなく口淋しいというか腹淋しいというか(笑)。
よっしゃ、季節の生桜えびでも食べましょうかねー♪という訳で、由比に立ち寄ることにしました。

桜えびのにぎり 
漁港直営売店では定休日の看板にしばし放心状態でしたが、代わりに由比駅前で見つけた「銀太」という小さなお寿司やさんでちょこっと贅沢しちゃいました。
ええい!この過密スケジュールを乗り切った自分へのご褒美だいっ!(強気)

由比の定置網漁で水揚げされた鯵・こせ・真鯛・平目・石鯛・ほうぼう・太刀魚そして桜えびがセットになった「地魚にぎり」 1,575円。
活きの良いたっぷりとした厚さの身ならではの、コリコリとした食感と甘みを堪能いたしましたです。
AD

コメント(8)