バスケが100%上手くなる秘密のブログ

本気で上手くなりたいと心から思うバスケットプレイヤーに様々な視点から一流の人だけがしっている、けど誰も教えてくれない、そんな価値ある情報を余すことなく提供していきます。


テーマ:
どうも、こんにちは。gobeです。



今回は目標達成について書いていきたいと思います。



僕のメルマガ等を長いこと見てくださっている方なんかは知っていると思いますが、僕は4月から7月くらいまでの約3か月間、筋トレを続けていました(厳密には今もやってます。基本3か月続けて、多少の成果も出てってなると習慣化してしまいます)。


なぜ筋トレをしたかというと、もちろん運動能力を上げたいとか、男として良い体を手に入れたいなど、小さな理由は様々あるのですが、一番の理由は、

このブログを読んでくださっている皆さんに、3か月くらい何かを続ければ、多少なりの成果が出せるということを

口だけでなく形で示したい

という思いがあり、
また何が一番わかりやすく成果を示せるかなと考えたときに筋トレだ!と思ったのでやり始めました。


とりあえず、まずは論より証拠ということで、恥ずかしいのであまり載せたくないのですが、3か月前と今の比較写真を載せるので見てもらえればと。






左が3月末に撮った写真、右が7月の初めに撮った写真です。


どうでしょうか?


すごい!!
大したことない。
パンツださ!!


などなど色んな意見あるかと思いますが、とりあえずここでは、変化の具合や筋肉の付き方など細かいことは置いといて、“良い方に変化(進化、成長)してる”というところを見ていただければと思います。


当然見た目が変わり、友人などから、「かっこよくなった」などの声はもらいましたし、外見以外でも、例えばベンチプレスでは筋トレ前と比べ10キロ以上挙げられる重さが変わったりと、内面的な変化もしっかりと感じられています。

さらに肝心のバスケの方も、若干当たりに強くなったという実感はありますし、全体的に動きの質が良くなり、疲労もしにくくなりました。

それに何よりも鍛えたという自信からプレーに思い切りが出るようになったと思います。


このようにですね、3か月しっかりと何かを継続してやれば、多少の成果は必ず出ます。


そこで皆さんにもぜひやってほしいなと心の底から思うのですが、まあそうは言っても、なかなか続けれないというのが人間というものだと思います。もちろん僕も以前はそうでした。


ですので、今回はどうやったら3か月、あるいはそれ以上一つのことを継続してやれるかということについて僕が継続できなかった頃、と継続できる今を比べながら、解説していきますので、ぜひ参考にしてただければと思います。


これを読んだ後に、続けられないという言葉は言わせませんので、是非真剣に読んで、実践してください!


いいでしょうか、では早速参りましょう。




1.明確な目標を立てる

まず一にも二にもこれをしっかりとやる必要があります。皆さん大抵何かを続けようとするときは、大小の差はあれ、何かしらの目標を立てると思うのですが、僕が見る限り、結構ぼんやりとした目標を立ててる人が多いです。


そしてそういう人は多くの場合1か月も継続できません。


なぜか?


それは、目標がぼんやりとしていればいるほど、それが意識されなくなるからです。


目標がぼんやりしていると、何が問題かというと、何のためにそれをやっているのかが分からなくなるんです。


そしてその結果どうなるかというと、


やっていることそれ自体が目的になってしまうのです


例えば“ドリブルがうまくなりたい”という目標を立てて、毎日5分ハンドリングすることを決意したとします。


しかしこういう人は大体3日くらい続けているうちに、毎日5分ハンドリングすることが目的になってしまい、自分から始めたにもかかわらず、それをやるのが苦痛になってきて、最終的にやめてしまいます。


この理由はもうわかりますよね。そうです。それは目標が曖昧だからです。



では、どうすればいいかというと、当然ですが、具体的にする必要があります。


まずは具体的な人物なんかを目標にすると良いかと思います。自分の兄弟や、先輩、地元のうまい人、プロの選手など誰でもいいです、自分がこうなりたいという人を具体的にイメージしてみてください。


次にそれを続けた結果どうなりたいかを明確にする必要があります。


ここではドリブルを例に出しているので、それで考えると、

・ダブルチームされても軽く突破できるような自分になりたい
・今まで全く歯が立たなかった相手を軽々と抜き去る自分になりたい、
・ボールが回ってきてもビクビクせず、自信を持ってプレーできる自分になりたい、
・チームメイトにドリブルが下手だと馬鹿にされてるから、そいつらを見返してやりたい


このようにそれぞれ自分が欲する未来を明確に想像し、それをもとにかくできる限り具体的にして紙に書いたり、その絵が浮かぶ写真を貼ったりするわけです。


ちなみに僕で言うと、肉体としてはクリスティアーノロナウドのような肉体を手に入れたいというのがあり、それを得た結果、周りの友人知人などから良い体してるといわれるようになりたいや、Tシャツをかっこよく着こなしたい、バスケで今まで当たり負けしていた相手に負けない体を作りたいといった具体的な目標を立て、自分が理想とする服の着こなしをしている人の画像を保存しまくり、Youtubeで筋肉系の動画投稿している人のチャンネル登録しまくり(これをすると、Youtubeを開いた時に、筋肉系のおすすめばかり出てくるので、モチベーションアップには結構効果的です)、自分が当たり勝ちしたい相手をふっ飛ばす映像を頭で何度もイメージし、それがモチベーションとなって、結果日々筋トレするといった感じです。


このようにすれば、毎日の努力がその目標に近づくためのステップ(手段)だと思えるようになるので、かなり高いモチベーションでやれるようになると思います。


人間というのは自分のやりたいことはいくらでもやりたいけど、やらされたことは意地でもやりたくないものです。


だから明確な目標を立て、続けようと思うことをhave toではなくwant toにできるようにしましょう。


言い換えると目標が行動予定(ハンドリング5分みたいな)にならないようにしてくださいということです。あくまでもそれをやった結果得られる理想の未来が目標です。そして、それに伴う努力はそこに近づくための手段である。このことを忘れないようにしてください。


目標=モチベーションです。




2.危機感を持つ

先ほど上で解説した、明確な目標を持つことは最重要と言ってもいいほど大事で必ずやっていただきたのですが、それと合わせて考えてほしいのがこの危機感を持つということです。


例えばですね、もし今の練習量のまま、来年の夏の大会を迎えたらどうなるだろう、みたいなことをぼんやりと考えてみてください。

そうすると、こんなシュート力では絶対県大会勝ち上がれないなとかこのハンドリングじゃ強豪チームと当ったとき絶対通用しないな、みたいな考えが自然と生まれてくるはずです。


それが生まれたら、その危機感を自分のモチベーションに変えるということです。


人によってはまず危機感から入った方が自分の課題がはっきりと見えてくる分明確な目標が立てやすかったりすると思いますし、こうなりたい!というモチベーションよりもこのままではやばい!というモチベーションの方が原動力になるって人もいると思うので(僕なんかはどちらかというとこっちです)、そういう人は、危機感ってのも合わせて意識するとより高いモチベーションを継続できるはずです。



3.毎日最低一回はやる
 

継続できないパターンとしてよくあるのが、毎日ちゃんとやらないといけないと思う結果、それがどんどんプレッシャーになりやれなくなるというものです。皆さんも経験あるのではないでしょうか。

これは真面目な人ほどかかってしまう罠です。


僕も昔、毎日腕立てを30回やろうと決めていたのですが、数日経つうちに、やるのを忘れて寝てしまったり、モチベーションが上がらずにやらなかったりして、それを「明日まとめてやればいいや」と思って放置していると、結果それが60、90となっていき最終的にやらなくなるということがありました。


たしかに毎日続けることは大事ですが、実際に無理なときもあります。試合終わりでめちゃくちゃ疲れていたり、用事ができて家に帰れなかったりなどなど。


そういう時に大事なのがとりあえず一回やるということです。

もちろん一回やったうえでやる気が出なければ、それでやめればいいし、そこでやる気が出ればやれるところまでやればいいわけです。


これを聞くと、毎日30回と決めたら、30回やるからこそ“継続”ではないかと考える人も多いと思います。確かにこれは正論で、僕もそれが一番いいに決まってると思ってます。


しかし、僕の経験上、最初からそのストイックさを身につけるのはなかなか至難の業です。だからそのストイックさを持ち合わせていない人が最初から真面目にガチガチの計画でやろうとすると、まず失敗します。ですので、出来ない日は出来ないでしょうがないくらいの柔軟さを持った方が、“続ける”ということに重きを置いた場合には上手くいきます。


ただやらないはダメです。最低1回はやるんです、これが大事なんです。

なぜかというと1回やると意外とモチベーションが上がってきて、そのままいけちゃったりしますし、1回でもやったというのは、1回もやらなかったと比べ気持ちの面で全く違いがでます。そういうわけで最低1回はやるというのは意識してほしいなと思います。

そして自分をほめることも忘れないでください。例えば一回しかやらなかった日に「俺(私)はだめなやつだな」と思ってしまうのと「一回でもやった自分は最高や」と思うのとでは全く変わります。

基本的に真面目な人ほど、すぐネガティブ思考に入ったり、自己否定してしまったりしがちなのですが、そうなった結果良いことはほとんどないので、常にポジティブに自分をほめながらやっていくことを忘れないようにしましょう。


自分をほめることも継続の秘訣の一つです。


4.結果に期待しない
 

一つのことをある程度続けると、なかなか結果が出ないという時期があったりするんですね、そしてその結果、自分のやってることへの焦りや不信感が募りやらなくなるということがあります。

ただこのままでは、なかなか続けられないので、考え方を変える必要があります。


それは結果ではなく過程を重視する ということです。


つまり、1で立てた明確な目標に近づく努力をしている自分、それ自体を楽しむという姿勢を大事にするということです。


なぜか?


個人差はあると思いますが、何かを始めた際、自分で明らかに変わってきたなと感じるのに1か月、人から変わったなと言われるようになるのに2,3か月くらいはかかるかなというのが、僕個人や、周りの人を見ている中での実感です。


そうであるにもかかわらず、2週間とかで、やめてしまってはもったいないですよね。


坂本竜馬も言ってました「凡人が諦める一歩先に成功がある」と。


世の中そんなものです。ですので、理想の未来に近づいている自分、そしてその過程自体を楽しむ、そうすれば結果は自ずとついてくるということを肝に銘じて、結果に期待せずに続けてほしいなと思います。




5.自分の可能性を信じる

 
最後はこれです。僕としては根本としてこれがないと続けるというのは結構難しいのではないかと思います。つまりやりさえすれば、自分も理想の自分になれるということを信じれるかどうか、この気持ちを持っているかどうかが、続けれるか、そうでないかの一つの分岐点になるということです。

僕はよく、今、自分よりうまい人は、自分より才能があったとかではなく、ただ自分よりも練習してきただけなんだということを言うのですが、この言葉をちゃんと理解できるかどうかにもつながってきます。

逆にこういうことを聞いて、「そうはいっても結局才能あるやつはすぐできるけど、才能ないやつは練習してもあんな風にうまくなれるわけがない」といった風に考えて自分の可能性を閉ざしてしまう人は、正直何かを続けたり、一流と言われるレベルに行くのは難しいです。

やっぱり今の自分を好きになって、その自分を信じてあげることができる人だけが飛躍的に伸びる可能性を秘めてると思いますので、まずそこは意識してほしいなと思います。


僕の好きな心理学者のアドラーも「重要なことは何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである」というようなことを言っていますが、例えばあなたはレブロンにはなれないですが、レブロンもあなたにはなれないわけで、あなたにはあなたにしかなれない選手像というのがあるわけです。ですのでないものねだりをするのではなく、今あるものを最大限伸ばし、ないものは人の3倍努力して補ってやるくらいの気持ちをもってほしいなということです。





とりあえずこの5つがあれば、まず続けられないということはないかと思います。まあ読んでもらえれば分かると思うのですが、この5つは全て相関関係にあります。つまり1と2があっても5がないとダメみたいな感じで全部つながってるということです。


ただ、この5つをしっかり意識して努力していければ、半年後、1年後は恐ろしいことになってると思うので、まあそういう未来を期待しつつ、結果には期待せず、楽しみながら、地道にやって頂ければなと思います。


また今回は5つでしたけど、これも一つに入れて良いのではないかというくらい大事なものがあるのでここで紹介しておきます。(まだあるのか!ってツッコミは無視で。笑)


それはですね、


誰かと一緒にやる ということです。


やはり人間はなかなかどうして弱い生き物ですので、1人だと継続するのが難しかったりするものです。ですので僕個人としては誰かと一緒にやるというのをお勧めします。

ただこれは、誰かと一緒にジムに行ったり、走りに行ったりということももちろん含むのですが、僕としてはもう少し広い意味で使っていて、それは、誰かに見せろ!という意味が強いです。

まあもちろん一人でこっそりやって、進化しちゃうってもの良いと思うのですが、それよりも例えば友達や部活のみんなに今日から3か月筋トレするわと宣言したりとかして、周りの力(応援でもありプレッシャーでもある)を使った方が効率がいいと個人的には思います。

そして今の時代はSNSがあるので、それが比較的やりやすいです。宣言するということももちろんですが、自分の練習の成果とかを写真や動画とかで載せたりできますよね。

そしたら、すごい!とか頑張れ!といった反応がもらえるわけです、そうすることでまたそれもモチベーションにして頑張れたりします。


こんな風に“誰かと一緒にやる”ことで良い循環に入ることができるので、必要に応じてやるといいかと思います



ちなみにこの記事をいいね!してくれたりシェアしてくれたりすると僕の記事を書くモチベーションは上がります笑



今回はこんな感じです。


もちろん何かを続けるというのは、そんなに簡単なことではないですが、だからこそやる意味がありますし、自分が目指す高みに到達するためには避けて通れない道ですので、理想の自分に近づくために、目の前のやるべきことをしっかりこなしていきましょう!



読んでいただきありがとうございます。では、また!
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。