我慢、我慢…。

テーマ:
先日本屋で見かけて買った1冊。
学校では教えてくれない日本史の授業/井沢 元彦
¥1,785
Amazon.co.jp

まだほんの少ししか読んでませんが、面白い!!

来月長時間移動することがあるのでその時読むように取っておきたいのですが、誘惑に勝てるかどうか…。

ところで歴史上の出来事?で、「大化の改新」は多くの方が知っているのではないかと思うのですが、

「乙巳の変」 もやっぱり常識なんでしょうか?

恥ずかしながら僕は最近まで知りませんでした…。

でも歴史ミステリー?みたいな本を読んだり、日本史の本を読んだりすると当然のようにこの言葉が出てくるんですよね…。

まあ教科書の内容もどんどん変わってるので、そのせいで最近出てきた言葉じゃないかと淡い期待を抱いているのですが、やっぱ知ってて当然なのかちょっと気になるところです。

AD

納得。

テーマ:

最近また読書にもはまっております。

まあはまってるってほど猛スピードで読んでるわけではないですが、いつも通りちょこちょこと。


カンナ 戸隠の殺皆 (講談社ノベルス タS- 29)/高田 崇史

¥945
Amazon.co.jp

まずはつい最近出たこちら。

買ってすぐよみました。

いや~、相変わらず勉強になります。

ただなんとなく知ってた、聞いたことのあった神話、日本史についていろいろと考えさせられます。

寺社巡りに行きたくなったきっかけがこの人の本です。

去年は行けませんでしたが今年こそはいろいろと神社仏閣をまわりたいです。



続いてこちら。


笑わない数学者―MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)/森 博嗣

¥730
Amazon.co.jp

こちらもつい最近読み終わりました。

これもシリーズものですが、薦めてくれた友人の言葉通り確かにはまる…。

今はこの次の1冊に取り掛かっております。

ちなみにこちらの話に出てくるオリオン像の謎はなぜか解答を見る前にわかりました!!

もともとミステリーだからって犯人やトリックを考えながら読むことはしないんですが、なぜかこの問題だけはこうじゃないの?っていう答えがふと思いついて実際に当たってたんでびっくりしました。

ま、だからと言って本筋の?というか犯人は当たりませんでしたが・・・。

と言うか考えもしませんでしたけど。

一体何だったんでしょうか…。

とにかくどちらの本、作者も面白いです。

通勤通学や春休みの旅行の移動時にどうでしょう?

AD

おすすめ通り。

テーマ:

続きまして。

関西往復の電車内で読んだ本を。


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)/森 博嗣

¥770
Amazon.co.jp

いまさらですが友人のおすすめで読みました。

その友人曰く

「理系だなあって感じ」

とのこと。

読んでみて何がどうとは言えませんが、今まで読んだことのある小説とはどこか違う感じがしたりしなかったり。

そんなわけで理系だって感じがしたりしなかったり。

まあそんなことは置いといて、単純に面白かった!!

「読み出したらはまるよ…。」

の言葉通り、続きが気になる!!

ちょうど読んでるシリーズものも新刊待ちだし、この間に読み漁りたいと思います!!

AD

やってみたいこと。

テーマ:
映画、ドラマ、小説、漫画の影響を受けてやってみたことは? ブログネタ:映画、ドラマ、小説、漫画の影響を受けてやってみたことは? 参加中

やってみたことって言われてもぱっと思い付かなかったので今後やってみたいことを。

まずはおいしいワインをたくさん飲むこと!!
漫画ですが、登場するワインがどれもおいしそうで。
何本かは実際に飲んだことあるんですが、やっぱ全体的にお値段が…。
そんなワイン達を片っ端から飲み比べてみたいです!!

もう1つは寺社巡り!!
今までは観光地だったり有名だってだけでお参りしてましたが、何・誰が祀られているのかとか由来とか歴史とかをある程度知った上で行ったらもっと面白いんだろうなあと。
まあ何事もそうなんでしょうけどね。

そんなわけで影響を受けている漫画や小説を載せときます。
もう何回か紹介してると思いますが…。

失格!!

テーマ:

年末、関西に向かう電車の中で読みました。

人間失格 (集英社文庫)/太宰 治
¥270
Amazon.co.jp

ちなみに表紙はこれじゃないです…。

真っピンクでした…。

どっちにしろちょっと恥ずかしいですね。


で、初めて読んだんですが、これは遊びに行く時に読むもんじゃないですね…。

ちょうど新大阪に着く頃に読み終わったんですが、見事なほどにテンションを下げてくれました…。


とは言え読み手にそこまでの衝撃を与える力を持った作品ですので、やはり読んで損はないと思います。

ただしあくまでそれに耐えうるだけの精神を備えている状態であることをお勧めします。

下手に自分のテンションが下がっている時に読むとかなり厳しいものがあるんじゃないかと思いました。


個人的には、雨が降る梅雨時の昼下がりなんかに薄暗い部屋で読むとものすごい雰囲気が出るんじゃないかなって感じです。

細かく言うと、ジメジメじゃなくてちょっと肌寒いくらいの天気で。


なんて書いてしまいましたが、あくまで僕個人の話なんで、さらっと読み流してくださいませ!!

あと2冊…。

テーマ:
先週初めてネットで本を買いました。
それがこの3冊。
青龍村の惨劇 (トクマ・ノベルズ)/吉村 達也
¥860
Amazon.co.jp
朱雀村の惨劇 (トクマ・ノベルズ)/吉村 達也
¥860
Amazon.co.jp
白虎村の惨劇 (トクマ・ノベルズ)/吉村 達也
¥860
Amazon.co.jp

高校生の頃から読んでるんですが、今回の5部作でこのシリーズが終わってしまうそうで…。

かなり残念です…。

で、いつも通り文庫化を待ってたんですが、さすがに待ちきれなくなって今回買いました。

あっという間に読み終わってしまったんですが、とにかく続き、結末が気になって仕方ないです!!

あのプロローグは何だったのか?

あの怪しい人物たちは誰なのか?

彼らの目的は?

主人公?との関係は?


まあ興味あったら読んでみてください。

ただし、シリーズものなので順に読むのをおすすめします。

最低でも

「○○村の惨劇」って今回とは違うシリーズ4冊と「最後の惨劇」の計5冊は読んでおかないと話がわからないと思います。

こんなん書いたら読む気失せるでしょうけど…。


ま、年末年始たっぷり時間があるという方はいかがでしょう?

アクシデント?

テーマ:

ちょっと頼んでた本が届いちゃったので、昨日のライブの感想はまた後日に…。


って後回しにすると忘れちゃうんですよね~。


でも今日は書きません!!


すいません!!


ま、別に待ってるような人もいないか!!

天使と悪魔。

テーマ:
天使と悪魔 (上) (角川文庫)/ダン・ブラウン
¥620
Amazon.co.jp

最近急に読みたくなって読んでます。

ダ・ヴィンチ・コードで有名なダン・ブラウンの作品です。


2回目ですが結構話を忘れてるので楽しく読んでます。

きっとこれを読み終わったら次はダヴィンチコードでしょうね…。


そしてイタリアに行きたくなりました…。

ミーハー。

テーマ:
ハラダ発ライ麦畑経由ニューヨーク行 (新潮文庫 は 22-10)/原田 宗典
¥380
Amazon.co.jp

最近これを読みました。


で、今までもそうだったんですがこの人の作品の中で紹介されてる本てなんか読みたくなってしまうんですよね。

それだけ魅力を伝えるのが上手って事なんでしょうけど。

ちなみに今まで影響されたのは沢木耕太郎、谷川俊太郎、武者小路実篤、川端康成、梶井基次郎などなど。

なんだかものすごい名前が並んでしまいましたが、単に有名なんでぱっと思い出せたってだけです。

しかも結局読破してないのもあるし…。


とまあそんなわけで今は「ライ麦畑でつかまえて」を読みたくなってるところです!!

問題です。

テーマ:
試験に出るパズル―千葉千波の事件日記 (講談社文庫)/高田 崇史
¥730
Amazon.co.jp

最近読んだこの本に出てました。

ちょっとここんとこブログ書く気がおきないと言うか余裕がないのでこれでお茶を濁しとこうかと。

【問題】

次の日付にはある共通点があります。

さてそれはなんでしょう?


・1月21日

・2月25日

・3月24日

・5月29日

・6月25日

・7月29日

・10月24日

・12月25日


お暇だったら考えてみてください。