たまにしか書かないけど日記。~クラシック音楽コンサート鑑賞記 in 関西~

クラシック音楽のコンサート鑑賞記です。関西が多いと思います。
また、好きな音楽や、日々の諸々などを、思いついたときだけ書きます。


テーマ:

今回は演奏会の感想ではなく、別の話題を。

最近は科学の進歩が著しく、ネット通信も人工知能も大変に発達してきている。

そろそろタイムマシンの研究が始まってもいい頃かもしれない。

というわけで、もしタイムマシンができたら行ってみたい過去の演奏会を、今のうちから考えておくことにした。

 

(はい、お察しの通り、完全に妄想です。

以下も全て妄想なので、それイタいよね、と思われる方は読まない方がいいかもしれません…。

イタくてもいいよ、という優しい方はぜひお読みくださいm(_ _)m)

 

まずはやっぱり何といっても、20世紀の名指揮者フルトヴェングラーの演奏会に行きたいと思う。

フルトヴェングラーの演奏会はほぼ全て分かっており、TAHRA社によってまとめられているため(ネット上で見ることができる)、どの演奏会に行きたいか考えやすい、という便利さもある。

まずは、フルトヴェングラーの演奏会から考えていきたい。

 

フルトヴェングラーの演奏活動期間は1906~1954年と長いが、このうち最晩年の1950年代は演奏様式が少し重くなっている。

そうはいっても凡百の演奏とはわけが違う立派な名演だし、また枯れたような味わいもあってこれはこれで良いし、それに録音で聴く場合はやはり音質面でのアドバンテージがあるため、1950年代の録音を聴くことは多い。

ただ、もし演奏会を聴くということになったら音質面は考えなくていいし、録音で聴く限り1920~1940年代のフルトヴェングラーは重厚ながらもしなやかさがあって、他を寄せ付けない素晴らしさなので、やはり1920~1940年代で選ぶことにする(1900~1910年代は録音がないため分からない)。

 

さて、1920~1940年代の演奏会の、どれにするか。

オーケストラは、やっぱりせっかくなのでベルリン・フィルがいい。

そして、会場としては、世界最高のホールと謳われた、ベルリンの旧フィルハーモニーで聴きたい。

コンサートマスターは、できればベルリン・フィル史上最高のコンマス(だと私が勝手に考えている)シモン・ゴールドベルクがいいし、首席チェロ奏者はグレゴール・ピアティゴルスキーがいい。

そうなると、かなり限られてくる。

ピアティゴルスキーは1929年で首席チェロ奏者をやめたらしいし、ゴールドベルクは在任期間1929~1934年らしい。

となると、1929年しかないことになる(というか、この二人、かぶっていなかった可能性もある?)。

なので、1929年が無理なら、1929~1934年あたりであれば良いということにしよう。

この当時、ピアティゴルスキー以外にも、ニコライ・グラウダンという素晴らしいチェリストもいたことだし。

そもそも、コンサートごとに、ピアティゴルスキーかグラウダンかどちらが首席チェロ奏者として弾いているか、あるいはゴールドベルクかヘンリー・ホルストかどちらがコンマスとして弾いているかは、今となってはもう全く分からないので、そこは詳しく追及しないこととする。

というわけで、1929~1934年あたり(できれば1929年)の、ベルリンにおけるベルリン・フィルのコンサートということで、探していくことにする。

 

曲目は、一つには決められないので、複数回に分けて、一つ一つ書いていくことにする。

今回は、まず最初ということで、フルトヴェングラーが生涯に最も数多く演奏した曲、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」から。

1929年の演奏を探してみると、下記のものがあった。

 

1929年6月4日、ベルリン

指揮:フルトヴェングラー

管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

プログラム
Beethoven: Symphony No. 1

Beethoven: Leonore Overture No. III

Beethoven: Symphony No. 5

 

これは素晴らしい。

ぜひ聴いてみたい演奏会である。

これは、ベルリン・フェスティバルという音楽祭の一環である。

1929年にベルリンで開かれたこの音楽祭はものすごくて、トスカニーニがミラノ・スカラ座を率いて「ファルスタッフ」「リゴレット」「ランメルモールのルチア」「イル・トロヴァトーレ」「マノン・レスコー」「アイーダ」を振ったり、R.シュトラウスが自作のオペラを5つ振ったり、ワルター、クライバー(父)、クレンペラー、セルらもそれぞれコンサートやオペラを振っていて、まさに百花繚乱の様相を呈していた。

フルトヴェングラーもこの音楽祭で上記のコンサートのほかに、第九や「フィガロ」「トリスタン」などを振っており、贅沢極まりない。

世界恐慌前夜の、文化が活気にあふれていた幸福な時代。

ベルリンの「黄金の20年代」の集大成といってもいいイベントではなかっただろうか。

フルトヴェングラー/ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲第5番も、きっと最高の演奏だったに違いない。

 

ただ、もちろんまだタイムマシンはなくて、上記の演奏会は聴きに行けないので、代わりに下記の録音を聴いた。

 

●ベートーヴェン 交響曲第1番 フルトヴェングラー/ウィーン・フィル 1952年セッション盤(NMLApple Music

●ベートーヴェン 「レオノーレ」序曲第3番 フルトヴェングラー/ウィーン・フィル 1944年ライヴ盤(NML ※第2番と記載されているが第3番の間違い/Apple Music

●ベートーヴェン 交響曲第5番 フルトヴェングラー/ベルリン・フィル 1926年セッション盤(CD

 

年代やオケに違いがあるけれども、やはりどれも素晴らしい演奏。

特に交響曲第5番については、ベルリン・フィルだし、録音年代も上記コンサートに近い。

タイムスリップしたような気分を、少し味わえた。

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

↑ ブログランキングに参加しています。もしよろしければ、クリックお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

gnutonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。