たまにしか書かないけど日記。~クラシック音楽コンサート鑑賞記 in 関西~

クラシック音楽のコンサート鑑賞記です。関西が多いと思います。
また、好きな音楽や、日々の諸々などを、思いついたときだけ書きます。


テーマ:

今回は演奏会の感想ではなく、別の話題を。

先日、第1回Shigeru Kawai国際ピアノコンクールで、三浦謙司が優勝したらしい。

聴きに行かれたブロガーさん方の記事によると、やはり素晴らしい演奏だったとのこと。

三浦謙司というと、2015年浜コン(浜松国際ピアノコンクール)での演奏が忘れがたいし、昨年5月に聴きに行ったコンサートも良かった(そのときの記事はこちら)。

彼が優勝するのも、むべなるかな、といったところである。

 

というわけで、彼のデビューCDである、ブラームス&ショパンのバラード集を聴いてみた(Apple Music)。

おそらくカワイのピアノが使われており、スタインウェイやヤマハのような芳醇な音色というよりは、やや乾いた感じの、こざっぱりした音である。

「陶酔」というよりは、「覚醒」といったような印象。

そのような音色は、彼の音楽性によく合っている気がする。

彼は、音楽に溺れすぎることなく、明晰に、かつ豊かな音楽的センスで弾き進めていく。

ブラームスのバラードも良いし、もう多数のピアニストによって弾きつくされている感のあるショパンのバラードも、とても良い。

例えば、ショパンのバラード集にはチョ・ソンジンの録音もあり(NMLApple Music)、そちらは本当に細かな感情表現やニュアンス付けが施されていて大変素晴らしいのだけれども、その反面、やや凝りすぎているきらいもあって、そのためか音楽がところどころ停滞してしまうような印象を受ける(以前のチョ・ソンジンは、もっとスムーズに弾いていたように思うのだが…)。

それに比べると、三浦謙司のほうは、チョ・ソンジンほどの繊細な表現は聴かれないにしても、より自然な呼吸で音楽が流れていき、かつ決して単調ではなく、十分にセンスの感じられる演奏となっている。

 

そんなわけで、ショパンのバラード全集の録音としては、この三浦謙司盤が現時点では一番好きかもしれない。

個々の曲で見ると、物足りない点もないではない。

例えば、第1番ではポリーニのライヴ盤(CD)やフアンチのショパンコンクール時の演奏(動画はこちら)のように、あるいは第4番では中川真耶加のショパンコンクール時の演奏(動画はこちら)のように、コーダでの畳みかけるような切迫感がもう少し欲しいところである。

しかし、そこまではしないのが三浦謙司らしさなのだろう。

少なくとも、バラード4曲全てを収録した盤で、彼の演奏よりも良いと感じたものは、今のところ思い浮かばない。

広く聴かれてほしい一枚である。

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

↑ ブログランキングに参加しています。もしよろしければ、クリックお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

gnutonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。