政府は21日、2011年度の一般職国家公務員の新規採用数を閣議決定した。09年度(7845人)比で39%減の4783人にする。鳩山由紀夫首相は4月27日の閣僚懇談会でおおむね半減を目指すよう指示していたが、刑務官や海上保安官など専門職種を抱える府省から急激な採用抑制に対する異論が強く、当初目標は達成できなかった形だ。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「国家公務員の政治的行為の制限」
新規採用、来年度は39%減=国家公務員、半減を断念
議員歳費を2割減=民主、参院選公約で検討
新人キャリアも心中さまざま=政治主導の幹部人事に
自民公約原案骨子

ふるさと納税、申し込み相次ぐ=2週間で2200万円―宮崎県(時事通信)
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言(産経新聞)
暴力団幹部3人を逮捕=会社経営者殺人―群馬県警(時事通信)
<豊川市職員自殺控訴審>パワハラ見て心労…原告側逆転勝訴(毎日新聞)
<宝くじ販売権譲渡詐欺>被害数百万円、容疑の男逮捕へ(毎日新聞)
AD