1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-28 10:46:00

アメリカから大学生インターンが二人働いています!その2

テーマ:事務局より

(There is an english version below)
こんにちは。広報のいいじまです。6月と7月、グッドネーバーズ・ジャパンは、アメリカはインディアナ州にあるアーラム大学から、二人のアメリカ人インターンを受け入れています。


もうすぐインターン期間も終了… ということで、ふたりにブログを書いてもらいました!
アメリカから大学生インターンが二人働いています!その1(アシュリーのブログはこちら)



初めまして!

私はパラディソ・レオナルドと申します。シカゴから来ました。リッチモンドでアーラム大学に通っています。今、グッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)のインターンをしています。二か月間働いています。どうぞよろしくお願いします。


私は、大学でこのインターンシップを知りました。スカイプインタビューで初めてグッドネーバーズ・ジャパンのスタッフの飯島さんに会いました。私はとても緊張していて、思っていることをうまく言えませんでした。でも、アシュリーと一緒にインターンに選ばれたので、インタビューは大丈夫だったようです。二か月後、日本に来ました!


(同僚と一緒に児童労働にNo!)→児童労働にレッドカードアクション

GNJPでは、毎日同じ仕事をするのではなく、その日の大切なことをします。
翻訳したりパンフレットを作ったり。私の一番好きな仕事はビデオを編集することです。ビデオの編集は趣味なので、GNJPでビデオを編集できる仕事をもらえると、とても楽しいです。


私とアシュリーの主要な仕事はGNJPと英語を使う企業・団体とのパートナーシップを作ることでした。これには長いプロセスが必要なので、毎週、少しずつ進めました。最初に会社のリストと提案書をつくってメールを送りました。一番難しかったことは電話をかけることでした。50の学校にフォローアップの電話をしました。特に最初の何件かは、とても緊張しました。


(事務所で働いています)

先月と今月は楽しかったです。みんなはとてもやさしくて、たくさんのことを習いました。GNJPに来た時、私は間違いを犯すことを恐れていました。でも、間違いを犯すことは経験になります。間違いから学ぶことができます。GNJPからたくさん学びました。


GNJPに来る前は、大学で何にフォーカスして学んでいくべきか見えていませんでした。なぜなら社会に出た後、何が役に立つのかを知らなかったから。でも、今は将来に向けて何を準備したらいいかが明確になりました。


(公園でお昼ご飯をたべました)

大学の授業で学ぶ事実の数ではなくて、問題に直面した時にその問題についてより客観的に考えられるよう、自分の今までの経験をいかに活かせるかが大事なのです。

私たちはいつも、問題の答えや対処法を知っているわけではありません。でも、問題を乗り越える力こそが働いていくうえで大事な能力だと思います。

GNJP
で働いた経験は私の自信になり将来が楽しみになりました。そして、私に多くの素晴らしい人々に会う機会を与えてくれました。

English

Hello!

My name is Leo Paradiso and I’m from Chicago, Illinois and I attend Earlham College in Richmond, Indiana. I am currently working as an intern at Good Neighbors Japan in Tokyo, the internship is 2 months long and regrettably my time here is a little more than half over.


I found out about this internship through my school, Earlham College. My first interaction with the Good Neighbors Japan office, was my Skype interview with Ms. Iijima. Throughout the interview I was so nervous I couldn’t keep my thoughts straight, but apparently the interview went well enough as I was selected for the internship along with one of my peers Ashley. I was overjoyed at the news and 1.5 months later I found myself on a plane to Tokyo, Japan.


My typical workday does not consist of working on the same thing every day, it instead involves working on whatever needs to be done that day. One day I could be working on translating a letter in Japanese and transferring its contents from paper to a Word document, and the next I could be making a brochure for one of Good Neighbors Japan’s projects, but by far my favorite is when I am tasked with editing a video about one of the projects that GNJP is working on or has just finished. Video editing is my hobby and when I get the chance to do that in the office, it becomes just that much more interesting of a job.


The main project that Ashley and I were tasked was to find some organizations or groups that we could create a partnership between them and GNJP. This is a long term process so we work on it bit by bit each week, we started by making a list of organization and then we created a proposal document to send out to them. 


Throughout the process so far, the most difficult part came after all of the emails had been sent out and I had to call 50 different schools in order to follow up. The first few calls were definitely the most difficult, as I had to figure out how to respond to a myriad of different situations.


As I look over the past month of work and ahead to the next month, I am happy with my experiences and the people that I have met and I look forward to everything I am yet to experience and accomplish. My biggest fear coming into this internship was that I would make a horrible mistake, and I have made a few small ones, but those can be some of the best learning experiences. Working here has really helped my understanding of life after college and helped shape how I will finish up my college experience. 


Before coming to Good Neighbors Japan I didn’t have a direction or real focus to my school work because I didn’t know or understand what would actually be useful to me once I graduated, but now I have a clearer picture of how to best prepare for my future. It is not about how many facts you can learn in your classes, it is how those classes can help your experience so that you can think more critically about problems that come up. You will not always know how to do something or the answer to a problem, but the ability to recover from those problems is what makes you a strong worker. Working at Good Neighbors Japan has made me more confident and optimistic about my future and has given me the opportunity to meet many amazing people.

AD
2015-07-24 14:31:34

アメリカから大学生インターンが二人働いています!その1

テーマ:事務局より
こんにちは。広報のいいじまです。6月と7月、グッドネーバーズ・ジャパンは、アメリカはインディアナ州にあるアーラム大学から、二人のアメリカ人インターンを受け入れています。
語学力向上、日本の文化を学ぶ、日本での職業体験などがインターンシップの目的ということですが、グッドネーバーズ・ジャパンの事務所で翻訳や調べもの、ファンドレイジングの企画など様々な業務をこなしてくれています。

もうすぐインターン期間も終了… ということで、ふたりにブログを書いてもらいました!

アメリカから大学生インターンが二人働いています!その2(レオのブログはこちら)


皆さん、初めまして!
キラキラ

私の名前はアシュリー・ツリーディーです。アメリカのインディアナから来ています。アーラム大学でビジネスや経済を勉強しています。今秋は4年生になり、2016年5月に卒業します!

6月から7月終わりまでグッドネーバーズ・ジャパンで広報のインターンをしています。パンフレットを作ったり、プレスリリースを送ったり、ファンドレイジングをしています。卒業後は、広報やマーケティング分野の仕事をしてみたいから、このインターンシップはとても大事な経験です。グッドネーバーズ・ジャパンの活動もとても大事だと思います。一番有意義だと思うことは、世界の子ども達の助けになれることです。私はこのインターンシップを楽しんでいます。

 (働いています)


東京には、前に1回来たことがあります。その旅行は5日だけでしたが、今回は全然違います。もっとたくさんの文化を経験することができます。色々な祭りや場所に行きました。近いうちに京都や大阪にも行く予定です。


    
       (鎌倉の大仏)                   (浅草の浅草寺)

(靖国神社のみたままつり)


私は家に帰ったら、東京が恋しくなると思います。たくさん親切な人と会って、色々な経験しました。この夏はとても楽しくて、すばらしいものでした。決して忘れません!



Hello!

My name is Ashley Trede. I'm from Indiana in the United States. I am a student at Earlham College where I study Business and Economics. This fall I will be a senior and then I will graduate in spring 2016.

From June until the end of July, I am doing a communications internship with Good Neighbors Japan. I do tasks such as make brochures, send press releases, and work on a fundraising project. After graduation I would like to find a job in the communications or marketing field. Therefore, this internship is a valuable experience for me. Also, I think that Good Neighbors Japan’s cause has a very purposeful meaning. The most meaningful thing is that we are able to help children from around the world. I enjoy Good Neighbors Japan and this internship a lot.

I had visited Tokyo once before, but only for five days. This time it is much different. I am experiencing a lot more of the culture. I have been to many different festivals and places. I will also visit Kyoto and Osaka soon.

After I return home, I will miss Tokyo. I have met many kind people and experienced many different things. This summer has been very fun and amazing. I will never forget it!

AD
2015-03-19 11:50:31

災害発生時の、自衛隊と民間の連携について考える

テーマ:事務局より
みなさん、こんにちは!
国内災害対策室のたけやりです。

2月の初旬に静岡県御殿場市にある陸上自衛隊駒門駐屯地で行われた、国際平和協力活動セミナーに、先日3月3日には平成26年度国際平和協力活動民軍連携研究会に参加して参りました。

みなさんは「自衛隊とNGOは何の関係あるの?」と疑問をお持ちだと思います。

東日本大震災でも多くの自衛隊や他国軍の方々が被災地域で活躍しました。
同じ「被災地」を支援する者として、支援をする団体が上手に連携をすると、支援をより早く効率的にできるにすることができるんです。

東日本大震災の被災地では、支援する側に「被災者を支援する」という共通の目的があるのにも関わらず、実際の現場はそれぞれの団体の意向や方針があって上手くかみ合わず、もっと支援団体間で連携をしていたら、効率よく支援ができていたのではないかという現場もいくつかありました。

それを解消するために、事前に会って、話をして連携の練習をしておこうというのがこのようなセミナーの役割です。

3月3日に開催された研究会は、神奈川県の座間駐屯地で行われ、政府機関、研究機関、国際NGO等と自衛隊員が一同に会し、次なる災害を想定して民軍の連携についての基調講演や、模擬クラスター会議等を行いました。
※クラスター会議→被災地などで行う合同会議のこと。現地政府や軍、NGO等様々な人が被災者支援をより効率的により円滑にするために行います。

 


私は模擬展示クラスター会議のアクターを仰せつかり、津波の被災地でのグッドネーバーズ・ジャパンの支援活動(想定)を紹介させていただきました。


グリーンのベストがたけやりです!

ここで、ある参加者の方が印象的な発言をされていました。
「自衛隊と民間は黒と白。それを灰色にして仲良くしましょう…というのではなく、黒と白をはっきりさせて、何ができて何ができないかをきちんと出し合って、その上でしっかり連携していくことが大事。」

普段は接点のない自衛隊の方たちと被災地でどう連携していくか等、多くの議論が繰り広げられとても有意義な研究会でした。

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇