グッドネーバーズ・ジャパンのブログ

~世界中の子ども達に笑顔を~ 
グッドネーバーズは、世界35カ国以上で子どもの教育支援、人道開発援助、緊急支援活動に取り組む国際NGOです。


テーマ:

こんにちは。広報のいいじまです。6月中旬から2か月間、グッドネーバーズ・ジャパンは、アメリカはインディアナ州にあるアーラム大学から、アメリカ人インターンをひとり、受け入れました。 

このプログラムは昨年に引き続き二年目。

日本が大好きな彼らにはスタッフ一同癒されていますが、その一方、与えられた仕事にまじめに取り組み、ちょっと行き詰っても自分で解決策を探すことのできる彼らには本当に助けられています。

 

今年のインターン、エルがブログを書いてくれたのでご紹介します!

 

左下矢印左下矢印左下矢印

こんにちは!

私はエロイーズ・ジャービスと申します。アメリカ人の大学生です。そろそろ4年生になります。グッドネーバーズで働いていた時はうれしくて、たくさん成長したように感じます。でも実はグッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)を見つけた理由は、大学の卒業条件だったからなのです。


専攻が日本語だから、アーラム大学では卒業条件の一つは日本に行くことです。アーラム大学はもう二つの留学プログラムがありますが、最初申し込んだのは「あなたがトランスジェンダーだということに問題があって、男として行かなければならない」と言われました。下の写真を見れば、私がそれを受け入れられなかった理由が分かるかもしれません。他のプログラムにも申し込んだが、ダメでした。それのせいで失望しかけました。

 

でも、アーラム大学の先生が私を信じてくれていたから、翌年再び探して、このインターンを見つけました。ネットで仕事の説明を読むと、奇跡だと思いました雷。翻訳が大好きで、HTMLの知識がある私にぴったりでした。それに、私は子どもが非常に大切だと思っているので、GNJPの活動に強く同意します。本当に完璧でした。今でも選ばれてうれしいです!そしてGNJPを見つけてよかったです!もしかして運命でした。

 

 事務所にて

 

その後、6月に日本に行きました。私が少し忘れっぽくてよく道に迷うので、最初はちょっと大変でしたが。空港からの電車に携帯電話を失くしてしまいました!滝汗 でも2日後見つかって、仕事の最初の日に無事に着いて働きました。それから生活がどんどん楽しくなりました。仕事もとても楽しかったです!

 

最初の週末にはGNJPが行った熊本地震の支援活動の出張にも行けました!出張の目的は、地震で避難生活をしている方に、炊き出しをするためでした。作ったのは、「ホットク」という韓国料理です。ちょっとパンケーキみたいですが、チーズやチョコレートが入っています。私の役割は種類の紹介でした。それでよく熊本の方と会話しました。世代や分化が違っても、話が合うところが多くあって、とても意味深いと思いました。手伝えてよかったです。

 これが「ホットク」です!


ほかに、事務所では色々な仕事をさせてもらいましたが、主に「マークアップ」というプロジェクトを進めました。マークアップとは、HTML(WEBサイトを表示するための言語)を用いて記事を書くことです。GNJPのサイトは一年前リニューアルされましたが、昔のサイトにある記事が新しいサイトにコピーされていませんでした。それで私の仕事はその記事を新しいデータベースに手でコードをコピーすることでした。高校生の時に少しHTMLを習いましたから、そのシステムはすぐに慣れました。

そして8月には後輩のインターンにマークアップのことを教えました。教えるのは経験がなかったので、チャレンジでしたが、たくさん楽しみました。

 

 寄付されたコインの仕分けをしています

 

マークアップ以外は物品寄付の分別とか、事務所の掃除とかありました。でも一番好きな仕事は手紙手紙の翻訳です。日本の子どもサポーターからもらった手紙を日本語から英語に訳しました。仕事で翻訳を出来てとてもうれしいです。将来に翻訳者になりたいですので、卒業前にそんな経験を得てありがたいです。

 

 活動報告会の様子

 

仕事以外では、よく旅行して観光しました。自分で京都、大阪、広島を訪ねました。お寺や城は信じられない程美しいと思います。二条城は特に素晴らしいです!二条城の庭園で歩きながら感動しました。大体観光でしたが、それにしても大事なことを体験出来たように感じます。そしてインターンの終わりの二週間前にオフィスの皆様と一緒に横浜でバスツアーをしました。水族館にも行きました!皆がいたので、それが一番好きな旅になりました。

 

 はとバスで旅行バス

 

仕事でも、日常生活でも、たくさんの優しい人と会えました。日本にそんな親切な人がいっぱいいるのは素敵だと思います。どこでも行っても安全だと感じました。それに困った時に大部分の人は私を手伝ってくれました。

このインターンは2カ月だけだったのに、事務所の皆が家族みたいです。皆の親切を絶対に忘れません。全ての思い出の中に、このインターンは最もうれしいの一つです。だから、絶対日本に帰ってきたいです!少なくとも1年間は日本に住みたいです。次も、もっと多くのうれしい思い出を作れると願っています。

 

皆様、本当にありがとうございました!!


エロイーズ・ジャービス
 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。ブログを書くのは久しぶりです。広報のイイジマです。

今回は、3月にべクトル春日部店という、総合リサイクルショップにお邪魔してきましたのでその様子をお伝えします。

2016年1月に、埼玉県春日部市にオープンしたベクトル春日部店は、グッドネーバーズ・ジャパンの協力店としてオープンし、全店頭商品の売り上げの一部が寄付となります。同店では古着の買取査定もしており、ご希望により、買い取り額の一部を寄付することもできます。

というわけで、打ち合わせがてら、私物の古着を4着持ち込んで、リアル査定してもらいました!


べクトル春日部店は、春日部駅から徒歩10分ほどのところにあります。


店内の様子。衣類以外のものも販売されています。

打ち合わせの前にまずは査定タイム!今回持ち込んだ古着はこちら

 ROPÉ PICNIC ステンカラーコート

 D.M.G デニム

 ZARA baby コーデュロイのパンツ

 アメリカのブランド?kensieと書いてある チュニック

この4点です。時期を意識して、春夏に売れそうなものを持っていきました。


査定をしてくれた泉さん。人呼んで『リサイクル王子』!!

でました査定結果!発表します。



ZARA baby コーデュロイのパンツ・・・10円!
ROPÉ PICNIC ステンカラーコート・・・100円!
D.M.G デニム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10円!
kensieと書いてある チュニック・・・・・・0円!

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・120円

以上でございました。
もったいない主義の私の古着はそれほど状態の良いものや最新のものはありません…。
服をリサイクルショップに売ったことがない方には安く感じるかもしれませんが、こんなものだと思います。…と納得し、買取の同意書に記入。この時に免許書なども提示します。


120円いただきました!

さて。ベクトル春日部店では先ほども書いたとおり、査定額を寄付できます。寄付の額は任意で選べます。
もし査定額が1000円以上などになれば、端数を寄付するのもいいですよね。
私の査定額は120円なので・・・とりあえず全部寄付しちゃいました。

同意書にサインして募金完了

そのあと、リサイクル王子様や担当者さんと、まじめに打ち合わせをしました。
が、帰る前に店舗の商品を見ていて、ついシャツワンピ(1800円)をお買い上げしてしまい、打ち合わせと言いつつ普通に楽しんでしまったのでした。
ちなみに、このお買いもの1800円のうち、5%(90円)がグッドネーバーズ・ジャパンへ寄付されるので査定額と合わせて寄付額は210円ということになります。

国内での衣類等、繊維製品のリサイクル率は10~20%以下といわれているそうです。
これは、古紙回収率80.8%(日本製紙連合会)や、アルミ缶リサイクル率87%(アルミ缶リサイクル協会)と比べると非常に低いもので、多くの衣類がまだ使える状態で廃棄されていることを示しています。
ベクトルのスタッフの方は、衣類のリサイクル率を上げて環境負荷を減らしたい、一般の方にはもっと日常的に衣類のリユースを考えてみてほしいと仰っていました。

今までお世話になった洋服が、ゴミにならずに誰かのもとで第二の人生(服生?)を生き、しかも途上国の子どもの支援にもなるという、ベクトル春日部店。
国内のリサイクルショップでこのような取り組みをしているところは他にはないそうです。
お近くにお住まいの方はぜひ、足を運んでみてください♪

春日部はお近くでない、というかたは、インターネットで古着を寄付できる『リサイフク』を是非!
こちらは査定額はお知らせしていないのですが、一部地域を除き送料無料で服を寄付することができます。

『リサイフク』とは
グッドネーバーズ・ジャパンが、古着のリサイクル販売を行う株式会社ベクトルと協働で行う、古着の買い取り額が途上国の子ども達への寄付になる取り組みです。

こちらはインターネットで申込みができて、一部地域以外は着払いで送れるため、非常に多くの方にご利用いただいています。

詳細はこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(There is an english version below)
こんにちは。広報のいいじまです。6月と7月、グッドネーバーズ・ジャパンは、アメリカはインディアナ州にあるアーラム大学から、二人のアメリカ人インターンを受け入れています。


もうすぐインターン期間も終了… ということで、ふたりにブログを書いてもらいました!
アメリカから大学生インターンが二人働いています!その1(アシュリーのブログはこちら)



初めまして!

私はパラディソ・レオナルドと申します。シカゴから来ました。リッチモンドでアーラム大学に通っています。今、グッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)のインターンをしています。二か月間働いています。どうぞよろしくお願いします。


私は、大学でこのインターンシップを知りました。スカイプインタビューで初めてグッドネーバーズ・ジャパンのスタッフの飯島さんに会いました。私はとても緊張していて、思っていることをうまく言えませんでした。でも、アシュリーと一緒にインターンに選ばれたので、インタビューは大丈夫だったようです。二か月後、日本に来ました!


(同僚と一緒に児童労働にNo!)→児童労働にレッドカードアクション

GNJPでは、毎日同じ仕事をするのではなく、その日の大切なことをします。
翻訳したりパンフレットを作ったり。私の一番好きな仕事はビデオを編集することです。ビデオの編集は趣味なので、GNJPでビデオを編集できる仕事をもらえると、とても楽しいです。


私とアシュリーの主要な仕事はGNJPと英語を使う企業・団体とのパートナーシップを作ることでした。これには長いプロセスが必要なので、毎週、少しずつ進めました。最初に会社のリストと提案書をつくってメールを送りました。一番難しかったことは電話をかけることでした。50の学校にフォローアップの電話をしました。特に最初の何件かは、とても緊張しました。


(事務所で働いています)

先月と今月は楽しかったです。みんなはとてもやさしくて、たくさんのことを習いました。GNJPに来た時、私は間違いを犯すことを恐れていました。でも、間違いを犯すことは経験になります。間違いから学ぶことができます。GNJPからたくさん学びました。


GNJPに来る前は、大学で何にフォーカスして学んでいくべきか見えていませんでした。なぜなら社会に出た後、何が役に立つのかを知らなかったから。でも、今は将来に向けて何を準備したらいいかが明確になりました。


(公園でお昼ご飯をたべました)

大学の授業で学ぶ事実の数ではなくて、問題に直面した時にその問題についてより客観的に考えられるよう、自分の今までの経験をいかに活かせるかが大事なのです。

私たちはいつも、問題の答えや対処法を知っているわけではありません。でも、問題を乗り越える力こそが働いていくうえで大事な能力だと思います。

GNJP
で働いた経験は私の自信になり将来が楽しみになりました。そして、私に多くの素晴らしい人々に会う機会を与えてくれました。

English

Hello!

My name is Leo Paradiso and I’m from Chicago, Illinois and I attend Earlham College in Richmond, Indiana. I am currently working as an intern at Good Neighbors Japan in Tokyo, the internship is 2 months long and regrettably my time here is a little more than half over.


I found out about this internship through my school, Earlham College. My first interaction with the Good Neighbors Japan office, was my Skype interview with Ms. Iijima. Throughout the interview I was so nervous I couldn’t keep my thoughts straight, but apparently the interview went well enough as I was selected for the internship along with one of my peers Ashley. I was overjoyed at the news and 1.5 months later I found myself on a plane to Tokyo, Japan.


My typical workday does not consist of working on the same thing every day, it instead involves working on whatever needs to be done that day. One day I could be working on translating a letter in Japanese and transferring its contents from paper to a Word document, and the next I could be making a brochure for one of Good Neighbors Japan’s projects, but by far my favorite is when I am tasked with editing a video about one of the projects that GNJP is working on or has just finished. Video editing is my hobby and when I get the chance to do that in the office, it becomes just that much more interesting of a job.


The main project that Ashley and I were tasked was to find some organizations or groups that we could create a partnership between them and GNJP. This is a long term process so we work on it bit by bit each week, we started by making a list of organization and then we created a proposal document to send out to them. 


Throughout the process so far, the most difficult part came after all of the emails had been sent out and I had to call 50 different schools in order to follow up. The first few calls were definitely the most difficult, as I had to figure out how to respond to a myriad of different situations.


As I look over the past month of work and ahead to the next month, I am happy with my experiences and the people that I have met and I look forward to everything I am yet to experience and accomplish. My biggest fear coming into this internship was that I would make a horrible mistake, and I have made a few small ones, but those can be some of the best learning experiences. Working here has really helped my understanding of life after college and helped shape how I will finish up my college experience. 


Before coming to Good Neighbors Japan I didn’t have a direction or real focus to my school work because I didn’t know or understand what would actually be useful to me once I graduated, but now I have a clearer picture of how to best prepare for my future. It is not about how many facts you can learn in your classes, it is how those classes can help your experience so that you can think more critically about problems that come up. You will not always know how to do something or the answer to a problem, but the ability to recover from those problems is what makes you a strong worker. Working at Good Neighbors Japan has made me more confident and optimistic about my future and has given me the opportunity to meet many amazing people.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。