会ニュース64号

テーマ:
会ニュース64号です。
5月9日(土)の行動への参加お待ちしています。

AD
4月28日(火)彦根サンパレスで緊急集会です。

4月14日の福井地裁の決定を受けて、以下のように、緊急報告集会を開きます。いま、新しい情勢の下で会員が増えています(410人突破)。入会を呼びかけながら集会参加を訴えましょう。

   とき   4月28日(火) 19時~21時

   ところ  ひこね燦ぱれす

   内容 

      ・ 報告「高浜運転差止命令の意義と これから」(井戸謙一弁護士)

      ・ 質疑応答、会場発言

      ・ その他

 

昨日、拡散したニューヨークタイムズの記事を、会員の今井さんの娘さんが翻訳してくれました。英語の嫌いな私でも読めます。参考にして下さい。

日本の原子炉は、裁判官の政令で閉じられたままで


 

(東京発)  福井県は、短い、険しい海岸線に沿ってクラスタ化された13の商用原子炉で、地域の原子力産業のための政治的な砦としての評判を得ています。原子力に優しい政治家は福井の政府機関のほとんどを支配し、そして地域はGenpatsu銀座、または核路地と愛称で呼ばれている。

福井は今、原子力産業を再構築し、原子炉の運転停止の経済的影響を逆にする日本政府の努力のための戦場として浮上している。火曜日に、地元の裁判官は地域の高浜発電所2基の原子炉の再起動を禁止する差し止め命令を発行する、グリッド上原子力を取り戻すために最新の試みを遮断した。

原子力産業は、4年前に福島第一原子力発電所でのメルトダウン以来、麻痺の状態にあった。日本では48使用可能な原子炉はいずれも、オンラインに戻りません。

ビジネスグループは、サービスに、少なくともいくつかの植物を返すの遅れが彼らの一番下の行を破壊していることを言う。電気の価格は、失われた原子力発電を補うために多くの石油·天然ガスの輸入のコストを反映して、20パーセント以上増加している。つまり、政府の推計によると、家計や企業のための追加費用が年間数十億ドルの数十の同等に変換されます。

それは、企業収益や個人消費の増加に焦点を当ててきた経済成長を、再燃させるために安倍晋三首相の努力のための潜在的な障害となります。そのため、化石燃料の使用の増加により、日本の二酸化炭素排出量は、国がその原子炉をオフラインにし始めてから4年間で上昇している。

6月から約50%下落している原油価格の下落は、経済オフ圧力の一部をとっている。しかし、政府はそれにもかかわらず、成長を支援し、より低コスト国への日本の産業の脱出を遅らせるために重要として、原子力の復活を見ている。

火曜日に発行された判決の中心に工場を所有している関西電力は、大阪の大都市を含む西日本の観測幅を提供しています。提供エリアもパナソニックのような産業の巨人に家である。

菅義偉、阿部氏のための官房長官は、福井の裁判所の決定のための科学的根拠に疑問を呈し、それは原子力発電のための政府の支援を変更しないと述べた。

「原子炉が新たな安全基準を満たすために、専門家によって判断された、 "ミスター須賀は、昨年末に完成した日本の原子力規制委員会によるレビューを参照して、言った。代理店は高浜の原子炉が福島の災害後に導入厳しいガイドラインを満たしていると判断。「私たちはその判断を尊重し、再起動を進め当社の方針に変化がない、 "ミスター須賀は語った。

関西電力は2年以上前に新ルールの導入後サービスに返される国で最初の一つであるように福井で原子炉を意図していた。しかし、火曜日に彼の判決で、裁判官、秀明樋口は、地震、津波、福島の災害のトリガーに植物の抵抗性のようなものをカバーする標準規格、の妥当性に挑戦。

裁判官樋口は、62氏は、「発生しない安全基準を超えた大きさの地震が、と言っのために少し合理的な根拠がある」「それは楽観的であるが。」

原子炉は広く、年末までにサービスに復帰することが期待されていた。関西電力は、それが上訴すると述べているが、専門家は、その計画は数ヶ月または数年遅れで表示することができたと述べた。

それは裁判官樋口が動作福井で原子力発電所を禁止する命令を出していた、と彼は福島からの核の再起動オーバーユーティリティに不利な判決を下したと、日本で唯一の裁判官のまま二度目だった。彼はユーティリティは、彼らが安全に動作することができたことを示していなかったので、別の関西電力施設、大井原子力発電所、二つの原子炉がオフになったままでなければならないとの判決を下したとき、彼は5月反核活動家の間で英雄となった。

それが直接原子力規制委員会が定めた新たな安全基準に挑戦しているため火曜日に判事樋口の決定は、潜在的に、より顕著であった。それは、新たな規制の下で安全であると認定されていた植物に対する彼の最初の判決だった。大井発電所は、安全審査を受けることをまだ持っていた。

差し止め命令は9福井の住民と周辺の都道府県のグループによって要求されました。

「この判決は、原子力発電を廃止に向けた歴史的な一歩であり、政府や電力会社はそれを尊重しなければならない、「グループの弁護士は、NHK、日本の国家放送局に語った。

判事樋口の批評家は、彼が、原子力安全についての結論に到達するための技術的な専門知識を欠いていると言う。

伸一西川、明治大学教授は、日本の裁判官は、多くの場合、政府の政策に挑戦に消極的と言いました。彼は裁判官樋口が低レベルのローカル裁判所で彼のキャリアを過ごしたし、政府に有利な判決が促進のための前提条件であることができる司法、「エリートの一部ではない」だったことに留意した。

「昨年の判決は勇気を取ったが、この判決はさらに勇気をとっていることが、「教授西川は語った。

日本の原子力シャットダウン事故が、その電力の30%近くを生成するために、原子力に依存していた前に、関西電力、などのユーティリティのための深刻な財政問題を作成しています。関西電力など、いくつかのユーティリティは、政府からの低利融資やその他の緊急援助を受けている。

彼は後半に2012年に就任したので、阿部氏は、今後数十年にわたって完全に原子力発電から日本を引き離すために、以前の政府が公約を逆転させています。

支配自民党は、発電の原子力発電のシェアは約20パーセントの目標を設定することが期待されている長期的なエネルギー戦略を策定されている。