2011-11-03 21:32:22

キュアビートのフィギュアを改造した

テーマ:改造フィギュア

「爪弾くは魂の調べ、キュアビート!!」


てことで、ゲーセンのプライス品フィギュアの

キュアビートをゲットして、若干リペイントした上で

↓顔の部分をド派手にを改造した(笑)。
「Going My Way!」 blog ver
使用したのは「スイートプリキュア♪ DXガールズフィギュア

~キュアビート登場編~」。



キュアビート(黒川エレン)は、「スイートプリキュア♪」の4人の中では
一番好きなキャラだから、メッチャ楽しみにしてたのに・・・・・、

ゲーセンに置かれていた実際の商品は、
↓何でこんなしかめっ面なんだよ?(泣)。

「Going My Way!」 blog ver
しかも口元の造形が初代ウルトラマンAタイプみたいでちょいキモい。

メロディもリズムも(今月出るミューズも)、ちゃんと笑顔なのに・・・。


これじゃ全員並べた時に、ビートだけ違和感ありまくり(苦笑)。
劇中にビートが登場する前から原型を作ってたんだろうけど、
資料不足でイメージが分からないものから、
セイレーンが悪役だった頃のイメージで作ったんだろうか?




「ったく、俺のエレンがこんなツラで許される訳がねー!!」
「こうなりゃ、俺自ら作ってやる!」

ってことでしゃーねーから、顔の改造に着手。
顔は↓第2弾のメロディの顔を利用して、改造して入れ替えることに。
メロディとビートは釣り目だから、こう言う時に利用出来る。

「Going My Way!」 blog ver


とりあえず両方の顔を外さなきゃだけど、接着剤で強力に
くっ付いてるものだから、熱湯に漬けたりナイフで削ったりして、
何時間かかけてゆっくり取り外した。
おかげで若干手も切ったし(苦笑)。
「Going My Way!」 blog ver


↓そして目をリペイント。

メロディは青目だから、ビートの黄目にリペイントして、
ついでに睫毛の角度を書き直した。

一応メロディよりビートの方が釣り目だから、

睫毛を書き変えればそれっぽくなるかな?と思って。
「Going My Way!」 blog ver
↑そんでイヤリングの部分も青色に変更。
あと胸の部分の変身アイテムにも細かく着色。
髪飾りのハートの部分や、変身アイテムの中央部分をクリア処理。




あと残念だったのは、ビートはおでこが広いからそれも

再現したかったんだけど、改造に使ったメロディはおでこが

広くなかったので、流石にそこは無理だった。
一応いらなくなったビートの顔のおでこ部分を切り取って、
↓改造したメロディのおでこに取り付けたけど、そこは髪色に着色。

まあパテで隙間を盛って完全塗装すればいいんだろうけど、
そこまでやるのは面倒臭いしエアブラシも実家だし。

それに実は下から見たら顎と首の間に隙間があるんだけど、

そこも面倒だからもういいや(笑)。

↓最後は首のチョーカー部分を塗装。
「Going My Way!」 blog ver
メロディとリズムはちゃんとチョーカーがあるのに、

なぜかビートだけチョーカーが無かったものだから。
衣装の造形的に塗装し辛いから、省略しやがったな(苦笑)。




とりあえずこれでキュアビート本体はOK。
せっかくだから食玩のラブギターロッドを横に置いてみた。
・・・・・ただサイズがデカいから、単なる鈍器みたいに見える(笑)。
「Going My Way!」 blog ver
↑一応これで俺だけのエレンが完成した(笑)。



良い感じの笑顔になったかな?
「Going My Way!」 blog ver
まあそこそこ苦労したけど、久々の本格的な改造・塗装で楽しかったし、
俺のエレンをあのしかめっ面のままにはしておけんからなあ(笑)。

つーか最初から可愛く作ってくれてたら、こんなことしなくて済んだのに。

せっかく響と奏はプライスとしては、割と良い感じに出来てるのにさ。




このエレンってキャラは、悪役時代は別に何とも

思ってなかったんだけど、洗脳が解けて正気に戻ってから、

あまりの可愛さに完全に虜にされてしまった(笑)。
「Going My Way!」 blog ver
ずっこけてサンドアートを壊してしまって、初めて自分の本心を話した時に
70%やられて、お化け屋敷の「バンザーイ!バンザーイ!」で

ほぼ100%やられて、学校編入時の痛い自己紹介で

120%洗脳されてしまった感じか(笑)。クールビューティー系な

見た目の割に、お化けを怖がったり、微妙に天然入ってたり、
世間知らずで時々おかしな行動をしちゃうギャップがたまらん(笑)。



さて、後はミューズが出れば全員揃うけど、最大の問題点として

果たして身長差はちゃんと再現されてるだろうか?
今のところエレン>奏>響でちゃんと身長差が再現されている感じだけど、
小学生のアコが大女で作られてたりしたら、目も当てられんぞ(笑)。
これがフィギュアーツだったりしたら、今までの実績(?)からして、

やらかしちゃう可能性があるから怖い・・・。




※11月16日、追記。

ガシャポンの「プリキュアモジュレーションスイング♪」から、

ハミィとラリーを取って来て置いてみた。

やっぱり親友のハミィは並べて置きたいもんなあ~。
「Going My Way!」 blog ver

ビートとの縮尺的には丁度良いかな?って感じだけど、

ラブギターロッドやソリーとのサイズ比は・・・気にしない(笑)。


AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード